一通り電気化学を勉強したうえで質問します。

酸化還元電位つまり電気化学ポテンシャルとは何のことなのでしょうか?
例えばA→A^+になる電位をEとするとこの電位というのは
AのHOMOにある電子が一つ失われることを意味します。
この電子というのは電極或いは溶液中のイオンに飛び移ることを意味するわけですが、これはAのHOMO準位のエネルギーと電極或いは溶液中のイオンのフェルミエネルギーが一致したときということになるのでしょうか?
計算でこの電位を出す方があれば、書籍名で構いませんので教えて下さい。
化学者向けの電気化学の本はいくらでもありますが、物理学者向けの本がなく困っています。
何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず,電気化学ポテンシャルと酸化還元電位は同じではありません.


電気化学ポテンシャルは,物理系の方なら,化学ポテンシャルと電気ポテンシャルの和であるということでいいですかね.これは,質問に挙がっている例だと,A と A+ のそれぞれについてある値があるわけです.そして,このような酸化還元系ではもうひとつ,電子のことを考える必要があります.
そして,電子だけが電極相と溶液相を行き来できるので,本質的にはこの電子の電気化学ポテンシャルが溶液相と電極相で一致したときが平衡条件です.この辺の考え方は,metal/metal contact などの場合となんら変わりません.このとき,言い方を変えれば,電極のフェルミレベルと溶液のフェルミレベルが一致したということになるでしょう.ただし,溶液側のフェルミレベルというのがくせ者です.これは A や A+ 単独については定義できません.物理の人はここで誤解する場合が見られます.同様に,酸化還元電位も A や A+ 単独については定義のしようがありません.
酸化還元系 A <=> A+ + e について,平衡状態では μA = μ~A+ + μ~e ですから,μ~e = μA - μ~A+ ,そしてこれが電極中の電子の電気化学ポテンシャルと一致するわけです.その結果,電極相と溶液相の間には内部電位差が発生し,その大きさは,A,A+ の化学ポテンシャル,いいかえれば濃度や,それ自体の酸化力,還元力 (これは標準化学ポテンシャルμ°に反映される) に依存するということになります.
一般的には溶液の内部電位を知る方法はないので,溶液との内部電位差が固定されるような電極,つまりそれは一定の組成の酸化還元系と平衡にある電極 (その基準として採用されたのが標準水素電極),ということですが,それを基準に取り,基準の溶液と被測定溶液の間に内部電位差が発生しないように両溶液を接続することで,任意の酸化還元系と平衡にある電極の電位を測定します.そしてそうやって測った電極電位は,A や A+ の濃度に依存するということです.

では,このような場合に A の電子供与力 (還元力) はどうやって評価できるか,というとこれは A だけを見ていてもだめで,A と A+ について,ある条件を決め,そのときの電極電位の高低を評価してやれば,還元力を比較できることになります.一般的には,この値が低いほど(-方向だが,基準電位には任意性があるので,符号そのものには意味がないことに注意)還元力が強い,と言えるわけです.還元は HOMO レベルの電子が外に出る過程と考えれば,この電位から HOMO レベルを評価できると考えることは,まあ自然な発想なのでしょう.しかしことはそれほど簡単ではありません.
一般的には,A と A+ が標準状態 (つまり活量が1) にあるときの電極電位をもって,標準酸化還元電位とし,俗にいう酸化還元電位はこのことです.しかし,そもそもこの電位の測定というのが,ある任意に決められた酸化還元系 (たとえば B <=> B+ + e) に挿入された電極の電位との差分でしか測れないということが問題になります.この差分は,ふたつの酸化還元系が組み合わさった全酸化還元反応 A + B+ = A+ + B の自由エネルギー変化を測っているのと,完全に等価です.結局,電気化学系の測定をいくらやっても,A = A+ + e というような酸化還元系のフェルミレベルは求められません.金属のフェルミレベルは電子放出現象などで測れることは測れますが,溶液と金属が接触すると内部電位差が発生してしまい,その値を実測することもできないので,金属を基準にすることもできません.

結局,HOMO レベル等を電気化学測定から見積もるには,何かひとつでいいから,電極電位と通常の物性物理学でいうところのフェルミレベルを結びつける必要があるのです.あとはそこからの相対比較ですむわけですから.
そのような観点で,HOMO レベルのわかっている一連の物質について,酸化還元電位測定が行われ,たとえば条件さえうまく揃えられれば,イオン化ポテンシャルと酸化還元電位の間に(単位を合わせれば)傾き 1 の関係は得られています.たとえば,Kohchi et al., J. Am. Chem. Soc., 106, 3968 (1984).このような結果から,軌道レベルと酸化還元電位を結びつけることは可能で,さまざまな検討の集約値として,標準水素電極の電位が,真空準位のした 4.44eV (だったかな?) という見積もり値がよく使われています.この値にどのくらいの信憑性があるのかについては,現在でも意見は分かれます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

教えて下さった論文に関しては後ほど目を通してみます。

それと出来ればこのような電気化学と物性物理の接点といった立場から書かれている最近の書籍を教えて頂けないでしょうか?

それともこういったものは論文でしか出ていないのでしょうか?
お願い致します。

お礼日時:2008/07/13 10:29

#1です。


R.A.Marcusの不均一系の電子伝達の理論ですが、Marcus theoryで牽けば幾らでも掛かります。
例えばwikiでは、↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Marcus_theory
ノーベル財団のサイト、↓
http://nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/lau …
簡単な説明、↓
http://www.public.asu.edu/~laserweb/woodbury/cla …
    • good
    • 0

最近の書籍で推薦できるようなものが思い当たらないのです.


ちょっと古いのですが,坪村宏「光電気化学とエネルギー変換」(1980)や佐藤教男「電気化学(上)(下)」(1993,1994)は,一通りのことは述べられているのですが,いずれも現在は入手は困難.大学とかの図書館にはあるかもしれません.
あと,標準水素電極の絶対電位についての考察については,この手の議論の古典ですが,S. Trasatti, J. Chem. Soc., Faraday Trans. 1, 70, 1752 (1974) も見ておくといいと思います.
    • good
    • 0

物理の方に説明する自信はありませんが、一応気になったので一言。


A→A^+ + e^-
になる過程なのですが、熱力学的にこの過程のポテンシャルはAとA^+の濃度に依存します。この辺はNernstの理論をご参照下さい。
さらに電極のフェルミレベルとの関係についてはR.A.Marcusの不均一系の電子伝達の理論(今はもっと良い理論があるが、化学屋にはこれでも充分難しい)が参考になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

R.A.Marcusの不均一系の電子伝達の理論というのを一度読んでみたいのですが、検索してもかかりませんでした。
出来れば正式名称を教えて頂けないでしょうか?

お願い致します。

お礼日時:2008/07/13 10:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理化学の活量及び標準電極電位について標準電極電位の電位の定義は反応に関与する全ての科学種の活量が

物理化学の活量及び標準電極電位について
標準電極電位の電位の定義は反応に関与する全ての科学種の活量が1とされていますがこの時の活量は

固体は1[無次元]
溶媒は濃度×活量係数[dm^3]
溶液はモル分率×活量係数(大過剰にある場合は1)[無次元]

という解釈していいのでしょうか?
つまり教科書に載っている標準電極電位の値はこの時の値ですか?


また活量がモル分率×活量係数だったり濃度×活量係数だったりして混乱するのですが、これは
本来、活量はモル分率×活量係数だが溶媒を扱うときは濃度のほうが便利
標準状態(標準電極電位など)を取り直せば活量の代わりに濃度×活量係数を用いても問題ない
例えば
E=E0−RT/F×ln(活量)
の式は活量×濃度を用いてもE0を新しく取り直せば成立する
という解釈であってますか?

Aベストアンサー

おおよそそれで結構ですが、もしあなた様が学生なら物理化学ないし分析化学の教授でも助教授でも
良いからとっ捕まえて訊きなさい、なお確実に「これ読め」と電気化学の教科書を押し付けられますので
しっかり読んで疑問には付箋を付け再度訊きなさい。大卒の理工系なら母校へ戻って訊く。内容から見て
高卒で就職したとは思えないので、問題は文系出たが仕事は理工系というのが一番嫌。

Q化学についてです。 イオンとは、電気的に中性ではない原子、または原子団をイオンという。 と書いてある

化学についてです。
イオンとは、電気的に中性ではない原子、または原子団をイオンという。
と書いてあるのですが

授業では、一つの原子に含まれる陽子の数と電子の数は同じと習いました。
中性でないということは、陽子と電子の数が異なるということですよね?

なぜ、イオンが生成されるのかがよくわかりません! 教えてください!

Aベストアンサー

原子に含まれる最も外側の電子が何処かへ行くと、電子は電気的にマイナスなので、原子は電気的にプラスになります。これが陽イオン。

この反対に電子が原子に取り込まれると電気的にマイナスになります。
これは陰イオンです。

電気的に中性でも、原子の種類によって陽イオンになりやすい、陰イオンになりやすいというのが決まっています。

どの原子が陽イオン、陰イオンになりやすいのかは覚えるしかありません。

例えば、水素は電気的に中性ですが、もともと電子を失って陽イオンになりやすい性質を持っています。

原子が電子を放出するには、原子核が電子を電子軌道に束縛している力に匹敵するエネルギーが必要で、これをイオン化エネルギーと呼びます。

電子は光子を吸収したり、原子同士の衝突によりエネルギーを受け取ってエネルギー状態が高くなり、一定以上のエネルギーを超えると軌道を離れて別の原子の軌道へ移動します。

移動先の原子の電子軌道に入った電子は、前に飛び出した時に得たエネルギー分のエネルギーを放出して安定化します。

塩を水に溶かした時などには、眼には見えないけれど、エネルギーの受け渡しが頻繁に起きていて、NaClがNa+イオンと、Na-イオンになって水中に存在します。

この状態が一番安定してるんですね。


原子も人間と同じで、安定が好きなんです。

原子に含まれる最も外側の電子が何処かへ行くと、電子は電気的にマイナスなので、原子は電気的にプラスになります。これが陽イオン。

この反対に電子が原子に取り込まれると電気的にマイナスになります。
これは陰イオンです。

電気的に中性でも、原子の種類によって陽イオンになりやすい、陰イオンになりやすいというのが決まっています。

どの原子が陽イオン、陰イオンになりやすいのかは覚えるしかありません。

例えば、水素は電気的に中性ですが、もともと電子を失って陽イオンになりやすい性質を持って...続きを読む

Q【化学】筋肉のエネルギーはカリウムやナトリウムの電位差によってエネルギーになるので水を飲んでも電位差

【化学】筋肉のエネルギーはカリウムやナトリウムの電位差によってエネルギーになるので水を飲んでも電位差は生まれないので飲むなら筋肉のエネルギーになるミネラルやカリウムを含む飲料を飲むべきである。

と言われたが、コップ一杯の水に塩を一掴み入れて毎日毎日飲んでいたら塩分取りすぎになる気がします。

日本人は塩分の取りすぎが問題視されているので塩水を飲むべきか筋肉エネルギーにならない水を毎日飲むならどちらの方が良いのでしょうか?

塩より良いカリウム、ナトリウムって何がありますか?

Aベストアンサー

>飲むなら筋肉のエネルギーになるミネラルやカリウムを含む飲料を飲むべきである。
大嘘では無いが無意味。なぜならホメオスタシスが働き、体液のイオン濃度を調整する、多過ぎるイオンは尿と共に排出される、だがナトリウム、カリウムイオン濃度比は致命的に重要なので、医師、看護師、栄養師以外は触ってはならない、補填する時はまず採血し、イオン比をみてから足りない分は輸液を点滴する。点滴してもバランスが直らないときは腎臓疾患なので、全身の臓器を検査する。

Q化学の質問です。 「次の化合物A,Bの示性式を示せ。 化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。A

化学の質問です。

「次の化合物A,Bの示性式を示せ。
化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると、分子式C5H10Oの化合物Bに変化する。Bはヨードホルム反応も銀鏡反応も示さない。」

という問題で、解説の「アルデヒドではない。したがって第二級アルコールのいずれかである。」というのが理解できません。写真の⑥(第3級アルコール)はなぜだめなのでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

他のアルコールはC-OHを酸化してC-O-Hの-Hと、Cに直接付いている-Hを取って酸化され、C=Oとなることが出来ます。

⑥の三級アルコールを酸化するとして、2番目の炭素に炭素が3つ付いていて、
C-OHを酸化しても、CにはCが3つ付いていて取れる-Hがないので、C=Oを作ることが難しいです。

>Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると
の最初の部分で⑥の三級アルコールは脱落ですが、絶対に酸化しないわけではないようです。

Q標準電極電位

「電気分解のルール」的な書き方で、
陰極:鉛、亜鉛も析出させることができる
陽極:白金電極は溶けない
という内容を見ました。自分はどこで間違ったか、「標準電極電位で比較すれば良い」と思っていたのでわからなくなりました。標準電極電位は無関係なのか/なにか足りないのか、そのあたりをおしえていだだきたく、以下、質問を2つ投稿させていただきます。よろしくお願いします。

1.
電気分解の陰極に亜鉛(標準電極電位:-0.763V)を析出させることができるのはなぜでしょうか。

2.
電気分解の陽極に白金(標準電極電位+1.118V)を使っても白金が溶けないのはなぜでしょうか(水の酸化反応の標準電極電位:+1.229V)。

Aベストアンサー

いずれも標準電極電位と実際に反応が始まる電位との差によるものではないかと。pHや濃度など溶液の状態や電気二重層の具合それに水素分子や酸素分子の離れ具合、私はそんなイメージを持っているけどどうかな。詳しいことは本当の電気化学屋さんの御回答を待つべし。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報