ライブレポ!コーネリアス独自の世界観をお届け!

お世話になります。
今、明治安田のライフアカウントLAに加入していますが、対応が
イマイチの為、解約を考えています。その際の払戻金の目安を
知りたくて質問させて頂きました。
毎年届くハッピーレポートには、積立金の合計の記載がありますが、
これだけではないですよね?これまで払い込んだ保険金の払戻も
あるのですよね?

今はだいたい以下の様な契約です。
・ライフアカウントLA
・契約して約7年経過
・月の保険料は約17000円
・積立金残高:約20万円

当初は、上のアカウント積立金のみが戻ってくるのかと考えて
いましたが、これまでの保険金払い込み金額が150万円近くなのに、
まさかそれだけではないですよね?

もちろん、個々の契約内容により、金額は変わってくるかと思い
ますが、大体の目安だけでも(50万位、とか、100万位、とか)
アドバイス頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。



と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で同様の保障を得ようとすると月々の支払額がとんでもないものになります。
(終身保険で5000万円の死亡保障なんて・・・)

・定期特約付終身
・アカウント型

国内生保の生命保険の主力商品は上記2点ですすが、いずれにしても支払額のほとんどは特約(定期)部分の支払で、解約時の返金はほとんど期待できないと考えた方が良いかと思います。
もちろん、「解約時の返金額が多いほうがいい」と考えて主契約の部分の割合を増やしてもいいですが、そうなると月々の支払額が多くなってしまいます。

参考URL:http://hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0571_02 …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

丁寧なご回答を有り難うございました。
うーん、そうなんですね。
これはちょっと、解約するのも考え物なので、内容変更も視野に
入れて考え直してみます。

お礼日時:2008/07/14 20:35

残念ながらLAの保険料は、積立金以外はほとんど掛け捨てです。


ほぼ“0”と考えていいでしょう。
これはLAだけではなく、大手国内生保の主力商品のほとんどに言えることです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速の回答を有り難うございました。
もう少し、内容変更も選択肢に入れて再検討してみます。

お礼日時:2008/07/14 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?

明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?
保険超初心者です。保険屋さんに聞いても正直30%くらいしか理解できてません・・・。
医療と生命保険がついた保険ですよね?
掛け捨てでしょうか?
シュミレーションしてもらった所、35歳の主人は80歳で払込期間満了という事ですが、それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
あと今の歳だと月々15000円らしいんですが、45歳から55歳までは22519円となります。という事は79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、80歳になってから、積立金を使って、終身保険を買うことが
できます)

定期保険部分は、掛け捨てで、更新型なので、保障額が同じならば、
10年毎に保険料は上がると思ってください。

説明図のように、お子様が生まれると必要な保障額も上がる可能性が
高いですが、その後は、必要保障額は減っていきます。

医療保障は終身ではありません。

さて、この保険では、アカウント(つまり、積立金)が主契約です。
この保険の発想自体は、すぐれたものですが、
一方では、アカウント(積立金)の部分が少ないと、この保険は
役に立ちません。

例えば、30歳男性が、60歳で定年になったときに、老後費用として
300万円を確保しておきたいと考えるならば、
アカウント部分で300万円を貯まるように設定しなければなりません。
予定利率が2%だとすると、毎月6100円を積立なければ、
30年後に300万円になりません。
この保険を生かすも、殺すも、アカウント部分に十分な積立が
あるか、否か、ということが重要です。

ここが不十分だと、この保険のコンセプトである万一のとき、
アカウント部分の積立を引き出して、保障に回す……ということも
できないことになります。
ちなみに、1000円で、予定利率2%、30年では、約49万円になります。

もうお分かりだと思いますが……
(Q)それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も
終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
(A)いいえ。そのようなことにはなりません。
死亡保障だけは、アカウント部分に十分な積立があれば、YESとなります。

(Q)79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか
(A)いくらになるのか、単純には計算できません。
保険会社に問い合わせをしてください。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、...続きを読む

Q解約払戻金が振り込まれるまでの日数

保険を解約したら解約払戻金は、どのくらいの日数で口座に振り込まれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

