住宅財形貯蓄のメリット、デメリット詳しく教えてください。噂に聞いたところによると住宅財形をしとくと家を購入するときに借りたお金の利息が住宅金融金庫から借りとときよりも安くてすむ。というのは本当でしょうか?
また月々いくらぐらいから貯蓄できるのですかまた何年以上やるとよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

財形貯蓄とは、勤務先に制度がある場合に利用できる貯蓄で、毎月の給与や賞与から自動的に天引きされるもので、 一般財形貯蓄, 住宅財形貯蓄, 年金財形貯蓄の3種類が有ります。



「住宅財形貯蓄」のいいところは、 預金金利が他よりは高く、550万円までは非課税なことです。
「住宅財形貯蓄」の内容は以下のようになっています。
  
加入の条件 ・55歳未満のサラリーを受けている人
最低積立期間 ・5年以上
目的 ・住宅の購入や建築(土地のみの購入はダメです)
金利 ・勤務先が提携している金融機関の金利に準じる
・勤務先によっては利子補給や奨励金がある
利息の税金 ・550万円までは非課税
払い戻しの制限 ・目的以外に払い戻すと、利息に20%の税金がかかる。

詳細は下記のページをご覧下さい。

参考URL:http://www.cmc.ne.jp/qa/FP/jyutaku/jyutaku15002- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどよくわかりました。しかも関連のあるホームページアドレスまで教えていただきありがとうございます。よく考えて貯蓄していきたいと思います。

お礼日時:2001/02/19 23:58

財形預金に関しては、kyaezaeaさんのおっしゃる通りです。


経験者として、非課税枠550万円を超えそうな場合は、
(年110万円だと5年、120万円だと4年半ぐらいですよ
そんなに、貯めれるわけないと、おっしゃるかもしれませんが、
月5万円ボーナス20万円だとすぐです。実際そういう方見えますよ)
途中で一部払出ができます。住宅の購入とかだと「請負契約書」のようなもののの
コピーがあれば、非課税で、下ろすことができます。計画的に!

また、「本来の住宅以外の目的で払い戻すと、利息に20%の税金がかかる」に
ついては、裏技として、払い戻し日の5年前までの預金に20%の税金が
かかるので、例えば、始め4年で450万円ぐらい預金し、残り100万円を
5年で預金し住宅関係以外の目的で払い戻せば、100万円に対して税金が
かかり、450万円に関しては、税金がかからずに済みますよ。
(これは、経験ありませんので、あしからず)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財投金利とはどのようなものですか?

下記のサイトに載っている日々の金利一覧の中の、財投金利2.1%へ。
と書かれていますが、どの様な用途に使われる金利なのですが?

また、国債指標金利はどのように決められているのでしょうか?



http://www31.ocn.ne.jp/~j_saijo/rikoku503.htm

Aベストアンサー

 ●財投金利とは「住宅金融支援機構」の金利など●
 財投(財政投融資)とは、郵便貯金,簡易保険,公的年金などで政府機関に集まった資金を,住宅金融公庫,国民生活金融公庫をはじめとする公的金融機関のほか,日本道路公団などの公共事業実施機関,国の特別会計,地方自治体などに供給する仕組みを言う。「財投金利」とはこれらに対する金利を言い、民間金融機関が優良企業に貸し出す金利「長期プライムレート」や債券金利よりも高めに設定されている。一般人に関係あるのは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫) の金利だ。
 これら、長期金利は市場のメカニズムにより決まり、日銀がコントロールできるのは短期金利である。売りオペ、買いオペにより、短期市場金利(タイボー、TIBOR=Tokyo Inter Bank Offered Rate)を誘導することにより影響を与える。その変化が、長期金利に影響を与え、長プラが決まり、それを見ながら「財投金利」が決まる。
 「国債指標金利」も市場の動きに影響され、金利が低すぎれば、国債が売れ残る。
 このように日銀の金利に対する影響力は間接的なもので、実際は市場のメカニズムが生かされている。

 ●財投金利とは「住宅金融支援機構」の金利など●
 財投(財政投融資)とは、郵便貯金,簡易保険,公的年金などで政府機関に集まった資金を,住宅金融公庫,国民生活金融公庫をはじめとする公的金融機関のほか,日本道路公団などの公共事業実施機関,国の特別会計,地方自治体などに供給する仕組みを言う。「財投金利」とはこれらに対する金利を言い、民間金融機関が優良企業に貸し出す金利「長期プライムレート」や債券金利よりも高めに設定されている。一般人に関係あるのは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫) ...続きを読む

Q生命保険相互会社で財形年金、財形貯蓄、個人年金の貯蓄を行ってます。ペイ

生命保険相互会社で財形年金、財形貯蓄、個人年金の貯蓄を行ってます。ペイオフの対象になりますか?
もし なるようでしたら 各 積み立て保険金が合算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険会社は預金保険の対象にはなっていません。
》http://www.dic.go.jp/kikan/kikan.html

では、生命保険会社はというと生命保険契約者保護機構という機関があって保護されています。一例ですが
》https://www.nissay.co.jp/hojin/shohin/fukuri/zaicho/goryui.html
・但し、預金保険のように上限1,000万円のような説明は見あたりません。

Q5年間金利据え置きの変動型金利とは?

 私は現在変動金利であるのにもかかわらず、5年間金利の変更はなし、というローンを組んでいるのですが、意味が良くわかりません。
 これは、半年に一回ずつ金利を見直し、金利が上がっても5年間の支払いはそのままだが、次の5年間の支払いに、最初の5年間の金利増加分を含めて、支払額を決定するという意味なのでしょうか。それならば、お金を借りているのと同じことですよね。その分の金利もついてしますのですか?
 また、金利が急上昇したとしても、5年間のうちに繰り上げ返済を完了してしまったら、その上昇分はどうなるのでしょうか?
 わかりづらい文章で申しわけありません。

Aベストアンサー

5年間は今の金利のままで据え置き、5年後からは通常の変動型金利として扱う、という意味でしょう。
最初の5年以内の繰り上げ返済については、そのローンを実際に見てみないと
何とも言えませんが、普通は据え置かれた金利のままだと思いますよ。

Q財形貯蓄と財形住宅は併用可能か

基本的なことをお聞きします。現在,保険会社の財形住宅利用者です

1 財形貯蓄と財形住宅は併用して申込できますか
2 住宅購入は20年以上先になりそうです。このままだと10年後に満額550万になりますがが問題はありますか
3 死亡保障がついていることを最近知りました。財形は貯蓄商品ではないのですか。元本は保証されるのですか

複数の質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●「財形貯蓄」は、「ご質問者様の、ご勤務先様」が、「どちらの、金融機関」と、ご契約を、なさっているかで、商品の内容は、少し異なります。

>1)皆様方が、お答えのとおり、「財形貯蓄」には、3種類あります。

「一般財形」、「財形住宅」、「財形年金」の、3種類で、
このうち、「財形住宅」と、「財形年金」には、「お利息に、対しての非課税枠」が、あります。(両方合計して、「元本550万円まで、お利息に対して非課税」です。)

もちろん、「一般財形」と、「財形住宅」は、併用してお申し込みが、できます。

>2)「財形住宅」と、「財形年金」の、「合計で、元本が、550万円まで、非課税」というだけの、話ですので、ぜんぜん問題は、ありません。もちろん、「おつみたて」は、「続行」できます。

ただし、「合計で、550万円を、こえる部分」に、ついては、「一般財形」と、同様に、「国税15%、地方税5%、お利息に対して、税金」が、かかります。

>3)ご質問を、拝見しますと、ご質問者様の、ご勤務先様は、「保険会社様」と、契約されていますので、「その保険会社様の、商品」で、
「財形住宅」を、運用します。そのため、特約として、「死亡保障」が、ついているのです。

「元本保証??」であるか、どうかは、「その、保険会社様」に、おたずねください。
いずれにせよ、「元本が、比較的、安全な商品」で、運用しているはずです。

●「財形貯蓄」は、「ご質問者様の、ご勤務先様」が、「どちらの、金融機関」と、ご契約を、なさっているかで、商品の内容は、少し異なります。

>1)皆様方が、お答えのとおり、「財形貯蓄」には、3種類あります。

「一般財形」、「財形住宅」、「財形年金」の、3種類で、
このうち、「財形住宅」と、「財形年金」には、「お利息に、対しての非課税枠」が、あります。(両方合計して、「元本550万円まで、お利息に対して非課税」です。)

もちろん、「一般財形」と、「財形住宅」は、併用してお申...続きを読む

Q長期金利とはなんですか

長期金利=債権の利回り
でよいのでしょうか。

以下のサイトの説明によると、
額面100円、利率5%の債権が95円になったとき、長期金利は5円÷95円=5.26%となると書かれてますが、これは利回りではないですよね。

利回り=長期金利だとすると、10円÷95円だと思うんですが。

http://puffett.web.infoseek.co.jp/column/news/n11.html

Aベストアンサー

>長期金利=債権の利回り
>でよいのでしょうか。

違う。アイフルの社債とトヨタの社債では債券利回りが違う。信用度が高いトヨタの方が利回りが低い。
そして、各企業や自治体がそれぞれ債権を出しており、その信用度や期間に応じて利回りが違う。

参考サイトの計算も嘘。残存期間を考慮に入れない計算は無意味。残存期間1年と30年では額面95円でも利回りは全く異なる。


さて、長期金利に明確な定義は無い。
長い期間のノーリスク債権の利回りとされ、ノーリスク債権として国債利回りが使われることが多い。
長期の期間は3年、5年、10年、20年、30年などと時と場合によって、意味合いが違うので確定できない。
ただし、一般的には10年国債の利回りをさすことが多い。

Q財形住宅貯蓄額(貯蓄型)550万円超、加え要件違反解約時の課税について

お世話になります。

財形住宅貯蓄(貯蓄型)5年以上前に元利合計が550万円を超え
更に要件違反解約時の課税について教えてください。

550万円を超えた時点で源泉分離の20%課税と思います。
現在の元利合計額が1000万円あり、今般要件違反(目的外払い戻し)における全額払い戻しとした場合、当該課税概要を教えてください。

(1) 550万円を超えた時点で毎年利息を加えた内容につき20%分離課税となる。

(2) 解約時は(1)により利息がつく時点で毎回課税となっているため、特段解約時に新たなる課税はない。

(3) 5年遡及(時効関連)の課税も関係なし(毎回利息がついている時点で既に源泉分離課税となっているため)

(1)(2)(3)のように考えますが、誤りありませんでしょうか?
誤り等お教えください。また補足等ございましたら書き添えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>10年前(遡及時効の5年前以前)です。
>全額解約時に別途課税があるかを心配してます。

この場合は、10年前から課税されてますし、それ以前の利息については時効が成立しているので追加課税されることはありません。
したがって、全額受け取れます。

Q円先物金利とは?

日経新聞初心者です。

2/10(土)付けの日経新聞マーケット総合1の面、
【円先物二日連続低下】という見出しのところに
“・・・八日の日銀春英彦審議委員の講演でも
利上げに前向きな発言が少なく、
円の金利先物は買いが優勢に傾いた”
とありました。
なぜ、利上げしそうにないとき
円先物金利がたくさん買われるのでしょうか。
この先、利下げの懸念が今の所ある訳ではないのだから
今から買いまくらなくたっていいじゃん、と思ってしまいます。。。

※円先物金利・・・先の円金利(たとえば三ヶ月先の金利を予約する)、ってことですよね??

Aベストアンサー

大雑把に言えば、今の日本の期間別の金利体系は、利上げをかなり織り込んでいます。だから、利上げの可能性が遠のいたと思ったら、特にユーロ円金利先物などの短めの金利については、今まで思っていた程は金利が上がりそうもない、という事で、買い優勢になるのは、自然な事です。
常に、市場は、新たなニュースに対して、今まで予想していたのと比べて、どうか、という点から反応します。

Q財形住宅と一般財形の貯蓄性について教えてください。

はじめまして。
現在31才の会社員、嫁、子供ありです。
質問が2点あります。
(1)住宅を6年後に購入する計画予定です。
(37才からの30・35年ローンはリミットと考えたので)
会社の財形住宅に入るのを決めました。
月5万円にして賞与2回の年70万円(5万*12ヵ月+5万*2回賞与)の計画で6年間で420万円。
非課税限度額が550万円ということなので、妥当かと。(ちょっと生活苦しいけれど・・・)
銀行は口座のある三菱東京UFJにしようと考えています。
(メガバンクということもありまして。内容はまだ調べてません)

上記の計画は妥当でしょうか。
知っていれば得をするやり方があれば教えてください。
非課税ということですが給料から引かれるということで
引かれた給料に対して課税されるということでしょうか?
よく分かってません・・・教えてください。

最後の質問です。
(2)一般財形で子供の学資保険のような貯蓄は有利でしょうか。
どうも学資保険の内容が記載されているこちらの質問レスには
元本割れするという内容でしたし、貯蓄は貯蓄、保険は保険という
アドバイスに同意見だったもので。
20%分離課税ということですがちょっと良く分からず・・・

教えていただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。

はじめまして。
現在31才の会社員、嫁、子供ありです。
質問が2点あります。
(1)住宅を6年後に購入する計画予定です。
(37才からの30・35年ローンはリミットと考えたので)
会社の財形住宅に入るのを決めました。
月5万円にして賞与2回の年70万円(5万*12ヵ月+5万*2回賞与)の計画で6年間で420万円。
非課税限度額が550万円ということなので、妥当かと。(ちょっと生活苦しいけれど・・・)
銀行は口座のある三菱東京UFJにしようと考えています。
(メガバンクということもありまして。内容はまだ...続きを読む

Aベストアンサー

>銀行は口座のある三菱東京UFJにしようと考えています。

財形は会社の指定する銀行にしかできませんので、ご注意を。

>非課税ということですが給料から引かれるということで
引かれた給料に対して課税されるということでしょうか?

所得とは関係なく億万長者でも生活保護を受けるような人でも預貯金の利子に20%課税されていたのが、住宅財形の場合は利子に課税されないということです。
つまり、通常の預貯金の利率が実質8掛けになりますが、住宅財形はそのままです。
もちろん、天引きされる前の給与には課税されます。

昔、郵便局では住宅向け貯金をすると、その5倍?まで低利で融資をしてくれる制度がありました。他の金融機関にそのような制度もないのか検討するべきでしょう。
他の積み立ては止めて、住宅財形を10万円程度まで増額するもの手です。勤務先によっては、各種支援制度があるのでじっくり検討してください。

>(2)一般財形で子供の学資保険のような貯蓄は有利でしょうか。

昔は、預貯金の金利が高かったのでメリットがありましたが、バブル崩壊後は利率の低下により保険利回りが低下して、元本割れのケースが多いです。
同じ保証の保険と貯金とを別々にした場合とじっくり比較するべきです。

>銀行は口座のある三菱東京UFJにしようと考えています。

財形は会社の指定する銀行にしかできませんので、ご注意を。

>非課税ということですが給料から引かれるということで
引かれた給料に対して課税されるということでしょうか?

所得とは関係なく億万長者でも生活保護を受けるような人でも預貯金の利子に20%課税されていたのが、住宅財形の場合は利子に課税されないということです。
つまり、通常の預貯金の利率が実質8掛けになりますが、住宅財形はそのままです。
もちろん、天引きされる...続きを読む

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q財形年金と財形貯蓄について

財形貯蓄と財形年金の違いが分かりません。 主人(地方公務員)の給与明細に二つの欄がありますが、財形年金の欄に毎月金額があります。毎月28000円。ボーナス時77000円のようです。(結婚前に会計課の方に若いときに早めに掛けていたほうがいいとアドバイスをもらい、毎月4000円から28000円に増やしたそうです)。 これは掛けすぎとかいう問題はないでしょうか? 無知ですみません。教えてください。 そのほか、共済短期・長期、年金ゆとり と引かれものが多いです・・・。

Aベストアンサー

●皆さんが、お答えのとおりで、
「財形貯蓄」には、「一般財形」と、「財形住宅」と、「財形年金」の、3種類が、あります。

「一般財形」は、一般の「定期預金」や、「金融債」などと、同様に、「お利息から、国税15%、地方税5%、あわせて20%差し引かれ」ます。

「財形住宅」と、「財形年金」には、「おひとり様、あわせて元本550万円まで、非課税枠(お利息に対して、税金がかからない)」が、あります。

なお、「一般財形」は、「おひとり様、何契約でも、できます」が、
「財形住宅」と、「財形年金」は、「おひとり様、それぞれ、1契約ずつ」しか、できません。

http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-ippa.html
http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-juta.html
http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-nenkin.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報