12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

子供の頃に読んだ20年くらい前の絵本なんですが、
内容はまったく覚えていないのですが、ある場面で
剣などを作っている人(うろ覚えですが)の家に
悪魔のようなものが取り憑いて、暖炉で焼かれてしまうのか覚えていないですが、悪魔が煙突から出てきている絵がすごい怖くて、かなりのインパクトが
残っています。その本がどうしても気になります。
情報がかなり少なく、申し訳ないのですが、分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

自信はないですが、絵の感じが ふしぎなえ という本に出てくる
小人のような感じだった印象があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すみません、下に書き込んだ直後に、別の絵本を思い出しました。


「かじやとようせい」(福音館書店)です。
名前は妖精ですが、絵は悪魔っぽいです。
こちらはスコットランドの昔話でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿ありがとうございます。グリム童話とかそういうので読んだ
記憶はないので かじやとようせい のような気がしてきました。
その怖いようせいが煙突から出て行くシーンが
あったらそれだと思います。

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/11 12:31

「剣などを作っている人」=「鍛冶屋」ですので、


もしかしたら「鍛冶屋と悪魔」というドイツの昔話ではないでしょうか。
絵本の特定はできませんが、グリムの初版には収録されています。
ロシアの昔話にも似たようなものがあるそうです。
手がかりになるでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング