新築で1年経つのですが、最近屋根裏と床下を見てみたのですが、鎹が打ち込んである木材に長さ方向に割れが入ってあるのが沢山あります。鎹が打ち込んでいる所から割れているのもあります。木材に割れが生じることは、ある程度仕方が無い事なのですかね?しかし割れのある木材が多すぎるようにも思います。体験者や詳しい方、御意見よろしくお願いします(入居したのは今年の10月です)!

A 回答 (5件)

材木屋です。


まず、屋根裏と床下などにもぐってボルトの締め増しなどをされるのは大変いい心がけです。〔僕もしました〕

ご存知のように材木は反る・ひねる・曲がる性質があり、それは乾燥してゆく過程で発生します。
昔は工期も長くゆっくりと自然乾燥してから適材適所に使用されていました。
つまりクロスの破れ、床鳴りなどの原因の多くは木材の変形によるものでして、残念ながら欠陥住宅にはあてはまりません。〔内々の事情で品確法にも「構造上」と盛り込まれました〕
っが、それでは納得がいかないのが消費者ですし、構造材最大手の社長さんが自分の家を新築し「これではいけない」と実感しました。
そこで現在では「乾燥材」が主流になっています。

ちょっと疲れましたのであとは参考HP見てください。
http://www.chugokumokuzai.co.jp/
要は材木屋の立場から言いますと・・・
乾燥材を使っていないのなら仕方のないことです。
確かに強度は落ちますが数年前までの家はほとんどがそうですので心配することもないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。あまり心配する事でもないのですかね。

お礼日時:2002/12/02 00:59

木材をひび割れしないほど乾燥させるのはむちゃくちゃ時間がかかるので、乾燥が進んだ木材は割れてくるもんだ、というのが前提です。

(高級なバイオリンを作るのは、あんな薄い板でも何年もねかせるらしい)

釘やホゾが引きがねでそこから割れてくる場合もあると思いますが、それを避けるために無難なところに切れ目を入れて割れないようにしているものもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。よく分かりました。

お礼日時:2002/12/05 01:03

>ら割れているのは一本位でした。


1本くらいでは.おおきな影響はないでしょう。多分.大工が釘を打つ場所を間違えただけです。
普通は.どこに打ったならば.どのように割れるかを見当つけてうつのですが.慣れてない方・未熟な方は.よく間違えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答有難うございます。大変よく分かりました。
間違えるなっちゅーの!

お礼日時:2002/12/03 04:31

>鎹が打ち込んである木材に長さ方向に割れが入ってあるのが沢山あります。


木材の太さと使用目的をお知らせください。構造材の場合.設計上の間違いがある可能性があります。

なお.釘で立て割れを生じないように.くきの太さと材料の太さを選択するので.材料費を節減したコストパフォーマンスを優先した建物の場合には.多くの場合割れます。

この回答への補足

回答有難うございました。木材の太さは90~100mmの真四角です。アレから良く見てみたら、目に入る限りでは鎹の所から割れているのは一本位でした。後は鎹をよけて割れています。使用目的というのがちょっと分かりません。床下と天井裏から見える木材です。分かり難いでしょうが、すいません。口頭でいえたら言いのですが・・・後、垂直、水平のどちらの木材にも入ってます。

補足日時:2002/12/02 23:38
    • good
    • 0

あなた様のいう木材とは柱くらいの太い木材でしょうか?柱など太い木材には乾燥によって全て長さ方向にヒビが入ります。

昔は木材にヒビが入るのを
待ってからヒビ見えないようにカベの内側や床下面にしていますが、最近ではヒビが入る前の柱を使うのであらかじめヒビが入る面を人工的に加工すると聞いたことがあります。
しかしながら私は建築の専門家ではないので建てた大工さんか建設会社に聞くのが一番です。なんせ家はとりかえしのつかない財産ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございました。柱とはどの位の大きさなのかちょっと分かりませんが、多分柱などの木材だと思います。今度聞いてみたいと思います。家の強度とかには影響ないのですかね?

お礼日時:2002/12/02 00:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の柱に亀裂が…(設計関係に詳しい方お願いします)

5年程前に建てた注文住宅についてお尋ねします。
家中のいろいろなところの壁紙に亀裂が入り、それが、特に家の中心から半分に集中していることに気が付き、最近、特に著しいので、心配になったため、屋根裏に入り、見てみたところ、沢山の柱に亀裂が入っていました。20センチ以上の亀裂が入っているものがほとんどで、亀裂が入っていない柱はほとんどない状態です。ひどい柱だと、1本の柱に1メートル以上の亀裂が複数入っているものもあります。構造上見えない部分に入ってしまって、亀裂が最大どのくらいまで入っているかの確認は、素人の私たちには無理です。

注文した不動産会社に見てもらったところ、「柱にいくら亀裂が入っていても、構造上何の問題もない。」といわれました。それは本当なのでしょうか? 大きな地震が来たりしたら、傾いたり、最悪倒れたりしないのでしょうか?

その家は、一応、「地震にも強い」というような売り文句も含まれていました。
素人で何もわかりませんので、質問の仕方が下手で申し訳ありません。
毎日不安な日々を過ごしていますので、特に専門的な知識のある方、よろしくお願いします。

5年程前に建てた注文住宅についてお尋ねします。
家中のいろいろなところの壁紙に亀裂が入り、それが、特に家の中心から半分に集中していることに気が付き、最近、特に著しいので、心配になったため、屋根裏に入り、見てみたところ、沢山の柱に亀裂が入っていました。20センチ以上の亀裂が入っているものがほとんどで、亀裂が入っていない柱はほとんどない状態です。ひどい柱だと、1本の柱に1メートル以上の亀裂が複数入っているものもあります。構造上見えない部分に入ってしまって、亀裂が最大どのくらい...続きを読む

Aベストアンサー

今までの回答などやり取りも一通り読ませていただきましたが、
これは欠陥住宅の可能性があるかもしれませんよ。
私は建築事務所に勤めていますが、床下の防湿(防水)シートを張り忘れたと
言ってのけてしまう業者に問題があると思います。
大体、床下の防湿(防水)シートが張っていないから畳がカビてくるという
事が起こるんです。
梅雨だからということは理由にならないと思います。
また、床下の換気もちゃんと取れているのか?
柱の背割りもあえてしないというのは、素人を相手にいいかげんな回答だなって
いう感じを受けます。
床下の湿気の問題は今後シロアリの発生を招いたり、建物の土台を腐食させたり
する可能性が高くなります。

これは第三者に依頼をして、建物の調査をしてもらったほうがいいと思います。
住宅についての相談窓口があれば相談してみた方がいいと思います。
または、各県の建築士会等でも相談を受けている処もあります。
住宅というのは簡単に買える物ではありません。
業者との契約内容もわからないので上手い回答にはなっていないと思いますが
契約書類や写真・図面等を持って相談にいき、
早い内に専門家にみてもらう事を勧めます。

今までの回答などやり取りも一通り読ませていただきましたが、
これは欠陥住宅の可能性があるかもしれませんよ。
私は建築事務所に勤めていますが、床下の防湿(防水)シートを張り忘れたと
言ってのけてしまう業者に問題があると思います。
大体、床下の防湿(防水)シートが張っていないから畳がカビてくるという
事が起こるんです。
梅雨だからということは理由にならないと思います。
また、床下の換気もちゃんと取れているのか?
柱の背割りもあえてしないというのは、素人を相手にいいかげんな回答だ...続きを読む

Q床下の基礎と外壁のヒビは本当に大丈夫??

こんにちは。
このたび建売住宅を購入の契約をして、手付け金を払い込んだ状態です。
来週に引き渡し前の内覧がありその後引き渡しとなりますが、この前床下と外壁にヒビを見つけました。
営業の方が言うには、外壁のひびは基礎じゃなく吹きつけリシンの表面上のもので心配は要らないし、床下の基礎のひびもコンクリの上にモルタルを塗ってあるんですが、そのモルタルのひびだから心配要らないと言うのです。
もう契約してしまつた後なのですが、どうしても気になり質問させて頂きます。
あともう一点、うちは2×4で窓がとても多い上に大きな吹き抜けもあります。これで耐震強度って大丈夫なもんなんでしょうか??
4隅のうち一箇所は玄関で、一箇所は端から30cm以内に吐き出し窓のサイズの窓があります。

Aベストアンサー

とある建築屋さんです。

ヒビが軽微な物でしたら、仕上げモルタルの収縮によるクラックの可能性が高いですが、(無収縮モルタルも御座いますが仕上げには使わない)太いヒビですと、基礎のクラックで引っ張られて影響していると考えられます。
ANo.4様のおっしゃる様に、一度床下点検口や収納庫から、該当する辺りを見て、出来れば画素数の大きいデジカメで何枚もストロボ撮影して拡大して確認してみてください。
発見されても、すでに完成している建物では補強しか有りませんので、建築会社に相談してみてください。
保証期間や部位も確認する必用が御座いますが、信頼の高い会社ならば対応してくれますし、何千円の買い物とは桁が違いますから対応させるように強く言って見て下さい。
契約書の内容に、販売者から解約する場合の条項が有ったら良く見て下さい、クレーマー対応の為に記載されている場合も有ります。
(参考ですが:法的な条項が解り難い場合は地元の弁護士会の相談窓口で30分とか数千円で相談に乗ってくれます)

基礎補強はエポキシやアラミド繊維で補強する方法がありますがあくまでも後工事ですから、絶対では有りませんがやらないよりは良いです。
べた基礎でしたら、コンクリート自体や鉄筋の手抜きが無い限り変形こそしても、地震には十分持つと考えます。
2×4でしたら図面と開口が相違が無いかくらいは確認できると思いますので、確認してください。
構造計算書や検査済証があると思いますので、もし構造的に不備がある、疑問があると思った場合や、会社が対応しない場合は、検査を行い発行した検査機関や役所に相談してください。
ちなみに2×4ですと、よっぽど構造図と相違した工事をやらない限り耐震的には相当の強度が御座います。
在来工法より全然地震には強いです。
建て替えの解体時はなかなか壊れてくれなくて大変な位です。
欠点と言えば家族構成の変化などの改修には向かないのが欠点です。

外壁のモルタルは建て売りですと注文住宅よりも、工期が十分に御座いませんので、乾燥収縮しきらないうちに仕上げてるので、クラックが入るのだと思います。
まだ多少は動いているとは思いますが、補修は必ずして貰ってください、ですが一度クラックが発生した部分は、次回も発生しやすいです。
経年劣化で違う場所もいずれは来ると思います。


ちなみに質問とは違いますが、基礎が将来ゆがんでも愛着が有って直して住みたい場合、基礎の下に数箇所~数十箇所穴を掘り、鋼管杭を建物の自重を利用してジャッキで打ち込む工法がございますが、場所や規模によりますが何百万から1千万前後掛かります。

ANo.6様のおっしゃる通り、コンクリートは少なからず収縮しますので、どんな建物でも収縮変形が発生します。
本体も木造住宅なら収縮、変形しないものは無い、と言えます。
流行りの古民家も、「柱や梁、構造がしっかりしてる」とその部分だけがTV雑誌で表面化されていますが、実際に修復にたずさわると、相当に柱や梁、土台などの収縮、変形、倒れ、沈下があるのが事実です。

最高の技術を駆使して建設する超高層ビルも、低層階、高層階、仕上げと工事が進むにつれて荷重がかかる為、杭、構造体が圧縮されたりして大体50~60階程度のビルですと、着工時から最終的にはおおよそ10センチ前後沈下が確認出来ますがどれくらい沈むかは分かりませんので最後に仕上げで調整して完成です。
完成後もわずかですが多少は沈下していると思いますが周囲のエキスパンション(わざと設ける遊び部分)などでほとんど分かりません。

ローコスト住宅の我が家も基礎にクラックが御座います、構造体も多少はゆがんで来ていますが、自分では収縮の許容範囲と考えています。
あと30年くらいは住むつもりでいますのでその頃まで直しながら持ってくれれば十分と考えております。
ライフスタイルが変化したら改修して老後を過ごせれば良いと思っています。

上記解決策では無くて申し訳ございませんが、一生に一度の高い買い物ですので、この計画がmoemoe1980様にとって今後、良い結果になるようにお祈りします。

とある建築屋さんです。

ヒビが軽微な物でしたら、仕上げモルタルの収縮によるクラックの可能性が高いですが、(無収縮モルタルも御座いますが仕上げには使わない)太いヒビですと、基礎のクラックで引っ張られて影響していると考えられます。
ANo.4様のおっしゃる様に、一度床下点検口や収納庫から、該当する辺りを見て、出来れば画素数の大きいデジカメで何枚もストロボ撮影して拡大して確認してみてください。
発見されても、すでに完成している建物では補強しか有りませんので、建築会社に相談してみてく...続きを読む

Q柱のひびについて

現在、家の新築をしており、2月に完成予定の者です。
木の家に住む事にあこがれており、リビングは、床も壁も、スギの無垢材を選びました。壁は、柱の間にスギ板を落とし込む、というものです。吹き抜けも有り、スギの構造材の表しにしています。
さて、上棟後、3ヶ月くらいで、スギの柱に、ひびが入っているのに気づきました。ほとんどの柱の化粧面(真壁の見える面)に、隙間は1,2ミリ程度と僅かですが、1本の柱に何本も入っています。長いものは1メートル以上あります。工務店の担当者に聞いたところ、背割りは施しておらず、人工的に乾燥させているが、乾燥が足りなかったのかなぁ、との事でした。また、今後まだひびは増えるかもしれない、とも言っていました。柱は3.5寸、見積もりでは特一等となっていました。

前置きが長くなりましたが、スギの化粧柱に、上棟後僅か3ヶ月で、そのようなひびなど入るのでしょうか?(もちろん上棟時にはつるつるでひびなど入っていませんでした。)工務店の担当の言う通りだとしたら、工務店側の落ち度なのでしょうか?梁にもひびは入っていますが、それはそのようなものと思っていました。柱もそのようなもの?(ちなみに和室のヒノキの柱にはひびはないので、スギの柱では避けられない事なのでしょうか?)

私は、建築や無垢材について素人ですが、本や現場見学などで色々説明を受け、一通り納得した上で木の家を建てているつもりですが、このことをどう受け止めれば良いか、悩んでいます。同居予定の家族も不安がっていますし・・・出来栄えには9割方満足しており、工務店とも良好な関係で言いたい事は相談できるだけに、なあなあのやり取りではなく、今後どのように話していくべきかはっきりさせたいと思っています。尚、強度に問題ないのは承知しています。

ご有識者の方、ご経験者の方、アドバイスいただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

現在、家の新築をしており、2月に完成予定の者です。
木の家に住む事にあこがれており、リビングは、床も壁も、スギの無垢材を選びました。壁は、柱の間にスギ板を落とし込む、というものです。吹き抜けも有り、スギの構造材の表しにしています。
さて、上棟後、3ヶ月くらいで、スギの柱に、ひびが入っているのに気づきました。ほとんどの柱の化粧面(真壁の見える面)に、隙間は1,2ミリ程度と僅かですが、1本の柱に何本も入っています。長いものは1メートル以上あります。工務店の担当者に聞いたところ、背割り...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

受け止めたい事は何なんでしょう?
不安なのは具体的に何なんでしょう?
無垢の木の家にされた理由は何だったのでしょう?

ヒビに関しては、ヒノキよりも杉の方が入り易いでしょう。
同じ針葉樹ではありますが、肌感として杉の方が暖かいでしょ?
上棟三ヶ月でもヒビは入ります。
特に壁や窓が入り、室内が乾燥しやすくなるような条件になれば、
乾燥不足の木材であれば早々にヒビがはいるでしょうね。
しかし、これも時間の問題で、3ヶ月後に出た場合と一年後に出たヒビに、どんな差をお感じになるのか私にはわかりません。
ちなみに、大きなヒビは最初の3年ほどでほとんど完了します。
といいますか、もぅ、どれがどれだかわかりません(笑)

まぁ、化粧柱とワザワザ指定しているなら、
背割りくらいしてくれても良いとは思いますが。。。

私に言う権利も無いのですが、
工務店さん側からは、
木にこだわってる施主さんだから・・・
木の性質も良くご存知・・・
と決めてかかってたのかもしれませんね。

冬に施工されると、夏にこんもり盛り上がりますよ。
まぁ、それほど気にされることはないかと思います。。。

はじめまして。

受け止めたい事は何なんでしょう?
不安なのは具体的に何なんでしょう?
無垢の木の家にされた理由は何だったのでしょう?

ヒビに関しては、ヒノキよりも杉の方が入り易いでしょう。
同じ針葉樹ではありますが、肌感として杉の方が暖かいでしょ?
上棟三ヶ月でもヒビは入ります。
特に壁や窓が入り、室内が乾燥しやすくなるような条件になれば、
乾燥不足の木材であれば早々にヒビがはいるでしょうね。
しかし、これも時間の問題で、3ヶ月後に出た場合と一年後に出たヒビに、どんな...続きを読む

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む

Q新築で”パキッ”とか”ミシッ”とか木の音

いつもお世話になっています。
私の知り合いに相談されて私では分からないので、こちらの意見を聞かせて頂下さい。

2006年9月にセキス○ハウスで新築の家を建てて住んでいます。
時々、寝ていると”パキッ”とか”ミシッ”とか、木の音がするようです。
営業の人に聞くと、新築の木の家は、建てたばかりだから、そういうことがあると言いますが、本当にそうなのか。気になっているようです。
私は、全く分からないので、信じられませんでした。

この話とは別になりますが、期間内に家が出来なかったり、タンスが家に入らなかったり、その他色々トラブルがあり、現在も修理が終わっていないこともあり、セキス○ハウスで建てたことを後悔しているようです。
一流のハウスメーカだと思うのですが、こんなものなのでしょうか?

分かる方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一年半くらい前に新築しました。
我が家は、いろいろ見て最終的に、とある地元の工務店にお願いしました。
shokyuushaさんと同様、あの音にはびっくりしました。
体が「びくっ」とするくらいの音でした。
担当者の人も、知り合いの建材店の人も、よくあることだと言っていました。
また、和室に縁側をつけたのですが、部屋と縁側の間の障子が開かなくなったことがあります。
これも、素材が木であるからこそのようです。
何度か調整をして、今はだいぶ、落ち着きました。
家は少しづつ手をかけて、作っていくものだと言われました。

セキス○さんは現場では組立作業のため工期がとても短いのがメリットのひとつだと思います。
期間内に出来なかったとありますが、どのくらい遅れたのでしょう。
遅れるにしてもあらかじめご連絡がありませんでしたか?
万が一、なかったとしたらそれは考え物ですが、せっかく建てた家、それでもいろいろよくしてくれたであろう営業さん。
これから、何かと相談することがあるかもしれません。
解決していないトラブルや修理はいついつまでに作業完了してもらうという、打ち合わせを早く済まされて、良い関係を続けられたらなと思います。

一年半くらい前に新築しました。
我が家は、いろいろ見て最終的に、とある地元の工務店にお願いしました。
shokyuushaさんと同様、あの音にはびっくりしました。
体が「びくっ」とするくらいの音でした。
担当者の人も、知り合いの建材店の人も、よくあることだと言っていました。
また、和室に縁側をつけたのですが、部屋と縁側の間の障子が開かなくなったことがあります。
これも、素材が木であるからこそのようです。
何度か調整をして、今はだいぶ、落ち着きました。
家は少しづつ手をかけて、作って...続きを読む

Q欠陥住宅、どうクレームを言ったら良いのか?訴訟も視野にいれて悩んでいます。

欠陥住宅の相談です。
建築直後からクレームで多くの箇所を補修してもらっていました。
しかし直っていない場所もたくさんあります。
最近新たに問題が発生し、交渉にも疲れ、私達の手に負えないと考え、
欠陥住宅に詳しい弁護士さんに相談しました。
その結果、次の選択肢を提示されました。

1、手紙などで自分で交渉する。
交渉の代理人を弁護士という方法もあるが、
弁護士費用が訴訟を前提とした場合と異なるので、
別途見積もらなくてはならない。
交渉のコツはアドバイスいただきましたが、
代理人はあまり乗り気ではない印象でした。

2、欠陥住宅を建築士に頼んで調査する。
本格的な調査で100万円くらいは費用がかかる。
(1)その結果、訴訟しても費用対効果が少ない場合は、自分で補修する場合もある。
(2)勝てる見込みがあれば、弁護士が交渉する。
業者によっては、すぐに補修などしてくれる場合もある。
(3)やはり弁護士が交渉し、相手側も弁護士が出てくる。
そうなると訴訟になる可能性が高い。

1、は今までの経緯から難しそうです。
2、だと検査と弁護士費用でかなりの額になるのですが、
その見返りがあるのかどうか今はまだはっきりしません。
しかし交渉に悩まなくて良いのは魅力です。
検査をすれば今後も安心して暮らせます。

また、ホームページを作ったり、欠陥住宅の掲示板に書きこんで、
業者にプレッシャーをかける方法もあるようですが
どの程度効くのでしょうか?

本当に困っていて誰に相談してよいのか。
何か良い方法、選択肢はないでしょうか?

欠陥住宅の相談です。
建築直後からクレームで多くの箇所を補修してもらっていました。
しかし直っていない場所もたくさんあります。
最近新たに問題が発生し、交渉にも疲れ、私達の手に負えないと考え、
欠陥住宅に詳しい弁護士さんに相談しました。
その結果、次の選択肢を提示されました。

1、手紙などで自分で交渉する。
交渉の代理人を弁護士という方法もあるが、
弁護士費用が訴訟を前提とした場合と異なるので、
別途見積もらなくてはならない。
交渉のコツはアドバイスいただきましたが、
...続きを読む

Aベストアンサー

具体的な欠陥というのが書かれていないので、費用がどれくらいするものなのかわかりませんが。

>調査と弁護士費用でかなりの額になるのですが、その見返りがあるのかどうか今はまだはっきりしません。

過去の判例などを見ると、一般的に弁護士費用は双方とも各自負担です。勝訴しても弁護士費用は質問者の負担となります。これはおそらく裁判は本人訴訟できるものであって、必ずしも弁護士は絶対必要なものではなく、弁護士を使うかどうかは本人の任意によるものなので、損害として認められないためだと思います。

建築士の調査費用は全部認められるとは限りませんが、損害を証明するためには、技術的な鑑定が必要であり、勝訴した場合は、損害を証明するのに不可欠であった調査費用は相手側に請求できることが多いです。

なお、建築士の調査は100万もしないのではないでしょうか?
以前見た判例では数十万のオーダーでしたけど。

なお、請負契約における欠陥に対する瑕疵担保責任は原則、補修責任です。施工業者が補修に応じないなどの場合補修に変えて損害賠償請求できます。損害賠償額は実際に補修するのに必要な金額及びそれを証明するにかかった費用などだけです。


なお、時間を省く意味で#3さんが紹介しているところを補足させていただくと、

(6)財団法人住宅リホーム・紛争処理支援センター
ここは紛争処理を行ってくれる公的な機関ですが、品確法に基づく住宅性能表示を受けている物件のみを紛争処理の対象にしております。多分受けていないでしょうが性能表示を受けている場合は、1万円で紛争処理を依頼できます。
住宅性能表示を受けていないものは、電話相談にとどまります。あくまで電話相談程度で出来るアドバイスだけです。それ以上のことは期待しないで下さい。

(7)国民生活センター
(8)法テラス
国民生活センターは基本的に消費者契約法の問題を対象にしていますので、建築技術については専門外でし、法テラスは法律相談としては無料で利用できるのですが、建築を専門にしているわけではないので、既に欠陥住宅に詳しい弁護士さんに相談しているので、それ以上の回答は期待しない方がよいと思います。

(5)中央建設工事紛争審査会
ここは建築工事の紛争処理を行う専門機関ですが、欠陥住宅に詳しい弁護士さんの書籍を読むと業者間の紛争処理向きで、個人対業者の紛争処理に対してはあまり向いていない様子です。
また、ここで一度仲裁を受けてしまうと、最高裁判決と同じ効果を得てしますので、仲裁結果に不服があっても、再審できません。裁判所に訴えても仲裁を受けていることが判明すると、門前払いとなります。つまり裁判なら最高裁まで行けば3回勝負できるのですが、ここの仲裁を受ける場合は1回限りの勝負です。逆に早く確定するという利点はありますが。というわけで、ここを利用する場合は注意が必要です。弁護士さんに確認してから利用して下さい。


実名公表などは名誉毀損のおそれもあります。またここではそのような質問は削除されますので、補足などには絶対書かないように。

具体的な欠陥というのが書かれていないので、費用がどれくらいするものなのかわかりませんが。

>調査と弁護士費用でかなりの額になるのですが、その見返りがあるのかどうか今はまだはっきりしません。

過去の判例などを見ると、一般的に弁護士費用は双方とも各自負担です。勝訴しても弁護士費用は質問者の負担となります。これはおそらく裁判は本人訴訟できるものであって、必ずしも弁護士は絶対必要なものではなく、弁護士を使うかどうかは本人の任意によるものなので、損害として認められないためだと思...続きを読む

Q新築引渡し後の補修、こんなこと堂々と申し出て良い?

こんばんは。おたずねします。
新築の引渡し日があったのですが、当日は、単に書類を交わすだけで図面を付き合わせたりすることもなく終了しました。

「不具合や傷が有った場合には直しますので、言ってくださいね」と言われているのですが、
担当が帰った後に家を見てみると、気になる点が結構ありまして困惑しております。

そこでお尋ねしたいのですが、補修は通常どこまで対応してもらえるものなのでしょうか。
傷や穴の補修は当然として、大きな点としては、
・作りつけの棚の扉の塗装が一部はげている(上塗りは無理なので扉の交換が必要)
・コンセントの位置が指定と違う(そこは埋めて、別の穴を開ける必要がある。壁紙も…)
・玄関タイルの側面の1つタイルだけ5mmほど出っ張っていて、他と均一に並んでいない(貼りなおしが必要)
などがあります。

上記のようなものでも、施工主には言う権利、メーカーには直す義務があると考えて、堂々と申し上げてよいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も沢山ありましたよ。


担当者同席で一緒に確認した時点で15ヶ所。

後日私達で確認出来た場所が8ヶ所。

全て対応して頂きました。

ドアの交換。キッチンの人口大理石。玄関と娘の部屋の壁紙全て。玄関のタイルと多数対応して頂きました。

嫌な顔もせずキチッと対応していただき感謝しています。これは出来ませんなど一切ありませんでしたね。

その後も 6年間各所の補修などもキチッと対応していただきました。とても満足していますし、色んな方に

も話をして、その担当者で知人が戸建を建てています。

面倒だと考える担当者ではいけませんね。私は良い担当者に当たったと感じています。補修や交換をしてもメ

ーカーの負担はありませんから。

ドアならドアのメーカーや施工会社の損失になるだけでメーカーハウスには何の損失もありません。

今でしか言えない事も沢山あるでしょうから全て言っておきましょう。

場所の写真など(日付入り)撮っておくのも良いと思います。

生涯に何度も建てる事は出来ませんので後悔の無い幸せな楽しい住まいにしたいですよね。

Q基礎立ち上がりコンクリート表面の小さな穴について

ベタ基礎を打ち終わりました。
立ち上がりの高さは300mm、厚さは120mmで公庫や建築基準法の最低基準を満たす仕様です。どうもこの寸法が工務店側の施工基準のようでお隣も同じです。
じっくり観察して気づいたのですが、立ち上がりコンクリートの表面に
たくさんの小さな穴が開いています。貫通しているものではないようですが、米粒から大豆程度の大きさがあるので、見栄えの良いものではありません。お隣さんの基礎も同じように見えますが、うちの方が目立つような気もします。
このような穴ができる理由と、コンクリート基礎としての品質・強度に影響ないものか教えてください。

Aベストアンサー

#2です。
こちらを参考に。。。↓
http://www.tukigata.co.jp/eigyou/concrete/mameita/mameita.html

Q家でミシッとかバキッという音はしますか?ラップ音?

今まで、色々引越しましたが木造の家でもマンションでも
ミシッとかバキッという音がしました。
それがラップ音なのでしょうか?
江原さんいわく、ラップ音によって色々メッセージがこめられているらしいですが
私はどこの家でもすると思います。
今まで、3人くらいの人に聞きましたが、しない。といわれました。
私は、聞いているけれど慣れてしまっていてわざわざ意識していないんじゃないかと思っています。
鳴るときは良く鳴るし、鳴らないときは鳴らないという感じです。
私も差ほど意識はしていませんが、ずっと不思議に思っています。
家のきしみの音ってどこでも鳴るんじゃないでしょうか?
みなさんはどうでしょう?
もし、本当にメッセージなら少し意識してみたいと思います。

Aベストアンサー

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側は内側より縮もうとする力が働くので、耐えられず表面の部分が割れてしまうのです。
樹種によっても違いますが、たとえばスギの場合、最も深い割れでも表面から4分の1位までのはずです。
そして、木材が1~2シーズンを経験すればたいてい落ち着いて、割れの音もほとんどしなくなると考えられます。

コンクリートのマンションの場合も床がフローリングであれば床鳴り、クッションフロアーや畳でも下地が木であれば同様に音はしますよ。

 主要因はこの辺にあると思います、ただし、もしほとんど木を使っていないコンクリートマンションでしたら?ですね。(断面詳細図でも見ないと確認出来ませんが)

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側...続きを読む

Q木材の割れについて教えて下さい

束で支えられている大引き?の下側に割れがあります。
SD15の檜です。
無垢材が割れても問題ないのは、分かっていますが
割れている面がR形状となっています。
柱で割れがあっても、その面は平らなのですが、
この大引きは、上から力が掛って割れたように、割れているところから
左右にR形状となっています。
ちょうどこの辺に重いサッシがあり、このサッシだけ動きが悪くなるので
何か関係があるのか不安になりました。
サッシは、この大引きがのっている土台にちゃんとのってはいます。
木材の割れは、このようにR形状となるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大引は一階の床の荷重のみを支えるものです。
1階の床は主要構造部ではないので、耐力上重要な部分ではありません。
サッシは通常基礎+土台のあるところに取り付けますので、その荷重は直接基礎に伝わります。
1階のサッシの動きが悪くなるのは、一般的には地盤の沈下などによって建物にゆがみが生じだ場合などです。

大引の割れとサッシの動きは直接関係ないと思われます。
割れとR状になったことも荷重のよりものではなく乾燥によるもともとの形状だったのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報