ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

秋葉原の事件をはじめ、なぜか通り魔事件が頻発していますが、
・・・基本的な質問で申し訳ないのですが、通り魔というのはなぜ起きるのでしょうか。
テロ行為であれば「政治的な主張を通したい」、辻斬りであれば「刀の切れ味を試したい」という理由があります。
これらは、人を殺傷する事の是非はともかくとして、何がどうなったからそういう行動に出た、という因果関係がはっきりしています。
しかしいわゆる「通り魔」は、昔から必ずコンスタントにある事件にも関わらず、今いち動機と結果が、普通の人なら結びつかないように思います。

親が厳しくて辛かった→通り魔
何だかむしゃくしゃした→通り魔

これが理解できません。
矢印部分にあるものがそもそもわからないのですが、そこを想像したとしても、理解できない事が多いです。たとえばなぜ「人生がうまく行かない」→「世の中すべてが憎い」→「無差別通り魔」になったりするのか。なぜ何の関係もない見ず知らずの人に向かうのか?本当にわからないのです。

同様に、店の食べ物に毒を入れたり針を入れたりという事件も昔からあり、模倣犯もよく出ますよね。
それは、そういう事をやる事で救われる部分が、すべての人間の心にあるのでしょうか。

利益にもならないのにいじめをしたり、掲示板を荒らしたり、八つ当たりをするのと同ベクトルの事なのでしょうか。
他の人間よりも自分の方が強い、自分の方が正しい、などと自分に言い聞かせたいがためなのでしょうか。

どうして人にはそういう心の動きがあるのでしょうか、不可解ですが、何か思うところのある方、実際に通り魔をやってしまいそうになった事がある方、など、ご意見いただけたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

あくまでも私の個人的見解だが大きく三つの動機があると思う。


1.犯行を行うことにより世間に自分のことを知らしめることができるか ら。(ちょうど裏社会での売名行為のようなもの)
 自己陶酔型で自分の存在価値を周りに知らしめるための実力行使。
 

2・退屈な日々やストレスから逃れるためスリルを求め、自分でスリルを作り出し(犯行を行って)快楽を得る。


3・妄想(他人が自分を襲ってくる。殺しにくる。スパイがたくさんいていつも自分のことを監視したり尾行したりしている。蔑視・差別されている。異常者扱いされる。)からみを守るための自己防衛の過剰によるもの。
普通の人でも上記1,2は持っているもので、3も弱気になると大小の差はあれ現れる。通り魔も人間だから普通の人が持っている感情が過剰に表れた結果だと思う。犯行を行うことによる売名行為は完全に自分の存在が否定されたり、無視されたりすると自分を見てほしいと思うようになるから行う。2はストレスの過度な緊張状態が持続することによるアドレナリンの大量分泌で作り出されるスリルや刺激によってハイ状態になり、ある程度の刺激になれるともっと強い刺激をほしがる。これは中毒症状に近い。ゲームで人殺しをするのに飽きて実際に人を殺すようになるとさらに強い刺激=快感を得るため犯行を重ねる。
秋葉原の通り魔事件の場合、前夜にテレビ放映された元特殊部隊隊員による無差別殺人を描いた映画に影響を受けたとも思われる。
3の妄想はふとしたことで自分を否定されると自尊心が傷つけられ、ゆがんだ感情が起こる。自分を抑圧しすぎると周りの自分に対する評価が気になり周りとの比較などで自分に絶望した結果、被害妄想に陥り悪化すると非社会的行動に走る。29日に知立中学校で起きた殺人未遂事件もこれに該当するだろう。(少年が教師に字が汚いことを注意されていたとの証言がある)

これらの3つの動機は何らかの形で欲求が妨げられると発生する。
人は欲求不満に陥ると合理的に解決を図ろうとするが失敗に終わると防衛機制という自分を守る防衛システムが働く。{不得意な面を他の面で補う(補償)抑圧された性的あるいは攻撃的エネルギーをスポーツ・芸術などに向ける(昇華)名声や権威をもつ他人を模倣することによって自分に同じような名声や権威があるように装う(同一化)もっともらしい理由をつけて自分を納得させる(合理化)苦しいことから避けて一時的に逃れようとする(逃避)実現困難な欲求や苦痛な体験などが意識に上らないように抑え込む(抑圧)子供の動作に戻ったり、幼児言葉を話したりする(退行)物に当たったり、非社会的な行動をとる(攻撃)など}このとき抑圧が続くと欲求不満行動という環境に適応させる行動に出るがすべてダメな場合、非社会的行動をとるようになる。これが犯罪
を犯す行動だ。大抵の人はここまで至るまでにストレスが解消されるが
解消されない人はすべてではないが犯罪を犯してしまう。一度犯すと2の動機が強化され無差別殺人へとつながる。薬物乱用者などは中毒症状による主に2と3の動機であると考えられる。模倣者は防衛機制の同一化と世間の注目を浴びるための1の動機が絡んでいるだろう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

何か悪い事でも大きな事で自分をアピールしたい、認めて欲しいという気持ち、これ、何だかしっくり来るような気がします。
いわゆる不良は、派手なものを着たり、わざわざ学校の物を蹴ったりとか、他の人に絡んだりしますよね。あれは目立ちたいんだなと思っていましたが、その極端な例なのかも知れないですね。
日本の社会では「目立つ」という事は合理的に考えればたいてい損な事なのですが、どんなことであっても目立ちたいという欲求はあるみたいですね。

スリルを求めて万引き、とかいう事の延長に殺人が来てしまう人もいるかも知れません。
ホームレスを面白半分に乱暴して殺す人たちなどがいますが、ある状況で、他人に暴力をふるうのはきっと何かテンションの上がることなのでしょうね。
バイオレンス映画をみた後、何かクッションとか物を殴ったり、自分が主人公になったかのような妄想をしてしまう人はいると思います。

妄想は過度だと病気ですね、犯人の通院歴が取りざたされたりしますが、そういうパターンもありますね。
秋葉原のは、差別されている、不要に思われているという被害妄想などが積もってストレスとなり、1の自己顕示欲が爆発した結果、ととらえる事もできるかも知れませんね(ご指摘もそういう主旨と解釈いたします)。

自分が犯人に同調できないのは変わりませんが、だんだん自分にもある欲求からつながって行ってうっすら理解ができてきた感じがします。

お礼日時:2008/08/01 18:45

回答は、質問者に質問形式の方が理解しやすと思いますので、まず、質問してみますので、よろしくお願いします。


質問1:この様な事件は、今後もあると思いますか?
2:この様な事件を起こす人間は、日本以外の国では、起きていると思  いますか?
3:このような事件を起こす人間は、日本人以外の人は起こすでしょう  か?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
事情でしばらく閲覧する事ができませんでした。
遅くなりまして失礼いたしました。

おたずねいただいた事を考えてみました。
これはデータなどにはあたっておらず、私が思うことのみです。

1 今後もあると思います。私にはわかりませんが、何か人間の本能的なものに基づいているのであろうと思うし、文明が進みシステムに対するフラストレーションがたまるとやるというような見解もあるからです。文明の進化により分別のない人に情報が行き渡りやすい状況が進むので、何の対策もとらなければ増えるのかな、と思います。

2 日本以外でもあると思います。ただ動機はさまざまかもしれませんが。
いつも、同様に不思議に思っているのが、アメリカの高校や大学などで頻繁に起こる乱射事件です。
なぜあんなとんでもない事があんな頻度で起こるのか、銃がなければ別の武器や爆発物を用いてやるんだろうか、疑問は尽きません。
犯人が自殺してしまうケースがよくあるのは何かヒントになるのかなと思います。

3 日本人以外が起こすか・・・。
そう言えば、むしゃくしゃしてやったみたいなよくわからない理由で日本国内で外国人が通り魔をしたという記憶はありません(強姦事件はありますが
)。外国人による襲撃などはたいてい強盗だったり、貧困によるものや組織的なものですよね。
また日本人が外国で通り魔なんていう話も聞きませんが、届いて来ないだけなのでしょうか。
ストレスのすべてが人を追い込んでそういった衝動に走らせるなら、外国で苦労していたりしてる人の方がやりそうなものなのに・・・という事は、外国で必至に生きていてかつ正気を保っている人はそんな気を起こさず、時間をもてあまして自分のみじめさなどを考え込んで自分の中で拡大して行ってストレスとして行くパターンがあるのではないかと思います。秋葉原の犯人は自分の事を卑下し、普通の人なら何とも思わないような事を被害的に考えていたような報道がされていましたよね。

お礼日時:2008/08/01 18:30

#5です。



#5でご紹介しました書籍の著者が今年新刊を出しており、その中でこの種の犯罪を、「格差社会」と「世間」を軸に読み解く試みがなされてます。

一部を引用しますと、

>もともと日本の「世間」には、こうした「ヤケクソ型犯罪」を誘発しやすい土壌があった。これに加えて九○/九一年以降の「格差社会」の拡大が、この種の犯罪を目にみえるところに露出させることになった。

という事です。

詳しくは、「暴走する「世間」」の第8章をご覧ください。
http://zatsugaku.com/archives/2008/05/post_791.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にいたします。

事情でしばらく閲覧する事ができませんでした。
遅くなりまして失礼いたしました。

お礼日時:2008/08/01 18:13

再。



路上での無差別殺傷という件に限定して。
近年の何件かの犯人に共通してるのは、復讐と注目のようですね。
復讐とは、逆恨みややっかみ、近親憎悪、ただの不満など、多岐にはわたりますが、ともかく溜まりたまったものを一気に吐き出す手段として、無差別に、多数をということでしょう。
で、注目というのがやっかい。劇場型犯罪が増えてると昨今では言われてますが、個人に注目が生きやすい世の中で、自分は・・・という劣等感が余計に駆り立てられるのでしょう。だって、芸能人や有識者でなくっても、素人が注視される環境って多いじゃないですか。大学生がトレーダーで大金持ちになったり、ブログやケータイ小説やなんやで、ただの女子高生が注目されたり、カラオケだって歌ってる間はそいつの天下。そのなかで、自分は全く日が当らない・・・という思考に陥りやすいのでしょう。だから、報道されることを前提に、犯行を計画したりしてる。

そんな話をすると、ネットがどうのとか、個人の趣味嗜好のほうに原因をもっていく風潮はあるのでしょう。ただ、そう言う評論家って、そもそもネット環境が子供のころなかった人がほとんどですから、ネットという響き自体に異形の物というか、恐れのようなものがあるように思います。たまたま、そのような精神状態に陥りやすい人間が、使いこなしやすいツールが、ネットだったり、ケータイであると考えるほうが自然ではないでしょうか。この辺は、何百年経っても、「今の若いもんは・・」というようなものです。その証拠に、そういったツールを使いこなしながらも、全く犯罪に手を染めない人間のほうが、圧倒的に多いのですからね。

>人間はどんな環境下でも他人をどうにかしてやろうという気持
あそれはあるでしょう。特に近年んは、モンスター何とかというような、利己的、利益誘導主義的な方も増えてます。このへんは、他人、近隣との物理的な交流を敬遠しがちな現代社会のなかで、やはり昔よりは発露しやすい感情になってるのでしょうね。昔からそういうのが苦手な人はいましたが、周囲のだれかがそれをフォローするシステムも、普通にあったのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人を殺傷するとうさが晴れるという心の動きがきっとあるのですね。
それを意識もせず、行使する事なく終わる人生もきっとあると思うのですが。
注目されたい、という気持ちも、人によってはあまりないものですが、やっぱり普遍的にあるとされているものですね。
または極端にスポットライトの当たる経験が少ないと、そんな気になってしまうのか。
私は、目立つとろくな事がないので、本当にやりたい事は秘密裡に進むのが一番良いと思いますが、・・・自分がそれをやりたいかという事よりも人の評価が気になったりすると、おかしくなるのかも知れません。

ネットについては同感です。今まで出会う事もないはずだった人同士が交流できたり、声に出しては言えない事を匿名で思うさま発言できたり、いち個人が大したコストもなく全世界に情報を発信できたり、これは本当に新しいメディアだと思います。
どうして秋葉原の犯人は、ブログで留めておけなかったのでしょうね。

物理的な交流がないと、人への攻撃性は増すものでしょうか。
接触があれば、情がわいたりするからでしょうか。
少し違う話ですが、私は、男子校に通うと、犯罪的な方法でもいいから女子をどうにかしたいという気持ちが強くなってしまわないかなあといつも思っていました。同じクラスに自然に男女が共存していた方が、異性を大事にできるのではないかなと。
実際、私の周囲では、男子校に通う友達が、痴漢をしてしまったなどの話が時々ありましたから・・・。
手に入らないと、それが憎くなって、手に入らないなら破壊しようみたいな気になる人もいるのかも知れません。
やっぱり私に理解できないには違いないのですが。

とりとめがなくなりましてすみません。

お礼日時:2008/07/17 21:07

ひとくくりにするのは無理じゃないですか?



通り魔、いわゆる路上での無差別殺傷事件というのは、現象であって、その犯人がすべて同一の感性や疾患を持っているとは、とても考えられないからです。

まあ、今時の裁判は、まず精神鑑定からはいるのでしょうが、某小学校の殺傷事件の犯人は、精神疾患でないとして、刑が執行されました。一方、精神疾患を理由に刑を免れたケースもあります。

もっとも、近年は、通り魔に限らず、動機不明の事件が爆発的に増えているという話があります。むしろ、個々のケースを精査し、特に育成環境などを踏まえて、何が彼をそうさせたかという研究を、もっとやるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。
たとえば盗みをする人にしても、貧乏で、生きるためにやる人もいるし、スリルを味わうためにやる人もいる。
別に犯罪でなくても、たとえば演劇をやる動機、ブログを書く動機、現れ方は同じでも、その源は色々だと思います。

ただ、分析していくつかの系統に分けるとかいう事はできると思うんです。どういう気質の人がなりやすく、そういう人にはこうしてあげると良いというような・・・。
まだそのあたりの研究が途上なのでしょうか。

かなり昔の小説に、高度に機械化された近未来の地球でストレスがたまって原因不明の通り魔をやってしまう人が頻発するという話がありましたが、原始時代にはこういった事件はなかったのでしょうか。でも野生に近ければそれはそれで事件が起きる気がします。どちらにしろ人間はどんな環境下でも他人をどうにかしてやろうという気持ちがどこかに潜んでいるという感じがして、こういう事件の度にいささか気味が悪くなります。

お礼日時:2008/07/17 17:42

#1です。



お礼欄を拝見しました。
それを踏まえますと、もう一歩踏み込んで、通り魔を起こさない人が生育過程の中で、そう考えるようになった最も大きいポイントを探る必要もあるのではないかと感じました。

親の影響が大きいのか、それ以外の影響が大きく作用するのか、ということです。
一般的には、親の影響が大きいという結論になるのでしょうが、私はそう言い切れないと感じてます。

犯罪に対しては、兎角起こした人間の精神状態を分析する事ばかり目にいきがちですが、起こさない人の精神状態を分析する事も非常に有効ではないかと考えてます。

おすすめ書籍ですが、私が読んだ中では↓が参考になりました。
http://takapan.nobody.jp/hon/h_sekennome.html
http://blog.livedoor.jp/miki00011/archives/51000 …

↓も参考にして頂ければと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4093457.html?ans_cou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
一応類似質問は調べたつもりだったのですが、「秋葉原」でも検索してみれば良かったですね。

リンクには、けっこう「やってしまうかも」という方がいらっしゃいましたね。
そして、その一線は何なのか、やっぱりよくつかめないと・・・。
うーん、周囲が敵ばかりだと、人間そのものがイヤになっちゃうのかも知れませんね。私だって何不自由なく暮らして来た訳ではありません。人間の醜さもひと通りは知っているつもりです。
しかし、自分が生きることから降りれば済む話で、どうしてとんでもないコストをかけて無関係な人を殺すのだろうか、やっぱりよくわからない話ではあります。

人に迷惑をかけてはいけないという頭が今の私にはありますが、この部分は確かに自分の動機が上回れば何かの拍子にすっ飛ぶ可能性があります。
それ以前に、大きく根底にあるのは、単純に人の血や肉や死体を見るのは気持ち悪いです。バラバラ殺人なんて、詳細に報道してるのを聞くだけで食欲がなくなりますし、小説の拷問シーンも直視できないです。
そういうのがあるかないかで大きく違う気がします。
そうなると、猟奇的な内容の読み物などが「免疫」みたいなものを育てかつ「手段」を与えるとすると、規制されるのも仕方ないのかなと思います。

お礼日時:2008/07/17 17:32

通り魔と言っても、犯行を重ねるタイプと一度に多数を襲うタイプでは少し違う構造のようです。

秋葉原的な犯人で言えば、自分の不運不幸が皆のせいであり、「だから皆に復讐、制裁」つまり「俺は何も悪く無い、責任はまわりのヤツら」そして「皆に思い知らせてやる。俺にだってチカラがある事を見せてやる」となるのではないでしょうか。自意識過剰、甘え、利己主義、幼稚な思考性等々の結末と思います。 人の心の中の事ですから簡単には言い切れませんが、悪は書籍の中にも多く語られています。沢山読めば読むほど、理解に繋がると思いますよ。悪を知る事は善を知る事と考えています。ただ、悪を知ろうとするあまりに思い込み過ぎないよう気をつけて下さいネ。プロでも取り込まれる事があるらしいですから…。

この回答への補足

皆様、おすすめ書籍などありましたらお願いいたします。

補足日時:2008/07/17 08:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

犯行を重ねるタイプの場合は愉快犯というか、やっぱり人を傷つける事で自分の中の何かが救われると思うのかも知れませんね。

どうして自分の不幸が、他人のせいだという風に思ってしまうのか、いや、他人のせいだとしてもなぜ無関係な通りすがりの人に向くのか(親に向くとかならわかるのですが)、違法な手段で暴れてそれこそ取り返しがつかないくらいに人々に後ろ指をさされ、どうしてそれが力の誇示になると思うのか、わからないですね。

私の言う事は理屈なのでしょうけれど、通り魔というのはつまり理屈が通らないような部分が動機となるのでしょうか。
だとしたらやっぱり話してわかる状態じゃないのですね。まったく理解できません。理解なんて一生できない方が良いのかも知れませんが・・・。

お礼日時:2008/07/17 07:53

 TV報道が連続を誘引しています。

 ご丁寧に事件の解説をしているのでその手の類似人間には伝染しますし手をまねたりします。
 彼らは報道の自由とのたまってますが面白半分ですね。 類似事件は報道しないほうが予防になります。
 それだけバカが多いということです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まさにその「類似人間」というのは、何が類似しているのでしょうか。
暴力衝動が伝染するのは何となくわかる気はします。
おそらく、クラブなんかでまわりが踊って盛り上がっていたら自分もテンションが上がってしまうのと同じ効果があるだろうし、やりたいなあと思っているところに、やった人がいる、こんな方法でやり遂げたという情報がきたら・・・。
報道は最低限で良いですよね。

お礼日時:2008/07/16 21:36

通り魔をする人は 自分より強そうな人や 逆襲されそうな人は襲いません


自分が弱いので さらに弱い人を傷つけたいだけです

タイマン張ってる 通り魔 いないですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

自分が弱いとなぜさらに弱い人を襲いたくなるのでしょうか。
職場や学校での力関係で、自分より下をつくりたいというような事ならまだ理解できる気がするのですが、わざわざ何の面識もない人を、自分が必ず行かなきゃいけない訳でもない場所に出かけて行って襲いますよね。そのモチベーションはどこから来るのでしょう。
自分より弱そうな女性などを見つけて襲うと、自分は強いんだうれしいという事になって自信でもわいてくるのでしょうか。

お礼日時:2008/07/16 21:31

あえて、逆に伺いたいのですが、貴方が通り魔にならなかった理由を、万人が納得出来る理論的な説明が出来ますか?



そして、今後も通り魔になる可能性は、絶対に無いと言い切れますか?

そこに、ヒントの一つが隠れているようにも思うのですが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、逆になぜ通り魔をしないのかを考える事で、何か見えてくるかも知れませんね。

私がやってしまうとしたら、と想像すると、むしゃくしゃして、八つ当たり気味に誰かを殺傷・・・というような流れしか考えつかないです。
今だって、何かイヤな気持ちだと、物を思い切り殴るなどしますから。しかし、通り魔と違うのは、生き物にはやらないという事です。
痛みを感じたり死んでしまったりするものにはできません。自分が痛いのも、人が痛いのを見るのも不快だからです。
しかし私が自分の中にあるものを感じ取れないだけで、人間は、他の人を傷つけると快感を得るものなのでしょうか?だからいじめや掲示板の暴言などがなくならないのかなあ、とうすうす思っているのですが。
あとは、何かで精神に異常をきたし、そうする事で自分の正当性が証明されるというような考えにとりつかれてしまった場合でしょうか。
結局、通り魔の素質がない人間には、動機と結果のつながりがよくわからず、だから最後は精神異常だという事になってしまうのかも知れませんね。(弁護側の都合もあるでしょうけれども)

それと、たとえばメロンに針を入れるとかいうのが面白半分であるなら、子供のいたずらの延長線上にあるのかなあと今思いました。
ただ、私が子供の頃にしたいたずらは、シャレになるものだったように思います。健康に深刻なダメージを与えたりするような事をやっても誰も笑えません。そのへんもわからないところです。

お礼日時:2008/07/16 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ通り魔は弱者ばかりを狙うのか?

最近、頻繁に起こっている、痛ましい通り魔(無差別殺人)事件ですが、逮捕された容疑者は口を揃えたように「世の中が嫌になった」「誰でもよかった」「死刑になってもいい」などと供述しています。

だったら、なぜ罪もなければ敵対もしていない通行人ばかりをわざわざ狙うのでしょうか?
死ぬ気があって、誰でも殺せる勇気があるのなら、犯罪を生業としている組織の事務所や、テロリストの拠点などを捜して思い切り暴れようという発想もあってもいいのではないでしょうか?
(殺人の容認ではありません、例えば、の話です)

なぜ、自分より弱いであろう一般人を傷つけようと決め、そして実行してしまうのでしょうか?

理屈が極端で、危険であることは承知で書かせていただきました。
ただ、そういった通り魔の心理というものをどう解釈してよいのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

ときどき危険な状態になる者からです。今は薬投与のおかげで落ち着いています。
まず「誰でもいい」という点について。
本当は誰でも彼でも同じに見えるというのが本音です、一人一人違う尊い命という見方ができません。「若い女」「オタク」「おやじ」みんな十把一絡げにしてしまいます。たとえば「若い女」といってもいろいろです。でも通り魔はそういう見方ができにくいのです。
やくざや喧嘩の強い人はもとから視界に入れていません。弱い者なら自分が痛い思いせずに殺せると考えるのです。

「世の中がいやになった」系
世の中とはいいますが基本自分の目にはいる苦難だけのことをいいます。他の人が苦労して勝ち取った栄光を理解できずやっかみばかりが強い、こんな感じです。
自分をいじめる(狭い)世間=世の中。もちろん自分をいじめるものとは自分に不都合な現実のことで具体的に誰かにいびられることではないかと。

「死刑になってもいい」
これは後先考えていない状態の時に言える台詞です。小学校を襲った故宅間死刑囚は特別変わっていると言えます。
いざ死ぬ段階になったら見苦しく暴れることでしょう。

私は犯罪を犯さないために薬だけではなく「自分を守ってくれる人」を思い出す。「世の中そんなに悪くない」とぶつぶつ呪文のごとくとなえる。等の方法で押さえています。

でもときどき真っ白になります。そのとき私は通り魔になるかもしれません、正直怖いです。
少しでも参考になれば幸いです。

ときどき危険な状態になる者からです。今は薬投与のおかげで落ち着いています。
まず「誰でもいい」という点について。
本当は誰でも彼でも同じに見えるというのが本音です、一人一人違う尊い命という見方ができません。「若い女」「オタク」「おやじ」みんな十把一絡げにしてしまいます。たとえば「若い女」といってもいろいろです。でも通り魔はそういう見方ができにくいのです。
やくざや喧嘩の強い人はもとから視界に入れていません。弱い者なら自分が痛い思いせずに殺せると考えるのです。

「世の中が...続きを読む


人気Q&Aランキング