三審制、陪審制、裁判員制度どのような違いがあるのですか?
もうすぐ裁判員制度が始まりますがこの制度は世界の裁判と比べるとどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本において実施される裁判員制度には、他の諸国の陪審員制度と比して、重大な欠陥があると指摘され始めています。


以下にその欠陥((1)~(3))をあげますが、その他にも裁判員制度が導入されると、短期審理で結審する事から、(4)~(8)についても、検察と弁護人の力のバランスを保つ為に必要不可欠と思われます(この(4)~(8)については裁判員制度の導入如何に関らず、以前からも強く望まれていることですが)。
(1)公判前整理手続きを導入したことから、「裁判員の法廷拘束日数は3日以内に収める(と言うことは3回の審理?)ように目指す(理由は裁判員を長期的に拘束すると、裁判員の社会的身分に影響が出てくる為)」としている。
仮に軽微な犯罪で、被告人も罪状を認めているならこれでも良いだろうが、被告人が罪状を否認した場合は、充分な審理は尽くせるのか?
もし、これが重大な事件(殺人等で、死刑の判決の可能性もあるような場合)なら、たった3回位の審理で結論が出せるのか?
更に、被告人が冤罪を主張している場合はどうか?
(2)陪審員制度は、有罪か無罪かは全員一致が原則であり、一致にならなければ、人員を入れ替えてでも(無論この場合も無作為に抽出)一致するまで協議する。
これに対し、日本における裁判員制度では、多数決によって有罪か無罪かが決められる。
(3)刑の軽重に余りにも開きがある場合(死刑と無期懲役等)、裁判員が多数決で決すると、情によって軽い方に流されるのではないか?
また、法律の専門家である裁判官の主張に、傾倒しやすいのではないか?
(4)今だに検察官には、弁護人から要求があっても、被告人を有罪とするには不利な証拠(極端に言えば無罪となるような証拠)を法廷で開示する必要が無いことが法的に認められている。
(5)弁護士には私選で無い限り、被告人の逮捕段階からの弁護活動に従事できない(国選弁護人制度は起訴後からしか認められていない)。
(6)弁護人は一応公務員という身分の検察官と違って、被告人の弁護活動のみでは生活ができないと言う圧倒的に不利な実態がある(早い話他にも沢山の刑事・民事事件を抱る必要があり、この事件のみに専念でき難い)。であるから、弁護人にもある程度法律を熟知した、権限のある助手を、公費負担(公務員のような身分で。無論行政からは独立して)で付ける必要性がある。
(7)場合によっては弁護団を組織する必要もあるので、国選弁護人を複数人認める(検察官は捜査に関しては、警察官を指揮監督できるので、現行では圧倒的に不利)。
(8)被告人が反証する為の証拠品の再鑑定費用は、これを公費で負担する(被告人に負担させる現行法では、余程被告人に資力がない限り負担しきれないし、殆どの場合、例え無罪になったとしても、被告人の借金として残る)。
等々です。

日本ではよく「被害者より加害者の人権が尊重されている」と非難されますが、しかし裁判における加害者=被告人の人権は絶対に守られなければなりません。
しかも被告人と弁護人VS検察官と警察官では、その資力と捜査能力の差は歴然で比較にもなりません。
ですので、被告人の人権は、逮捕された時点で、ある意味被害者より尊重されるのは仕方の無いことだと思います。
誰しも被告人は、現行犯でなければ、判決が確定するまでは推定無罪なのですから。
    • good
    • 0

陪審制は被告の刑期を決める事はなく、有罪か無罪までです。


裁判員制度は具体的に年数を決めます。

欧米では陪審制が採用され、裁判がとても身近です。
日本も裁判制度に対し国民の目線での改善をしなければならない時期にきているのです。
それほど、裁判はプロの世界のものになり、テクニックばかり重視されているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い解答ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/12 12:59

比べずとも自身を考えることが大事かと

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判員制度と陪審員制度について

裁判員制度と陪審員制度について

今度、大学でディベートをするのですが、

私の立場は「日本の現行の裁判員制度を陪審員制度に変えるべきである」です。

そこで、みなさんのご意見お聞かせください。

なぜ、陪審員制度に変えるべきなのか。メリットがあるのか。
裁判員制度の問題点など

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在は、裁判員制度なので我々市民が量刑まで議論します。先の耳かき店事件では、ついに裁判員裁判で死刑が求刑されました。
これによる裁判員への精神的苦痛は計り知れないものが有ります。
人の命を、自分たちの手で裁く事になるのですから…

これに対し、陪審員制度は有罪か否かを判断するだけで量刑は従来通り判事に任せます。
これにより、負担は軽減されるわけです。

Q裁判員制度と陪審員制度の違い

よくわかりません。
分かりやすく教えていただけませんか。

Aベストアンサー

「陪審員」といっても、国によっていろいろあるので、米国の場合(州によっても違いますが)と比べてみます。

州によって違いますが、陪審が量刑を決める場合もあります。ただ、通常、陪審の意見は参考意見であり、量刑の最終的な決定権は裁判官にあります。

これに対し、犯罪事実の有無については、陪審員に最終的な決定権があり、裁判官はその決定には関わることができません。

このように、事実認定は陪審員、量刑などの法律適用は裁判官と役割が明確に区別・分担されているのが、陪審制度の特徴です。

これに対し、裁判員制度は、裁判員と裁判官が、一緒に犯罪事実の有無や、量刑を決定するという点で、陪審員制度のような厳格な役割分担がされていないというのが特徴だと思います。

Q裁判員制度より陪審員制度の方が優れている点は?

裁判員制度は量刑まで決めるので心理的負担が大きいが、陪審員制度は有罪か無罪かだけなので負担が少ない。

裁判員制度は多数決なのが問題だ。数の力で死刑が決まるのはかなり危険。一方、陪審員制度は全会一致なので、しっかりとした討論をしっかりすることができる。

このような事を今、挙げることができますが、これ以外でも色々ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裁判員制度は、裁判官を含めた合議制なので、裁判官に誘導されてしまうのではないか、あえて裁判官の意見に異をとなえることができるだろうか、という危惧は感じます。

ご質問の趣旨から外れてしまいますが、被告は反省しているから極刑は…みたいな弁護がありますが、反省だけならサルにもできる、反省したって罪は軽くならない、だから罰も軽くなるわけが無い、軽くしてはいけないと思います。
子供のころは、故意に人を殺せば死刑になると思っていました、が、どうやらそうではないらしい。
一人ぐらい殺しても死刑にはならない。これじゃ殺人が増えこそしても減るわけがない。
罪が決まれば機械的に罰が確定するというわけにはいかないのでしょうか。
この罪を犯せば、この罰が与えられるというのがわかっていれば抑止力になると思いますが。

Q陪審員制と裁判員制の違い

アメリカで採用されている陪審員制と日本で採用される裁判員制の違いがよくわかりません。

陪審員制には裁判官はつかないんでしょうか??

どこがちがうのか教えてください!

Aベストアンサー

アメリカの陪審員ですが、陪審員独自(全員一致)で有罪か無罪かを決めます。
量刑については、裁判官が判断します。
下記のサイトで大まかなことがわかります。
http://blog.goo.ne.jp/matt-usa/e/be39c9de1f27415dbd20ab4e63416222

日本の裁判員ですが、裁判官と一緒に有罪か無罪かを決めて、その量刑についても一緒に決めます。
(ただし一審のみ、控訴審、上告審は職業裁判官が裁判を行います)
それが大きな違いでしょう。

「日弁連の裁判員制度コーナー」
http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/shihokai/kadai/saibaninseido/
こちらの方が、詳しく書かれています。

ともに、国民として登録している限りにおいて、無作為に選ばれるのです。

Q陪審員や参審員の具体的な選出方法

陪審員や参審員は無作為に選ばれると聞きました。
実際はどうやって選ばれているのでしょうか?

Aベストアンサー

立ち会うことができるので選管に問い合わせを・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報