昔1度だけ見た記憶があるんですが、白黒(多分)の戦争映画で、「大脱走」と同じようにナチの捕虜収容所からの脱走劇があったんです。ところが、どうも細かい部分が「大脱走」と同じなんです。というか、もう記憶がごちゃごちゃになってきてるのかもしれませんが、脱走用のトンネルの土のごまかし方とか、いざ脱走を決行したら出口の位置が△□だったりとか、そういうところが同じだったんです。「大脱走」は実話を元にしているということですが、他にもそういう映画があったんでしょうか。ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1962年のイギリス映画で『合言葉は勇気』という作品があります。


原題『THE PASSWORD IS COURAGE』。白黒映画です。
これがちょうど『大脱走』と同じ頃('63年7月:『大脱走』は8月)に公開され、ストーリーが似ているので当時話題になったそうです。こちらもやはりドイツ軍の捕虜収容所からの脱走もので、ダーク・ボガードが主演、監督はアンドリュー・L・ストーンです。

始まって間もなく、ダーク・ボカードが収容所に送られる途中であっさり脱走し、ドイツの負傷兵に紛れて一緒に病院に運ばれ、勲章までもらってしまうとか、消防車で悠々と逃亡したりとか、『大脱走』のダイナミズムとはまた一味違う、イギリス映画らしい独特のユーモアをベースにサスペンスも盛り込んだ面白い1本でした。

脱走計画、準備、穴の掘り方、土の処分法、脱走時の手違い等、が確かに『大脱走』と同じで、こちらはチャールズ・カワードという人の体験記、『大脱走』はポール・ブリックヒルという人の体験記に基づいていますが、あの脱走自体は実際にあった話ですし、もし両人ともその体験者だとすれば、各々体験記の脚色というだけで、内容が似てしまうのは無理もないことかと思います。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0056335
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、イギリス映画だったのですか。
そういえば「謎の要人悠々逃亡」なんて、イギリスのとぼけた戦争映画もありましたよね。やっぱりあんな感じだったんですかね。
消防車で逃げるというのが、なんとなく覚えていましたので、この映画のことだったんだと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/02/17 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「大脱走」じゃなくて?

昔1度だけ見た記憶があるんですが、白黒(多分)の戦争映画で、「大脱走」と同じようにナチの捕虜収容所からの脱走劇があったんです。ところが、どうも細かい部分が「大脱走」と同じなんです。というか、もう記憶がごちゃごちゃになってきてるのかもしれませんが、脱走用のトンネルの土のごまかし方とか、いざ脱走を決行したら出口の位置が△□だったりとか、そういうところが同じだったんです。「大脱走」は実話を元にしているということですが、他にもそういう映画があったんでしょうか。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

1962年のイギリス映画で『合言葉は勇気』という作品があります。
原題『THE PASSWORD IS COURAGE』。白黒映画です。
これがちょうど『大脱走』と同じ頃('63年7月:『大脱走』は8月)に公開され、ストーリーが似ているので当時話題になったそうです。こちらもやはりドイツ軍の捕虜収容所からの脱走もので、ダーク・ボガードが主演、監督はアンドリュー・L・ストーンです。

始まって間もなく、ダーク・ボカードが収容所に送られる途中であっさり脱走し、ドイツの負傷兵に紛れて一緒に病院に運ばれ、勲章までもらってしまうとか、消防車で悠々と逃亡したりとか、『大脱走』のダイナミズムとはまた一味違う、イギリス映画らしい独特のユーモアをベースにサスペンスも盛り込んだ面白い1本でした。

脱走計画、準備、穴の掘り方、土の処分法、脱走時の手違い等、が確かに『大脱走』と同じで、こちらはチャールズ・カワードという人の体験記、『大脱走』はポール・ブリックヒルという人の体験記に基づいていますが、あの脱走自体は実際にあった話ですし、もし両人ともその体験者だとすれば、各々体験記の脚色というだけで、内容が似てしまうのは無理もないことかと思います。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0056335

1962年のイギリス映画で『合言葉は勇気』という作品があります。
原題『THE PASSWORD IS COURAGE』。白黒映画です。
これがちょうど『大脱走』と同じ頃('63年7月:『大脱走』は8月)に公開され、ストーリーが似ているので当時話題になったそうです。こちらもやはりドイツ軍の捕虜収容所からの脱走もので、ダーク・ボガードが主演、監督はアンドリュー・L・ストーンです。

始まって間もなく、ダーク・ボカードが収容所に送られる途中であっさり脱走し、ドイツの負傷兵に紛れて一緒に病院に運ばれ、勲章までも...続きを読む

Q映画 大脱走

先日DVDを見つけたので購入。その昔、レーザーディスクを買う切っ掛けに成った映画なので、今でも大好き。子供と見ています。

そんな子供、視点が違うせいか色々考えも付かない疑問を待ちます。その一つ。

登場人物がとにかく多いですが、当時の映画でセリフなし、映るの遠目、顔すら判別出来ない役、今でいうエキストラ的な素人での数合わせか、それとも全て俳優の卵のちょい役なのか、どっちだったのでしょう?

映画好きの御意見頂戴。

Aベストアンサー

大脱走いいですね。元ネタが実話だし。
で、捕虜の件ですがミュンヘン大学の学生だったそうですよ。

Q大脱走にチャールズ・ブロンソンは出演していますか?

タランティーノの映画「レザボア・ドッグス」の最初のシーンでマドンナの歌詞についての与太話をしていますよね。そのなかで大脱走のように穴を掘るというセリフがありますが、英語ではチャールズ・ブロンソン出演のという言葉が入っていたと思います。日本語字幕には出ていません。
本当に大脱走にブロンソンは出ていたのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

トンネル堀専門の脱走常習者の役で出ていましたヨ。
掘っていたトンネルを警備兵に見つけられたり、途中で落盤事故があったりしますが、最後まで堀りあげます。
最後には脱走して船に乗り込むことができるのですが、実は閉所恐怖症だったという役柄ですネ。
以上kawakawaでした

Q映画大脱走を見て

大脱走を見て疑問に思ったことがあるので質問しますね。ドイツ捕虜収容所から連合軍捕虜が脱走を企てるという映画です。

すぐばれるのではないか?

捕虜収容所にいたら、お風呂もなく(シャワーぐらいはあるかも?)、清潔な洗濯もそうそうあるわけではなく、ひげも剃ってなくて、臭いがすごいんじゃないか?
昔、どこかのアジトから町へ出てきた犯罪者が電車に乗ったところ、あまりに不潔なのですぐばれて逮捕されたということがあった。これと同じことになるのではないでしょうか?

感動的な映画ではあります。

Aベストアンサー

以前新聞記事かなにかで読んだのですが、第2次世界大戦のとき日本軍の捕虜収容所で収容された連合軍の兵士に懲罰を与える際に、風呂に数日入らせないという懲罰があり、連合軍兵士たちにはそれが一体なんで懲罰になるのかと不思議に思ったらしいです。

日本は梅雨から夏にかけて高温多湿の気候のため、近年の日本人は毎日体を洗いたがりますが、湿度の高くない気候のヨーロッパでは、当時そこまで頻繁には風呂に入らなかったと思われます。ドイツ占領下の当時のパリでは、しばらく風呂に入ってないくらいの体臭では目立たなかったのではないでしょうか。つい数年前までもパリのメトロは臭いとか言われてましたし。

ちなみに、映画『大脱走』The Great Escape (1963年)は、ポール・ブリックヒル(Paul Brickhill)による本の映画化で、実話をもとにしています。また、読んでませんが2012年には Simon Read という人の Human Game: The True Story of the 'Great Escape' Murders and the Hunt for the Gestapo Gunme という本が出ています。

以前新聞記事かなにかで読んだのですが、第2次世界大戦のとき日本軍の捕虜収容所で収容された連合軍の兵士に懲罰を与える際に、風呂に数日入らせないという懲罰があり、連合軍兵士たちにはそれが一体なんで懲罰になるのかと不思議に思ったらしいです。

日本は梅雨から夏にかけて高温多湿の気候のため、近年の日本人は毎日体を洗いたがりますが、湿度の高くない気候のヨーロッパでは、当時そこまで頻繁には風呂に入らなかったと思われます。ドイツ占領下の当時のパリでは、しばらく風呂に入ってないくらいの体臭で...続きを読む

Q大脱走のテーマ

大脱走のテーマをピアノで演奏したいなぁと思っているんですが楽譜が掲載されているサイトなど知っていませんか?

もしよろしければ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!


『大脱走のマーチ』の市販ピアノ楽譜でしたら下記がありますが、無料掲載サイトは違法ですから、もしあったとしてもここに掲載すれば削除対象になります。
http://www.gakufu.ne.jp/detail/view.php?id=82654
http://www.gakufu.ne.jp/detail/view.php?id=78970


ご参考まで

Q大脱走について教えてください。

大脱走でスペインに逃げ込んだ人は誰でなんの役割をしてどうやって逃げた人ですか?なんか区別がつかなくって誰が誰だか分からなくなってしまいました。

これはここで質問するべきではないかもしれませんが捕虜って逃げても殺されないのですか?それも捕虜のための国際条約とかで決まってるんでしょうか?

Aベストアンサー

ジェームス・コバーン扮するセジウィック、通称"製造屋"ですね。トンネルに空気を送るふいごなんかを作った人です。自転車を盗んで逃げましたね。
他に成功したのはチャールズ・ブロンソン扮するダニーとジョン・レイトン扮するウィリー、共に通称"トンネル・キング"の二人ですね。
捕虜に関してですが、一応映画などでは、投降すればジュネーブ協定で保護され、敵方の軍服とか兵器を所持していた場合は銃殺といわれてますね。民間服などを着ている場合はスパイとしての嫌疑をかけられるみたいですね。

Qメル・ブルックスの大脱走

これも18年くらい前の映画だと思いますが、「メル・ブルックスの大脱走」という映画があって、私は大好きな作品なんですが、これは何かのリメイクだったはずです。ぜひ見たいと思っているのですが、タイトルが思い出せません。ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

エルンスト・ルビッチ監督の1942年作品、「生きるべきか死ぬべきか」です。原題はメル・ブルックス版と同様「To Be or Not to Be」。日本での劇場公開は'89年でした。「メル・ブルックスの大脱走」は、歌とかの場面を除けば、この作品をかなり忠実にリメイクしてます。ぜひビデオを探して見て下さい。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0035446

Q映画「大脱走」のThe SBOとは

上記の映画の中で、捕虜の中のリーダー、ラムゼイ少佐のニックネームが"The SBO" となっていたのですが、あれは何の略なのでしょうか。ご存じの方お教え下さい。

Aベストアンサー

ども、「大脱走」好きです。

The SBOはSenior British Officer(イギリス空軍将校)の略ですよ。

何度見たか知れないし、先日40周年記念DVDボックスを購入した勢いで、
←初めて専門家にチェックを入れてしまいました。失礼。

Qサッカー、イングランド代表サポーターが歌う、「THE GREATE SCAPE」(大脱走)の歌詞

サッカーイングランド代表のサポーターが歌っている「THE GREAT ESCAPE」(大脱走)なのですが、
歌詞をご存知の方、教えてくださいませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今晩は。
これの事ですか。
http://www.geocities.jp/fukuchan321jp/mp3page20
下部に和訳があります。
違っていたらご免なさい。

Q実話に基づく社会派ドラマ

1. 実話に基づく
2. 社会派ドラマ
3. 洋画
以上すべての条件を満たすものをお勧めしてください。

労働関係、公害、汚職、人種差別などなど、恐らく観たものが多いと思うのですが、一つひとつ挙げられないので、もしそうであればその都度申し上げたいと思います。

Aベストアンサー

「セルピコ」
警察の内部告発

「狼たちの午後」
強盗の事件

「死刑台のメロディ」
教科書に出てくる有名な冤罪事件

「グッドフェローズ」
実在のギャング

「ギャング・オブ・ニューヨーク」
悪徳の坩堝って言い方がピッタリ

「クイズショウ」
テレビのやらせ

「裸足の1500マイル」
オーストラリアの人種隔離政策

「愛についてのキンゼイ・レポート」
意外な事実をさらすという危険さ


人気Q&Aランキング