ストラトタイプのギターの弦が切れてしまったため、初めて弦を交換しようとしたところ、裏から弦が抜けません。
何かやり方とか道具とかあるのでしょうか?
どなたか詳しい方、ご教授おねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ボールエンドがトレモロブロックの穴から出てこないという状況は、長く同じ弦を張りっぱなしにした時などはよく起きる現象です。

あわてずに対処するのが良いでしょう。

ボールエンドが穴から出てこない場合は、弦が通る穴に逆(表側)から細長いものを突っ込み、ボールエンドを直接押し出してやるのが手っ取り早いでしょう。3弦くらいの硬さのある弦の切れ端などで逆からつついてやるのも良いと思います。あまりにも硬く固定されているような感覚がある場合には、先の細長いドライバーなどを通すのも手です。サドルが邪魔になって穴に物を差し込めないような場合には、サドルをはずしてやると作業がしやすくなるでしょう。

参考になれば。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

百均で細いドライバーを買って裏からやさしくこねくり回してたらボールエンドが出てきました!
どうもありがとうございます!

お礼日時:2008/07/09 21:39

あまりにも弦のボールエンドがブロックの穴にジャストサイズだと、効いてしまうものもありますね。


ブロック穴にペンチが入らないor届かないがありえますので、
私はギターの表側、トレモロユニットの弦が通るところから、
1,5mmくらいの六角レンチを差し込んで突っつきました。
爪楊枝や竹串でもいけるかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんとか解決しました^^
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/07/09 21:40

ん??ブリッジの裏から?抜けない?


相当長期間交換してなかったんでしょうか?

弦を持って押し出すようにしてみても抜けませんか?

それなら、ブリッジに引っ掛ける弦の先の丸っこいところを
普通にペンチで引っ張れば簡単に取れるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんとか解決しました^^
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/07/09 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストラトタイプの弦交換

安いギターを買って
弦交換しようと思ってやったのですが、出来ません
サイトとかでは弦を押してとるのですが硬くて取れません…

ほかのサイトでは爪楊枝でとるなんかも乗ってましたが爪楊枝が折れます…

取る道具とかあるのですか?
とる方法もよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

とりあえずニッパーが一丁あればいいと思います。

まず6本ともペグを緩めて弦のテンション(張力)を下げます。
次にニッパーで弦を切ります。
私はブリッジとペグの真ん中ぐらいで切ります。

ブリッジ側の弦は簡単に取れると思うのですが、
取れないというのはヘッド側(ペグのある方)なのかな?

1~3弦ぐらいは簡単に外れると思います。

後はとりあえず弦を緩めれるだけ緩めて、
弦の先端をニッパーで挟んで解く方へ引っ張ってみれば
そんなに難しくないと思います・・・

1度経験すれば次からはスムーズに弦の交換が出来ると思いますので
頑張ってください!

Q【ベース】1弦を弾くとき親指は3弦、2弦を弾くとき親指は4弦

ベース初心者の高校生です。(指弾きです。)

よく教則本に、
「4・3弦を弾くときは親指をピックアップ上に、
2弦を弾くとき親指は4弦上あたりに、
1弦を弾くとき親指は3弦上あたりに移動する」
とあるんですが、
なかなかうまく親指をスムーズに移動できません。

何かコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移動できません。
今の練習の目的は
・親指と弾指の「位置と距離」の関係を、どの弦を弾く場合でも一定に保てるよう、その感覚を『右手に覚え込ませる』
→そのことで、どの弦でも弾指を一定の力でしっかり弾ける感覚を養う
・親指は右手指全体の「位置決め」として添えるだけで、弦は弾指の力だけで鳴らす感覚を掴む
→親指にはほとんど力は込めずにピックアップまたは弦に添えるだけ
という練習だと考えればよいです。

もちろん、初心者にはこれはこれで難しいので、できるよう引き続きの練習が必要でしょうが、最終的には「どんな状態でも一定の力で弦を弾ける」ようになるための基礎練習…と考えるのが大事かと。
親指は位置決めのために(教則本指定位置に)力を入れずに添えるだけで、弾く力は弾指だけに入れる…という感覚がわかったら、親指の移動は苦もなく自然にできるようになります。

それができるようになったら、その次の段階として、親指をいちいちあまり大きく動かさずとも、どの弦でも弾指さえ届けば自由に弾ける様になり、No.1の方の「実践での指使い」に近づけられる…という段取りです。

がんばって下さい。

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移...続きを読む

Qアコギの弦を張り替えたいんですがどの種類の弦がいいとかあるんでしょうか

アコギの弦を張り替えたいんですがどの種類の弦がいいとかあるんでしょうか?
ギターはEpiphone AJ-45です。
趣味としてだけでの使用なのであまり高価なものは買えないので、お手頃でオススメなものがあったらぜひ教えてください。


また、4年ほどまえに購入したのですがすぐに挫折してしまってギターに関しての知識はほとんどありません。
自分でも調べていこうと思いますが弦の張り替え方のわかりやすい説明が書いてあるHPや本を教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

弦の張替え方は下のサイトを参考にされると良いでしょう。
http://www.j-guitar.com/ha/hajime/index.cgi?u=haji_aco1.html

弦は、ライト(スーパーライト)ゲージ(細)かミディアムゲージ(中)のどちらかで良いと思います。

私はマーチンなどを良く使っています。(1セット500円くらい)
楽器店か、CDショップなどでも売っています。

新しい弦に替えると、結構弾く気が湧いてくると思いますので、これを機会に是非復活してみてください。

Qギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか

ギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか?

Aベストアンサー

3日くらいなら、まだ、全然変えなくても大丈夫です。

但し、使用頻度や状況にはよりますけれど。

頻繁に、ライブで2時間くらいのステージをこなしていれば、変えた方が良い。
弦自体は、張ってすぐよりも何日か少したってからではないと、安定した物にはならないと思います。

Q死んだ弦ってどんな弦?国産の弦ってある?エレキ

昨日楽天の弦のレビューで、「最初から死んでる弦がある」とかいうのを見たんですけど、どういう状態の弦ですか?
大体クルクル巻いてビニールの中に入ってますよね?
物理的に中で折れ曲がってるとか?
それとも貼った時に「音が伸びない」とかそういうことを言うのですか?

それとですね。
国産の弦ってありますか?
日本人は良いギター作ってるのにいい弦も作れると思うんですが、ないものですか?
案外、東大阪とかで作ってたりしないですかね?(笑)

Aベストアンサー

>どういう状態の弦ですか?

 全ての弦がそう、は必ずしも言えませんが・・・一般にスチール弦は、新しいほど『ギラギラした』『きらびやかな』『繊細で美しい』トーンになる傾向があります。周波数特性的に言うと、倍音が多いというかオクターブバンドが豊富というか高周波成分が明確というか、そんな感じです。

 で、弦が『死ぬ』というのは、金属材料的には『ヘタる』ということです。
 スチール弦は引っ張りに対する塑性変形を防止する為に、単なる鉄ではなく『ばね鋼』と性質がよく似たピアノ線という弾力のある線材を使っていますが(単なる鉄に近い性質の線材は、『番線』『ハリガネ』などと呼ばれています)、ヘタると言うのは、この材の弾力が失われると言うことです。

 ここからは想像の話になってしまいますが・・・・材の弾力が失われると、同時に材内部のヒステリシス(或いは内部損失)が大きくなるはずで、モッサリと振動する様になると想像されます。
 ある太さの弦を一定の張力と弦長でピッキングすると、基調となる振幅で振動しますが、これが弦の『主たる音程』になるワケです。
 で、高周波成分とは、ピッキングで大きく振動している弦の上で更に細かく(小さく)振動している成分のことで、材そのもののヒステリシスが大きくなるということは、この小さい振動(振動工学的に言うと、『パワーが小さい振動』と言います)が弦の内部抵抗に食われて減衰してしまうと想像されます。
 よって、死んだ弦では周波数成分が単純な、キラキラした成分が少ない『こもった』『詰まった』感じのトーンになるのではないか?と考えられます。

>日本人は良いギター作ってるのにいい弦も作れると思うんですが、ないものですか?

 御意。と言いつつ、よいギターを作る技術とよい弦を作る技術は全く違う種類の技術ですが・・・日本のばね材は非常に高品質なので(一般的な機械設計に従事してらっしゃる方々なら、身を持って体験されていることでしょう)、きっとよい弦も作れるのでしょうが・・・製造国が公開されている弦って、実はあまりないのでは?
 アリアの弦が日本製だった様な記憶はありますが、コイツは比較的低価格帯の普及モデルだと言うこともあり、ソコソコの性能だったという程度の印象しかありません。きっと良い弦を作るよりも、コストダウンを考えて企画されたモノなのでしょう。
 そういえば飛び抜けた品質/コストバランスも、日本の製造業に於ける強み技術ですね。

>どういう状態の弦ですか?

 全ての弦がそう、は必ずしも言えませんが・・・一般にスチール弦は、新しいほど『ギラギラした』『きらびやかな』『繊細で美しい』トーンになる傾向があります。周波数特性的に言うと、倍音が多いというかオクターブバンドが豊富というか高周波成分が明確というか、そんな感じです。

 で、弦が『死ぬ』というのは、金属材料的には『ヘタる』ということです。
 スチール弦は引っ張りに対する塑性変形を防止する為に、単なる鉄ではなく『ばね鋼』と性質がよく似たピアノ線という弾...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報