祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

SQL Serverって何のためにあるのでしょうか?Accessじゃダメなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こちらのページにAccessと比較したSQL Serverのメリットが記載されています。


基本的に、少人数しかアクセスする可能性が無い小規模なデータベースならAccessでもいいと思います。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/solutions/lob/sce …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく理解することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/11 10:05

あなたが個人、もしくは職場の少人数の間で、そんなに大量ではないデータを保管、閲覧するならAccessでも構わないでしょう。



ですが、会社規模で、顧客情報数万人分を保管し、Webや各支店からの大量の参照や更新要求を受け付けて、24時間停止せずにデータベースサービスを提供しつづける、というのであればSQL Serverや、マイクロソフト以外であればOracleなどの「本物のデータベースシステム」が必要です。

いわば、人を運ぶのに「バス(SQL Server)」か「自家用車(Access)」か、どちらが適切か、というのと同じで、規模や用途で使い分けるべきものです。

なお、Accessは実際は「データベースを操作するツール」の名称です。ですので、例えばAccess(データベースを操作するツール)を使ってSQL Server(データベース)を操作することも可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

AccessとSQL Serverの使い方の違いがよくわかりました。
AccessでもSQLサーバー操作できるんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/11 10:09

Q1、SQL Serverって何のためにあるのでしょうか?


A1、オラクルに対抗してC/Sシステムを構築する言語として発売されたもの。

Q2、Accessじゃダメなのでしょうか?
A2、目的次第です。

クライアント・サーバーシステムを構築するにはオラクルとかSQL Serverとかが必要。
しかし、小規模データベースでシングルユーザで使う分にはAccessで十分。
目的次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Accessは個人用だったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/11 10:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccess or SQLServer どちらを使用しますか?

こんにちは。
みなさんならAccessかSQLServerの、どちらのDBを使うかご意見ください(出来ればメリットやデメリットなどもあるとうれしいです)

<環境>
サーバー:Win2000Server、Access2000または、SQLServer7.0
クライアント:Win2000 ×10台
開発環境:VB6.0(SP5)、Win2000

<やりたいこと&悩み>
1)複数のパソコンからDBのデータをSelect、Insert、Update、Deleteする
2)データが多いので、Accessの場合は3つくらいのmdbに分けないといけない(Accessのサイズ上限を超えてしまう為)。分けた場合は、リンクテーブルが必要。データ数は、1ヶ月に3万件くらい
3)タイミングによっては、同時アクセスあり
4)AccessをDBとして試作品を作成したところ、ファイルをロックできませんでしたというエラーが1日1回程度でてしまう
5)SQLServerでは気軽(?)にユーザーがメンテナンスできない(Accessの知識は多少あり)

このような感じですが、みなさんならどちらを選択されますか?ご意見よろしくお願いします。

こんにちは。
みなさんならAccessかSQLServerの、どちらのDBを使うかご意見ください(出来ればメリットやデメリットなどもあるとうれしいです)

<環境>
サーバー:Win2000Server、Access2000または、SQLServer7.0
クライアント:Win2000 ×10台
開発環境:VB6.0(SP5)、Win2000

<やりたいこと&悩み>
1)複数のパソコンからDBのデータをSelect、Insert、Update、Deleteする
2)データが多いので、Accessの場合は3つくらいのmdbに分けないといけない(Accessのサイズ上限を超えてしまう為)。分け...続きを読む

Aベストアンサー

それだけの規模のクラサバシステムを構築するのであれば
SQLServerにしておくべきでしょう、というよりも
ACCESSでは危険が大きすぎます。

SQLServerと比較した場合のACCESSのデメリットとして

・データベース(mdbファイル)が破損する危険が大きい
・レコード件数が増えることによるレスポンスの低下が激しい
・ユーザー権限、アクセス権限などを管理する機能が乏しく
 マルチクライアントからの利用には向かない
・データベースの保守、管理機能が乏しく、 データベースの
 バックアップ等もmdbファイルそのものをコピーするぐらいしかない

などが挙げられます。

ACCESSのmdbは、マルチユーザー・マルチクライアントの
システムを管理できるほど高性能なデータベースではありません。
ACCESSで管理できるデータベースは、スタンドアロンや
もっと小規模なシステム(クライアント2~3台程度)ぐらいが限界でしょう。

QACCESS と SQLSERVER の違いを細かくまとめたページ知りませんか?

