今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

学術論文や学位論文を英語で書くとしますよね。
そのとき、英語がわからない人は翻訳ソフトとかを使って翻訳したものを書き写してもいいのでしょうか?
大学の研究員や先生になるには、修士課程で英論文が書けなければ、ほぼ無理だときいたので、この方法は使ってもいいのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

知人に実際に翻訳ソフト使っている人がいますが、ひどい状況です。


高専で英語を満足にやってこなかった人で、
助教やってますが、今でも大変苦労しています。
その人は、プロの英語家にみてもらったらしいですが、
もう最初の1ページで真っ赤に赤が入るような状況で
4ページ以降はまともに相手にしてもらえませんでした(あとは
どうぞご自分でという調子で)。

また、数パラグラフ丸ごと、上司である教授の英語を丸写しした箇所が
あったんですが、まわりが真っ赤なのに、そこだけ添削箇所が少なかったので、丸写ししたことを、そのプロの英語家の人に見事に見破られました。たとえ、翻訳ソフト使わなくても、ボロはあちこちで出るものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんと!
本当にやっているひとがいるとわ。
それも、散々な結果。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:18

 翻訳ソフトではなく、「翻訳業者に翻訳させた論文ではだめでしょうか」という質問のほうがいい回答を得られると思いますよ。

人力もコンピューターもコストと質が違うだけであとは同じ事なので。

 それを踏まえての回答ですが、まず、「大学の研究員や先生になるには、修士課程で英論文が書けなければ、ほぼ無理」の意味を理解する事が重要でしょう。要は、執筆者が英語の論文を書ける程度の英語力を有している事が必要という事です。

 論文自体は日本語で書いて、優良な翻訳業者に翻訳を任せてしまってもいいわけですが、審査の時に英語の論文の記述に対して質問が来るので、訳された英文の意味が完全に理解できる必要があるでしょう。
 ・・・というわけで、翻訳を誰かに任せるのはOKでも、英語がわからない、というのは駄目です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:31

>英語がわからない人は翻訳ソフトとかを使って翻訳したものを書き写して


>もいいのでしょうか?

現状の翻訳ソフトのレベルでは、まず論文審査を通るレベルの英語を吐き出してくれません。『拙い英語』というだけでなく『いかにも機械翻訳した英語』を吐き出すので、英語のレベルが低いというのがバレるのではなく、翻訳ソフトを使ったのがバレます。

>それでは、完璧に訳せると仮定したらどうでしょうか?

完璧に訳せるのならどうでしょう?って。じゃぁ、逆に聞きますけど、完璧に訳せるソフトがあって、それを使わない理由なんて、ありますか?考え付きますか?そういうのを愚問と言います。

一流の研究者だって、英語で論文を書いて、そのあと英文校正業者に頼んで直してもらうもんです。そんなソフトがあったら、誰だって使うでしょう。

>大学の研究員や先生になるには、修士課程で英論文が書けなければ、
>ほぼ無理

貴方が、大学教員を目指しているのかは知りませんが、ヘンテコな英文で許されるのは修士論文までです。練習と思って頑張るのがいいと思います。対外的な論文を書くときに、その経験があれば、すこしは上手く書けるはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:30

アメリカの大学で教員をしています。

仕事柄、当然論文は英文で書く機会が多いのですが、私の場合は同僚にチェックをしてもらっています。
日常会話には不自由しない(つもり)ですが、それでもチェックを受けると、かなり赤が入りますよ。「こういう意味だよね?」「そだよ」「だったら、こう書く方が意図が良く伝わる」など4ページ程度の論文でも、30分くらいは(ピザをおごって)検討をしてもらいます。会話と違って文章は、それだけで判断されますから。

日本で、国際誌に投稿する論文や国際学会用の論文を書いていた時代は、「論文のための英文表現集」のような本を使いながらとりあえず自分で書き、お金を払って専門のネイティブチェックを受けていました。こういう知恵というかスキルは院の時代に教わるものです。

翻訳ソフトを使うという段階で、もう話にならないです。他の方がおっしゃる通り、翻訳された文がメチャクチャと言うこともあります。

でも、それ以前に、日本語で書いたものを翻訳するという発想では、英語の論文は書けないのです。頭の中はともかく、表記する際には最初から英語にしないと論文にまとまりません。これは実際に書いてみればすぐに分かります。

ただし、逆の場合、つまり英語の論文を翻訳する際は、私も使います。下訳というか、ざっと英文と日本文を比べて大意をつかむことができるし、専門辞書を入れておけば、覚えていない単語の意味が分かるので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

向こうの大学にいる人でもそうなのですから、相当なのですね。
日本語論文を英語論文にというのは間違っていたんですね!
ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2008/07/17 23:28

厳密性が要求される論文において、


意味が曖昧な文やミスリーディングさせる文はあってはいけません。
よって、翻訳ソフトは使ってはならないものです。

まだ、過去の似たような論文から文を引用するほうがマシです。
学術論文ではそれもご法度ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。
やはり、真面目になりたいと思うなら、一生懸命学ぶことですね!
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:24

ソフトも完璧ではないし、同音異義語やニュアンス表現に弱いので、頼りすぎないほうが良いですよ。

センター試験程度の英語をやり直して、高校英語に出てくる程度の表現で書いていけば良いでしょう。学会誌なんかを読んでいくと、独特のアカデミック・タームも習熟できますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。
がんばって、学んでみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:23

使うことは自由だと思いますが、他の方が書かれているように、その英訳が正しいのか間違っているのかわからないレベルの人が使っても意味はないと思います。

英語の論文が書けるようになる以前の問題として、他人の英語の論文が読めないでしょうから。(翻訳ソフトを使って読んでも本質的に理解できないでしょう。)自分の専門分野の英語の論文が辞書なしで読めるレベルでないと大学教員にはないれないです。(書く場合には辞書を使っていいと思いますが。)

英語をあまり使わなくても済むことが多い分野(国文学など)でもなければ、英語の論文の読み書きと専門分野についての英語の会話は最低限できないといけません。ただし、日常の雑談で必要な英語力は専門分野での英語力とは別物なので、発表や質疑応答での専門的な内容の会話は問題なくても、国際会議の懇親会などでの英語の雑談ではあまり話さない(話せない?)人は研究者でもたくさんいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

英語が出来ないとやはり難しいんですね><。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:21

こんにちは。



翻訳ソフトを使うか使わないかは、その人の自由です。
単語がわからないから辞書を引くのと同じことです。
しかし、#1様がおっしゃるとおり翻訳ソフトによって英訳した文章は、ひどいですから、使い物にはなりません。
英文和訳ならば、日本語としておかしいか否かは、あなたにも判断できるでしょうが、英訳の場合は、翻訳した結果が変な文章であるかどうかをあなたは判断できませんよね?
(まともな翻訳を実現するには、高度な人工知能が必要だと思われます。)
さらには、翻訳ソフトに頼っていることが研究室の先生方に知れれば、あなたの神経を疑われる可能性が大です。
どうしても使用したいのであれば、弊害を知った上で、こっそり使用するのが良いでしょう。

しかし、
ある程度の数の英語の論文を読んで、参考になるところを真似る。
それが、勉強の仕方というものだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モラルの問題にもなるんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/17 23:16

>それでは、完璧に訳せると仮定したらどうでしょうか?


使用は可能でしょうか?

完璧に訳せるならそりゃ使用可能ですが、とにかくあなたご自身で一度翻訳ソフトを使ってみてください。ただし「わたしは日本人です」みたいな文章ではなく、あなたの論文で試してみてください。「こりゃだめだ」と思いますよ。しかし叩き台としては使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかります。
ただ、そういうのも有りかな?と思って聞いてみたんです。
ありがとうございます^^

お礼日時:2008/07/17 23:15

翻訳ソフトを使ったことがありますか?


または使って訳した文章を見たことがありますか?
とてもじゃないけど使えるような文章ではありません。とくに論文のような長い文章ではとんでもない訳になります。たとえば「わたしは学校にいきます」とかそういう簡単な文章とか、難しくても短い文とかそういうものはそのまま使用できますが、論文のような複雑な文章では一つの叩き台としか使えません。そしてそれをちゃんとした文章にするには書いたあなたしか言いたいことがわかりませんし、英語に詳しい人の協力も必要です。結局叩き台としての価値しかありません。

この回答への補足

それでは、完璧に訳せると仮定したらどうでしょうか?
使用は可能でしょうか?

補足日時:2008/07/17 06:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語論文を翻訳するのに役立つサイト

Yahoo翻訳やExcite翻訳を使っているのですがうまく訳せないこともあります。
英語の論文を翻訳するのに役立つサイトを教えてください。

Aベストアンサー

理系の英訳であれば、ライフサイエンス辞書プロジェクトのオンライン辞書サービスが便利ですよ。
例文も豊富です。

参考URL:http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/

Qおすすめの翻訳ソフトを教えて下さい

皆様 お世話になります。

私はオークションをやっているのですが、
たまに外国の方とも取引きをします。

で、当たり前ですが英文メールがきます。
はっきりいって私にはほとんどわかりません。
Yahooやエキサイトの無料翻訳やPC付属のアトラスという
翻訳ソフトを使っていますが、なんだかいまいちです。

私も日本語で書いたメールを英文変換にします。
しかし、それがはたして私の意図する内容として英訳されているのか
わかりません。
ためしにその英訳された文章をコピーして和訳させてみると、
笑ってしまう日本語です。

私が試した中ではエキサイトの翻訳が一番、私の言いたいことを伝えてくれるようです。でも、だめです。ところどころ変です、絶対。

皆さんはどんな翻訳ソフトを使っているのでしょうか。
日本語の微妙な(独特な)使い回しや英語の俗語(というか、辞書にのっていないような会話独特の表現)も、的確に表現してくれるソフトが欲しいです。

皆さん、おすすめの翻訳ソフトがありましたら教えて下さい。
どうしてそれがおすすめなのかもできれば知りたいです。
宜しくお願いします。

それから、そんなに外国語が苦手なら外国の方と取り引きするな
という突っ込みはご遠慮下さい。
よろしくです。

皆様 お世話になります。

私はオークションをやっているのですが、
たまに外国の方とも取引きをします。

で、当たり前ですが英文メールがきます。
はっきりいって私にはほとんどわかりません。
Yahooやエキサイトの無料翻訳やPC付属のアトラスという
翻訳ソフトを使っていますが、なんだかいまいちです。

私も日本語で書いたメールを英文変換にします。
しかし、それがはたして私の意図する内容として英訳されているのか
わかりません。
ためしにその英訳された文章をコピーして和訳させてみると...続きを読む

Aベストアンサー

> 日本語の微妙な(独特な)使い回しや英語の俗語(というか、
> 辞書にのっていないような会話独特の表現)も、
> 的確に表現してくれるソフトが欲しいです。

現状、100万円オーダの特殊パッケージでも完全な表現は無理ですので、まぁ諦めるしかないかと思います。
# 研究開発に多額の投資するとか受託発注とかまでは考えてないですよね…。

お使いのソフトや無料サイトは基本的に個人用なので、
安価でお手軽に使える反面、精度はさほど高くありません。
個人用のATLASでも、自分で辞書登録するとか短文/単文にすると多少マシになるはずで、
翻訳ソフトはそうやって「鍛えながら使う」ものだと思います。

ちなみに、私の使っているソフトは「The翻訳プロフェッショナル」です。
個人で買ってますが、本来業務用なので10万とかします。
個人用に比べたら精度が高く鍛えやすいのでこれを買いました。
# ATLAS,LogoVista,The翻訳あたりが有名どころ。それぞれに、10万クラスの業務用と1万以下程度の個人用が出てます。

一応プロユースなので、英⇒日はそれなりに満足してますが、勿論完全とはいいません。
そして、このクラスでもやなり日⇒英はところどころ変になります。
# 勿論、無料サイトや1万円程度の個人向けよりは格段にましです。
# 言語の特性上、日本語⇒英語の方が難しいので、安い奴ほどすぐ変になります。

10万から必要なのでオークション程度だと費用対効果は解りませんが、
同じATLASでも業務用パッケージを買って、自分で鍛えれば、
それなりにはなると思います。機械翻訳にできるのはここまでです。
逆に言うと、そのレベルでもなお足りないとなると(やはり微妙な言い回しは難しいはず)、ソフトは諦めです。

ニュアンスまで翻訳して欲しいということであれば、後は人間に依頼することになるかと思います。
「翻訳業務」などで検索すると、ビジネス文書の日英翻訳とかやってる会社が見つかるので、
条件の合う会社を探して、そういうところに依頼。
# 私は頼んだことがないのでわかりませんけど、「単語数で幾ら」とか「枚数で幾ら」とか色々あるので、
# e-mail程度なら安いところもあるのかも。オークションの度に依頼して元が取れるか不明ですが。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/翻訳ソフト

> 日本語の微妙な(独特な)使い回しや英語の俗語(というか、
> 辞書にのっていないような会話独特の表現)も、
> 的確に表現してくれるソフトが欲しいです。

現状、100万円オーダの特殊パッケージでも完全な表現は無理ですので、まぁ諦めるしかないかと思います。
# 研究開発に多額の投資するとか受託発注とかまでは考えてないですよね…。

お使いのソフトや無料サイトは基本的に個人用なので、
安価でお手軽に使える反面、精度はさほど高くありません。
個人用のATLASでも、自分で辞書登録するとか短文/...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q優秀な英語翻訳ソフトを有料でも構いませんので教え

英語の翻訳ソフトを教えて下さい。
現在、エキサイトのWEB翻訳を使用しておりますが、
使い難く、直接的すぎます。

有料ソフトの購入も考えてるので、
なにか良いものがあったら教えて下さい。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私はテキスト翻訳を使いますが、ウェブ翻訳を使ったことがありません。オンラインの無料の物で気に入っている順で言うと、

【英語→日本語】

1.YAHOO!翻訳
http://honyaku.yahoo.co.jp/

教科書的な訳が得意なように思います。返り点式に文の後半から訳しあげてくるような感じですが、愚直な訳なのでそれなりに役には立ちます。

2.@nifty翻訳
http://honyaku.nifty.com/

昨年リニューアルするまでは、エキサイト翻訳とよく似ていましたが、今は反応が少し違います。

3.エキサイト翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

もうすでに質問者さんがお使いです。私はテキスト翻訳しか使いませんので、その感想は、昨年のリニューアルまでは、YAHOO!翻訳と性能を競っていて、堅い目の教科書等の訳は、YAHOO!翻訳、商用分野、メールの訳は、エキサイト翻訳が良いように感じていましたが、リニューアルで期待していたほどの性能アップはなかったように思います。私のお気に入りランクで少しダウンしました。

4.Reverso翻訳
http://www.reverso.net/text_translation.aspx?lang=EN

外国の翻訳機の様ですが、比較的YAHOO!翻訳と似た反応です。「て、に、お、は」や、代名詞をカッコに入れて、複数表示するところが、翻訳機の限界を分かっている様に思えて、逆に好感が持てます。

5.OCN翻訳
http://www.ocn.ne.jp/translation/

上の3つの翻訳機でうまくいかない時に参考にします。大企業の翻訳機の割に物足りなさを感じます。

6.Google翻訳
http://translate.google.co.jp/#

こちらも世界的大企業の翻訳機の割に失望させられます。翻訳できる言語数が多いですが、英→日の翻訳に限って言うとあまりよい出来とは思えません。世界企業ゆえに日本の消費者のことだけを考えていないのかもしれません。

7.bing翻訳
http://www.microsofttranslator.com/

エクスプローラについている機能ですが、最近は、ブラウザをGoogleの物を使っているので、あまり利用しません。翻訳機としてお気に入りには登録しています。Google翻訳より良いかもしれません。

8.YAHOO!BABEL FISH翻訳
http://babelfish.yahoo.com/

こちらは翻訳できる言語数が多いですが、英→日に限れば、信頼できません。

9.livedoor翻訳
http://livedoor-translate.naver.jp/

10.Infoseek楽天翻訳
http://translation.infoseek.ne.jp/

9.10.は、共に、YAHOO!翻訳と機能は同じだと思います。YAHOO!翻訳が、年に1,2度アクセスが多くて、うまく機能しない時に、使います。Infoseek翻訳はリニューアル前は、関西弁への翻訳があって笑えました。少し残念です。また、YAHOO!翻訳は、リニューアル後、右クリックで、翻訳結果が一発でドラッグした状態と同じに色が反転するので、結果を取り出しやすいです。

このほか、市販の翻訳機は、詳しくありません。利用者独自の単語の使用頻度に合わせて、記憶されるような機能がある様ですが、そこまで、翻訳機の必要性を感じていないので、無料の物を利用させていただいています。また、【日本語→英語】の翻訳は、どの翻訳機もあまり信頼できないように思えます。これは、私が英語ネイティブでないため、と、日本語を書く能力が劣っていることも関係していると思っています。いずれにしても、

☆英辞郎
http://www.alc.co.jp/

☆Weblio英和和英
http://ejje.weblio.jp/

は、同時に使用しています。最後に以下は、「翻訳と辞書」と言うオンラインの辞書、翻訳機等の検索サイトの、「自動翻訳、機械翻訳」のページを開いたものです。

☆翻訳と辞書・自動翻訳、機械翻訳
http://dir.kotoba.jp/ddcat.cgi?k=MT&fsz=2

このページに上記の翻訳機以外のかなりたくさんの翻訳機が紹介されています。市販の翻訳ソフトを紹介したものもあります。参考にしてみて下さい。

私はテキスト翻訳を使いますが、ウェブ翻訳を使ったことがありません。オンラインの無料の物で気に入っている順で言うと、

【英語→日本語】

1.YAHOO!翻訳
http://honyaku.yahoo.co.jp/

教科書的な訳が得意なように思います。返り点式に文の後半から訳しあげてくるような感じですが、愚直な訳なのでそれなりに役には立ちます。

2.@nifty翻訳
http://honyaku.nifty.com/

昨年リニューアルするまでは、エキサイト翻訳とよく似ていましたが、今は反応が少し違います。

3.エキサイト翻訳
http://www.excite...続きを読む

QBilling addressの意味は?

旅行の予約でクレジットカードで支払いをするのですが、
書類にあるBilling addressの意味がわかりません。
困ってます。教えてください

Aベストアンサー

カード所持者の住所です。下記を:キーワードは、"credit-card billing-address"です。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/eddie/foods/import02.htm

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q理系の博士論文、英語で書くのが普通なのですか?

小保方さんの博士論文、内容のことはおくとして、英文で書かれていました。

現在、理系の博士論文、英文で書くのが普通なのでしょうか?
生化学、化学などの分野での話です。
学術雑誌は、英文のものがほとんどでしょうが、博士論文での話です。
もしそうなら、いつ頃からそうナタのでしょうか?それとも、大学によって異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

私自身は論文博士で、しかも自分の出身大学ではないところ(旧帝大)に出しています。すでに英文査読論文を10報書いた後で、当時私大の助教授(現在の准教授)で40台でした。その際、提出先の教授に日本語が良いか英語が良いか尋ねて、審査する上で日本語のほうがよいと言われ日本語で提出しました。

その上で、その大學(旧帝大、工業化学系)の院生の博士論文は基本英語とのことでした。

その理由は、博士課程の院生が在学中に査読論文の原稿を英語で書くが、実質的にはほとんど教官が修正と言う名の書き直しをやっているので原文はほとんど残らない。従って最後の締めとして英語で書かせているとのこと。それも実質的には教官が修正指導しているのはもちろんとのこと。

したがって理系の博士論文を英文で書くのは普通です。

小保方さんのものはネットで公開されているいわゆるIntroductionの部分しか見ていませんが正直驚いています。NIHのネットのコピーがほとんどのようですが、仮にそういうことを知らないとしても、一見して引用を一箇所も付していません。

論文の中で一番他の論文を参照するのがIntroductionであり、仮にあの文章が原稿として提出されたら最初の数行読んだところで、引用は?とたずねるのが普通です(学部の日本語の卒論レベルでも)。

したがって、あの文章を原稿として出す時点で、指導教員がチェックしないことを確信していないと、あのような博士論文は書けないしあのようなものは出せないと私は思います。

と言うことは卒論、修論はどうだったのか、あるいは学部での実験レポートはとかんぐりたくなるレベルです。

私自身は論文博士で、しかも自分の出身大学ではないところ(旧帝大)に出しています。すでに英文査読論文を10報書いた後で、当時私大の助教授(現在の准教授)で40台でした。その際、提出先の教授に日本語が良いか英語が良いか尋ねて、審査する上で日本語のほうがよいと言われ日本語で提出しました。

その上で、その大學(旧帝大、工業化学系)の院生の博士論文は基本英語とのことでした。

その理由は、博士課程の院生が在学中に査読論文の原稿を英語で書くが、実質的にはほとんど教官が修正と言う名の書き直しをや...続きを読む

Q日本語文献の英語論文における引用のしかた

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstですよね?本来氏→名の日本人名はどうすべきなのか、という意味です。)
・英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
・そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。その場合は、どのようにすべきか
以上の点を教えていただきたいです。OWLのウェブサイトには、西欧言語からの引用の仕方は乗っていたのですが、それ以外のことはほとんど触れられていなかったので、質問させていただきます。
例えば、佐野洋子さんの「百万回生きたねこ」(講談社・1977/10/19発行)から、「百万回も死んで、百万回も生きたのです(He died a million times, but he lived again a million times )」を本文中で引用する場合、どのようにしたらいいのかを見せていただけると、さらに助かります。

宜しくお願い致します。

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstです...続きを読む

Aベストアンサー

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語でもかまいません。大事なのはすべてのcitationの統一です。つまり、英語翻訳されていない日本語文献だけを参照するのであれば、すべてが苗字→名前もしくは名前→英語のどちらかに統一していればOK。ただし、参照するものが日本語文献だけでなく英語翻訳された文献も含まれる場合、英語同様、名前→苗字にする必要があります(統一する為)。また英語名のあとフォントをあけずに続けて日本語名を入力してください。タイトルは日本語名をそのままローマ字に変えたものを用います。正式な翻訳書籍がないので、原題をそのまま紹介してください。
(例-1)田中一郎さんの文献を参考にした場合
○Tanaka Ichiro田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka一郎田中
×Tanaka Ichiro 田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka 一郎田中

(例-2)田中一郎さんの本のタイトルが「日本人という名の生涯」だった場合(必ず全部イタリック体で。これで外国の単語=原語であることがわかります。)
Nihonjin to iu Na no Shougai日本人という名の生涯

(例-3)例1の本に~届かなかった最後の手紙~ という副題がついていた場合(イタリック体であるのは例-2と同じ)
Nihonjin to iu Na no Shougai: Todokanakatta Saigo no Tegami日本人という名の生涯:届かなかった最後の手紙

Q4)英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
A4)まずその出版社の場所(都市名)と日本語名をそのままローマ字にします。そして名前同様日本語をすぐそのあとに続けます。
(例)東京にある岩谷書店で発行されたのが2005年の書籍
Tokyo: Iwatani Shoten, 2005. Print
※コロンのあと、1フォントあける。書店の名前の後は、コンマ。年号の後はドット。発行の月日はいりません。最後にPrintと必ず入れる。

Q5) そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。
A5)日本語に限らず、中国語、韓国語その他英語に翻訳されていない文献は星の数ほどあります。本文中でそういった文章を引用する場合は、MLAのParenthetical Citationsのルールどおりにすればよろしいです。つまり、ご質問の佐野洋子さんの文献の場合
(例1)文の最初に筆者の名前(苗字だけ)を紹介してから、参照した文章を続けて、文の最後にカッコで引用したページを示す

(例2)文の中には筆者の名前を出さず、参照した文章を記入後、最後にカッコで苗字とページ番号を入れる
のどちらかです。

ブリティッシュ・コロンビア大学のサイトは詳しく言語ごとにAPAやMLAなどでの書式の説明をしていますので参考になさってみてください。In-text citationの書き方についても説明しています。
http://wiki.ubc.ca/Library:How_to_Cite_Asian-Language_Sources

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語...続きを読む

Q博士課程満期退学・・

よく経歴で「博士課程満期退学」とありますが、単位だけ取得して退学するというのはわかりますが、なぜそうするのですか?何か理由があるのでしょうか?
また、その後すぐに助手になることがありますが、なぜ博士号をとる前に助手になるのですか?

Aベストアンサー

学士課程(学部)・修士課程・博士課程では、それぞれ卒業・修了するための要件が異なります。

学部では124単位程度の単位を取ればよく、卒業論文も必須ではないところもあります。修士課程となると、学内での審査に耐える修士論文か、それに相当する成果が要求されます。
博士課程になると、博士論文の審査にはより慎重なものなり、事前に関連する研究を学外に発表し、その分野の研究者としての実績のある論文でないと審査手続きが始まりません。したがって、博士課程に在籍することができる期間にそれだけの研究成果を挙げることができなければ、博士課程を期間内に修了することはできなくなってしまうわけです。

助手として就職されている方の場合ですが、助手としての応募条件は「修士課程修了」、せいぜいそれに「3年以上の研究暦」というのがスタートラインになっています。したがって、その大学で博士号を取得するにはまだ業績はないけれども、助手として採用するには十分な業績ではある方がいるわけです。このケースでは、満期退学だけではなく在籍可能期間を残す中途退学でもありえます。研究者としては、博士号という学位が欲しいという希望もありますが、安定的に研究を続けられるポストに就くことができるならば、それに越したことはないわけで。

また、退学後にも博士号を取得できる道があることも、博士課程修了にこだわらない動機になっています。大学によりますが、退学後3年くらいであれば博士課程退学の経歴は消えないものの、博士課程修了時の学位(いわゆる課程博士)として博士号を出してくれるところもあります。また、博士課程在籍の有無に関わらずそれまでの業績から学位を出すところもありますので、そちらの学位を取得することもできます(いわゆる論文博士)。

この場合、重要なのは博士号を取得できうるだけの業績を出すための研究をできる環境であり、研究暦にカウントしてもらえるポジションであるわけです。したがって、アカデミックなポストで就職できるのであれば、博士課程の修了にはこだわらないわけです。


参考
http://homepage2.nifty.com/yshimizu/researcher.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E4%BD%8D
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1111075

学士課程(学部)・修士課程・博士課程では、それぞれ卒業・修了するための要件が異なります。

学部では124単位程度の単位を取ればよく、卒業論文も必須ではないところもあります。修士課程となると、学内での審査に耐える修士論文か、それに相当する成果が要求されます。
博士課程になると、博士論文の審査にはより慎重なものなり、事前に関連する研究を学外に発表し、その分野の研究者としての実績のある論文でないと審査手続きが始まりません。したがって、博士課程に在籍することができる期間にそれだけの研...続きを読む

Q論文中のグラフを描くためのソフト

自分は院生なのですが、質問させてください。

よく論文中に載せられているグラフってどのようなソフトで作成されているのでしょうか。。
というのは、Excelでほとんどのグラフは書けますけど、点をわずかにずらす、とか、目盛りを飛ばしたりするような細かい操作ができないので(自分が知らないだけ?)。
知り合いの先生は有名な論文に出されているのですが、Adobe illustratorを使っていました。高いですよね。
市販品でDelta graphやKaleida graphもありますが、周りで使っている人がいないので、使い心地はわかりません。。
また、自分にとっては高嶺の花です。

どのようなソフトが適しているのか、またどのようなソフトで作成されているのか教えて頂けないでしょうか。
ちなみに今まではExcel・Powerpoint(オートシェイプ機能)・Visioを用いてました。
当方PCの環境はWindowsXP・MacOS9.2。
論文の内容は医学系で、主に散布図・回帰曲線・折れ線・ROC-curveなどを書きます。
宜しくお願い致します。

自分は院生なのですが、質問させてください。

よく論文中に載せられているグラフってどのようなソフトで作成されているのでしょうか。。
というのは、Excelでほとんどのグラフは書けますけど、点をわずかにずらす、とか、目盛りを飛ばしたりするような細かい操作ができないので(自分が知らないだけ?)。
知り合いの先生は有名な論文に出されているのですが、Adobe illustratorを使っていました。高いですよね。
市販品でDelta graphやKaleida graphもありますが、周りで使っている人がいないので、使い心...続きを読む

Aベストアンサー

私は主にグラフソフトを以下の3つの目的に利用してい
ます。
1)測定データを可視化し、すばやい判断をおこない
次の実験条件を決めたりするため
2)回帰分析などを行って、実験結果をじっくり
解析するため
3)実験結果をまとめて、学会用、論文用の図をつくる
ため

この目的のうち、私は1を重要視して、KaleidaGraph
を使っています。折れ線グラフや散布図といった、
私が頻繁に利用するグラフの場合、このソフトが私に
とって一番直感的なインターフェースを持っているから
です。とにかくわかり易いです。

 KaleidaGraphの弱点は、
・複雑なデータ処理がやりにくいこと
・EPS出力ができないなど、出力関係が弱いこと
・複数のグラフを上下に並べるといったことが
 しにくいこと
・濃度分布を始めとする三次元系など、複雑な
グラフがかけないこと
・データ、グラフの一枚一枚が別のファイルとして
保存されるので、データやグラフの管理がやりにくい
こと

などです。

 つまり目的2や目的3(特にTeXを利用した論文作成)
にはあまり向いていません。

 私はExcelやCの自作プログラムを併用することで
目的2に対処しています。目的3には、フォトショップ
やパワーポイントを併用することで対処しています。

 ただ、TeXを使った論文作成をよくするなら、Igor
のように、複雑なグラフを直接EPSではけるソフトのほう
がいいかもしれません。(Igorも触ったことがあります
が、ちょっととっつきにくい感じがしました。)

手書きをすることを思えば、Powerpointでもグラフ
はかけなくはないですが、プロットすべき点が多くなる
と、とんでもなく手間がかかります。また、回帰曲線
などは正確に描画できません。

目的1および2なら、Excelでもそれなりに対処
できますが、目的3に用いることができるような
グラフを書くためには、結構な努力が必要です。

あまり、複雑なグラフをかかれていないようですので、
個人的にはKaleidaGraphをおすすめします。

私は主にグラフソフトを以下の3つの目的に利用してい
ます。
1)測定データを可視化し、すばやい判断をおこない
次の実験条件を決めたりするため
2)回帰分析などを行って、実験結果をじっくり
解析するため
3)実験結果をまとめて、学会用、論文用の図をつくる
ため

この目的のうち、私は1を重要視して、KaleidaGraph
を使っています。折れ線グラフや散布図といった、
私が頻繁に利用するグラフの場合、このソフトが私に
とって一番直感的なインターフェースを持っているから
です。とにかくわか...続きを読む


人気Q&Aランキング