書類が到着して、5営業日というところが多いようですね。
保険会社のお客様商談室に問い合わせると教えてくれますよ。
ただ、この書類が到着してというのが難しいとろろで、
直接、本社(営業所ではありません)にもっていけば、規定の日数ですが、
営業→営業所→支社などの手順で書類を出したなら、それ相応の日数がかかってしまいます。

Q明治安田生命さん ライフアカウントLAについて

生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。
・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがついていますが、ここにこの保険のポイントがあるのでしょうか?タイトルの意味もよく分かりません。教えてください。自分で調べた所2000年度頃からこの形態が出始めて他社でも似た商品を出している?との事。又、従来の形態とどう違うのでしょうか??
・終身なのに利率?アカウント?によっては65歳の払込終了後に死亡してもお金がもらえなかったりする、というのをネットで見たのですが本当でしょうか?又、保険料払込期間でイメージは加入したら次の日から死亡しても死亡時の受取金額がもらえる、と思っているのですがこの保険は違う、というのも見たのですが本当でしょうか?
・この保険は難しい という意見をよく見かけるのですが私のような素人はやめておいた方がいいのでしょうか?又、この保険の注意する点はどこでしょうか?
まだどの保険にも加入していないので月に何万円も払っていくので納得した上で加入したいと思っています。素人意見で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。ちなみに主人31歳、私29歳です。

生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。
・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがつ...続きを読む

Aベストアンサー

ライフアカウントLAに関しては、下記のサイトで詳しく説明しています。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0105.htm

個人的にはあまりお勧めしません。
幾つか理由を挙げると、
 更新型である
   ↓
 更新時に保険料が上がる
   ↓
 保険料を払えなくなるため、保障を落とすか貯まっている積立金を使うことになる。
   ↓
 積立金を使うと、払い込み終了時に積立金が殆ど残らない。
   ↓
 積立金で購入できるはずの終身保険を購入できない。
   ↓
 65歳で保険がなくなってしまう。

最初から掛け捨てだと考えているのでしたら別ですが・・・

お勧めは信頼できる営業マンを探すことです。
知人に聞きまくってください。きっと見つかると思います。

Q解約返戻金っていつ振込みされる?

生命保険解約しました。
朝日生命、終身保険。かなりいいときの保険で迷ったのですが、朝日生命に光が見えず・・・まあそれはいいのですが。
解約返戻金が結構ありました。
外交員さんは、1週間程度で振込みされます、といっていたのにもかかわらず、まだ振込みされていません。1週間たちました。
大体、どれくらいで振込みってされるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。ご無沙汰です、やはり解約されたんですね。

知り合いに朝○生命出身の代理店経営者がいてるのですが、以前その人が言ってた事は 各種請求に対して事務方が規定通りの日数で処理しない(出来ない)ような事を言ってました。部内的にも結構大変(むちゃくちゃ)らしいです。

おそらく担当者が一週間ぐらいと言ったのは取り扱い規定上は間違いないと思います。担当者に言っても結局はらちがあかないので、一週間(5営業日)が経過したらお客様相談窓口に『どうなってるの?』と問いただしましょう。今風評を最も恐れていますので強い口調で申し立てればすぐに振り込まれるみたいです。

Q明治安田生命 解約したいのですが

母が一時、保険の仕事をしていて契約していたのですが、解約したいと思っています。

その際、書類に書き込み郵送、で済みますでしょうか?
それとも在宅して対面手続きとなりますか?

書類郵送による手続きが出来ない場合、
在宅・対面手続き以外に方法はありますか?

Aベストアンサー

書類郵送で解約できます。 実際経験しました。

Q個人年金、解約したほうがいいですか?

平成4年に入った個人年金、退職する時に前納した保険料がなくなり、この四月から又月17000円払わなければいけません。後20年払い続けて年間100万円の年金がでます。専業主婦の今、月にそれだけの保険料を払うことができないので、解約するか、払い済みにするか悩んでいます。
レディさんは「予定利率が良かったときの保険だから、解約するのはもったいないが、転換ならお得」といいます。
払い済みにすると年金額は52万円になり、解約すると返戻金が170万円になるそうです。
今まで払った額を考えると170万円は少ないような気がしますが、20年後の52万円もどれだけ助けになる額か疑問です。どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 平成4年から現在まで継続されて約1年余。月々17000円ですから払込み累計額は225万円程になりますから現在の解約返還金170万円は少なく思われるかもしれませんね。
 保険は預貯金などと違って満期まで継続していただくことを前提にしていますから貯蓄型商品といえども途中の解約は払込み累計額より通常少なくなっています。
 kumiko160156さんの価値判断に拠りますが現在の170万円が重要でしたら解約も一つの選択肢です。払済みにした場合の年金額が52万円ということですが、金額から推測して5年確定年金と思われます。そうしますと52万円を5年間で260万円と、もし配当金があればプラスされることになり払込み累計額以上になります。
 「予定利率が良かったときの保険だから、解約するのはもったいない・・」というのはレディさんの言うとおりだと思いますが「・・転換ならお得」には、転換する商品が何かにも拠りますが通常転換する場合、今まで以上の保険料にするという規程がありますから現在のkumiko160156さんのご事情にはそぐわないのではないかと思われます。
 yorozuyaのご指摘の通り減税の解約返還金170万円が払込み累計額より少ないと拘られるか、20年後とはいえ170万円が260万円程度に増え52万円を5年間に亘って受け取る資産を持ったと割り切るか、運用について冷静に判断されるといいと思います。

 平成4年から現在まで継続されて約1年余。月々17000円ですから払込み累計額は225万円程になりますから現在の解約返還金170万円は少なく思われるかもしれませんね。
 保険は預貯金などと違って満期まで継続していただくことを前提にしていますから貯蓄型商品といえども途中の解約は払込み累計額より通常少なくなっています。
 kumiko160156さんの価値判断に拠りますが現在の170万円が重要でしたら解約も一つの選択肢です。払済みにした場合の年金額が52万円ということですが、金額から推測...続きを読む

Q解約月の保険料引き落とし

3月22日に解約手続きをしましたが、5日ほどかかるとのことでしたが、日にちの関係で28日に解約返戻し金が振り込まれました。しかし同じ日に、3月分の保険料も引き落とされました。この保険料は、戻ってこないのでしょうか?うまく保険会社に1月分払わされたんでしょうか?解約処理時に引き落とし停止処理の用紙などは書きませんでしたので、どうなるでしょうか?こちらから申し出なければ返してもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

No5で回答したものです。
だとしたら間違いなく還ってきますね。
4月中には間違いなく。念のため通帳を確認してください。
もし、4月中に返金なきときはコールセンターにありのままを述べてください。

Q生命保険の担当者の変更、または解約は担当者にわからないようにできますか

生命保険の担当者の変更、または解約は担当者にわからないようにできますか?

担当者が知人です。
契約者は主人なのですが、今までに二回くらい引き落としができなかった月があり、その時も私の携帯に電話やメールが何回もきました。

今月は二カ月分(先月忘れてしまったので)の引き落としだったのですが口座に入れておくのを忘れてしまい、主人はコールセンター(?)にどうしたらいいか電話をしたのです。
そしたら、次の日から電話やメールが私の携帯にじゃんじゃんくるようになり(一日何回も)、電話に出たら「これからコールセンターじゃなくて私に先に連絡して!! 怒られるから。それと保険料払ってほしいんだ。失効しちゃうし、手続きが面倒だからさぁ。今日あたり払ってもらわないと。そうでないとこっちで一カ月分払わないといけなくなるから。」と言われ、明日払いに行くことを言っても「明日? 何時? 払ったら電話して。絶対に払ってもらわないと、こっちで一カ月分払っておかないといけなくなるから。3時までだから。それまでに。お昼までに。できたら午前中に払って私に電話して!!」と言われました。

払い忘れたうちも悪いですが、取り立てのような電話とメールに嫌になってしまいました。
担当者の変更か、解約(主人は解約してもいいと言ってます)をしたいと思ってますが、担当者の知人にわからないようにできますか?

それと、「こっちで一カ月分払っておかないといけなくなるから。」って立替えってことですか? それともペナルティーとかですか?

生命保険の担当者の変更、または解約は担当者にわからないようにできますか?

担当者が知人です。
契約者は主人なのですが、今までに二回くらい引き落としができなかった月があり、その時も私の携帯に電話やメールが何回もきました。

今月は二カ月分(先月忘れてしまったので)の引き落としだったのですが口座に入れておくのを忘れてしまい、主人はコールセンター(?)にどうしたらいいか電話をしたのです。
そしたら、次の日から電話やメールが私の携帯にじゃんじゃんくるようになり(一日何回も)、電話に出たら「...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

まず大前提として、質問者様はお客様です。

なので、例え支払いが遅れようが、そういう態度をお客様に取るのは一般社会として考えればNGですよね。

>担当者の変更か、解約(主人は解約してもいいと言ってます)をしたいと思ってますが、
>担当者の知人にわからないようにできますか?
残念ながら出来ません。


>それと、「こっちで一カ月分払っておかないといけなくなるから。」って立替えってこと
>ですか?
恐らく立て替えです。
時系列の詳細が分からないのですが、もしかするとその日に払わないと契約が失効する日だったのかもしれません。

多くの人は保険に一生加入します。
入って終了ではなく、今回のような事、保険金が必要になった場合、生活設計を見直したい場合など、担当者との接する機会は多いです。

そのような目線から担当者を選択されては如何でしょうか?

Q主契約だけの保険継続のメリット

50代半ばの男です。

長く入ってきた民間の生命保険を解約しようかと考えています。
ただ、主契約だけは残して、特約だけを止めようかとも考えたのですが、アドバイスをいただきたくお願いします。

主契約は積立だけの機能であり、これでカバーされるのは、80歳以降の終身保障(死亡・高度障害保障)だけです。
80歳まで生きなければ、単に利子の低い積立とも思われる中で、意味はあるでしょうか?

尚、現時点で主契約の積立金はほとんどなく、継続をした場合には、月1000円の支払いと考えていますので、80歳時点の積立金額は、30万円程度と想定されます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人の爺です。
以下は個人的な感想です。(失礼します)

「アカウント型」の保険だと思います。
基本的に主契約と呼ばれる部分はありません。
すべてが特約(掛け捨て)です。(死亡保証金を下げることができる可能性はありますが)
積立だけ残すことはできません。(担当者に確認してください)
さらに積立1000円さえ、手数料が引かれてからのの積立です。
その積立金で80歳になったら「その年齢の積立金で終身保険」を買ってください」との触れ込みですが、その年齢と金額で買える終身保険はありません。(買えても40~50万円分程度でしょう)


特約の「てんこ盛り」ですので保険期間内に死亡すれば(失礼)とたんに良い保険にはなります。
但し長生きすれば、全くもって「無駄な」保険です。
いわゆる「お客様用の保険」ですネ。担当者はもちろん加入していないでしょう
(担当者に確認してみてください)
最終はご自身で判断してください。

Q明治安田のライフアカウントLAの解約について

ライフアカウントLAに加入しているものです。この保険があまりよくないという内容をネットでみて自分で契約書を調べたのですがよくわかりません。見直しを考えているのですが、主契約がアカウント部分なのですよね。アカウント積立金は微々たるものです。数百円です。
定期保険特約(死亡・高度障害のとき)となっているのですが、これだけ残すことはできますか?(死亡時にでる保険額だけは残りますか?)
そうしたら、アカウント部分の数百円と定期保険特約の保険料のみで済むのでしょうか。それともアカウント部分も値段が上がるのでしょうか。システムがよくわからず質問させていただきます。どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言いますと、アカウント部分と定期保険特約部分の保険料だけで大丈夫です。
アカウントの部分は終身保険になりますので、もう少し増やされはどうですか?
更新が来たらもちろん定期保険特約の保険料は上がります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング