『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

今まで当たり前だと思っていたことが、実際には違うみたいだったので、質問させていただきます。

お店を閉じる際「○月×日をもって閉店しました」という事をよく聞きますが、例えば7月14日の夜8時に閉店した場合、
・7月14日をもって閉店しました
・7月15日をもって閉店しました
のどちらが正しいのでしょうか。(ちなみに私は前者だと思っていた)

ご回答を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 私自身、肝心の根拠の部分がよく分かっていなかったりします。



となると、「実際には違うみたいだった」わけではなく、「誰かが違うと言った」だけなのではありませんか?
kdm90000 さんは「私は前者だと思っていた」のですし、恐らくこのご質問の投稿前に辞書でも確認されたのでしょうから、もっとご自分の考えに自信を持ってください。世の中には何の根拠もないのに思い込みでキッパリと物を語る人が大勢いますから、しっかりしないとその都度振り回されてしまいますよ。

辞書を見ると分かる通り、「7月14日 “をもって” 閉店しました」は、「7月14日 “に” 閉店しました」と同じ意味です。まして「夜8時」が付けば、もはや14日であることは揺るぎないと言えます。
ちなみに、私が考えた特殊ケースは次のようなものです。

「○○○○祭りは昨夜をもってフィナーレを迎えました」
もしこのお祭りが日付を跨いで行われるものならば、実際に終わったのは「昨日の夜」ではなく「今日未明」になります。ただし、その場合でも「以って(もって)」の意味自体は何も変わりません。
なお、このようなケースでは誤解が生じないように「昨夜(今日未明)をもって‥」とカッコ書きで説明を付けるのが普通です ( ^^
    • good
    • 2
この回答へのお礼

度々ご回答ありがとうございます。

確かにそうですね。不確かな情報で質問するというのは良くないとは思ったのですが、けっこう年配の方が後者の言い方が正しいのでは?と疑問を呈し、それを言われた私より10くらい年上の方が、その理由(←ここが分からない)を聞いた後、後者が正しいというようになりました。

ただ私はその年配の方が疑問を呈する理由を知りたかっただけかもしれませんね。お粗末様でした(--;

お礼日時:2008/07/15 19:20

単にどちらが正しいかならば、kdm90000 さんと同じ認識の回答しか出て来ないと思います。


「実際には違うみたいだったので‥」とおっしゃる以上、先ずその意見の根拠が知りたいと思います。そうでなければコメントのしようがありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すみません、確かに根拠が抜け落ちてますね。私自身、肝心の根拠の部分がよく分かっていなかったりします。
それで、もしかしたら「7月15日をもって閉店しました」が正しい、もしくは微妙なところがあるようならば、後者が正しい理由についてお教えいただけるかな…と思った次第です。

お礼日時:2008/07/15 05:31

「以て(もって)」には、いろいろな意味・用法がありますが、この場合は、「事の行われる時を示す」もしくは「区切り・限界を示す」にあたります。

以下のURLを参考にしてみてください。

 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%B …

「九月一日をもって防災の日とする」 ⇒ 9/1が防災の日となります

「これをもって終了させていただきます」 ⇒ 今、終了です

いずれの場合も、「○○をもって」という場合、「○○」が焦点となります。

「7月14日をもって閉店しました」という場合も、7/14が閉店日であることを意味するのです。あなたの認識でOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/15 05:26

7月14日の営業をもって閉店した、ということなので前者で良いと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/15 05:23

こんばんは。



質問者様がおっしゃるとおり、前者が正しいです。
閉店、閉会、退職等々、「○○を以って」の○○には、最終日の日付が入ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/15 05:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「6月2日をもって」は6月゜2日は入りますか?

「6月2日をもって取扱を中止します。」との表現の場合、6月2日から取り扱いをしないの意味ですか? それとも6月2日まで取り扱いをいしているの意味ですか?

Aベストアンサー

以っては用いての意味があり,それを含みます.
したがって,6月2日は従来継続していた「取り扱いの満了日」となり,6月3日からは取り扱いしないことになります.
数学でも100以上は100を含むことになっています.
他に,6月1日を以って満30歳になりました,という場合は6月1日を含む以降は29歳ではないということですね.

表現上は誰にとってもまぎらわしいので,例えば,「2005年6月30日(または月末)限りで終了」のような表現にすべきでしょう.

Q10月をもって辞めるって、10月まで受講するってこと?

ちょっと習い事をしているのですが、辞めたいと思います。

そこで表現として教えてほしいのですが、「10月をもって辞める」という表現は、10月まで受講して11月からは受講しないという意味でしょうか?

それとも、9月まで受講して10月から辞めるという意味でしょうか?

たぶん、前者だと思うのですが、お恥ずかしい話ですが、自信がなくなりまいして。

バカにせず教えてくださる方、よろしくお願いします。

もちろん、他の表現があることは分かっています。表現して理解しておきたいと思いまして質問させていただきました。

よって、「10月をもって辞める」という意味に限定して教えてくださればありがたく思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前者ですよ。

もっ‐て【▽以て】
くぎり・限界を示す。「これを―終了させていただきます」

Q「以ちまして」は正しい?

「以ちまして」は正しい?

「略儀ながら書中を以ちましてお礼のご挨拶申し上げます」

お取引のある会社へ手紙を送る際、上記の言葉で締めようと思っていましたが
WORDの誤字チェックで引っかかってしまいました。

辞書を引けば『以て』は『もって・もちて』と読むようですし、
『以ちまして』は誤ったまま広がってしまった使い方なのでしょうか?
もしそうならば、社会人として恥ずかしい間違いなのか、違う使い方だけど定着しているので
不自然ではないのかも気になるところです。

Aベストアンサー

仮名書きにすれば、誤りと言う必要はありません。
漢文「以」の訓読「もって」を日本語として分析すれば「持ちて」であり、「持つ」の連用形に接続助詞「て」が附いたものと言えます。
スピーチなどで、少しでも丁寧な言葉遣いをして、失礼のないようにしたいという気持ちから、「もって」をもとの「動詞+助詞」に戻したもの(バーチャルな形の復元)として「もちまして」と言うのでしょう。
「私どもに【とりまして】も…」は「とって」を「動詞+助詞」に戻したものですが、「私どもに取ります」という表現があるわけではありませんね。
「その件につきましては…」:つきまして←ついて (×その件に就きます)
「1階ロビーにおきまして」:おきまして←おいて (×1階ロビーに於きます)

これらはすべて「もって」「とって」「ついて」「おいて」で正しいのですが、上に書いたように少しでも丁寧に言いたいという気持ちの表れでしょう。
仮名書きにしてあれば、問題ないと思います。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「今月末をもちまして脱会したく・・・」

「今月末をもちまして脱会したく・・・」
と言う上記の文章の、「もちまして」の部分の漢字ですが、
「持ちまして」か「以ちまして」かどちらが正しいのでしょうか?
それとも、他の漢字があるのか若しくは平仮名でもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

あえて漢字で書くとすれば「以ちまして」ですが、ですます体ではない「以て」と書くべきです。
(「以つ」という動詞のような読み・送り仮名は、普通は辞書に載っていない)

>>>若しくは平仮名でもよいのでしょうか?

ひらながで書くのが、現在では最も普通です。
常用漢字表に載っていない読みでもありますので。

Q~を以って、という場合の「以って」について

この場合の「以って」とは、どういう意味で解釈したらいいのでしょうか?

また「以って」と「持って」の意味について、違いも教えてもらえるとありがたいです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
「以って」には、いろんな意味がありますね。

#2様が貼られたリンク(辞書)のうち、よく用いられるのは、
[一]の (1) の意味(手段・方法・材料)でです。



「今回のプレゼント応募の当選につきましては、商品の発送を以って発表に代えさせていただきます。」

「以上を以って閉会とさせていただきます。」((1)と(4)の両方の意味があるとも言えますが)


「持って」は、上記のような意味では用いられません。
質問者様は「持つ」の意味は、ご存知のはず。
「持つ」の連用形「持っ」に接続助詞の「て」がついたものです。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q契約書内「○月○日をもって」について

契約書内の日付についてですが

例:8月15日を○○もって解除する

は、8月15日当日は解除するのでしょうか。解除のタイミングは8月15日午前0時でしょうか?16日午前0時でしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

16日午前0時

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較