万里の長城にはどんな謎があるのですか?

A 回答 (6件)

#5さんへ



玉門関、陽関は漢代長城ですが、これはもっと西まで行っていた可能性があります。
正確にはどこだったか忘れましたが、確か、カシュガル近くだった気がします。
おそらく最も古いといわれる天山南道(西域北道)を守るように延びていたんじゃないでしょうか。

嘉峪関は明代長城の西端の関ですが、長城そのものはここから南に走って黄河に到達しています。
なので、河西回廊は囲まれています。

Google Earthが使えるなら、参考URLにあるプレースマーク集で現存する長城が確認できます。

参考URL:http://google-earth-travel.net/moon/index_50_6.h …
    • good
    • 0

>万里の長城にはどんな謎があるのですか?



昔から不思議に思っていたのですが、東は黄海に入る形の老龍頭長城で仕切られていますが、西は玉門関または嘉峪関、陽関でおしまいになり、河西回廊を迂回してしまえば廻り込めると思っていたのですが。西域が混乱しなかったわけではなく、費用がかかるのは分かるのですが、なぜ長城をもっと南に伸ばして、チベットを区切るように延長しなかったのか不思議です。西から攻められることを考えなかったのでしょうか。
陽関などは行ったことがありますが、砂漠とはいえ岩砂漠で、通行ができないわけでもないように思うのですが。

回答になっていなくも思いますが、私の思っている長城の不思議です。
    • good
    • 1

誰も通るはずがない切り立った崖の上にもある(司馬台長城望京楼)

    • good
    • 0

宇宙から見えるかどうか, よくわかんないらしい.


中国の「里」は日本の「里」よりはるかに短い (500m だって) ので「万里」は正しい>#1.
    • good
    • 0

ずーっと内陸の方ではいまだに「家を建てるのであそこ(=万里の長城)にあるレンガを使おう」と持ち去られ毎年数十キロが消失しているらし

    • good
    • 0

 長さが1万里もない。

(あれば地球一周してまんがなw)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【仏教】精進の神であるマカヴァーはどんな姿形をして

【仏教】精進の神であるマカヴァーはどんな姿形をしてますか?

Aベストアンサー

はじめまして

インドラ神の別名ですね。
wikiをみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9

Q大日如来とはどんな神様なのですか?

大日如来とはどんな神様なのですか?

Aベストアンサー

大日如来は真言宗の最高の仏様です。
大日如来は全てのものを生み出す本源である宇宙、あるいは不生不滅である宇宙の真理を表します。
真言宗に阿字観という瞑想がありますが、阿字というのは大日如来のことです。
阿字観では大日如来(宇宙)と自分が一体となるように観想します。
そして阿字観を熱心に行うことで悟りが開け、自己の本性は不生不滅の宇宙であったと理解します。
仏教では諸法無我といって、私という存在を認めません。つまり宇宙から分離している個人としての私は幻想なのです。
自他を分別する心が私という幻想を生んでいたのです。

Q中世の時代の妖怪が絶滅した大型生物である可能性はないのですか?

東洋、西洋ともに、中世以前には妖怪とか怪獣に関する物語が数多く残されています。
一方、1万年ほど前の更新世まではマンモス、サーベルタイガー、メガテリウムなどの巨大生物が繁栄しており、その後人類の関与により急速に絶滅に向かったとされています。また、ネアンデルタール人など、現生人類とは別種の人類も更新世までに絶滅したということが地質調査の結果わかってきています。

これらの巨大生物や人類の別種が完全には絶滅しておらず数百年前の中世まで細々と生存していて(個体数が少なかったため化石には残っていない)、それらの生物が当時生活していた現生人類にとって恐るべき怪獣や妖怪として認識されており、現代に至るまで物語として残っているという可能性はないのでしょうか?

私は、中世の時代まで多くの物語にある怪獣や妖怪といった存在は、実際に存在していたからこそ物語に残されているのではないかと思っているのですが。
現代においては絶滅しているので確かめようがないと言ってしまえばそれまでですが。

Aベストアンサー

No.4です。
イヌイット(エスキモー)の民話には実際に、マンモスが登場するものがあります。『世界の民話(24)エスキモー他』(ぎょうせい)に3話ほど採録されています(未読ですが、青土社の『エスキモーの民話』にもあるようです)。ただし妖怪・怪獣と言うより、「伝説的な狩猟対象」という扱いです。
なおシベリアのユカギールという民族は、マンモスの霊を信仰するようです。この場合はやや霊獣化しているとみていいかもしれません。
http://www.jiten.info/dic/horuhutoaibi.html
また、マンモスの骨が「一ツ目の巨人の骨」と思われていたという話も聞きますね。
https://books.google.co.jp/books?id=lBAmBAAAQBAJ&pg=PT17&dq=%E2%80%9D%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9%E2%80%9D%E3%80%80%E2%80%9D%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E2%80%9D&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiirs7v2PjJAhWFGaYKHbU9AaUQ6AEIJTAA#v=onepage&q=%E2%80%9D%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%B9%E2%80%9D%E3%80%80%E2%80%9D%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E2%80%9D&f=false

> 中世は数百年前ですから既に絶滅していたとしても、1000年以上前、もしくは紀元前の古代には巨大生物の生き残りは結構いたように思うのですがどうでしょうか。
発掘のあまり行われていない土地なら、可能性はあります。ただそれが、妖怪伝説と結びつくかどうかは未知数です。
やはり妖怪と絶滅動物が、どの程度似ているかがカギになりそうです。「伝承されている(または絵画などに表された)妖怪の特徴が、偶然では説明がつかないほど、絶滅した特定の動物に似ている」という事実があれば、検証する価値はあると思います。問題の動物が人類と共存していたという証拠(骨など)が出てくれば、仮説は実証に大きく近づきます。
日本は比較的発掘調査が盛んなので、国内の妖怪については望み薄でしょう。海や湖の妖怪なら、可能性はあるかもしれませんが。

なお、「絶滅したはずの動物が、実は比較的近年まで生き残っていた」というモチーフは、星野之宣の漫画でよく使われています。『エル・アラメインの神殿』のほか、『宗像教授伝奇考』にも似たような話がありました(3巻「牛王の訪来」、4巻「縄文の虎」など)。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g15064404/
もちろんこれらはフィクションですが、ご参考までに。

No.4です。
イヌイット(エスキモー)の民話には実際に、マンモスが登場するものがあります。『世界の民話(24)エスキモー他』(ぎょうせい)に3話ほど採録されています(未読ですが、青土社の『エスキモーの民話』にもあるようです)。ただし妖怪・怪獣と言うより、「伝説的な狩猟対象」という扱いです。
なおシベリアのユカギールという民族は、マンモスの霊を信仰するようです。この場合はやや霊獣化しているとみていいかもしれません。
http://www.jiten.info/dic/horuhutoaibi.html
また、マンモスの骨が「...続きを読む

Q質問なのですが、ホオズキと狐でなにか関係していることなどありますか?知っていたらぜひ教えて頂きたいで

質問なのですが、ホオズキと狐でなにか関係していることなどありますか?知っていたらぜひ教えて頂きたいです!お願いします!

Aベストアンサー

百鬼夜行に参加する時に狐がホオズキの提灯を持っているという描写の小説や漫画があります。

「xxxHOLIC」18話 ホオズキ
「鬼灯(ほおずき)の冷徹」

Q淡路島の地名の謎について

兵庫県淡路島に行ってきました。

それはそれは、読めない地名が多いです。
古事記の時代のような、難解地名が多かったです。

これは、淡路島が古代より隔離されたためしょうか?
どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

隔離などされていません。むしろ古代より皇室や朝廷に海産物などの産品を献上してきた御食国(みつけのくに)として密接な交流がありました。そうした関係で古くから朝廷と関わりのある地域が多く、それらに由来するところから名前が付いた地区が多いという事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報