//////////////////////////////////////////////////////////
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation license, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation license".
//////////////////////////////////////////////////////////

と画像のライセンスには書いてありますが、これはあるソフトを使って作成した画像で著作権はフリーという捉え方でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その英文を日本語訳すれば、「あるソフトを使って作成した画像で著作権はフリーという捉え方」は、ふつう、できないと思いますが...(失礼ですが、ちゃんと読みましたか?)



結論的にいえば、正しく利用条件を守って使うのは、かなり難しいです。著作権法に関する高度な知識と、GFDLの難解な(ときとして意味不明な)利用条件を正しく理解していないと、かなり高い確立でライセンス契約違反になります。

なお、質問文の中で引用されている英文の仮訳をしておきます。

(仮訳)
フリーソフトウェア財団の発行するグヌー自由文書利用許諾契約書のバージョン1.2またはそれ以降の条件の下で、本文書を複製すること、頒布すること、および/もしくは改変することが認められています。不可変更部分、表表紙テキスト、裏表紙テキストは、ありません。利用許諾契約書の複製は、「GNU Free Documentation license」と表記された部分に含まれています。
(仮訳、以上)

Wikipediaの文章部分については、GFDL(GNU Free Documentation license)が適用されます。この点についての簡単な説明は、以下の回答を参照してください。
[ http://okwave.jp/qa4107020.html ]

より正確には、Wikipediaの以下のページ(特に、「2 複製、改変、再配布などの利用をされる方へ」のセクション)を参照してください。
[ http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%91%97 … ]

Wikipedia内で使用されている画像、音声などの利用条件は、上記のセクションにもかかれている通り、以下のページを参照してください。
[ http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E3%83%A1 … ]

なお、「著作権はフリー」という言葉は、「無料で使える意味」なのか、「著作権の包括的ライセンスの意味」なのか、「著作権放棄の意味」なのか、「それ以外の特別な意味」なのか、分かりません(これら、すべての意味で用例があります)。どの意味で使っているかによって、何をして良く、何をしてはならないかが大きく変わってきます。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTHE Q PUBLIC LICENSE

jpgraphと言う、外国のphpソフトウェアの利用許諾書の表題に、THE Q PUBLIC LICENSEと書かれていました。
 この Q とは、どういう意味を持つのでしょうか?

Aベストアンサー

>つまり、jpgraphはQt toolkitを用いて作成されており、その利用規約に制限されていますよ~ということを示している、と解釈して問題ないでしょうか?

かもしれません。Qのライセンス規約を全部検討したことがあるわけではないので正確なところはわかりませんけど、多分Qtを使っているソフトもQライセンスの支配下になるような規約だったと思いますので、jpgraphもQライセンスの支配下になると思います。

Q交通事故,損害賠償,副業(農業収入),日本不在

初めまして。
損害賠償のことで困っております。
皆様のお知恵をお借りしたいと思い投稿させて貰いました。
(似たような質問もあったのですが,多少異なる部分もあったため)

先月19日に追突事故を起こしました。一方的に私が悪い(被害者:私=0:10)です。事故直後は被害者立ち会いのもと,警察を呼び,現場検証を行い,保険会社に電話をするという最低限のことを行いました。
後日,警察署に行き,調書にサインをし,被害者の方と会い,改めて謝罪に伺いたいとお願いをしましたが断られ,見舞品も受け取って貰えませんでした(被害者からご自宅の住所は教えて貰えず,その後も電話で何回か御見舞の申し出を行ったのですが受け継いで貰えませんでした)。

保険会社さんの方で色々と被害者の方の休業補償などを対応されているようなのですが,今朝(9月13日)被害者の方から以下の内容の電話を受けました。
“事故から2週間を超えているが,現在も病院に通われている。それと,本来収穫するはずだったトウモロコシの出荷ができず35~7万円くらいの損害がでた。保険会社は副業については支払わないと言ってるから,お前に支払って貰う”とのことでした。

ここで疑問に思ったことなのですが,
1)休業補償は原泉徴収から計算されるわけですから,農業収入を確定申告していれば,その分も含まれる形にはならないのでしょうか?農業は季節ものですから計算が複雑になるのかもしれませんが…。

2)農作物をダメ(8/25に農場へ行ったが固くなり,農協へ出荷できない)にした後の最大の被害額を請求するというのは補償額の計算として妥当なのでしょうか?
不謹慎な考え方なのかもしれませんが,私に収穫期日を事前に知らせて頂ければ,農事組合法人や農協を介して作業委託するなどの対応を取っておりました。そうすることで,被害者には本来入るはずだった収益がちゃんと入り,私は人件費+農作業機械のリース代で済んだことになります。事が大きくなってからの被害額を申請されて困っていますが,やはり加害者なので支払わなければならないのでしょうか?

3)最後に,示談金で解決されるのが被害者の方も一番納得されるのでしょうが,実は現在仕事の都合で海外に行っております。1年間日本へは帰国できない状態です(原則で禁止されています)。9月に来たばかりなので銀行口座も開設しておらず,送金もできません(仮に送金して示談しても,領収書を貰ってからの送金ではないので,なんども引っ張られるのでは?という恐怖もあります)。
また,仮に損害賠償訴訟を起こされた場合(加害者本人が出頭するのが当たり前だと思いますが),どうしても出頭困難な場合は代理人などで対応して頂くということは可能なのでしょうか?

皆様のお知恵や経験上の御助言などがございましたら,ご教示して頂きたく存じます。よろしくお願いします。

長文なうえ,適切な文章表現になっているかどうかもわからない若輩ものです。そのため,被害にあわれた経験のある方で,表記上の問題で御気分を悪くされましたら誠に申し訳ありません。

初めまして。
損害賠償のことで困っております。
皆様のお知恵をお借りしたいと思い投稿させて貰いました。
(似たような質問もあったのですが,多少異なる部分もあったため)

先月19日に追突事故を起こしました。一方的に私が悪い(被害者:私=0:10)です。事故直後は被害者立ち会いのもと,警察を呼び,現場検証を行い,保険会社に電話をするという最低限のことを行いました。
後日,警察署に行き,調書にサインをし,被害者の方と会い,改めて謝罪に伺いたいとお願いをしましたが断られ,見舞品も受け...続きを読む

Aベストアンサー

 誠意が伝わらないのは悲しく残念なことですね。

 今すべきことは、mouseichuu さんが日本不在でもあるので、事故に関する全てのことは保険会社に一任してしまうのが賢明でしょう。すべきことはきちんとされていて、謝罪やお見舞いを断ったのは被害者側ですから、直接応じることはないでしょう。ですから、被害者からの要求は「全て保険会社に一任していますので、担当者と話し合って下さい。」と伝え、「謝罪もお見舞いもお断りになったということから、直接の話し合いは拒否されたという解釈をしております。従いまして、保険会社の担当者に一任しておりますので、以後直接の交渉は控えさせて頂きます。」という内容証明付き郵便を出して下さい。住所が不明ですから、保険会社経由で出せばいいでしょう。
 これで1と2はここで終了となるか保険会社の成果次第で、結果は自ずと出てきます。3に関しては、裁判にまで持ち込んでも被害者の得とは思えませんから、恐らくそこまで発展しないと思いますが、万一、訴訟を起こされたとしても民事訴訟ですから、証人として出廷要請がない限りは代理人、つまり弁護人だけで審理可能です。

 誠意が伝わらないのは悲しく残念なことですね。

 今すべきことは、mouseichuu さんが日本不在でもあるので、事故に関する全てのことは保険会社に一任してしまうのが賢明でしょう。すべきことはきちんとされていて、謝罪やお見舞いを断ったのは被害者側ですから、直接応じることはないでしょう。ですから、被害者からの要求は「全て保険会社に一任していますので、担当者と話し合って下さい。」と伝え、「謝罪もお見舞いもお断りになったということから、直接の話し合いは拒否されたという解釈をしております...続きを読む

Q離婚,元夫の自己破産,共有名義のマンション(ローン残有),競売について

去年の11月に夫の借金が原因で離婚いたしました(子供はいません).現在共有名義のマンションの件でとても困っています.
結婚する際に中古マンションをリフォームして購入いたしました.マンションは私と元夫の共有名義で,私が3割,元夫が7割になっています.現在ローンの残高は約870万円残っております.ローンは夫の名前でくみましたが,私は連帯債務者です.離婚の際に,共有名義のマンションはローン付で私に譲渡するとゆう約束(離婚協議書作成しております)だったのですが,マンションの名義変更手続の途中で,夫の債権者がマンションを仮差押したため,結局名義は移せていない状態です.
その後,元夫は自己破産の申請をして,今は,管財人がいろいろ手続きをしている途中です.その際に,名義が移せていない物件(共有名義マンションの7割)は,元夫の財産とされるらしく(譲渡の話しは無効になるそうです),7割分を私が買い取るとゆう形で管財人と話しをすすめてきました.
ところが,先日マンションの現在の価格が1610万円と査定され,元夫の持分(10分の7)は1130万円になる.ローンの残高の3割は私のものなので,ローンの残高を全て私は払ったとしても,
1130万-約600万(870万×7割)-50万(離婚後私が支払ったローンの7割分)+100万(離婚するまでに支払ったローンの3割)=580万
が加算されるとゆう計算結果がでてきました.
私は現在派遣社員で,ローン残高870万にプラス580万の支払いは到底できません.
現在私は,その共有名義のマンションに住んでおり,これからもそこに住もうと考えています.だから,私の持分を合せて売却するつもりはありません.
金額は話あいましょうと管財人に言われていますが,私はどんなにがんばってもローン残高870万+100万円くらいまでしか払えません.580万円を100万円まで下げて欲しいといっても,具体的な理由が見つからず,この金額では話し合いはまとまりそうにありません.
何か,金額を100万円以下まで下げるいい方法はないでしょうか?

また,このまま話し合いがまとまらない場合は,私が今住んでいるマンションの7割分だけを競売にかけられるようになるのでしょうか?そうなった場合に何かトラブルは発生してきますか?

私の希望は,ローン残高分(プラス100万円くらいまで)を私が支払い,マンションを全て私の名義にしたいです.
以前に,管財人が「もし管財人と私の間で金額が折り合わず,売買が成立しないで,競売にもかけられない場合,財産放棄します」といっておりましたが,そうなった場合,マンションの名義はどうなるのでしょうか?

いろいろ調べてみましたが,どうしたらよいのかわからず困っております.どうか,良い方法がございましたら,アドバイスよろしくお願いいたします.

去年の11月に夫の借金が原因で離婚いたしました(子供はいません).現在共有名義のマンションの件でとても困っています.
結婚する際に中古マンションをリフォームして購入いたしました.マンションは私と元夫の共有名義で,私が3割,元夫が7割になっています.現在ローンの残高は約870万円残っております.ローンは夫の名前でくみましたが,私は連帯債務者です.離婚の際に,共有名義のマンションはローン付で私に譲渡するとゆう約束(離婚協議書作成しております)だったのですが,マンションの名義変更手続の...続きを読む

Aベストアンサー

(1)一番シンプルな解決方法としては、マンションを外部に売却して残金を7:3で分ける。仮に評価額1610万円で売れたら残債務870万円を一括返済して、残金740万円を7:3で分ければ質問者の取り分は222万円、夫の取り分は518万円になりここから夫の債権者が回収を図る事になる。(過去のローン負担のやりくり計算前)

(2)このまま質問者が何もできないままで、競売の手続になれば売却価格が下がる(恐らくは)ので、最終的に物件処分しても質問者の手取りが小さくなるだけ。競売については、7割部分だけの処分でなく全体を処分して、質問者の3割持ち分は金で解決することになる。競売価格が1610万円×80%=1288万円と仮定すれば、夫の取り分は(1288-870)×70%=293万円(競売価格が70%なら180万円)

(3)夫の債権者の期待値が、上記の(1)と(2)の間にあるので、質問者が残りの70%の持ち分を買取りたいというなら、293万円~518万円の幅で管財人と交渉する必要がありそうで、100万円というのは「話にならない」水準と受取られるでしょう。(質問者に支払力の有る無しではなく、担保物件の客観的な価値がどうか、という問題)

(4)管財人との交渉ラインとしては、最悪競売に移行した場合の処分価格を70~80%として、夫に対して200~300万円+過去ローンの差額50万円の250~350万円を支払うので、ローン負債付きで70%の夫名義部分を妻に名義変更する(仮差押も解除する)。その上でローン銀行(住公?)とは、質問者が単独で残債務870万円を出来る限りの分割返済継続を交渉する、というのが現実的な落とし所のように考えます。(管財人の言う価格についての相談が出来るレベル)

(5)交渉のスタンスとしては、質問者が今の自宅に住み続けたいという気持ちを出すほどに、管財人からは「では評価額で持ち分を買って下さい」という流れになります。「最悪は競売にかけても構いません」という所からスタートできれば、物件価格の前提が競売前提の価格からスタートするのではないか、と考えます。

(6)住宅ローン部分を一括返済するのではなく、今後の交渉で一部繰上げ返済・残部分を分割返済を継続できないか、という部分は融資している金融機関側の判断ですので、現時点で確定できない点は含み置き願います。

(7)管財人による財産放棄云々は、「管財人は対象のマンションについては関知しないので質問者とローン銀行及び差押債権者とで好きに交渉して下さい」という事態になる、ということでしょう。

(1)一番シンプルな解決方法としては、マンションを外部に売却して残金を7:3で分ける。仮に評価額1610万円で売れたら残債務870万円を一括返済して、残金740万円を7:3で分ければ質問者の取り分は222万円、夫の取り分は518万円になりここから夫の債権者が回収を図る事になる。(過去のローン負担のやりくり計算前)

(2)このまま質問者が何もできないままで、競売の手続になれば売却価格が下がる(恐らくは)ので、最終的に物件処分しても質問者の手取りが小さくなるだけ。競売については、7割部分だけの処分...続きを読む

Q自分のミスで会社が負債、給料が2,3,4,5月分未払いなのですが

 23歳です。バイトで、トラックによるルート配送をしていました。それが、自分のミスで、仮眠で寝過ごし、遅れたために、うちの会社は取引先に契約を切られ、他の取引先にも信用問題で契約を切られる大損害を被ってしまいました。親会社にも大きな被害が及びました。

 それで、くびだとかはっきりは言われていなくて、でも仕事は入らなくなって、給料が2、3、4、5月分が未払いのままです。

 社長は、僕を一切責める事はありませんでした。ものすごい被害を被った責任は自分にあった事はわかっています。それで、給料を頂きたいということはやはり言えた立場ではないでしょうか。事件を起こしたのが5月の事で、それ以前の給料については、二月頃からずっと社長と会える機会がなかったため、そのうちに貰おうと思っていて結局もらっていない状態でした。

 今日、久しぶりに連絡を取ったら、従業員を大幅に解雇し、仕事がないどころか、責任を取らされる形で無償で仕事を負わされているものがあるとの事でした。ますます、重大さを知らされました。社長もはっきりと怒ったり、払えないとは言われず、ただ現状の厳しさを言われるので察しろという事でしょうか。

 自分も、結構な労働を堪えてやってきた事があるものですから、やはり諦めきれないものがあります。しかし一方で、会社や親会社に負債を負わせ、多くの人に迷惑の一言ではすまされない事をしてしまった事は自覚しています。

 まず、給料についてはやはりもらうべき権利などないのでしょうか。道理的にはそんな立場でないことは分かっていますが、はっきりと事実を認識したいと思います。
 また、逆に自分は本来はその負債を負うべき立場にあるのでしょうか。全て責任を負ってくださっている社長には申し訳なくて、何と言えばいいのかわかりません。

 僕はどうしたらいいのでしょうか。

 23歳です。バイトで、トラックによるルート配送をしていました。それが、自分のミスで、仮眠で寝過ごし、遅れたために、うちの会社は取引先に契約を切られ、他の取引先にも信用問題で契約を切られる大損害を被ってしまいました。親会社にも大きな被害が及びました。

 それで、くびだとかはっきりは言われていなくて、でも仕事は入らなくなって、給料が2、3、4、5月分が未払いのままです。

 社長は、僕を一切責める事はありませんでした。ものすごい被害を被った責任は自分にあった事はわかってい...続きを読む

Aベストアンサー

本当についてないですね。よりによってそういう大事になときに寝過ごしてしまうなんて;;

今後のことですが、会社は辞めた方がいいと思います。
たとえ社長が許したとしても、解雇された従業員はあなたのことを恨んでいるでしょう。張本人がそのままで、非のない者が解雇されたことになります。残っている従業員の目も厳しいでしょう、親会社もそうでしょう。

社長はそういうことを考慮して給料を払らわないのかもしれません。
社長に率直に辞めた方がいいですか?と聞いてみては如何でしょうか。

憶測になりますが、あなたが直接負債を追徴されることはない可能性が高いと思います。
あなたの過失がきっかけかもしれませんが、そもそも取引先との関係には問題があったはずです。
あとはアルバイトという立場と過失の内容、そしてもし請求されるなら、
むしろ上司に賠償責任が発生するからです。

Q預金差押中に,相手が勝手に支払ったときは,どうなりますか?

裁判所で和解した金額を期限内に私の銀行口座に支払うという約束でしたが,履行されず,何の連絡も来ないままになりました。
なので,裁判所に銀行預金口座の差押請求をしました。
その後,銀行から差押した旨の回答文書が私に郵送されました。
この後,債務者(相手)に差押をした旨記載された文書が裁判所から送付され,債務者が受け取ってから1週間後に私が差押口座からお金をもらうことができるようです。
私としては相手の銀行の記録に残るので,差押 > 差押として,相手の口座から差押分を受け取りたいのです。

ここで,1週間という期間が空くわけですが,その間に相手が勝手に私の口座にお金を振り込んできた場合の質問です。

私が差押の金額を銀行から受け取ったときのケース
 1.私が私の銀行口座の残高や取引内容を銀行から受け取るまで調べず(記帳せず)にいて,銀行から受け取った後に,相手が振り込んできていたことが判明したとき。
 2.相手が振り込んできたことを知ったが,その後に,銀行から差押分を受け取ったとき。

1.や2.のいずれの場合も,支払期限後の振込なので,私は相手が何故振り込んできたのか,理由も,何のお金なのかも不明な状態だと思います。

銀行差押のお金を受領してから,相手が返せと言って来たら,相手への振込手数料を差し引いて返金すればよいのでしょうか?

裁判所で,目黒の差押執行部署に電話で聞いても,「当事者同士でもめなければ」などと曖昧な返事でした。

ここで,私が口座の残高を,1週間毎日確認する義務は無いと思います。

先の質問に関して,もし私が銀行からお金を受け取った場合に,相手から何か因縁をつけられる隙となってしまったり,訴えられる根拠のようなもの(2重支払・2重受取だ)などとされる危険性があるのでしょうか?

裁判所で和解した金額を期限内に私の銀行口座に支払うという約束でしたが,履行されず,何の連絡も来ないままになりました。
なので,裁判所に銀行預金口座の差押請求をしました。
その後,銀行から差押した旨の回答文書が私に郵送されました。
この後,債務者(相手)に差押をした旨記載された文書が裁判所から送付され,債務者が受け取ってから1週間後に私が差押口座からお金をもらうことができるようです。
私としては相手の銀行の記録に残るので,差押 > 差押として,相手の口座から差押分を受け取り...続きを読む

Aベストアンサー

>不当利得をしたという状態になり,故意または過失として行為したとみなされること,損害賠償責任が生じるということがわかりました。

 不当利得返還請求は、受益者(本件では御相談者)の故意、過失を問いません。利得に法律上の原因がないこと、利得と損失に因果関係があることが成立要件になります。例えば、御相談者が取り立てた後に、相手方が誤って御相談者の口座に振り込んだ場合、御相談者には故意や過失はありませんが、不当利得として返還する義務があります。
 一方、不法行為に基づく損害賠償請求は、加害者の故意又は過失が必要になりますが、御相談者が利得を得ている必要なく、加害行為と損害の発生に因果関係があればよいことになります。
 つまり、不当利得返還請求の場合は、受益者は利得以上に返還する必要はありませんが(悪意「法律上の原因がないことを知っていること」の受益者の場合は除く)、不法行為に基づく損害賠償請求の場合は、因果関係が認められれば利得を得た以上の額の金銭の賠償をしなければならなくなります。
 ですから、振り込みを確認しないことが直ちに過失にあたるかどうか争う余地はありますが、将来生じる法的紛争のリスクを避けるためには、直前にでも口座を確認した方がよいです。

>不当利得をしたという状態になり,故意または過失として行為したとみなされること,損害賠償責任が生じるということがわかりました。

 不当利得返還請求は、受益者(本件では御相談者)の故意、過失を問いません。利得に法律上の原因がないこと、利得と損失に因果関係があることが成立要件になります。例えば、御相談者が取り立てた後に、相手方が誤って御相談者の口座に振り込んだ場合、御相談者には故意や過失はありませんが、不当利得として返還する義務があります。
 一方、不法行為に基づく損害賠償請求...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報