江戸時代に士・農・工・商・えた・ひにんなどの身分制度が出来ましたが、このえた・ひにんに該当する人たちは、どうやって決定されたのでしょうか?
中学校では「時の権力者が世の混乱を治めるために低い身分の人を作って不満のはけ口にした」などと習った気がします。しかし、この"低い身分"の人たちはどのようにして選ばれたのでしょうか?貧しい農民をこの身分に割り当てたのでしょうか?私の思いつきでは前科のある人やその家族などをこの身分にしたのではないかと思ったのですが、実際はどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

穢多非人とは身分制度の身分のひとつらしいですね。


社会秩序を強化するためにつくられたようですが、江戸時代にいっそう徹底されたようです。

・士・農工商・穢多非人(しのうこうしょうえたひにん)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E5%A3%AB%E3%83%BB%E8%B …

A 回答 (4件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

まず、身分制度についてですが、士・農・工・商ですが、次にくるのは「非人」「穢多(えた)」の順です。

で、ここで、あなたの質問に答えるとしたら、地方の成立は雑多な部分もありますので、話が長くなります。そこで、江戸および江戸時代についてのみお話をいたします。

確かに、士農工商の序列ではありましたが、実際としては、士・工・商・農、という序列が正しいと思います。

年貢(税金、または、武士の給与)確保のため、武士の次に農民が位置しましたが、士農工商で一番苦労したのは、農民でした。

まず、「非人」について:

元々は「人非人」あるいは「僧侶」の意味でした。つまり、人間界を捨てた「世捨て人」のことを指しました。やがて、賎民(せんみん=貧しい人)を指すようになり、中性では「穢多」と混称されるようになってきました。しかし、江戸時代に入ると両者は「厳密」に区別され、「非人」は良民(平民)のなり下がりとして位置づけられ、良民への復帰の道が開かれていました。
「穢多」と違っているところは、「皮細工等の生産に従わず」卑属な遊芸や物貰いの独占権を持ち、「穢多」よりも上位に位置していました。

「非人」にも2種類あり、「抱非人(かかえひにん)」と「野非人(のひにん)」とに分かれていました。

「野非人」は今日で言われる「路上生活者」。つまり、ホームレスで、主に、農村部で飢饉や病気などにより年貢が納められなくなった者が「人別帳」を離れて江戸へ流入した者たちでした。つまり、「無宿者」と同じ考え方です。江戸でも厳しく取り締まりをし、一定の区域に住まわせたりしましたが、効果はなく、後の、「無宿狩り」などへと発展していきました。

一方、「抱非人」は、例えば、
(1)姉妹伯母姪と密通した者。
(2)男女の心中(相対死)で女が生き残った場合。もしくは、両人とも生き残った場合。
(3)主人と下女の心中で主人が生き残った場合の主人。
(4)15歳未満で無宿の子どもが盗みをした時。
などとなっていますが、
非人小屋頭が江戸の各地にあり、そこの頭の支配を受けていました。この非人組頭の頂点に「弾左衛門」という人物がおり、その支配下に「頭」と呼ばれる者が4~5人いました。最も有名なのは、荒川土手(地名は分かってはいますが、人権に関わることなので、ここでは、あえて、荒川土手とします)に木組みと筵(むとろ)で住まいを造り、痩せた土地を開墾し、非人同士が結婚して子どもが生まれても、その子どもも非人でしかなかったのです。

まあまあ、幅を利かしていたのが「車善七」率いる人たちでした。

非人の生計としては痩せた土地から得るものは少ないので、主に「物乞い」でした。江戸時代、非人以外が「物乞い」をすると、逆に、罪になりました。また、街角の清掃、門付(かどづけ)などの清めに関わる芸能を披露。そして、街角の清掃に付随して紙くずを拾って、それを発展させて「再生紙」造りにも寄与しました。(現代のリサイクルの先駆け?)。さらに、町役の下役として警備や刑死者の埋葬、また、斬首の刑(首切りの刑)などでは、罪人を押さえつけたり、その後の死体処理をしたり、入牢した者が病気に罹った時の看病。少年犯罪者の世話などに従事しました。

そして、「非人」は、上記(1)~(4)などの罪で非人になっても、家族や親類縁者が、多少の「銭」を支払うことで、平民に戻れたのです。

そこへいくと、「穢多」は、「非人」よりも、さらに下位に置かれ、町民の住居からは、かけ離れた場所に、一箇所に集めて住まわされました。その条件?としては、「非人」の中でも、さらに「素行」が悪く、「非人の秩序」を乱す者などが対象でした。しかし、支配をしていたのは、やはり、「非人組頭」の弾左衛門でした。

彼らは、例えば、死んだ牛馬を百姓から貰い受け、その肉を食い、皮は皮製品などにしました。この斃牛馬(へいぎゅうば=死んだ牛馬)の取得権は「穢多」の何よりの独占権でした。
その他にも、藁(わら)細工、燈心細工、破魔弓矢(はまゆみや)細工等簡単な手工業的生産に携わりました。

この「穢多」の歴史は、戦国時代に戦国大名から鎧(よろい)や鞍(くら)などの武器としての皮製品調達のために、当時は長史(ちょうし=村のまとめ役)に皮製品の上納を命じたことに始まる、と、されています。その見返りとしては、年貢を安くしてもらったり、とかの恩恵も与えられました。

しかし、江戸時代に入ると、「穢多」は、、「士農工商・非人・穢多」と「非人」より下位に位置づけられ戦国時代と同じような職業に従事し、一生涯「平人(ひらびと、または、ひらんど)=庶民」に戻ることはできませんでした。

こうした「非人」や「穢多」は、収入があってないようなものでしたので、租税を課せられることもなかったので、やがて、その租税免除により、幾らかでも貯えをし、土手などから、平地に土地を持つ者も出始め、大きな意味で「部落」ができました。

そして、明治4(1871)年に制定され、明治5年に編成された、いわゆる、壬申戸籍(じんしんこせき)には、「皇族」「華族」「士族」「卒」「地士」「僧」「旧神官」「尼」「平民」「新平民」「非人」「穢多」などという「階級」が書かれており、当時は、まだまだ、身分制度が色濃く残っており、しかも、誰でもがこの戸籍を閲覧することができました。

しかし、昭和43(1968)年に、差別部落の人を探し出す事件が発覚し、大企業での採用取り消し、部落民との結婚禁止などという事件が発生し、同年、「閲覧」および「公開」を禁止し「永久封印」とされました。

とは言うものの、現在に至っても、「部落名」を聞いたり、そこに代々住んでいたということで、「偏見の目」が向けられ、現在、「部落開放運動」や「同和問題」が今なおクローズアップされているのが現状です。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

たいへん面白く読ませていただきました。
当時の経済構造ですでに出来上がっていた貧困層や犯罪者にえた・ひにんなどの階級を割り当てたのだと。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/26 09:50

> 江戸時代に士・農・工・商・えた・ひにんなどの身分制度が出来ました



学校教育で受ける士農工商ってウソです。江戸時代にそのような制度はございません。
江戸時代に存在したのは
武家…お城勤めをするもの
   上士(家老その他で一般的には100石以上)
   中士(100未満30石以上)
   下士(30石未満)
   郷士(帰農した侍で、有事に兵隊として従軍する)*
   浪人(仕事のない元武家)**
僧家…神社・仏閣で働く人***
農家…名主(村の代表みたいなものでたいがい地主で巨大商社)****
   本百姓(独自の土地を持つ百姓で郷士もここ)*
   水呑百姓(地主から土地を借りて農業している)*****
町家…職人(物作り専門)
   商人(物販や物流を行う)****
   町人(いまで言うサラリーマン又はフリーター)******
以外…えた(人や動物の死体処理や土木事業などに携わる人)
   非人(犯罪者)

*は相互に関係がある
*****と******は武家や名主の下で下働きしてる者もおり、有事の際徴兵される

幕末には農家で軍事組織を編成した農兵が作られた。春日隊、彰義隊、新選組など
幕府陸軍は主に町人から集められた(傭兵)
台場事業その他大型公共事業は主にえたが請け負った

このように江戸時代は相互関与しあっているため、士農工商という身分分けはできません。有名人には農家出身の武家も多いです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/26 09:52
    • good
    • 1
この回答へのお礼

起源については統一見解がないのですね。
しかし、やっていた職業によって決められたという感じがしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/11 09:32

こちらに同じ質問があるのでご参考に。



参考URL:http://okwave.jp/qa212868.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

馬とかの死体を処理する人などだったのですね。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/11 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

僧名」に関するQ&A: 日蓮宗と創価学会の関係

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qえた・ひにんの序列について。

http://okwave.jp/qa/q4165227.html

上記の質問の回答で「えた」は「ひにん」の中でも素行が悪い者がなると書かれていますが、私が学校で習った内容とまったく違います。えたは革や死に携わる仕事をする人のことであり、ひにんより身分は形式上は上とされたと習いました。関東では牛の死体の処理をえたがひにんにやらせていたところがあるので形上の序列としてえたはひにんより上位にくるのではないでしょうか?そもそもえたはなろうと思ってなるものではなく代々特定の家の者がなるのではないのですか?

Aベストアンサー

穢多は、動物の皮の加工など、臭いの強い仕事に従事。職業の貴賎の問題です。
非人は、心中未遂の生き残りなどで、前科者の隔離に近い位置でしょう。正業に従事できないため、乞食に近いものだったという説もあります。

Qどうして室町時代や江戸時代の芸人は幕府・大名・寺院などの保護を得ねばならないですか?教えてくれません

どうして室町時代や江戸時代の芸人は幕府・大名・寺院などの保護を得ねばならないですか?教えてくれませんか(´・_・`)

Aベストアンサー

それぞれテリトリーがありますので、
むやみに入り込むことは出来ません。
親分を通す必要があります。

当時、芸人は河原乞食と言われ、
底辺の存在でした。
だから、虐められたり、迫害されたり
しました。

収入も不安定でした。

権力者の庇護が必要だったのです。

Qえた・ひにんの考え方

質問させていただきます。

私は北海道に住んでいるためか、
えた・ひにんへの人種差別などにはまったく無知です。
しかし最近、滋賀県から来た知人に、
「差別はなくなったけど、今でも親はえたひにんと結婚するなと言ったり、
役所でも聞かれたりする」
というようなことを聞きました。

差別されてきた理由などは自分なりに調べてそれなりに知り、
差別がなくなったハズの現在も、結婚するな、と言われたりするのは
そういう人たちの「考え方」や「育ち方」が、一般の人と違うからだということもわかりました。

知人の親戚も、えたの部落(?)出身の方と結婚したけど、
考え方や思想などが合わず離婚したそうです。

しかし私には、「考え方や思想などが合わない」というのがよくわかりません。
考え方が違うのは当たり前だと思いますし、
違う家庭で育っているので生活習慣も違うのも当たり前だと思っています。

そういう人達というのは、結婚しても離婚に繋がってしまうほど考え方が違うのでしょうか?
「普通は○○と考えるところを、えたひにんの人たちは○○と考える」
など、わかりやすい例えを用いて、えた・ひにんの方の事を教えていただきたいです。

お願いします。

質問させていただきます。

私は北海道に住んでいるためか、
えた・ひにんへの人種差別などにはまったく無知です。
しかし最近、滋賀県から来た知人に、
「差別はなくなったけど、今でも親はえたひにんと結婚するなと言ったり、
役所でも聞かれたりする」
というようなことを聞きました。

差別されてきた理由などは自分なりに調べてそれなりに知り、
差別がなくなったハズの現在も、結婚するな、と言われたりするのは
そういう人たちの「考え方」や「育ち方」が、一般の人と違うからだということもわかりました。...続きを読む

Aベストアンサー

考え方や思想云々は口実でしょう。
外国人の方がもっと違うと思います。
差別する世間に負けたのではないでしょうか。

エタヒニンは、江戸時代の士農工商に端を発した
と誤解している人が多いようですが、これは平安時代に
まで遡ることができます。

どうしてこういう差別になったのかについては
諸説あり、統一されていません。
刑罰だ、遺伝病だ、職業だ、人種だ・・・。

同じような差別はインドや中国、朝鮮にもあります。

現代における問題点。
1,彼らは各種補助金
 をもらっており、それが、差別の口実になっている
 のではないか、と指摘する人がいます。
2、一説には、犯罪者が多い、という人がいますが
 よく解りません。
3,暴力団との関係を指摘する人も多いようです。

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Qロシア農奴と江戸時代の農工商、えたひにん

ロシア農奴と江戸時代の農工商、えたひにん

ドストエフスキー、トルストイを読んでいます。

小説に出てくる農奴解放前後、特に解放前のロシアの一般庶民はずいぶん、悲惨な感じがします。

江戸時代の農工商えたひにんと、農奴解放前後、解放前のロシア庶民の比較異動を教えてください。

特に生活レベルとか、持っていた権利などについて、

できるだけ具体的に、詳しく知りたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

農奴

 移動、職業選択の自由はない。

 一応、個別の家族、住居、耕具の所有は認められる。
 (人間としての人格を完全否定される奴隷ではない。ただし人間としての人格が保障される事は稀)

 簡単に言うと、一定量の農産物を生産する為の、荘園の付属品です。
 (時には土地と共に売買、譲渡の対象となった。)

ロシアだと、1861年にアレクサンドル2世によって農奴解放令が発令

 移動、職業選択の自由が与えられた。
 (富国強兵の為の、人員の確保が出来る様になった。[兵隊や工場従事者の確保が可能に])

 ただし、元農奴が土地所有者であった貴族から土地を購入する事は金額的に出来なかった為、殆どの者は農奴であった時と変らない待遇で生活をする事になります。
 (事実上の農奴の温存。これが変るのは革命を待ちます。)

>江戸時代の農工商えたひにん
 昨今の研究では、江戸時代には士・農・工・商・穢多・非人と言う厳格な身分は存在していなかったのではと言われています。

 御家人株などを購入すれば、農・工・商であっても武士に成れた。坂本竜馬の先祖も、財を蓄えた事で商人から郷士に成っています。

 また、一般農民であっても米以外に町で金に換えられる作物や商品(「工」の役割を担ったり)を生産したりしましたし、大農家ともなれば海運を担ったり大名貸しなどの金融業もやっていました。
 (「本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」と呼称された酒田の本間氏など)

>特に生活レベルとか、持っていた権利などについて、
 生活レベルは、ピンキリ(豪農や豪商は、大名並な生活を送っていましたし、水のみ百姓や丁稚奉公などは奴隷の一歩手前)です。

 穢多・非人で有っても相応の財を溜め込んだ者もいるようです。
 (穢多頭の矢野弾左衛門は、殺生や穢れを嫌っていた当時の風潮から皮革の製造加工を独占し、旗本並みの格式と十万石の大名並みの財力を有すると称された。)

 差は、武士には帯刀などの儀礼的特権があり、一般民衆は特に何も無く(才覚が全て)ただ農村と都市部の違いで別れ、抑圧階級(住居や職業に対する制限)として穢多・非人(地域によって差異が有り明確には…。)が居ると言う所でしょうか…。

農奴

 移動、職業選択の自由はない。

 一応、個別の家族、住居、耕具の所有は認められる。
 (人間としての人格を完全否定される奴隷ではない。ただし人間としての人格が保障される事は稀)

 簡単に言うと、一定量の農産物を生産する為の、荘園の付属品です。
 (時には土地と共に売買、譲渡の対象となった。)

ロシアだと、1861年にアレクサンドル2世によって農奴解放令が発令

 移動、職業選択の自由が与えられた。
 (富国強兵の為の、人員の確保が出来る様になった。[兵隊や工場従事者の確保が可能に])...続きを読む

Q戦国時代・江戸時代の世渡り上手

織田、豊臣、徳川は天下人と言われますが

この三家の下に付き続けた世渡り上手な武将、大名っているのでしょうか?

また、三家と敵対し続けた気骨のある武将、大名っているでしょうか?

Aベストアンサー

>この三家の下に付き続けた世渡り上手な武将、大名っているのでしょうか?


江戸時代まで生き抜いて大名家として存続したような家はたいてい三家の下に付き続けた世渡り上手な大名です。

代表的なところだと藤堂高虎とか山内一豊・前田利家の前田家・蜂須賀小六の蜂須賀家なんかですかね変わった所だと豊臣秀吉の義理の弟の浅野長政(個人的に家康ともとても仲がよく亡くなった後に家康が落ち込むほどだったらしいです)の浅野家なんかも世渡り上手な大名ですかね

その逆で

>三家と敵対し続けた気骨のある武将、大名

だと島津家くらいですかね
普通天下人に敵対し続けて生き残るのは難しいですから

Q江戸時代、えた・ひにんの人ははどうやって選ばれたのか?

