Please tell me how to get the information of Japan's art market. For example, the total sales of auction houses, the trend of Japanese likeness, etc.
You can write me in Japanese.
Thanks!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

How about this page?



参考URL:http://www.mycom.co.jp/art/index2.html
    • good
    • 0

トレンドとはちがうかもしれませんが、下記のようなサイトはいかがでしょうか?


的外れだったらゴメンなさい!

参考URL:http://home.interlink.or.jp/~kato-k/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホプソンの「the gift of love」

クリスチャン系の昔の曲でHal Hopsonという人のthe Gift of Love と言う曲があるんですが、この人と曲について何かご存知だったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ
Hal Hopson the Gift of Love で検索したら見つかりましたよ!
http://www.cyberhymnal.org/bio/h/o/p/hopson_hh.htm
http://www.cyberhymnal.org/htm/g/i/giftlove.htm

Q「courtesy of the artist」の使いかた

英語圏の展覧会に出すときにCredit Lineの欄によく書く「Courtesy of the artist」これってどういう意味ですか? 
私は「作品を謹んでお見せします。(もし作品に興味がおありでしたらご連絡を。(値段つけます))」というような挨拶の形式を取っている「価格未定」のニュアンスを含んだ表現だと今まで勝手に思っていたのですが…。


あとCredit Lineってそもそも何なのですか?
そこに書くということは「何々美術館所有」とか「個人蔵」というただ所有先をあらわす欄と見てよいのでしょうか? それとももっと貸し出し先に対する敬意をあらわす為に記入する場所なら、「Courtesy of the artist」は(作者が)親切にも見せてやるぞ。的な感じにとれることはないのでしょうか?
なんか分からなくなってきました。どなたか知っている方教えて頂けますか?

Aベストアンサー

美術というより英語の問題として回答しますが、まず、credit というのは映画の最後に黒バックで流れるあのクレジットと同じです。つまり映画の制作者(協力者・出資者)を表示するのと同じように美術作品の制作者を書き込むline がcredit lineというわけです。

新聞の署名記事などで執筆者を示す欄には「by誰々」と書いてありますが、これはby lineといいます。つまり共同執筆であれば、一人ひとりの名前(あるいは団体名)が一本のlineということになります。

ですから、credit lineにCourtesy of the artistとあるということは、これは「この作品はアーティストの提供です/この作品のクレジットはアーティストに所属します」というような意味になります。(この場面でのCourtesy of は「~の提供で/~のせいで」)

つまり、サンプリングやアプロプリエーション(appropriation)はしていません。パロディーでもありません。完全なアーティストのオリジナル作品である、ということを表明しているわけです。

という訳で意味もわからずCourtesy of the artistと書いてしまうのはキケンだと思いますよ。だって、ジェフ・クーンズとか福田美蘭の作品のクレジット欄にCourtesy of the artistに書いたら確実に訴えられますもの(笑)あの人たちなら確信犯ということはあるかも知れませんが…

美術というより英語の問題として回答しますが、まず、credit というのは映画の最後に黒バックで流れるあのクレジットと同じです。つまり映画の制作者(協力者・出資者)を表示するのと同じように美術作品の制作者を書き込むline がcredit lineというわけです。

新聞の署名記事などで執筆者を示す欄には「by誰々」と書いてありますが、これはby lineといいます。つまり共同執筆であれば、一人ひとりの名前(あるいは団体名)が一本のlineということになります。

ですから、credit lineにCourtesy of the arti...続きを読む

QFly Me To The Moon の曲の出だし

の違いについて知りたいのですが。
--
Fly Me To The Moon poets often use many words
To say a simple thing
↑と、歌ってから 「Fly Me To The Moon」へと歌う歌手と、行き成り「Fly Me To The Moon」と歌い出す歌手が居ますが何故同じ題名なのに、前振りが有るのか不思議に思います。


動画サイトで数十曲聞き比べて見ましたが、
(1)からの歌詞の出だしで歌う人と、
(2)からの歌詞から歌い出す歌手が居ます
(3)Utada Hikaru ふう→ちょっと違う様な気がする。
http://www.youtube.com/watch?v=XjUOdIlMbag&feature=related

どうして、違うのですか?
------
http://www.kasi-time.com/item-7961.html
(1)↑からの出だしで歌う歌手
「Fly me to the moon and
Let me play among the stars」
↑----
BRENDA LEE
阿川泰子
小野りさ
---
http://fefnir.com/kt/sh/fly_me_to_the_moon.shtml
(2)からの出だしの歌手
poets often use many words
To say a simple thing
↑--------
Hiro(島袋寛子)
Nat king cole
--

の違いについて知りたいのですが。
--
Fly Me To The Moon poets often use many words
To say a simple thing
↑と、歌ってから 「Fly Me To The Moon」へと歌う歌手と、行き成り「Fly Me To The Moon」と歌い出す歌手が居ますが何故同じ題名なのに、前振りが有るのか不思議に思います。


動画サイトで数十曲聞き比べて見ましたが、
(1)からの歌詞の出だしで歌う人と、
(2)からの歌詞から歌い出す歌手が居ます
(3)Utada Hikaru ふう→ちょっと違う様な気がする。
http://www.youtube.com/watch?v=XjUOdIlMbag&fe...続きを読む

Aベストアンサー

本来、FlyMeToTheMoonは、「Poets often use many word・・・」
と始まる、あの前半の語りみたいなところ(それも結構長い)から
始まる「ワルツ」だって知ってました?おまけに本来の題名は
「In Other Words」だったり。
http://fefnir.com/kt/sh/fly_me_to_the_moon.shtml

ところが、この曲をボサノヴァ風にアレンジしてフランク・シナトラが
歌って大ヒットしたため、4拍子の曲になっちゃったんですね。

おまけに、この曲をジャズマンが多く取り上げたため、語りっぽく
乗りの悪い前半部を切って、いきなり「Fly Me To The Moon」と歌い
出すように変えちゃったんですね。

言えばCMで、中間部から先だけ有名になっちゃった米米クラブの
「浪漫飛行」みたいなもんですな(苦笑)まあ、1954年発表の古い
曲ですし、カバーするアーチストがそれこそ山のように居て、今や
スタンダート化されてますから、どれも正解、と思いますよ。

Qドラム“break up the four beats of a bar”とは?

翻訳の仕事をしている者なのですが、
ドラムに詳しい方に質問です。
“Break up the four beats of a bar”という表現が出てきたのですが、「4ビート(四拍子)を崩した演奏をする」というような意味なのでしょうか?
Break up=壊す、崩す  bar =小節
独特の演奏をするドラマーについて語っている場面です。
「4ビートを崩す」という言い方も通用するのかよく分かりません。
音楽にうといため、表現法に困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャズが好き(ドラムではありませんが楽器もやってます)で、たまに英文で小説を読む人間です。

Break upには割るという意味もあるので、1小節の中での4つのビートの分けたかだと思います。例えば、2拍目/4拍目がに対して1拍目/3拍目に対して長い(短い)などです。ただし、どのようにユニークなのかは文章から推測できませんので、独特の4ビートの刻み方と言うだけに留めた方が無難だと思います。

彼のドラミングはとてもユニークなんだ。4ビートの刻み方とか、...

なんて感じがいいと思います。

なお、私がこの文章を小説のなかで英語で読んだら、特に引っ掛かることはなく「独特の4ビートの刻み方」と解釈すると思います。

Q著作権フリーMIDIを探しています[viola,violin,flute,synth strings2]

僕は音楽・音源に疎い方ですが
Timidity++を知り、さまざまなサウンドフォントを知ってから
毎日のように色々MIDIを聞いています。

ところで、他人のマシンには
Microsoft GS Wavetable SW Synthが入っていることが多く
一度音源の違いと言うのを友人に知ってもらいたく、
Timidity++によってwavに変換したものを配布したいのですが、
#設定が出来るユーザではないと思うため

ここで問題になってくるのが「著作権」。
そこで、著作権フリーのMIDIを紹介して欲しいのです。

なお、現在利用しているサウンドフォントで、
個人的に気に入っている音色は

prog instrument   GM(多分)
41   Violin        (Violin)  
42   Viola         (Viola)
52   chor,Ahh singend (Synth String2)
73   Flute         (Flute)

といった音色です。これらの楽器が入っているとうれしいです

#一応Virtual Sound Canvas(体験版)やtimidi95の存在は知ってます

僕は音楽・音源に疎い方ですが
Timidity++を知り、さまざまなサウンドフォントを知ってから
毎日のように色々MIDIを聞いています。

ところで、他人のマシンには
Microsoft GS Wavetable SW Synthが入っていることが多く
一度音源の違いと言うのを友人に知ってもらいたく、
Timidity++によってwavに変換したものを配布したいのですが、
#設定が出来るユーザではないと思うため

ここで問題になってくるのが「著作権」。
そこで、著作権フリーのMIDIを紹介して欲しいのです。

なお、現在利用している...続きを読む

Aベストアンサー

フルートならこちら
http://www4.osk.3web.ne.jp/~kasumitu/home.htm

バイオリンは微妙にシンセサイザーっぽいんですよね・・・。

フリーMIDIはたくさんあるので、
フリー MIDIといった感じで検索してみてください。

参考URL:http://www4.osk.3web.ne.jp/~kasumitu/home.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報