グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

よくテレビなどで何光年先の星で今見えている光は何光年前の明かりだと聞くのですが、アインシュタインの理論によれば光の速度で移動するものは時間が0になると学んだ記憶があるのですが、そうだとすると  距離は何光年離れていたとしても、その明かりは地球に到達するのに要する時間は0であり、したがって見えてる明かりは現在の明かりだと思うのですが、いかがでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

光速度で運動する物体と光を同一視してはいけません


静止系から見た運動系の時間であって光自身の時間ではありません
光速度絶対の前提で光の時間経過がゼロになると光は光は伝播しないことになってしまいます
    • good
    • 0

「その明かりは地球に到達するのに要する時間は0であり」というのは, *誰にとっての*時間が 0 であると主張している?

    • good
    • 0

>距離は何光年離れていたとしても、その明かりは地球に到達するのに要する時間は0であり、



光子の中の経過時間は0なのか?

でも光子ってスピンしてるよ。つ^_^つ
うねうねしてるし。ーー;
    • good
    • 0

言うまでもなく、1光年の距離というのは、光が真空中を伝わるのに1年かかる距離のことです。

よって、私たちからa光年の距離にある星の光は、私たちの時計でa年前にその星を出たことに間違いはありません。「光が伝わる」と書きましたが、その速さはどの時計から見ても一定です(相対性理論の大原則)。そのため、時間の進み方は時計ごとに異なってくるのです。もし光とともに運動する時計があるとすると、その時計から見てその光は位置がまったく変わらないはずですが、その時計から見ても光は一定の速さで伝わりますから、言い換えると時間が経過していないということなのです。
    • good
    • 0

最も簡単に証明すると、


距離÷速度=時間
距離=X光年(光の速度でX年かかる距離)、速度=光速
これを代入して解くと、時間=X年となります
時間=0にするためには
距離=0か、速度=∞でなければなりません。
しかし距離は存在し、速度は光速(≠∞)です。
∴時間が0にはなりえません。

そしてアインシュタインの理論は、『光の速度で移送する物体』の時間が0になるということです。
なので、『光速で移動する物体』の『移動に要する時間』が0になるっと言うことではありません。

例えるならば、あなたの目の前に時計があるとします、その時計は光速で1時間移動し続けていました。
その間時計の内部の時間は0となり針は進んでいません、現在あなたの目の前には1時間時刻の遅れた時計があります。
さて、その時計の時刻はあなたから見て『現在』の時刻と一致いているでしょうか?

分かると思いますが、1時間ずれているものと一致するはずがありません。
    • good
    • 0

こんばんは。



>>>距離は何光年離れていたとしても、その明かりは地球に到達するのに要する時間は0であり、

↑ここが間違いです。

明かり(光)は何光年かけて地球にやってきます。
いわば、相対的に「光ちゃんが持っている腕時計が止まって見えている」だけであって、光が道のりを進行するのには時間がかかります。

物理的に理論・法則・原理うんぬんではなく、文を読み間違えているだけです。
    • good
    • 0

0歳の赤ん坊が地球を出発。

光の速さで20光年の彼方へ飛んでったとします。

外から見た時間で20年後現地に到着したとき、その人はまだ0歳の赤ん坊(時間経過がない)のままでした。

こういう現象です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星の光ってリアルタイムじゃないの?

夜空に無数に輝く星の光って その瞬間の輝きが見えてるわけじゃなくて 何千年も前の光が見えてるって本当ですか?

つまり昨日の夜見えた星の光は昨日の光じゃなくて何千年も前に光った星の光が地球に届いてるってことですか?

Aベストアンサー

 そうです。光の速さは秒速30万kmですので、地球上とか、スペースシャトルが行っていた程度の宇宙なら、リアルタイムといっても問題ありません。ライムラグは1/1000秒といった程度で、人間では分からない程度です。電波と呼ばれるものも光と合わせて、電磁波と呼ばれる同じものです。電波も秒速30万kmの速さです。

 月との距離は40万kmくらいですので、1秒以上遅れます。往復で3秒に近くなります。こうなると、月を周回する無人衛星や、月面に降りた無人探査機を、地球上から無線操作するのは難しくなります。

 たとえば、無人探査機にビデオカメラが取り付けてあるとして、その映像を地上で見るのが1秒以上後で、それを見て操作すると、その司令電波が探査機に届くのが、その1秒以上後、探査機がそれに応じて動作した結果の映像が、またまた1秒以上後に地上で見ることになります。

 地球から太陽系の惑星を見ると、もっとはっきり遅れます。地球から最も近い火星でも数分以上遅れます。海王星などだと、5時間以上遅れます。実際とは、これだけ遅れて見えることになるため、その遅れを利用して、光の速さを測定することも行われました。

 夜空の星の大半ですと、太陽系の惑星とは比べ物にならない程遠い恒星です。もっともっと実際よりは遅れて見えています。最も近いものでも2光年以上離れていますので、実際の姿の2年以上前の姿を見ていることになります。遠いほど、それだけ過去だということになります。

 夜間の星は現在の実際の様子ではなく、数十年前、数百年前、数千年前、数万年前、あるいはもっと過去の姿だということになります。

 数十億光年、最も遠くで130億光年の恒星や銀河が観測可能です。それだけ過去の宇宙の姿ということになります。

 そういう遠くのものでは、この銀河や近くの銀河には見られない様子が数多く観測されています。それはどうやら、宇宙の誕生からあまり時間が経っていないころの宇宙では、当たり前に起こっていたことのようで、そういうことから大昔の宇宙の様子の解明が進んだりもしています。

 そうです。光の速さは秒速30万kmですので、地球上とか、スペースシャトルが行っていた程度の宇宙なら、リアルタイムといっても問題ありません。ライムラグは1/1000秒といった程度で、人間では分からない程度です。電波と呼ばれるものも光と合わせて、電磁波と呼ばれる同じものです。電波も秒速30万kmの速さです。

 月との距離は40万kmくらいですので、1秒以上遅れます。往復で3秒に近くなります。こうなると、月を周回する無人衛星や、月面に降りた無人探査機を、地球上から無線操作するのは難しくなります。
...続きを読む

Q夜空の星は過去のものだとすると、実は既に消滅しているものもあるか?

夜空の星は過去のものだとすると、実は既に消滅しているものもあるか?

みなさん、いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 星空を眺めています。実は、今見ている星(の光)は、過去のものだそうですね。

 ということは、この星が既に爆発などで消滅していたとしても、星として私たちには見えていることはありますか?

Aベストアンサー

 ある意味そうなのですが、実はもっと奥が深い。
 そもそも真空中の光より早いものはないのですから、まさしく見えている星が今の星ともいえるのです。
 1光年かなたの星の光は1年前にその星を出たものですが、じゃ、目の前のあなたの前に居る彼女は・・一瞬後には消滅しているかもしれない。いつもあなたが見ている世界は、すべて過去の物なのですか???。
 光より早い観測手段がない--時間すらその制約を受けている---限り、今(観察しているもの)が今(の姿)としか言いようがない。
 話としては「今見えているあるアンドロメダ星雲の姿は30万年前の姿」というのは、ロマンチックではあるけど、実はまさに今の姿であるというのが正しい。だって「今」という時間すら光より早く進めない。

Q太陽の光が地球に届くまでの時間

最近疑問に思ったのですが、太陽と地球との距離って何光年くらいあるのですか?
太陽は地球に比べて比べものにならないくらいに大きいものなので相当遠いように思います。
ということは光が届くまで時間がかかるということなのでいつも見えている太陽は実際そこにはないということなのでしょうか?

他の星で言えることですが現在は実際無くなったりしていても光が届くまでに時間が経つんだったら前に無くなった星が今見えている可能性のあるのですよね?
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

距離で言えば他の方の回答通りです、太陽の表面の光が到達するのには8分ちょっとです従って、貴殿に判りやすく言えば8分光年(単位表現としては間違っています)とでも言いましょうか、ただ、太陽の中心で出来た光は表面にでてくるまで何年も掛かって出てくるそうです、詳しい事は忘れましたが一秒間に30万キロも進む光でさえ太陽内部密度だったらそんなに掛かるのですね。


人気Q&Aランキング