以下のラテン語を日本語に翻訳していただけませんか?

EGO ERVDITOR OMNIVM DEUS

BEATI QUI HABITANT IN DOMO TVA DOMINE

RVRSVM VIDEBO TEMPLVM SANCTVM DEL MEL

辞書を引いてみたものの知識が全くないため、どうしてもわかりませんでした。お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

EGO ERVDITOR OMNIVM DEUS


 「我はすべての者の教育者たる神である」
BEATI QUI HABITANT IN DOMO TVA DOMINE
「主よ、汝の館に住む者は幸いなり」
 この表現は聖書に頻出の表現です。例えば、
Beati qui esuriunt et sitiunt justitiam
(義に飢え渇く人々は、幸いである)(マタイ5,6)
RVRSVM VIDEBO TEMPLVM SANCTVM DEL MEL
 最後のDEL MELはどうしようもないスペルミスですね。#2さんが書かれているようにDEI MEIならば
「わたしは再び我が神の神聖なる神殿を見るであろう」という意味になりますが。
    • good
    • 0

断片的になってるようで全体のつながりは分かりにくいのですが



EGO ERVDITOR OMNIVM DEUS
I teacher of all God
私はあらゆるものを教える者、神なり

BEATI QUI HABITANT IN DOMO TVA DOMINE
blessed who live in your house O Lord
あなたの家に住む祝福されし者たち、主よ

RVRSVM VIDEBO TEMPLVM SANCTVM DEL MEL
again I shall see sacred temple (?) honey
再び私は聖なる神殿を見るであろう(?)蜜
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました!ありがとうございました^^

お礼日時:2008/07/13 22:49

EGO ERUDITOR OMNIUM DEUS


わたしは、教えられる、神こそすべてである。
BEATI QUI HABITANT IN DOMO TUA DOMINE
主よ、あなたのもとにかしずくものは、幸福である。
RURSUM VIDEBO TEMPLUM SANCTUM DEI MEI
しかして、神聖なる主の社にいる自分をみいだすでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました!ありがとうございました^^

お礼日時:2008/07/13 22:47

BEATI QUI HABITANT IN DOMO TVA DOMINE


あなたの家に住むものは

ラテン語は大体UとVが同じです。
TVA→TUA
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました!ありがとうございました^^

お礼日時:2008/07/13 22:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語で「○○○」はなんて言うの?

日本語でたとえば・・・・

「彼の成功の陰には○○○があった」

この「○○○」の部分ですが、日本語(話し言葉)では

「まるまる」
「なになに」
あるいは「ホニャララ」なんて言いますが、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語ではなんといいますか?

書き言葉ではなく、話し言葉です。

Aベストアンサー

たぶん英語のそれと同じですよ。

Qイタリア語とギリシャ語翻訳について。

こんばんは。
ボブ・マーリーの名言「Love the life you live, Live the life you love」の翻訳をイタリア語とギリシャ語の両方、お願いします。

Aベストアンサー

イタリア語
Ama la vita che vivi, vivi la vita che ami.

ギリシャ語
Αγαπά τη ζωή που ζείτε, να ζήσουν τη ζωή που αγαπάτε.

Q「太郎の家」をイタリア語とスペイン語で表記すると?

太郎の家 という お店の名前を イタリア語とスペイン語で表記すると、どうなるでしょうか。 Casa di Taro , Casa de Taro でよいのでしょうか。アドバイスをお願いできると助かります。

Aベストアンサー

>太郎の部分が、もし、女の子の名前だと、di とか de の 部分が違ってくるのでしょうか。

イタリア語ならdi、スペイン語ならdeで、男女は関係ありません。例えば、イタリアのレストランで、

La Casa di Carlo(男性名)

というのもありますし、「ロメオとジュリエット」の家のモデルになった建物は、

La Casa di Giulietta(女性名)

と言います。スペイン語でも、ガルシアという男性名の例なら、

La Casa de García

で、作家ガルシア・ロルカやガルシア・マルケスの家を、

La Casa de García Laorca
La Casa de García Marquez

と言いますし、女性名でも、

La Casa de Carmen
La Casa de Abigail

と言います。diやdeの部分が変わるのは、固有名詞でない場合で、名詞の性や数によっていろいろに変化します。人名の場合は上のようになります。

Qイタリア語?ドイツ語?termici sobrecarga....革用アイロン機械

みなさん今晩は、質問させてください。
会社で使っている革用のアイロンに英語以外で色々と書いてあります。
ドイツ語かイタリア語か調べましたが分かりませんでした。
ここに一部を書いてみます。
termici
sobrecarga
feltro feltconveyor fieltro
controllo temp

ウェブリオ辞書では出てきませんでした。
何語か教えて下さい、それとこれらを調べられるネット辞書のリンクを教えて下さい。
ヨロシクお願い致します。

Aベストアンサー

ヨーロッパの製品などは、各国語の説明が併記されていることがあります。普通は、何語かを示す略号が書いてあるはずなのですが。それらしい記述はありませんか。
ドイツ語はここにはありません。何語かを特定するだけなら、グーグルの翻訳機でもある程度役に立ちますが、一度に複数の言語を混ぜてしまうと、正しく表示されません。たとえば、「feltro feltconveyor fieltro」はスペイン語と出ますが、「felt conveyor」は英語です(普通は、feltとconveyorは分けて書くはずです)。意味は、フェルトロール、長いフェルトを巻いたものではないでしょうか。

felt conveyor(画像検索)
https://www.google.co.jp/search?q=%22felt+conveyor%22&hl=ja&biw=1829&bih=909&nfpr=1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=g-4-VYDQE-a2mwWk2oGYBA&ved=0CAYQ_AUoAQ

適当に抜き出して検索してもうまくいかないと思います。最初の「feltro」はポルトガル語で「フェルト」、最後の「fieltro」はスペイン語で「フェルト」です。したがって、この部分だけだと、「フェルト、フェルトロール、フェルト」と、三か国語で似たようなことが書かれています。
「termici」はイタリア語で、「termico(熱の、熱に関する)」という形容詞の複数形です。グーグルの翻訳で、なぜ英語の「サーマル(thermal)」が出てくるのか不思議ですが、正確な意味を調べるには、辞書サイトが必要です。いろいろあるのですが、たとえばExcite翻訳なら、「熱による」と出ます。

http://www.excite.co.jp/world/italian/

しかし、このExcite翻訳のサイトも実はあまり役に立ちません。もう少し詳しく、用例も含めて調べられるものに、wordbookという外国語辞書があります。

http://wordbook.asia/

ただし、ここで「イタリア語辞書」を選択して「termici」という複数形を入力しても「該当なし」と出てしまうので、単数形「termico」を入力する必要があります。ですから、文法知識がないと適切な検索ができない場合がありますが、文法的的変化のない語なら、ここで調べるとよいでしょう。

http://wordbook.asia/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%AA%9E%E8%BE%9E%E6%9B%B8/search/termico/

「sobrecarga」はグーグルでスペイン語と出ます。言語が特定できても、翻訳がわかりにくい場合は、やはり辞書サイトで当たるとよいです。グーグルの翻訳では、英語の「オーバーロード」をそのままカタカナにしただけです。「過負担」という意味なのですが、先ほどのwordbookで用例を見るとわかりやすいと思います。

http://wordbook.asia/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%AA%9E%E8%BE%9E%E6%9B%B8/search/sobrecarga+/

最後の「controllo temp」ですが、「temp」のあとに点が打ってありませんか。イタリア語で間違いはないのですが、「temp」という語はありません。グーグルの日本語版訳は非常に遅れていて、たとえばドイツ語に翻訳すると、「温度調節」に当たる語がすぐに出ます。「temp」を文脈から「temperatura」の省略と読み取っています。もし「一時的調節、制御」なら「controllo temporaneo」となります。ここはたぶん「temperatura」の略だとは思いますが、前後の文章がないと断定はできません。

controllo
http://wordbook.asia/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%AA%9E%E8%BE%9E%E6%9B%B8/search/controllo/

文法知識が全くない外国語については、翻訳サイトでの調査にはどうしても限界があります。

ヨーロッパの製品などは、各国語の説明が併記されていることがあります。普通は、何語かを示す略号が書いてあるはずなのですが。それらしい記述はありませんか。
ドイツ語はここにはありません。何語かを特定するだけなら、グーグルの翻訳機でもある程度役に立ちますが、一度に複数の言語を混ぜてしまうと、正しく表示されません。たとえば、「feltro feltconveyor fieltro」はスペイン語と出ますが、「felt conveyor」は英語です(普通は、feltとconveyorは分けて書くはずです)。意味は、フェルトロール、長い...続きを読む

Q【イタリア語】イタリア語でBonara(ボナーラ)ってどういう意味ですか?

【イタリア語】イタリア語でBonara(ボナーラ)ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

bonaraってイタリア語の単語はないと思うよー!さっきの質問で、おばあちゃんって言葉あったけど、イタリア語でuna nonnaって言うから、発音がなんとなくカルボナーラに似てるかな?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報