えひめ丸と米潜水艦との衝突事故で、森首相の対応のまずさが指摘され
国の危機管理能力が問われています。
そこで、質問なのですが、

「この場合の危機とは、いったいどのようなことが想定されたのでしょうか?」

日米の外交問題や原子炉による放射能汚染などが考えられるのですが、
今となってはメディアも起こりえる危機を言う前に、森批判ばかりなのものですから。
ぶつかった相手が、その付近にいるはずも無い、むしろいるべきで無い
ロシアの潜水艦だったら、大危機ですのでそれは無いとして
第一報が「米潜水艦と日本の漁船が衝した」として
だれか、時間がありましたら解答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ここでの危機とは、事故等があったときに、


まだ行方不明で、もしかして生存しているかもしれない。
というのが前提なんですね。
人命救出のためにどういう対策をすれば良いか・・、
この事故(事件?)の場合、事が外国ですので、
その指揮力が問われるわけです。
ゴルフをしながら、適切な指示ができるかということが問題です。
マスコミや野党は、とにかくエラーを探して、
政権党を攻めることが仕事みたいなものですから、
格好のネタとなったわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回のえひめ丸のことで、自分自身、こんなに大きな事
になるとは思ってもみませんでした。
その点、自分の危機対応能力は森さんと同じかもしれません。
早くこの件が解決するといいですね。

お礼日時:2001/02/22 21:46

こんいちは。

現在の日本と米国の関係が問題点となるのではないでしょうか。沖縄の米軍問題、最近では米軍兵の連続放火事件、司令官の沖縄県知事の侮辱事件等非常に危機的な問題では無いでしょうか。その時におきた、米軍の潜水艦との衝突事故です。そのように考えれば、単なる事故ではなく、危機ととらえるべきでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに今回の件では、あらためて米軍と日本との係わり合いについて考えさせられました。おそらく、日本政府は強い調子でアメリカに迫ることは出来ないと思います。被害国ではありますが、アメリカに守ってもらっているという、弱い立場であるからです。人知れず、原潜グリーンビルが日本近海をパトロールしていた時期もあったかもしれません。武器を持たずに世界にはっきりものを言うことは難しいことかもしれませんが、それが実践できれば日本も見直されるのでないでしょうか。

お礼日時:2001/02/22 22:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦闘機、潜水艦、護衛艦を日本はどんな事態を想定して所有しているのでしょうか?

戦闘機、潜水艦、護衛艦等を日本はどんな事態を想定して所有しているのでしょうか?
戦闘機、潜水艦、護衛艦等を日本が所有していなかった場合、どのようなリスクがあると考えられているのでしょうか?
戦闘機、潜水艦、護衛艦の戦闘における役割の違いについて教えてください。m(__)m

Aベストアンサー

戦闘に於ける三者の役割そのものについてですね。

戦闘機とは、敵の航空機の作戦行動を阻止する事に役割を特化した航空機の事です。機関砲やミサイル等によって、敵機を撃破、撃墜する事を本務とします。進入する敵機に追随出来る飛行性能を求められる為、通常軍用航空機の中では最も高速力を有し、空中での格闘戦を想定して、高い旋回能力を有するものが多いです。これに対し、爆弾やミサイル等で、敵の地上部隊や施設、艦船を攻撃する航空機は爆撃機、攻撃機と呼び習わされるのが一般的ですが、航空機との戦闘を兼務する物を特に、戦闘爆撃機、戦闘攻撃機と呼び、現代日本の航空自衛隊ではこの種別の航空機を特別に、支援戦闘機と呼びます。

潜水艦は、海面下に潜航し、敵の艦船や潜水艦を攻撃する事を本務とします。発見され難い水面下を行動し、奇襲的な攻撃を行う事により威力を発揮し、その海域に「いるかも知れない」と言う抑止効果によって、敵に護衛艦艇を割かせる等、戦力の分散を強制する効果も期待されるものです。敵の同様の行動に対抗する為の、対潜水艦作戦も任務に課されます。
この他、核兵器保有国には、隠密裏に核ミサイルを運搬し、敵により核基地に対して先制攻撃を受けるリスクを回避、核反撃能力を確保する目的で建造された、戦略ミサイル潜水艦も存在します。

護衛艦は、フリゲートや駆逐艦と呼ばれる艦種と同様の物で、日本本国への物資輸送のための海上交通路、所謂「シーレーン」を防衛する為の戦闘艦です。貨物船やタンカー等、国民生活や戦争遂行能力(抵抗能力)を支える物資の流れに対しての、敵の打撃を阻止する事が本務であり、その為、長い航続能力と(この点の実態について異論がある方もいますでしょうが、基本理念として)外洋航行能力が求められ、主に、最大の脅威である潜水艦に対する捜索、攻撃能力に優れている事が戦闘能力として重視されています。単艦によるバランスの取れた戦闘能力も求められる、海上軍事作戦のワークホース的な役割も課せられており、砲や対空、対艦ミサイル等の攻撃手段も有するのが一般的です。海上自衛隊の主力戦闘艦と捉えて間違いありません。

戦闘に於ける三者の役割そのものについてですね。

戦闘機とは、敵の航空機の作戦行動を阻止する事に役割を特化した航空機の事です。機関砲やミサイル等によって、敵機を撃破、撃墜する事を本務とします。進入する敵機に追随出来る飛行性能を求められる為、通常軍用航空機の中では最も高速力を有し、空中での格闘戦を想定して、高い旋回能力を有するものが多いです。これに対し、爆弾やミサイル等で、敵の地上部隊や施設、艦船を攻撃する航空機は爆撃機、攻撃機と呼び習わされるのが一般的ですが、航空機との戦...続きを読む

Q米潜水艦からの核攻撃は自衛隊で防げますか?

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/library512.html

米潜水艦が日本の岸壁や海底に核弾頭付きのバンカー
バスターを打ち込んだとしたら、日本は何らかの方法で
防御できますか?

例えば非常に遠い米の領海からバンカーバスターか他
の核ミサイルが発射されたら破壊は出来ますか?

例え出来ても分解時に放射能は海中に漏れると思いま
すが。

それとも米のミサイル発射そのものを日本の軍事力で
押さえ込んだり、威嚇したりする事は出来ますか?

Aベストアンサー

バンカーバスターというのは爆弾でね、バンカーというのは防御陣地のことを言います。
地下深くに潜った敵指揮所などを破壊するために、とても硬い外殻を持った爆弾で、地上に突き刺さってしばらく潜ってから爆発するようにしてある爆弾です。
その弾殻には、砲身摩耗で使わなくなった203mm自走榴弾砲の砲身が使われています。

とても細長い爆弾ですから、核を仕込んだとしても極極限的な破壊力しか持ちません。

通常は航空機で運搬します。
1発で2t程ですね。
潜水艦に搭載できるミサイルだとトライデントになると思いますが。

と、いうわけで。
URLに書かれていることはでたらめだと言うことですね。

>日本の岸壁や海底に核弾頭付きの
数分の話ですから対処のしようが無いですね。

>発射されたら破壊は出来ますか
可能だとは思います。

>放射能は海中に漏れると思いま
自然界にあるのと同程度でしょう。

>威嚇したりする事は出来ますか
そんな力は何処も持ちません。

Q水上艦と潜水艦との平時での駆け引きについて書かれた本がありますでしょうか

江畑 謙介氏の著作を愛読しているごくごく軽度の?軍事オタクです。
昨年でしたか、南シナ海か東シナ海を航行中の米空母キティホークの
すぐそばまで中国海軍の潜水艦が接近したトピックがあったと記憶しています。江畑氏の著作でなくてもいいですので、空母(水上艦)と潜水艦との平時でのせめぎ合いや駆け引きについて書かれた本があれば紹介して下さいませんか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

民間人が読めるもので、トム・クランシーの一連の著書を超えるものは、ないのではないでしょうか。
ペンタゴンから、相当、情報提供を受けているようですし。

私は逆に、彼が書いていないことに、興味がありますね。
書いてあることを頭の中で表にしてゆくと、あちこち、すっぽり抜け落ちている部分があります。

ま、気にしても仕方がありませんが。

Q戦艦から潜水艦を攻撃する方法

「U-571」という映画を見ました。
駆逐艦?が、潜水艦を攻撃するのですが、その方法がとても原始的でした。
水深何メートルで爆発するかをセットしたドラム缶のような爆弾を沢山落とすのですが、ぜんぜんあたりません。
潜水艦めざして魚雷のようなものを発射すればよいのにと思ってみていました。
当時はレーダー技術も未熟だったようです。

さて、現在では戦艦から潜水艦を攻撃するのにどのような兵器がありますか?
潜水艦の音や熱を感知して追尾する魚雷のようなものを積んでいますか?

Aベストアンサー

地上で爆弾が爆発したとき、直撃で無いとしても粗末な小屋のような物は、爆風で被害があるかも知れませんが、戦車の様な強固なものは、ほとんど無傷になるでしょう。
これは、空気が緩衝帯となって爆風を和らげてしまうために、爆弾の持つ威力が充分に伝わらないからです。
しかし、これが水中になるとちょっと違ってきます。
空気よりも何倍も密度が濃い水の場合は、爆発などで強いエネルギーを受けると、そのままあまりロスしないで伝播していきます。
従って、地上の様に限りなく命中精度を上げていかなくても、ある程度の近さまで近寄って爆発すれば、相手にかなりの被害が与えられます。
まして、潜水艦は水上艦艇より下にいるので爆雷を投下すれば、基本的には潜水艦向かって沈んでいきます。
非常に手軽で効率のいい攻撃方法になります。
当時の潜水艦の水中での攻撃武器は、魚雷しか無いので真上にいる水上艦艇は攻撃できませんし、深深度を航行していれば発射管を開く事も出来ないでしょう。

電子機器の発達していない当時の魚雷は、基本的に真っ直ぐにしか進みません。
水上艦艇を攻撃する時には、水面近くで相手の動きを読んで発射すれば、右か左しか逃げ場は無いので、あたる率は高くなるし扇状に何本か同時に打てば、当たる率はもっと上がります。
しかし潜水艦の場合には、水中に向けて発射したとしても、上下左右と逃げ場があるのであたる率は水上艦艇よりも低いでしょう。
また、真っ直ぐにしか撃てない魚雷を、水中の潜水艦めがけたその角度で発射することは、魚雷発射管の構造上不可能でしょう。
また、発射できたとしても命中の可能性は低く、また爆雷の様に爆破深度をセットしておいても、雷速の早い魚雷では行き過ぎてしまい、離れた所で爆発する事も考えられるので、高価な魚雷を使うよりも手軽な爆雷の方が、効果は高かったと思います。

現在は、相手の音を探知して自分で目標に向かって進んでいく、"アクティブ・ホーミング魚雷"や有線誘導弾などが開発されているので、魚雷による効率的な潜水艦攻撃も可能です。

海上自衛隊などでは、アスロックシステムを使い、水上艦艇から潜水艦を攻撃する事が出来ます。
アスロック(ASROC)はAnti Sub-marine ROCketの略で、甲板からロケットエンジンの付いた魚雷を打ち出し、潜水艦近くの海面にパラシュートで着水させて、そこからは魚雷自身が潜水艦を探知して追跡・命中するようになっています。
http://www.jda.go.jp/JMSDF/data/equip/photo/main11.htm
http://www.yuri.sakura.ne.jp/~right/equipment/jmsdf/weapons/asrocsum/asrocsum.html&no=4

地上で爆弾が爆発したとき、直撃で無いとしても粗末な小屋のような物は、爆風で被害があるかも知れませんが、戦車の様な強固なものは、ほとんど無傷になるでしょう。
これは、空気が緩衝帯となって爆風を和らげてしまうために、爆弾の持つ威力が充分に伝わらないからです。
しかし、これが水中になるとちょっと違ってきます。
空気よりも何倍も密度が濃い水の場合は、爆発などで強いエネルギーを受けると、そのままあまりロスしないで伝播していきます。
従って、地上の様に限りなく命中精度を上げていかなく...続きを読む

Q中国漁船、韓国警備艦と衝突し沈没

朝鮮半島西側の黄海で集団で違法操業していた、およそ50隻の中国漁船の取締り中、1隻が韓国警備艦に衝突し、まもなく沈没した。
中国人8人は救助されたが1人死亡、2人が行方不明となっている。

又取締りを行っていた韓国警備官4人が鉄パイプなどで殴られ、腕などを骨折する大怪我を負った。・・・・・・・・・

とNHKが報じていました。

韓国は、この事件を日本の尖閣事件で仙谷が国家機密だと言って報道をさせなかった様な事はせず、事実を動画ニュースとして即報道しています。

★これは、韓国では守秘義務違反などに問われないの?

★日本の対応と比べて、どちらが良いと思いますか?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101218/t10015939211000.html

Aベストアンサー

侵略同然の領海侵犯に対する当然の対応に、守秘義務がどうしてあるでしょうか!
韓国の対応のほうがマトモですよ
ただし、その韓国も日本に同様のことをしてます
http://chitekizaisan.blog28.fc2.com/blog-entry-2160.html

535:名無しさん@十一周年:2010/12/18(土) 21:56:58 ID:kN6h6r8Z0
日本の漁船も李承晩ラインでこれ以上にひどい仕打ち受けたこと知らんのかお前ら
(以下略)
NHKではこうした部分はどうやらまるで放送してないみたいですね

クソ真面目な硬いNHKだけからのでは、こうした部分はわかりにくい(知らされない)ですよ
もっとも、「嘘を嘘と見抜けない」と「釣られて」しまうこともありますが・・・・・

両国とも争いあってそのまま、日本のことをアウト・オブ・眼中のまま国家滅亡・解体消滅してくれればいいんですが


人気Q&Aランキング

おすすめ情報