現代ミステリーで最高といえるミステリー小説を教えてください。
できれば2000年以降の文庫本でお願いします。
僕が最近で面白いと思ったのはチームバチスタの栄光です。
ミステリーとしては物足りなかったですが、全体のバランスを考えると非常に面白かったです。キャラと構成が良かったので☆5つでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。


「チームバチスタ~」、確かに面白かったですね。人物の性格設定が特に面白かったです。犯人が分かってからの展開は、単なる”事後処理”のような感じを受け、あまり意味を感じませんでしたが。
最近の作品で面白かったのは、これも月並みですが「容疑者Xの献身」(東野圭吾)ではないでしょうか。私にとっては東野圭吾の作品ははずれなしです。ちょっと古いですが「火車」(宮部みゆき)も評判いいですね(個人的にはちょっと長く感じましたが)。
サスペンスではなくてもよければ「チームバチスタ~」同様、このミス大賞を取った浅倉卓弥の「君の名残を」はかなりよかったです!
参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「火車」評判を聞いて、最近読ませていただきました。面白かったですが、たしかに無駄に長い気がしましたね、長い説明を2度書かれている所が度々あり、ちょっと疲れる感じがしました。
東野圭吾さんの作品はシリーズ物というイメージがあるのでどれから手を付けていいのか分からず手を出していませんでしたが、「容疑者Xの献身」題名からして面白そうですね!読んでみたいと思います。
朝倉卓弥さんの「君の名残を」もかならず読ませていただきます。

お礼日時:2008/07/10 21:59

#3です。

お礼、ありがとうございました^-^
「安楽病棟」は文庫化されていますよ!新潮文庫からです。
この著者のほかの作品はなかなか読み応えがあるので
「臓器農場」や「閉鎖病棟」などもオススメです。
ただ、閉鎖病棟は、時代背景が古いので、読みにくいかもしれません。

宮部みゆきさんの、火車、面白かったです、
確かに、今だったら「携帯」などのアイテムを思ってしまうので
なかなか、難しいところですね^^

さて、「安楽病棟」を読んでいただける、ということに気を良くして、
更にオススメを書かせてもらいました。

カタコンベ/神山 裕右(洞窟ミステリ、謎が謎を呼ぶ…?)
手のひらの蝶/鎌田 慧(アナザヘヴンみたいに感じました)
↑手のひら…はギリギリ2000年以降だったと・・・

ちなみに、ホラーも大好きでして、ミステリーとも、ホラーとも
区別が付けにくいのですが、雰囲気がとても綺麗な本があるので
こちらも、挙げておきますね。
ただ、この著書、表題作のほかに、もう一作入っているのですが
そちらのほうが、私はオススメです。

夜市/恒川 光太郎


※以上で挙げた本は全て文庫で販売されています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
洞窟ミステリーとはなかなか、そそるタイトルですね~!
ただし僕はRPGゲームが嫌いです(話が突拍子も無くてスミマセン)、懸念する理由がダンジョンが大嫌い(恐い)という実に情けない理由なので、その本を読み進めることは出来るのかが多少不安材料です^^;
「手のひらの蝶」「夜市」もチェックしときます!
「夜市」は近日中に読みたいと思います!ミステリーとホラー交互に読みあさっていこうかと思っているので^^

お礼日時:2008/07/15 00:33

『ハサミ男』 殊能将之(しゅのうまさゆき) 講談社文庫



医療系や社会派のように深いテーマ性等はありませんが、
「うぅーわ、こうきたか!」と唸らされる作品です。
純粋にエンタテイメントとしてお薦めです。

映画化もされてますが必ず原作を先に読んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
『ハサミ男』おもしろそうですね~!
エンタテイメント的なミステリーは読んでいて疲れないので大好きです。
是非読ませていただきます。

お礼日時:2008/07/11 22:37

かなり、私の好みも入りますが…



『追憶のかけら』(貫井徳郎)
文庫版は出たばかり(私は、単行本で読みました)ですが、二転三転四転五転…としていく物語は凄いです。

『犯人に告ぐ』(雫井脩介)
警察小説になりますが、犯人、警察内部でのやりとり…など、見所タップリで、かなり面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「追憶のかけら」・・・5転もしちゃうんですか~面白そうですね!是非読ませていただきます。
「犯人に告ぐ」は聞き覚えがあります、映画化してますね、チェックしときます。

お礼日時:2008/07/11 00:03

こんにちはー



「悪意」東野圭吾

不思議な推理小説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
不思議な推理小説・・・・(゜Д゜)気になります!
チェックしときます!

お礼日時:2008/07/10 22:18

2000年以降で、高い評価を受けたミステリ作品。


さらに、文庫化されているとなると、下記あたりでは。
いずれも読んでますが、面白かったですよ。

宮部みゆき「模倣犯」
2002年このミステリがすごい1位。映画化もされた。
毎日出版文化賞特別賞受賞。芸術選奨文部科学大臣賞文学部門受賞。

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」
2004年、このミステリがすごい1位、本格ミステリベストテン1位。
本格ミステリ大賞受賞、日本推理作家協会賞受賞で4冠を達成。
この4冠は本格ミステリ大賞の歴史が浅いこともあり、史上初の快挙。

法月綸太郎「生首に聞いてみろ」
2005年度、このミステリがすごい1位、本格ミステリベストテン1位。
本格ミステリ大賞受賞で3冠を達成。
ちなみに日本推理作家協会賞は、一度しか受賞できないルールとなっていて
過去に受賞したことがあるために、選考対象にはならなかった。

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」
2005年度、上記「生首~」にランキング等では負けたものの
吉川英治文学新人賞を受賞。映画化もされた。

文庫化されているとなると、ここらへんでしょうか。
文庫化されていないものも含めると、下記もあるのですが・・・。

東野圭吾「容疑者Xの献身」
直木賞受賞。映画化決定。
2006年このミステリがすごい1位、本格ミステリベストテン1位。
本格ミステリ大賞受賞。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「模倣犯」映画つまらなかったし、ものすごく長そうなのでちょっと手が出せないいましたが、やはり評判はすごいですね、映画のとはかなり違うらしいので、いつか読みたいと思います。
「生首に聞いてみろ」読んでみたいと思っていました!
「葉桜の季節に君を想うということ」「アヒルと鴨のコインロッカー」も読んでみたいですねー。

お礼日時:2008/07/10 22:14

うーん、ちょっと年代を確認しながら読んだことはないので


もしかしたら、多少ずれるかもしれませんが、ご容赦ください。

・辻村深月/冷たい校舎の時は止まる(青春ミステリ)
・樋口有介/ぼくと、ぼくらの夏(青春ミステリ)
・歌野晶午/葉桜の季節に君を想うということ(どんでん返し!)
・赤井三尋/翳り行く夏(社会ミステリ)
・帚木蓬生/安楽病棟(医療ミステリ)

チームバチスタを読んだことがないのですが、私のイメージだと
「面白いミステリー」という感じですが、上記で上げている
「安楽病棟」は、面白さ、はないですが、読みごたえあります!

葉桜~は、いろいろな所で高い評価を得ているみたいですが、
私は微妙でした。ただ、単純に読み応えはあると思います。

既出の「廃身用」ですが、その前に書かれた「破裂」が読み応えが
あったので、私も読むつもりです。

参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
年代指定した理由としては宮部みゆきさんの「火車」を読んで携帯電話を仕様しないことに違和感を感じたからです。もちろん「火車」評判道理のぐうの音が出ないほどの傑作でしたので非常に楽しめました。読んでいて、どことなく「リング」に似ているような気がしたのは僕だけでしょうか^^;(ホラーも好き)
安楽病棟是非読ませていただきます、文庫化されているのであればすぐにでも!

お礼日時:2008/07/10 21:47

「チームバチスタ……」同様、医療系ですが


「廃用身」(久坂部 羊 著)はいかがでしょう?
私には衝撃でした。↓
http://www.amazon.co.jp/%E5%BB%83%E7%94%A8%E8%BA …

この回答への補足

ありがとうございます。
医療系面白いですよね、「廃用身」チェックしときます!

補足日時:2008/07/10 22:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代の実戦配備してる戦闘爆撃機に付いて

フォークランド紛争の頃の戦闘機は空対艦ミサイル*エクゾセ*で英の駆逐艦だかフリゲート艦を撃沈する為にレーダー照射で計算からロックオンまで5秒位掛かったと記憶してますが*チョットアヤフヤ*現代の最新機は如何なんでしょうか?
空対艦と空対空とは違うと思いますが
この何秒の間は大東亜戦時の艦攻等と同様と思います、目標が決まったらどんなに艦砲射撃が有っても機首はそのままで発射してから初めて退避運動が出来る、現代の戦闘機でもレーダー照射からロックオンまでは
ジーット機首変更しないでそのままにしてなければロックオンが出来ないでボタンを押してから退避するのは同様かと。

Aベストアンサー

>フォークランド紛争のころは如何だったの?
質問は「現代の」では?

どの時代でも、敵の射程よりもより遠くから撃破する兵器を開発し続けているんです。
レーダーでの照射が必要であったり、レーザーでの照射、自機からの照射から他機からの照射で良くなったり。
IRオンリーからIRとTVの複合になったり。

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q陸上爆撃機「銀河」はなぜ乗員3名、なぜ爆撃機

陸上爆撃機「銀河」はなぜ乗員3名ですか、なぜ「爆撃機」ですか。
陸海軍とも同クラスの他の双発爆撃機は乗員7から8名ですが、銀河は3名です。海軍機では雷撃できるものを攻撃機、急降下爆撃できるものを爆撃機といいますが、銀河は双発機なのに急降下爆撃できたのでしょうか。まさか800kg爆弾で急降下?

Aベストアンサー

http://www.aka.ne.jp/~deguchi/hobby/japan/j_air/bomber.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3_%28%E7%88%86%E6%92%83%E6%A9%9F%29
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769822685/

上記あたりを参照すると、
 o 零式艦上戦闘機と同等の速力
 o 一式陸上攻撃機と同等の航続力
 o 1トン以上の爆弾搭載能力
 o 急降下爆撃と雷撃が可能であること
を要求されて設計・実装しているので爆撃機という位置づけになり、それを実現するために乗員は3人になった、という流れのように思います。

急降下爆撃はしていたでしょうが、800kg爆弾の装着時に行っていたかどうかについては、単純にググっただけでは見つかりませんでした。800kg爆弾装着時は水平爆撃だけで、急降下爆撃は250kg爆弾のときだけでは、という気はしますが。


ドイツ機の場合は、4発の爆撃機で急降下爆撃ができるものがあったようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A5%E9%99%8D%E4%B8%8B%E7%88%86%E6%92%83%E6%A9%9F

http://www.aka.ne.jp/~deguchi/hobby/japan/j_air/bomber.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3_%28%E7%88%86%E6%92%83%E6%A9%9F%29
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769822685/

上記あたりを参照すると、
 o 零式艦上戦闘機と同等の速力
 o 一式陸上攻撃機と同等の航続力
 o 1トン以上の爆弾搭載能力
 o 急降下爆撃と雷撃が可能であること
を要求されて設計・実装しているので爆撃機という位置づけになり、それを実現するために乗員は3人になった、という流れのよう...続きを読む

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Qなぜ爆撃機で爆撃するのか

イラク戦争で米軍は爆撃機や戦闘機を飛ばして重要施設を攻撃していましたがなぜミサイルで爆撃しないのでしょうか。ミサイルでピンポイント爆撃ができると思います。確かにミサイルは値段が高いですが、爆撃機の値段やパイロットの養育費はもっと高いです。しかも米軍は、人的被害をもっとも嫌います。なぜわざわざ爆撃機で爆撃するのですか?

Aベストアンサー

 トマホーク巡航ミサイルのことをおっしゃっていると思いますが、高価なトマホークを主に使用するのは、敵の防空システムが生きていて、爆撃機の被撃墜率が高いと思われるとき、すなわち開戦劈頭です。トマホークの目標は、発電所・変電所、通信アンテナ、物資集積所、対空ミサイル陣地、行政施設、レーダーサイトなど、要塞化されていない地上施設・装甲の薄く機動力に欠ける兵器群が主になります。
 このとき同時にステルス攻撃機F-117が出撃、レーザー誘導爆弾を使用して敵の要塞化された防空システム施設をピンポイント爆撃します。トマホークは低空を亜音速で飛行するため、貫通力が低く、厚いコンクリートで囲われた施設の破壊には向いていません。また、攻撃を受けたのを知って敵防空レーダーが作動すると、SEAD機と呼ばれる攻撃機が対レーダーミサイルを使用してこれらをすべて破壊します。トマホークは事前に地形やGPS座標の入力が必要で、事前に場所が分かっている固定式レーダー以外は撃ち漏らしてしまうため、臨機応変な対応のできる攻撃機の出番となるわけです。
 こうして敵の防空システムを無力化し、安全に飛べるようになったところで爆撃機・攻撃機が出撃し、それ以外の重要施設・敵戦力をレーザー誘導爆弾やテレビ誘導爆弾、空対地ミサイルなどでピンポイント攻撃します。また、命中精度が要求されない野戦陣地などは通常爆弾を使用して爆撃をかけます。
 出撃してほぼ確実に帰ってこれるという状況になればわざわざ高価な巡航ミサイルを使う必要は無いわけで、爆撃機や戦闘機を飛ばしての攻撃となるわけです。
 ちなみに米軍では人的被害を完全にゼロにするため、無人攻撃機を開発中です。

 トマホーク巡航ミサイルのことをおっしゃっていると思いますが、高価なトマホークを主に使用するのは、敵の防空システムが生きていて、爆撃機の被撃墜率が高いと思われるとき、すなわち開戦劈頭です。トマホークの目標は、発電所・変電所、通信アンテナ、物資集積所、対空ミサイル陣地、行政施設、レーダーサイトなど、要塞化されていない地上施設・装甲の薄く機動力に欠ける兵器群が主になります。
 このとき同時にステルス攻撃機F-117が出撃、レーザー誘導爆弾を使用して敵の要塞化された防空システム施設を...続きを読む

Qこの小説のタイトルを教えてください。多分日本のミステリー小説です。

この小説のタイトルを教えてください。多分日本のミステリー小説です。
大まかな箇条書きですが、何年も前に読んだものなのでかなり曖昧です。

・学校が舞台
・主人公?は赴任してきて、臨時職員?になる
・人間がオオカミ?のようになる事件が発生(口から涎をたらしたり、水を際限なく欲しがったり、目がぎらぎらと輝いたり)
・狼人間?に咬まれると、↑のような症状が出る
・行者にんにくのニオイが弱点→エキスを作る?
・犯人?は狼の怨念と幽霊が融合していた生徒の女の子

私が覚えているのは大まかにこれくらいです…
もう一度読みたいです。どなたか教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

多分、和田はつ子の「狼神」ではないかと思います。
こちらなど参考にどうぞ。
http://sin15.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_1a09.html
http://www.amazon.co.jp/%E7%8B%BC%E7%A5%9E-%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%92%8C%E7%94%B0-%E3%81%AF%E3%81%A4%E5%AD%90/dp/4894568020/

参考URL:http://sin15.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_1a09.html

Q爆撃機が撃墜されるとどうなるのでしょうか?

B29などの爆撃機が悠然と飛んで、そこに迎撃機が突っ込んでどんどん撃墜する・・・なんていう光景が映画とかでよく見かけます。巨大な爆撃機が黒煙をあげて火だるまになって堕ちていく、興奮するんですよね。
でも、爆撃機の中にいた人はどうなるんでしょうか?パラシュートで脱出、なんてことは分かりますが、そんなに容易なことなのでしょうか?撃墜されてからその後をドラマチックに教えて頂ければうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

爆弾倉には大量の爆発物を詰んでいるし、主翼には大量の燃料を搭載している

上手い具合に尾翼を吹き飛ばされてしまって操舵が効かないとか、エンジン打ち抜かれて滑空するだけとか機体そのものは保たれている状態であれば、搭乗員が脱出する事も可能
実際に、独逸軍の捕虜収容所には打ち落とされた爆撃機の搭乗員も多数いた

でも、主翼をもぎられてとか胴体が真っ二つなんて場合にはとても間に合わない
他にも、自機は何のトラブルも無いのに僚機の墜落に巻き込まれてなんてのもある

昔の映画「メンフィス・ベル 」などが参考になると思う

実際にも、長距離戦闘機が運用されるまでのドイツ本土昼間爆撃では、一月で全体の3割以上が失われるという大きな犠牲を生んでいる

まぁ映画なので興奮するのは良いのだが・・・・・
犠牲の大きさを考えると「興奮します!」って言われるとねぇ何となく・・・

Qこんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

こんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

田舎の町や村が舞台で、その地にまつわる伝説や祟りに関係する
殺人事件が起こり、地元の人間はその事件について語ろうとしない。
地元の人間ぐるみの犯罪か?
それとも本当に祟りなのか?
もしくは第三者が地元住民や祟りの仕業に見せかけた犯行か?
みたいな物語を探しています。

八つ墓村、ひぐらしのなく頃に のような感じの物語を探しています

『黒祠の島』『その携帯はXX(エクスクロス)』以外でお願いします。

Aベストアンサー

田舎の学校に転校して。。。
どっちかというと学校の怪談ですが、
綾辻行人のAnother
は殺人事件が起こる、
周りの人間が口を閉ざす、
語られない秘密がある、
ミステリー要素もある
という点で
嗜好に合うホラー&ミステリー小説だと思います。

Q攻撃機と爆撃機の違い

攻撃機と爆撃機の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

時代、国によって区分けがまったく違いますので、明確に区分はできず、またその必要もあまりありません(あいまいなため)。参考にいくつかの時代と国について・・・

旧日本海軍;攻撃機と爆撃機を分けており、艦上機と陸上機にさらに分類されます。
艦上爆撃機:基本は急降下爆撃を行うことを目的とした機種です。九九式艦上爆撃機や彗星などがこれにあたります。
艦上攻撃機:基本は雷撃を行うことを目的とした機種です。九七式艦上攻撃機、天山がこれにあたります。ただし例外なのが「流星」で、これは艦上攻撃機という区分ではありますが水平、急降下両爆撃、雷撃も可能という基本設計になっています。
陸上攻撃機:いわゆる陸攻。攻撃機という区分のため海の目標に対して雷撃を行うことを目的とした陸上機。このあたりが海軍っぽいですね。一式陸上攻撃機が代表です。
陸上爆撃機:唯一「銀河」のみがこれにあたります。急降下爆撃、水平爆撃、雷撃といった攻撃方法がすべて可能という基本仕様のもと、新たに作られた区分です。

アメリカ海軍(大戦期):実は大戦中期までのアメリカ海軍には艦上攻撃機はありません。すべて「艦上雷撃機」が正式呼称です。
艦上爆撃機:日本と同じ目的。ドーントレスが有名
艦上雷撃機:日本の攻撃機と基本的に目的は同じですが、偵察機もかねている機体が多いのも特徴です。アヴェンジャーが有名。
艦上攻撃機:急降下爆撃、水平爆撃、雷撃、ロケット攻撃など、ありとあらゆる攻撃を1機で行うことを目標とした機体。ADスカイレイダーというベトナム戦争まで生き残った伝説のレシプロ機が最初の機体。

アメリカ陸軍航空隊:攻撃機といっても日海や米海とはまったく違う代物です。
爆撃機:主に地上を爆撃することを目的としています。多くが防衛用に旋回式機銃を装備したハリネズミなのが特徴です。B-17やB-29が有名です。
攻撃機:爆撃機と性能はほとんど変わりませんが、前方に機銃を配しており、主に戦車をつぶしたり、歩兵に機銃を浴びせたりなどといった役割を演じるのが目的です。基本的に運動性が軽快で、夜間戦闘機としての使用も多いです。A-20ハボックなんかが有名ですね。

アメリカ空軍:基本は陸軍航空隊時代のものを引き継いでいます。
爆撃機:基本は戦略爆撃や核攻撃を目的とした大型の機体がそろっています。B-52やB-1、B-2が有名です。
攻撃機:基本は航空隊時代の攻撃機と同じですが、タンクキラーを主な目的としているのが特徴です。A-10が現在現役。
例外はF-117で、これは爆撃を主な任務としますが、開発秘匿のため、わざと例外的な番号が付いています。No10の人がいっているのはこの機体ですが、ユーゴスラビア紛争にて1機落ちています。ただし原因は諸説あり、機銃であるとは決まっていません。なお、落下した機体の破片はすべてロシアが回収していきました。
近年ではF/Aを冠する戦闘攻撃機に力を入れていますが、海軍の採用したF/A-18のような機体に比べると、攻撃機としての機能はイモ付けの感をがあります。

アメリカ海軍(現):基本は大戦期と変わりませんが、爆撃機(B)を冠する機体は消滅しています。
攻撃機:先に説明した艦上攻撃機ADスカイレイダーを1962年にA-1としたのが第1号の攻撃機。艦船、陸上関係なしに、とにかく相手を「攻撃」する機体はすべてこれに当たっています。現在は予算削減のあおりを受けて後継が開発中止となったためF/A系列のマルチロールファイターにその座を譲っています。
戦闘攻撃機:F/Aという頭文字を持つ機体。戦闘機としての運用も、攻撃機としての運用も可能という両面の機体。

なお、No10の人の回答には失礼ながら不備が見受けられます。F-16はあくまで戦闘機として開発された代物で、特に初期のF-16は純粋な戦闘機です。しかし冷戦が終わったこともあって純粋な戦闘機が不要となってきたので、攻撃機としても使えるようにしました。F-4は元が制空戦闘機で、その大馬力を生かして爆撃も可能としています。
F-18は、正式呼称はF/A-18、見てのとおり戦闘攻撃機です。A-4は小型艦載攻撃機ですね。空母艦載機です。
A-6はもともと核攻撃用です。ベトナムでは主に地上爆撃を行いましたが、後に対艦ミサイルも搭載できるようになっています。
なお、No9の回答にも失礼ながら不備があり、上で言ったとおり1945年以前のアメリカ海軍には攻撃機は存在しません。TBというのは「雷撃機兼爆撃機」のことです。

なお、上記で説明した国の区分も、厳密には巡航ミサイル発射型が混じっていたりと、実際のところ非常にあいまいです。

ですので、攻撃機と爆撃機の違いは、「実質的には同じ」が回答になると思います。

時代、国によって区分けがまったく違いますので、明確に区分はできず、またその必要もあまりありません(あいまいなため)。参考にいくつかの時代と国について・・・

旧日本海軍;攻撃機と爆撃機を分けており、艦上機と陸上機にさらに分類されます。
艦上爆撃機:基本は急降下爆撃を行うことを目的とした機種です。九九式艦上爆撃機や彗星などがこれにあたります。
艦上攻撃機:基本は雷撃を行うことを目的とした機種です。九七式艦上攻撃機、天山がこれにあたります。ただし例外なのが「流星」で、これは艦...続きを読む

Qホラー・ミステリー小説じゃないけど「怖い」小説を教えてください

例を挙げると、吉田修一の「パレード」のように
普通の現代小説かと思って読み始めたら
どんでん返しがあった、結末が怖かった、という
小説を読みたいのですが、おすすめがありましたら教えてください。

また、村上龍「オーディション」のように、
純文学作家が書いた怖い小説でもかまいません。

Aベストアンサー

河野多惠子さんの「不意の声」(講談社文芸文庫)
「後日の話」(文春文庫)などはどうでしょうか。
純文学の大家ですが、背筋がぞくぞくするような
不穏な気配の作品が多いので、この二作品以外に
もあたってみてください。


人気Q&Aランキング