ACCESSとSQLSERVERのどっちが
よいかとか、どのように違うかという話題は
よく上がると思いますが、

大体は違いが分かっているつもりですが、
一覧にして分かりやすくまとめたページなどは
ないでしょうか?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 
http://www.microsoft.com/japan/sql/techinfo/planning/SQLAccess.asp

http://www.int21.co.jp/pcdn/vb/noriolib/vbmag/9805/sqlacc/

http://www.int21.co.jp/pcdn/vb/noriolib/vbmag/10/aki/access/

http://www.naboki.net/access/index.html

http://www.google.co.jp/search?q=microsoft+SQL+Server+Access+%E9%81%95%E3%81%84&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&start=10&sa=N
 

参考URL:http://www.google.co.jp/

QAccessとSQL Serverの連携について

現在Accessで組まれているデータベースがあるのですが、複数人で入力をする必要が出てきたため、SQL Serverへ移行したいと思っています。
ただ、まだデータベースの内容が完全にFIXしておらず、項目に変更や追加が発生する可能性があります。

そこで、
●Accessを管理画面として使い、
●Access上で内容を変更したら、システム全体もその通り変わる
ような仕組みを作りたいのですが、可能でしょうか。
(完全にSQL Serverへ移行するのではなく、AccessとSQL Serverを連携させる?)

よき方法がありましたら教えて頂けましたら幸いです。
ちなみにコストはあまり大きくはかけられません・・。
どうぞよろしくお願いします。

(※私はシステムはど素人なので、なるべく簡単に教えて頂けたら嬉しいです。なお、説明がおかしなこともあるかと思いますがご容赦ください。)

Aベストアンサー

>※私はシステムはど素人なので、なるべく簡単に教えて頂けたら嬉しいです。

でもやることは十分玄人の領域な気が…。なので簡単に、は不可能でしょう。
以下、#1さんと同じように、AccessファイルからSQLServerへデータ読込、書込する環境を構築することを目指します。違うのは概要だけ。#1さんはきちんとシステムを構築する方法を書かれていますが、私は概要だけ。なんで概要だけかは後述。

(1)SQL Server Expressをダウンロードして、サーバー(もしくはサーバーに見立てたPC)にインストール。
(2)Accessのテーブルを(1)のSQL Serverに作成。
(3)ここからはPC側の作業
(4)ODBC接続を作成
(5)現行のAccessに(4)を使ってリンクテーブル作成。
(6)(5)のAccess内のクエリ、フォーム、レポートなどを必要に応じた修正を行う。
(7)動作確認
(8)各PCにODBC接続を設定&Accessファイルを配布。

概要はここまでです。如何でしょう、ご自分でできそうですか?

作業の概要はこの通りなんですが、サーバー機の選定とか"細かい"作業はかなり省略…というか書いてません書けません。特に(6)は実際にAccessファイルを見ないときっちりアドバイスはできませんし、作業ボリュームや難易度も見えてきません。…ということで(業者への発注は想定外のようですがw)業者も見積には難渋するでしょう。さくっと見積もりが出てくることもあるでしょうけど、かなりバッファをとった高額なお見積りかと。正直、見積もり作るのにお金がほしい内容です。

どうしてこんなことをグチグチ書いているかというと、大変申し上げにくいのですが、自称素人の方には難易度高め。業者に任せるか、類似のパッケージを探された方が、不具合などのリスクも軽減され、業務への影響も少ないかと。

ご健闘をお祈りしております。

>※私はシステムはど素人なので、なるべく簡単に教えて頂けたら嬉しいです。

でもやることは十分玄人の領域な気が…。なので簡単に、は不可能でしょう。
以下、#1さんと同じように、AccessファイルからSQLServerへデータ読込、書込する環境を構築することを目指します。違うのは概要だけ。#1さんはきちんとシステムを構築する方法を書かれていますが、私は概要だけ。なんで概要だけかは後述。

(1)SQL Server Expressをダウンロードして、サーバー(もしくはサーバーに見立てたPC)にインストール。
(2)Accessのテー...続きを読む

QACCESSに同時アクセス(編集)をしたい

教えてください。
ACCESSのDBに複数のユーザが同時にアクセスして、
データを追加・編集したいのですが、
やはり、不可能でしょうか?

Aベストアンサー

マイクロソフトのアクセスに同時に複数のユーザが同時にアクセスして
データベースを操作することは可能です。いくつかの方法がありますが、
昔私が簡便に行なっていた方法は「テーブルのリンク」です。

あるコンピュータにアクセスでdb1という名前のデータベースを作って
ここにデータを格納しておきます。

他方で別のコンピュータに、アクセスでdb2という名前のデータベースを作ります。

このdb2というデータベースのメニューで

「ファイル」->「外部データの取り込み」->「テーブルのリンク」

というのがありますから、最初に作ったdb1をたどり、リンクしたいテーブルを
選択します。

こうすることにより、db2にdb1のテーブルがリンクされ(リンクテーブルと
呼ばれます。アイコンが通常のテーブルと違います。)、db1に格納された
データをdb2で編集することができます。

db2で、db1からのリンクテーブルを元にクエリーを作成することもできます。
リンクテーブルに対してできないことはテーブル構造の変更くらいで
他のことはだいたいできると思っていいかと思います。

このような形をとれば、ローカルエリアネットワーク内の複数のコンピュータ
から同時に同じアクセスデータベースにアクセスすることは可能かと思います。

このやり方にはおそらく問題もあるだろうと思うのですが、昔私がやって
いた頃は、特段支障もなく業務を行なうことができました。問題は、これを
読んだ他の誰かが指摘してくださるかと思います。

同じレコードに複数ユーザが同じタイミングでアクセスするとややこしい
ことになります。これを回避するためには、db2にワークテーブルを備えておき、
リンクテーブルからレコードを一度db2に格納し、編集を終了したのちに
リンクテーブルのレコードを削除し、ワークテーブルで編集したレコードを
リンクテーブルに追加する、などのルーティンをマクロやVBAで構築するのが
よいかと思います。私はそのようにしていました。

他に、ADOを使う方法などもあります。方法はいくつかありますから、
少し研究してみるといいですよ。(^-^)

マイクロソフトのアクセスに同時に複数のユーザが同時にアクセスして
データベースを操作することは可能です。いくつかの方法がありますが、
昔私が簡便に行なっていた方法は「テーブルのリンク」です。

あるコンピュータにアクセスでdb1という名前のデータベースを作って
ここにデータを格納しておきます。

他方で別のコンピュータに、アクセスでdb2という名前のデータベースを作ります。

このdb2というデータベースのメニューで

「ファイル」->「外部データの取り込み」->「テーブルのリンク」
...続きを読む

QAccessでテキスト型→数値型への変換方法

Access2000を使用しており、クエリを作成しています。
テーブルから[回答]というフィールドをひっぱってきています。
フィールド[回答]にて、最初の3文字に対応時間を入れており、
Mid関数にて対応時間を抽出しました。

対応時間:Mid([回答],1,3)

しかし、Mid関数でとったフィールドは文字列として認識されています。(Ex:001など)
この文字列を数値に変換する関数、又は方法などお教えくださいませ。
よろしくお願い致します。

以下にイメージ図を記載致します。
=================================
回答            対応時間
001 ●●●~        001
=================================
(対応時間を数値で扱えるようにしたい、ということです)

Aベストアンサー

対応時間が、整数(-32,768 ~ 32,767)であれば、

対応時間:CLng(Mid([回答],1,3))


また、長整数(-2,147,483,648~2,147,483,647)であれば、

対応時間:CLng(Mid([回答],1,3))

とすればokのハズです。

QVBとVBAの違い

お世話になります。

現在、ExcelVBAで機械設計の計算をさせようと思い勉強しているのですが、VBとVBAの違い(VBと比較したとき、VBAできること、できない事)の境目?がいまいち判りません。
まだまだ勉強中で困惑しております。このままExcelVBAを勉強していく物か、VBについて勉強していくか迷っています。このままExcelVBAを勉強してExcelVBAを理解すれば判断できるかと思うのですが、畑違いの勉強になってしまわないかと心配です。

やりたいことは、各種計算の簡略化です。
現在は、関数電卓で行っていますが、これをパラメータを入力すると計算結果が出る。このような物を作りたいと思っています。

長くなってしまったのでまとめると、
1、VBAとVBの違い
2、ExcelVBAで設計計算が可能か
あと、
プログラムにより計算させるときに、最適なプログラム(JavaとかPHPとかHTML等など・・・)お勧めのプログラムがありましたらアドバイス頂けたらと思います。

Aベストアンサー

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではできませんので、VBが必要です。

2. ExcelVBAで設計計算が可能か

可能です。また、多分VBAを使わなくてもExcelの関数でもある程度のことが可能だと思われます。お持ちの関数電卓の桁数にもよりますが、相当な高精度が必要でない限り大丈夫です。

文面からすると、プログラミング未経験のようですが、やりたいことが明確なので、Excelをお持ちであればVBAで始めてみてはいかがでしょうか。他の言語(Java, C, PHP...)でも可能でしょうが、中には環境を用意しなくてはならなかったり、本質である計算以外に気にしなくてはならないことが多く、初心者にはとっつきづらいのではないかと考えます。

VBAからVBへの移行、VBからVBAへの移行はどちらも可能ですし、VBAからVBへの移行は多少時間がかかるかもしれませんが、VBよりVBAから始める方が楽なので、どちらに優越があるとは一概に言えないと思います。一人でちょっと使う程度や勉強用なら、ExcelVBAをお勧めします。
しばらくすると、ExcelVBAの限界を感じるようになると思うので、そこからVBに移行するというのでも悪くないと思います。

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではで...続きを読む

QなぜAccessのファイル用容量は2G?

AccessとFilemakerを比較したサイトがFilemakerのサイトにあり、見ていました。
http://www.filemaker.co.jp/downloads/pdf/comparison_fm_access_jp.pdf

データベースの容量で、Accessは2G、Filemakerは8テラみたいな事を書いています。

マイクロソフトも技術的にはFilemakerを凌ぐソフトを作ることができると思うのですが、なぜデータベースの容量はファイルメーカーに負けているのでしょうか?

Aベストアンサー

マイクロソフトでFilemakerにあたるものはSQLSetverです。こちらですとテラバイトをサポートしています。しかもFilemakerより大企業で使われています。
Appleはサーバーと言うものを大々的に売っていません。マイクロソフトはWindowsサーバーが主流でこれに対応するようにSQLServerが動くように出来てます。今のデーターベースソフトのシュアはSQLServerとOracleが殆どを占めています。
個人向けにはAccessが一番売れています。ただし大きな情報を扱う個人はSQLserverのExpressエディションというものが無料でダウンロードできます。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/sqlexplmt/sqlexplmt_01.html
ただし、SQLやRDBを勉強しないと当然使えませんし、ライセンスの制限があります。容量も制限されています。正しくは有料のエディションを買うべきでしょう。
そう、Accessは厳密にはRDBではないのです。Accessはあくまでもデーターベースソフトに見せかけたファイルシステムなのです。この差は壊れやすい、遅いなどの不都合があるという事です。
本当に確実なシステムを作成する人はSQLServerを使います。
SQLServerはAccessにつなぐ事も出来、AccessのテーブルをSQLServerにつなげることでAccessを入力画面にしてSQLServerに格納することができ、複数の人と使用できます。
ただしこの方法では何れシステムは破綻することになります。正しい制御が出来ないからです。Accessから乗り換えた人の殆どはここで躓きます。
最初からSQLserverを前提に考えたほうが良いでしょう。

マイクロソフトでFilemakerにあたるものはSQLSetverです。こちらですとテラバイトをサポートしています。しかもFilemakerより大企業で使われています。
Appleはサーバーと言うものを大々的に売っていません。マイクロソフトはWindowsサーバーが主流でこれに対応するようにSQLServerが動くように出来てます。今のデーターベースソフトのシュアはSQLServerとOracleが殆どを占めています。
個人向けにはAccessが一番売れています。ただし大きな情報を扱う個人はSQLserverのExpressエディションというものが無料でダウ...続きを読む

QSub ***( ) と Private Sub ***( ) の違い

初歩的な質問で申し訳ありませんが・・・

自分でコードを書いていても、イベントが発生したりした時の処理で、コードのウィンドウで上のドロップダウンリストで選択できる時の処理などは自動的に[Private Sub Command1_Click( )]などと出てくるのでそのまま使っています。自分で別途プロシージャーを作成する時は[Sub ****( )]としています。
ですがその違いを理解しないまま、自分で作成する時は[Private Sub]ではなくて[Sub]を使っています。

Sub ***( ) と Private Sub ***( ) の違いは何なんでしょうか?
どなたか説明頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Sub」の部分にカーソルを置いて[F1]を押せばヘルプが起動します。
「指定項目」のところに「Public」と「Private」の説明がありますよ。
省略して「Sub hogehoge()」とした場合は「Public」とみなされます。

Publicは「すべてのモジュールから呼び出せるプロシージャ」ということになります。
Privateとすると「同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ」となります。

もしExcelをお持ちでしたらExcelのVBEで標準モジュールを追加し、「Sub Test1()」と「Private Sub Test2()」を作成してみてください。
そしてExcelの[ツール]-[マクロ]-[マクロ(Alt+F8)]でマクロ実行のダイアログを表示させてみるとわかります。
ここには実行できるプロシージャの一覧が表示されますが、Test1は表示されているけれどTest2は表示されません。
Test1はPublicで、Test2はPrivateだからです。

QアクセスVBAのMe!と[ ]

基本的なことですみません。

アクセスのイベントプロシージャで、Me!ってありますけど、これはどういう意味なんでしょうか?

また、Me!の後に、Me!.~~と書く場合と、Me!.[~~]と書く場合がありますが、どこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>プロシージャ内で[]を使う場合は、そのフォーム外のオブジェクトを使う場合と考えてよろしいでしょうか?
別のオブジェクトを使う場合だけではありません。
Hensu = Me![Text1]のようにHensuという変数に自身のTest1の値を代入する場合のように。
[]で括られているのがオブジェクト名やコントロール名だよという事。
クエリの抽出条件に存在しない[?]とすれば?というコントロール等が参照できないので?というダイアログが表示されるように?というオブジェクトやコントロールは何?と聞いてくるように。
>フォーム内のオブジェクトの場合はあくまでMe!で良いのでしょうか
Forms.[フォーム名]![コントロール名]やForms![フォーム名]![コントロール名]が構文。
アクティブなフォームが自分自身ならForms![フォーム名]の変わりにMeでもOKですという事。

と言う解釈の方が良いと思います。

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング