タイトル通りなのですがおすすめの小説を教えてください。

私が今まで読んだ中で面白かったと思った作品を挙げておきます。

・「殺戮にいたる病」我孫子武丸
・「アナザヘブン」梓河人 飯田譲治
・「葉桜の季節に君を想うということ」歌野昌午
・乙一の作品全般
・大塚英志の多重人格探偵シリーズ
・「クラインの壷」岡島二人
・「99%の誘拐」岡島二人
・「コールドゲーム」荻原浩
・「噂」荻原浩
・「天使の囀り」貴志祐介
・「十三番目の人格」貴志祐介
・「黒い家」貴志祐介
・「クリムゾンの迷宮」貴志祐介
・「玩具修理人」小林泰三
・「脳髄工場」小林泰三
・「ハサミ男」殊能将之
・「13階段」高橋和明
・「症例A」多島斗志之
・谷川流の涼宮ハルヒシリーズ
・西澤保彦全般
・「すべてがFになる」森博嗣
・西尾維新の戯言シリーズ、世界シリーズ、化物語シリーズ

ミステリーやホラーが好きです。少しぐらい非現実的な要素があるのが好きです。こてこて(?)な推理系の話はやや苦手です。

なるべく多くの回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「夜市」恒川光太郎 


「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎 
 上の二つは特に非日常性が強いかなと思います。
「Q&A」、「MAZE」、「麦の海に沈む果実」恩田陸
「弥勒の掌」我孫子武丸
「とり残されて」宮部みゆき 
 超常現象?みたいなものを扱った短編集。

思いついた範囲で書いてみました。
    • good
    • 0

羽田圭介


黒冷水がおすすめです。

実の兄弟の日常に潜んだ悪意・陰湿性がなかなかでした。
    • good
    • 0

乾 くるみ さんの本をオススメします。


3番さんも押してますが「イニシエーションラブ」(でもなぜか3番さんは著者名が間違ってるので注意)
同じ趣向のタイトルが数点お気に入りに入ってるので、お気に召されるかとw
この作品はネット上のレヴューにネタバレが入ってることがあるので注意です。

あとは同著者で「リピート」。
タイムトラベル+ミステリで2冊読んだようなお得感w
のめり込んで一気に読めますよw
    • good
    • 0

「読んでみておもしろかった作品」のうち何冊か読んだことがありますが、おもしろかった記憶がありません。

だから、私のお薦めも、おすすめじゃないかも(笑)

「崩れる」貫井徳郎 ちょっとホラー系の短編集。
「緋い記憶」高橋克彦 直木賞受賞作。ホラーっぽい? ずいぶん昔で忘れました。
「ターン」北村薫 あまりにも有名かな? ちょっとドキドキ。
「火の粉」雫井脩介 これも有名過ぎ? かなりドキドキした。
「流星ワゴン」重松清 重松清はおもしろい。
 非現実的なものを思いつくままあげてみました。
 伊坂幸太郎は割と非現実的で全般的におもしろい。
    • good
    • 0

島田荘司さんの御手洗潔シリーズはどうでしょう。


最近のはそれほどでもありませんが、「占星術殺人事件」や「暗闇坂の人食いの木」など、初期のものはおどろおどろしい感じでホラー色が濃く、ミステリとしてもすばらしいですよ。
    • good
    • 0

こてこてが何を意味するのか正確に分かりませんが、綾辻行人さんはいかがですか。

設定は非現実的ですが、本格的です。
「水車館の殺人」「時計館の殺人」など。
私は初めて読んだときわくわくドキドキしました。
    • good
    • 0

東野圭吾はまだお読みになっていないのでしょうか。



白夜行
幻夜
容疑者Xの献身

などがおすすめですよ。

また葉桜・・がいけるなら

「イニシエーションラブ」乾ちなみ

もどうぞ。
    • good
    • 0

項目の中に「宮部みゆき」の作品がないようなので



お薦めします。

中には現実的なものがありますが、

非現実なのも多いですよ。
    • good
    • 0

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …

近藤史恵/著 サクリファイスはいかがですか。
ある意味でミステリーな作品です。
自転車レースを丁寧に取材し奥の深い作品に仕上がっています。
とても読みやすいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴志祐介さんの「新世界より」がとても面白かったです。

貴志祐介さんの「新世界より」がとても面白かったです。
読んだのは最近なのですが、こんなに面白い作品は今までにないくらいでした。

似たような内容というか、世界観というか、普通の世界ではない設定の本を読みたいと思っています。
お勧めがありましたら教えて下さい。

ちなみに、スターウォーズのようなバリバリのSF設定のものや、
携帯小説のような軽いものはあまり読みません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「風の中のマリア」(百田尚樹・講談社)たたかうために生まれたきたマリアの一生を描いた物語です。今までとは違う視点での物語を楽しめるのではないかと思います。

Q乙一サン・伊坂サン・・・

私は本を読むのが大好きなのですが、乙一さんや伊坂幸太郎さんの書く様な独特なミステリーが好きなんです!!乙一さん・伊坂さんが書く小説同様に面白いモノを知っている方、ゼヒ教えてくださいm(_ _*)m

Aベストアンサー

私も乙一さん伊坂さん好きです。
ミステリーやホラー系だと、椙本 孝思さんのCHATと、
大石圭が面白いと思います。

Q有川浩「空の中」を読んで

※この本を読んでない方で、ストーリーなど知りたくない方は
 以下、読まれないほうが良いと思います。

29歳女です。
読書カテゴリーというより、人生相談なのかもしれませんが・・・。

ごく最近、本屋で見かけて、ジャケット買いというか、表紙買いで
有川浩さんの「空の中」を手に取りました。

その中の、「真帆」について意見が聞けたらなと思います。

最初は悪役のような格好で真帆が登場しますが、
彼女もまた傷を負っているために、あんな行動にでています。
そして終盤、宮じいとの対話のあとで、真帆の気持ちについて
「傷つけられたのに、そのうえ許してあげなきゃいけないなんて」と書かれています。

私は最初、負った傷があったとしても
真帆の言動に苛立ちを覚えました。

でもよく考えると、
真帆のように「傷つけられたのに、そのうえ許さなければいけない」立場の
人間が救われることの方が今の私には大切に思えました。
(おそらく真帆が救われれば、私が過去に負った苦い経験も救われる気がするんです。)

この本の最後、2組の主人公(瞬・佳江、高己・光稀)の後日談はありますが、
真帆の後日談は存在しません。
また解説の方も、この真帆については触れていません。

真帆にもし後日談を与えるなら、どんなものがあるでしょう?
ひどい仕打ちでも、救われる話でも構いません。
お話聞けたらいいなと思います。

ちなみに私は、「真帆の母親が自発的に快方に向かう」以外で
ストーリーを考えられれば、真帆を救えるような気がしています。

※この本を読んでない方で、ストーリーなど知りたくない方は
 以下、読まれないほうが良いと思います。

29歳女です。
読書カテゴリーというより、人生相談なのかもしれませんが・・・。

ごく最近、本屋で見かけて、ジャケット買いというか、表紙買いで
有川浩さんの「空の中」を手に取りました。

その中の、「真帆」について意見が聞けたらなと思います。

最初は悪役のような格好で真帆が登場しますが、
彼女もまた傷を負っているために、あんな行動にでています。
そして終盤、宮じいとの対話のあとで、真...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、難しいですね……

私も真帆はあまり好きではなかったので、“淋しくて可哀想な悪役”くらいの認識しかありませんでした。武田三尉ひいきなので余計にかもしれませんが、やはりあのストーリーの中では美しき孤高のヒールとして描かれていたと思います。彼女の場合、お母さんが壊れちゃったのが大きかったと思うんですよね。というか私は、真帆をあんな状態にしてしまった張本人は彼女のお母さんだとさえ思っていますから。

ですから、お母さんと真帆の関係修復(お母さんの精神的な恢復を含む)は、なかなか難しいのではないかな……と。
年齢設定や細かい身体的能力を忘れてしまったので、実際に可能かどうかは分かりませんが……

真帆は父親が最後に見た景色を見たくて猛勉強し、民間か空自のパイロットになる。ある時バードストライクか何かで命の危機に瀕し、ああ母親とこじれたままじゃ嫌だ、ぜったい生きて帰ってもう一度話がしたい、と思う。そして、父が死の間際に同じように思ってくれていただろうことを、身をもって知る。無事に生還し、これからゆっくり母親を赦していこう、赦されていこうと前を向く。

……でどうでしょうか。
完全に恢復するところまでやるんじゃなくて、恢復の兆しをみせて終わる、という感じで。


24歳女です。
neino7100さんから見たら、まだちょっと考えが青いかもしれませんね。

うーん、難しいですね……

私も真帆はあまり好きではなかったので、“淋しくて可哀想な悪役”くらいの認識しかありませんでした。武田三尉ひいきなので余計にかもしれませんが、やはりあのストーリーの中では美しき孤高のヒールとして描かれていたと思います。彼女の場合、お母さんが壊れちゃったのが大きかったと思うんですよね。というか私は、真帆をあんな状態にしてしまった張本人は彼女のお母さんだとさえ思っていますから。

ですから、お母さんと真帆の関係修復(お母さんの精神的な恢復を含む)は、なかなか...続きを読む

Q荻原 規子さんの勾玉三部作について

少し前なんですが、荻原規子さんのホ-ムペ-ジで勾玉三部作を、いっぺんに買うと一緒にケ-スが付いてくるとありました。
その特典は、まだ続いているのですか?
続いているのなら、何処の書店ですか?
知っている方、教えて下さい。

Aベストアンサー

再び失礼します。荻原規子さんのHPのことはもう知ってらっしゃったようで参考にならなかったらごめんなさい。

書店に指定はなくどの本屋さんでも注文できると思います。私が見たのは「フタバ図書(MEGA、GIGA)」という書店でした。

Q涼宮ハルヒシリーズ「消失」劇場版→続き(ラノベ)

「驚愕」出ましたね。先月25日予約していたのでその日に届きました。
「分裂」を読んで2年近く経つので、読み返さないと思い出せません。特に「分裂」は話が別れていくので。 前置きはこのへんで、先月WOWOWでハルヒ2期「エンドレスエイト」8話と「溜息」、3夜が「消失」があったのですかさず、無料お試し視聴で、予約をして見ました。「笹の葉ラプソディー」がないのでちょっと残念でしたが、「消失」が見れたのでよかったです。それで、後半の、長門ゆきが、改変するとき、修正データ入カプセル弾を打ちに、キョンと朝比奈みくる(大)がタイムリーク(時かけ用語)して、キョンが長門に銃で打つとき、朝倉涼子に刺されて、キョンは元の時間軸に戻り病院で目が覚めるのですが。
刺されて、別キョンが現れ「すまねぇな、訳あって助けることが・・」とあります。
で、その別キョンがキョンを助けに行くエピソードがどの巻にあったのか、「消失」後、5巻あるので
探せ出せません。「暴走」~「分裂」のどの巻で、サブタイトル名も教えてください。
よろしくです。

Aベストアンサー

確か、『涼宮ハルヒの陰謀』だったはずです。長編なので特にサブタイトルはなかったと思いますが。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報