江戸時代に士・農・工・商・えた・ひにんなどの身分制度が出来ましたが、このえた・ひにんに該当する人たちは、どうやって決定されたのでしょうか?
中学校では「時の権力者が世の混乱を治めるために低い身分の人を作って不満のはけ口にした」などと習った気がします。しかし、この"低い身分"の人たちはどのようにして選ばれたのでしょうか?貧しい農民をこの身分に割り当てたのでしょうか?私の思いつきでは前科のある人やその家族などをこの身分にしたのではないかと思ったのですが、実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

まず、身分制度についてですが、士・農・工・商ですが、次にくるのは「非人」「穢多(えた)」の順です。

で、ここで、あなたの質問に答えるとしたら、地方の成立は雑多な部分もありますので、話が長くなります。そこで、江戸および江戸時代についてのみお話をいたします。

確かに、士農工商の序列ではありましたが、実際としては、士・工・商・農、という序列が正しいと思います。

年貢(税金、または、武士の給与)確保のため、武士の次に農民が位置しましたが、士農工商で一番苦労したのは、農民でした。

まず、「非人」について:

元々は「人非人」あるいは「僧侶」の意味でした。つまり、人間界を捨てた「世捨て人」のことを指しました。やがて、賎民(せんみん=貧しい人)を指すようになり、中性では「穢多」と混称されるようになってきました。しかし、江戸時代に入ると両者は「厳密」に区別され、「非人」は良民(平民)のなり下がりとして位置づけられ、良民への復帰の道が開かれていました。
「穢多」と違っているところは、「皮細工等の生産に従わず」卑属な遊芸や物貰いの独占権を持ち、「穢多」よりも上位に位置していました。

「非人」にも2種類あり、「抱非人(かかえひにん)」と「野非人(のひにん)」とに分かれていました。

「野非人」は今日で言われる「路上生活者」。つまり、ホームレスで、主に、農村部で飢饉や病気などにより年貢が納められなくなった者が「人別帳」を離れて江戸へ流入した者たちでした。つまり、「無宿者」と同じ考え方です。江戸でも厳しく取り締まりをし、一定の区域に住まわせたりしましたが、効果はなく、後の、「無宿狩り」などへと発展していきました。

一方、「抱非人」は、例えば、
(1)姉妹伯母姪と密通した者。
(2)男女の心中(相対死)で女が生き残った場合。もしくは、両人とも生き残った場合。
(3)主人と下女の心中で主人が生き残った場合の主人。
(4)15歳未満で無宿の子どもが盗みをした時。
などとなっていますが、
非人小屋頭が江戸の各地にあり、そこの頭の支配を受けていました。この非人組頭の頂点に「弾左衛門」という人物がおり、その支配下に「頭」と呼ばれる者が4~5人いました。最も有名なのは、荒川土手(地名は分かってはいますが、人権に関わることなので、ここでは、あえて、荒川土手とします)に木組みと筵(むとろ)で住まいを造り、痩せた土地を開墾し、非人同士が結婚して子どもが生まれても、その子どもも非人でしかなかったのです。

まあまあ、幅を利かしていたのが「車善七」率いる人たちでした。

非人の生計としては痩せた土地から得るものは少ないので、主に「物乞い」でした。江戸時代、非人以外が「物乞い」をすると、逆に、罪になりました。また、街角の清掃、門付(かどづけ)などの清めに関わる芸能を披露。そして、街角の清掃に付随して紙くずを拾って、それを発展させて「再生紙」造りにも寄与しました。(現代のリサイクルの先駆け?)。さらに、町役の下役として警備や刑死者の埋葬、また、斬首の刑(首切りの刑)などでは、罪人を押さえつけたり、その後の死体処理をしたり、入牢した者が病気に罹った時の看病。少年犯罪者の世話などに従事しました。

そして、「非人」は、上記(1)~(4)などの罪で非人になっても、家族や親類縁者が、多少の「銭」を支払うことで、平民に戻れたのです。

そこへいくと、「穢多」は、「非人」よりも、さらに下位に置かれ、町民の住居からは、かけ離れた場所に、一箇所に集めて住まわされました。その条件?としては、「非人」の中でも、さらに「素行」が悪く、「非人の秩序」を乱す者などが対象でした。しかし、支配をしていたのは、やはり、「非人組頭」の弾左衛門でした。

彼らは、例えば、死んだ牛馬を百姓から貰い受け、その肉を食い、皮は皮製品などにしました。この斃牛馬(へいぎゅうば=死んだ牛馬)の取得権は「穢多」の何よりの独占権でした。
その他にも、藁(わら)細工、燈心細工、破魔弓矢(はまゆみや)細工等簡単な手工業的生産に携わりました。

この「穢多」の歴史は、戦国時代に戦国大名から鎧(よろい)や鞍(くら)などの武器としての皮製品調達のために、当時は長史(ちょうし=村のまとめ役)に皮製品の上納を命じたことに始まる、と、されています。その見返りとしては、年貢を安くしてもらったり、とかの恩恵も与えられました。

しかし、江戸時代に入ると、「穢多」は、、「士農工商・非人・穢多」と「非人」より下位に位置づけられ戦国時代と同じような職業に従事し、一生涯「平人(ひらびと、または、ひらんど)=庶民」に戻ることはできませんでした。

こうした「非人」や「穢多」は、収入があってないようなものでしたので、租税を課せられることもなかったので、やがて、その租税免除により、幾らかでも貯えをし、土手などから、平地に土地を持つ者も出始め、大きな意味で「部落」ができました。

そして、明治4(1871)年に制定され、明治5年に編成された、いわゆる、壬申戸籍(じんしんこせき)には、「皇族」「華族」「士族」「卒」「地士」「僧」「旧神官」「尼」「平民」「新平民」「非人」「穢多」などという「階級」が書かれており、当時は、まだまだ、身分制度が色濃く残っており、しかも、誰でもがこの戸籍を閲覧することができました。

しかし、昭和43(1968)年に、差別部落の人を探し出す事件が発覚し、大企業での採用取り消し、部落民との結婚禁止などという事件が発生し、同年、「閲覧」および「公開」を禁止し「永久封印」とされました。

とは言うものの、現在に至っても、「部落名」を聞いたり、そこに代々住んでいたということで、「偏見の目」が向けられ、現在、「部落開放運動」や「同和問題」が今なおクローズアップされているのが現状です。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

まず、身分制度についてですが、士・農・工・商ですが、次にくるのは「非人」「穢多(えた)」の順です。

で、ここで、あなたの質問に答えるとしたら、地方の成立は雑多な部分もありますので、話が長くなります。そこで、江戸および江戸時代についてのみお話をいたします。

確かに、士農工商の序列ではありましたが、実際としては、士・工・商・農、という序列が正しいと思います。

年貢(税金、または、武士の給与)確保のため、武士の次に農民が位置し...続きを読む

Q江戸時代幕末~明治時代の漫画・サイト

幕末から明治時代にかけての動きがわかりやすい漫画かホームページはないでしょうか?
漫画では「お~い竜馬」くらいしか読んだ事がないです。
あれはだいぶ脚色されてるとの事らしいのですが、それすらもわかりませんでした。
新撰組や白虎隊、西南戦争なども知りたいです。

Aベストアンサー

私もオススメは「風雲児たち」です。
私も幕末通を自認していますが、風雲児たちを読んで、
いろいろと勉強になることが多くありました。

「るろうに剣心」はね~。
創作物と割り切って読む分には面白いですが、あれが
史実だと思っては絶対にいけません。(;^^)

あと日本史全般になりますが、
『そうだったのね!日本史』
 http://www.geocities.jp/sou_nihonshi/
もオススメします。
(漫画じゃないですが、普通に読んでも面白いサイトです。^^)

Qえた⚫ひにんは差別用語と習いました。でもなぜこの二つをピックアップしているのですか? 奴隷とかも差別

えた⚫ひにんは差別用語と習いました。でもなぜこの二つをピックアップしているのですか?
奴隷とかも差別用語だと思うし使ってはいけないと思うけれど特に「絶対使うな」とは言われないじゃないですか

Aベストアンサー

彼らを差別している人がいるという事にして、自分達はそれと戦っていると主張して利益を得ている人たちがいるからです。
いわゆる従軍慰安婦や痴漢冤罪みたいなものですね。

それ以上の説明が必要なら、社会カテゴリーで再質問して下さい。
政治の話になるので、ここでは不適当です。

【カテゴリー一覧】
https://oshiete.goo.ne.jp/category/list/

Q日本の戦国時代~江戸時代初期・明治維新までの砲弾

戦国時代の大砲(大筒)の弾って、今で言う所の徹甲弾(攻城用弾)だと思うのですが、時代劇や大河ドラマでは、砲弾の対地着弾付近の侍・武士・兵士が吹き飛ばされて死傷する描写が多数見られます。
また、幕末の外国船の砲弾も、鉄球弾であり、榴弾ではなかったと思います。
しかし、炸薬が内蔵されていない鉄球である砲弾が近くに落ちても、大したことないと思います。
実際は、榴弾やそれに近い炸薬の内装された砲弾だったのでしょうか?

Aベストアンサー

視聴者にわかりやすくするための一種の演出効果なのでしょう。
それに、時代劇に限りませんが、日本のドラマ制作では軍事関係の考証は
軽視される傾向にあるので、そういう考証すらせずに単純に爆発させている
可能性もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング