泉鏡花の「外科室」の作品がすごい気になってます。
最近古典、漢文などを勉強し始めたのですが、未だ文章を理解して読むことができないので困っています。貴船伯爵夫人と高峰の複雑な恋愛関係をテーマにしているのはわかるのですが…
よろしければ、「外科室」における恋愛背景や泉鏡花自身がこの作品に込めているものを教えていただけたら幸いです。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

外科室、いい作品ですよね。



これは複雑な関係というよりは、むしろものすごく単純な関係にあったと思います。

何年も昔に一度すれ違っただけでありながら、お互い忘れることが出来ないほど強く想い、そして再会するも、立場ゆえ決して気持ちを明かすことがないまま、その想いを永遠に隠してしまった。

ものすごく単純でありながら、単純だからこそ『ひとめぼれ』とかいう軽いものでは無い、狂気すら覚える程の強い思いを感じます。

そして相手にすら想いを伝えること無く死を選んだ気高さも、この作品が魅力的な理由のひとつだと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



「外科室」は、究極のプラトニック・ラブがテーマだと
私は思いますが・・・。

この時代、”姦通罪”が存在していたのではないでしょうか。
また、たとえ、肉体関係を持たなくても、妻が夫以外の男性に
思いを馳せるなどというのは、言語道断といった感じだったのだと
思います。

現代の感覚では、なかなか理解できないものがありますよね。

「外科室」に限らず、昔の傑作の多くは、現代の感覚で読んで
しまうと、なかなか、理解できないものになってしまいましたよね。
    • good
    • 0

こんにちは



私個人の解釈ですけど
泉鏡花のというか、その時代の
女性の貞操観念というのを感じますが・・

それと秘めた恋(恋心)というのは
美しいということですね

ご参考までに
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幻想文学の文学賞

幻想文学の文学賞や新人賞のようなものは、存在しますか?

幻想文学を読むことや書くことに興味があるのですが、

wikipediaを見ても、
国際幻想文学賞 1951-57
世界幻想文学大賞 1975-
英国幻想文学賞 1972-
泉鏡花文学賞 1973-
ゆきのまち幻想文学賞 1991-

この賞しかなく、日本では、
泉鏡花文学賞とゆきのまち幻想文学賞しかないみたいです。

幻想文学を評価してくれる新人賞的な賞はどれでしょうか?
小松左京賞?

幻想文学を応募したり、
幻想文学を読んだりするための、雑誌などを
知っている人がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

幻想文学といってもいろいろあるので、一概にはいえませんが、日本ファンタジーノベル大賞が一番いいと思います。この賞は名前から受ける印象とは違って、受賞作の作風は多岐に渡っています。

また、純文学よりであれば純文学の新人賞、エンターテインメントよりであればエンターテインメント全般を扱った新人賞、ホラーの要素があれば日本ホラー小説大賞でも、差し支えないと思います。どの賞も幻想文学を排除しないはずです。


日本ファンタジーノベル大賞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E5%A4%A7%E8%B3%9E

文学賞の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

幻想文学といってもいろいろあるので、一概にはいえませんが、日本ファンタジーノベル大賞が一番いいと思います。この賞は名前から受ける印象とは違って、受賞作の作風は多岐に渡っています。

また、純文学よりであれば純文学の新人賞、エンターテインメントよりであればエンターテインメント全般を扱った新人賞、ホラーの要素があれば日本ホラー小説大賞でも、差し支えないと思います。どの賞も幻想文学を排除しないはずです。


日本ファンタジーノベル大賞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E...続きを読む

Q泉鏡花の『外科室』で...

泉鏡花の『外科室』で、高峰と主人公の女性が、初めて出会うシーンのことで、
お聞きします。

小石川の庭園で、ふたりがすれ違った時(ふたりが初めて出会った時)
女性の方は、すでに結婚していたのでしょうか。(すでに、伯爵夫人だったのでしょうか。)
それとも、まだ未婚の貴族の令嬢だったのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

はっきり書かれているでしょうか?
御婦人と言う記載と
丸髷と言う記載で既婚かな?とは思うのですが
http://machiko-o.cocolog-nifty.com/gendai/cat22607860/index.html

Q文豪ストレイドッグスの泉鏡花の 髪の色はコピックだったら何色ですか??

文豪ストレイドッグスの泉鏡花の
髪の色はコピックだったら何色ですか??

Aベストアンサー

単色であれば紺色あたりだと思います、番号で言うとY490~475辺りですね、私が持ってる中での話ですが……

Q泉鏡花など、古い文学作品が読めるようになりたい

ネットで調べたり、高校の時の教科書などを読み返して「文語体」「歴史的仮名遣い」「旧仮名遣い」などの言葉は分かったのですが、古文とも違う、現代小説とも違う文章が、すぐに頭の中で想像できません。

ガイドブックや読み方アドバイスのような本・サイトってありますか?

Aベストアンサー

百聞は一見にしかず
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person50.html
旧字旧仮名のものもありますから実際に読んでみてはいかがですか。

Q泉鏡花 筆名 由来

泉鏡花の筆名の由来をご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

↓に『鏡花の名は、「共に美しいがそれを手中にはできない」の意味を持つ「鏡花水月」の語からきています』とあります

参考URL:http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11020/bungaku/writers/izumi/izumiJ.jsp

Q泉鏡花「婦系図」の名台詞「切った切らないは芸者のときに言う言葉、、、」

泉鏡花「婦系図」の名台詞「切った切らないは芸者のときに言う言葉、、、」

この台詞のある、湯島天神の場面は、
何章のどのあたりに記述されているのか知りたいのです。

通して精読している時間がないため、
当たりもつけられないで困っています。

早瀬が蔦とこういったやりとりをするまでのいきさつや、
小説全体のストーリーのおおまかな流れも教えていただけると助かります。

ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鏡花の小説「婦系図」の中にはそんな台詞はおろか湯島の天神も出てきません。従って全編探しても徒労です。
あれは後に新派のお芝居として劇化されたとき、脚本の中に挿入されて上演大当たり、有名になったものです。

あまりの人気に鏡花自身が後年その有名な湯島の境内、台詞を取り入れて「湯島の境内」という戯曲を書きました。したがってこちらにはその有名な「切れるの別れるのって~」という台詞が出てきます。
そういう事情で、原作の小説「婦系図」はあくまでその台詞とは無関係です。

参考
http://www.tokyo-kurenaidan.com/kyoka1.htm

青空文庫には「婦系図」も「湯島の境内」も収録されていて、全文を見ることが出来ます。
あらすじをお知りになりたければネットで「婦系図 あらすじ」で検索すれば出てきます。

Q泉鏡花・探しています。

作者は泉鏡花で、
「女が、喀血するとその血を見て『ほおずきが出た』と言う」
小説を探しています。
ご存知の方いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

私は読んだことがないのですが、「泉鏡花」に「喀血」と「ほおずき」という条件を加えて検索したところ「酸漿」がヒットしました。
「酸漿」は、「ほおずき」と読むそうです。

Q漢文と中国古典文学の違い

漢文と中国古典文学どこが違いますか?自分では区別がつけません。

大学院などでは中国古典文学専攻もあるし、漢文学専攻もあります。もちろん学校にもよりますけど、この二つの専攻では大体同じものを研究すると思っているのですが、それは間違いなのでしょうか。
たとえば漢文学を専攻するものが日本文学をいっさいふらないで、唐詩だけを研究するのもありですか?

知っている方教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実態はどうなのか、よく分かりませんが、「漢文学」と「中国古典文学」という字面から言うと。

漢文学
中国の文学(主に古典)を、「漢文」として読む学問。
「漢文」は、中国語で書かれたものに訓点を付し、日本語として訓読し、解釈するもの。
あるいは、中国語で書かれたものを如何にして日本語として読むかが「漢文」ですから、その方法論を研究するもの。

中国古典文学
中国の古典文学を研究するもの。
必ずしも訓点を付けたり訓読したりしなくてもよい(中国語〈外国語〉の古典として研究することも可能)。

ではなかろうかと思うのですが。
いずれにしても、日本文学とは関係なく研究することは可能だと思います。どちらの専攻でも、中国における文学を研究する学問だと思います。
日本文学を研究する人には「漢文(中国古典文学)」の研究が必要な場合もありますが、「漢文(中国古典文学)」を研究するのに日本の文学は必要ないと思います(日本の文学が中国の文学に多大なる影響を及ぼしたという事実があれば別ですが)。
〈もちろん、一般教養としても、専門に関わる分野としても、日本文学を学ぶ必要が全くないというわけではなく、大学及び大学院であれば、日本文学は必須になるでしょう〉

実際の学問の現場を知らない者の勝手な解釈ですが、「漢文学」専攻も「中国古典文学」も大差はなく、実際のところ、名称が違うだけという感じがしないでもありません。

門外漢なので間違っているかもしれません。ご容赦を。

実態はどうなのか、よく分かりませんが、「漢文学」と「中国古典文学」という字面から言うと。

漢文学
中国の文学(主に古典)を、「漢文」として読む学問。
「漢文」は、中国語で書かれたものに訓点を付し、日本語として訓読し、解釈するもの。
あるいは、中国語で書かれたものを如何にして日本語として読むかが「漢文」ですから、その方法論を研究するもの。

中国古典文学
中国の古典文学を研究するもの。
必ずしも訓点を付けたり訓読したりしなくてもよい(中国語〈外国語〉の古典として研究するこ...続きを読む

Q明治40年の泉鏡花

谷崎潤一郎の『青春物語』「饒舌録」に、明治四十年頃、泉鏡花が自然主義のために圧迫され、本を出そうとしたら自然主義一派のボイコットがあって出せなかったと書いていますが、鏡花の評伝(村松定孝、寺木定芳)を読んでも確認できませんし、鏡花は『婦系図』『草迷宮』を刊行しています。そのような事実があったのでしょうか。あるとすれば、そのことが記されている研究書または論文を教えてください。

Aベストアンサー

No.1の者です
秋声が硯友社を離れたのは紅葉がまだ生きている時の筈です
殴打事件は紅葉の何回忌だったか、とにかく衆人環視の中で鏡花が興奮して無抵抗の秋声をぽかぽか殴り付けたそうです
しかし秋声は穏やかな人柄だったので売り出し中の谷崎を同じロマン派の鏡花に紹介したのでしょう、その時から鏡花と谷崎の付き合いが始まって谷崎のお嬢さんの結婚の仲人を鏡花が務める事になったらしいです
前回に秋声とは仇敵と言いましたが周囲がそう見ただけで友情を持ち合っていたのかも知れません、互いに逢うのを避けていたそうですが
自然派で紅葉ー鏡花のラインにもっとも敵意を抱いていたのは紅葉が亡くなった時、読売新聞紙上に鏡花もついでにぶっ潰せと公然とアジつた正宗白鳥(読売の文芸記者でした)でした、当時の狭いジャーナリズムの世界に大きな影響力があったのうしよう

Q(,,・Д・)ポカーン 「古典作品を読んで感想を4800字程度で表せ」

高校の作品講読という授業の課題で
「古典作品を読み、400字詰め原稿用紙12枚程度の作文をせよ」
という課題が出ました。

作文は基本的に苦手、現代文でさえ原稿用紙3枚で1ヶ月かかる私が
2週間で!古典で!12枚!!汗

しかも物理と化学のレポートと日付がかぶって、
提出日は期末試験の直前。涙

みなさん、力をお貸しください…!

(1)古典作品でオススメのもの
・現代語訳が出ていて、一般的な図書館に置いてあると嬉しい
・感想文の題材なので、作文しやすいものがいい
(現在の自分の環境と比較できる要素とか…?)
・短編集ないし短い話がいいです(読書は苦手…)

(2)古典作品で作文の題材になる要素
・16歳、高校2年生の私が触れられる現状と対比できる何か

(3)その他、暖かいアドバイスなど

以上、3つについて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「今昔物語」、「宇治拾遺物語」、「古今著聞集」ならば図書館にもおいてあると思いますし、それを元にして近現代の作家なども作品を書いていますよ。
芥川龍之介の「芋粥」、「藪の中」、「地獄変」、「歯車」なども、「今昔物語」や「宇治拾遺物語」に収録されているものが基です。

ちょっとおもしろいサイトを見つけましたので、ご参考までに。
http://home.att.ne.jp/red/sronin/index.htm
「あやしい古典文学の壺」のページをご覧ください。
それぞれのページの上の方に、出典と章段も書かれていますので、原典を探す時にも便利だと思います。

「題材になる要素」を「現状と対比できる」に求めない方がいいと思います。
それでは視野や書ける範囲が狭くなってしまいますので。
だって、課題は、古典に関する感想ではなく「作文」なのでしょう?
「作文」ならばいくらでも飛躍させられる可能性があるのに、「現状との対比」にしてしまったら、「ああ思った」「こう感じた」という感想に近いだけのものになってしまいそうです。


人気Q&Aランキング