「生産高」とは、ある期間に、会社が生産をした量(ボリューム)を
金額に換算した量だと言うことはわかるのですが、具体的に、どういう
計算方法で求めるのが正しいのでしょうか?
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫
  →この計算では、製品を完成させた量の金額が計算できます
 ○販売高+期末製品在庫-期首製品在庫+期末仕掛品-期首仕掛品
  →この計算では、製品を完成させた量というよりは、製造途中の
   製品も生産高に反映される事になると思います。製造途中の
   ものも生産活動の結果ですので、ある意味生産高に反映される
   べきだとも思うのですが、どうなんでしょうか?

この辺りの計算について、詳しい方がおられましたら、ご教授いただ
けると有り難いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

製品アイテムを原単位として原価計算させれば生産高を金額表示できるのは理論としては可能です。

しかし、実際は受注生産だと同品種でもワンロットの内数が違うこともありますし、見込み生産でも稼動日数によって製品原価がぶれますし、歩留まりの問題もあります。人員数による場合とか作業者個人の出来高の個人差や、賃率も加給賃率とミックスされているケースもあります。
という理由から原価で表現するよりも売価で表現するほうが、金額決めについて管理しやすいので無難に思われます。ただ、学問としては生産高は原価で表示するのが原則となっています。
売価で表示する場合は完成品も売価、仕掛品も売価X進捗率で表示できます。ただし、この種の計算については一般的なものは存在しないと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
ぜひ、参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2008/07/31 14:30

残念ながら「生産高」を量でなく金額で表現するのはかなり難しいと思います。


>販売高+期末製品在庫-期首製品在庫+期末仕掛品-期首仕掛品
この方法だと売価と原価が入り混じるし、仕掛品の評価方法によっては出てくる金額についてあいまいさが残ります。
原単位が決められていて、且つ仕掛品の評価基準がしっかりしていれば生産高を金額で正確に表示できるとは思われます。
また、販売高を販売原価にして計算すれば精度は若干上がるかもしれませんね。しかし、その場合は今度は完成品(製品)在庫の評価方法が問題になってきます。「生産高」を金額で出すのは答えの永久にでない「円周率」みたいなものです。あるいは無理して出しても屁理屈をこねた独りよがりになりがちです。
ちなみに当社では(販売高+期末製品在庫-期首製品在庫+期末仕掛品-期首仕掛品)か、(製品原価X数量)を生産高と称しています。

この回答への補足

仰る意味わかります。金額に換算する上では、計算式にあてはめる
値が「売価」を基準にしているのか、「原価」を基準にしているか
統一しておかないと、計算結果が意味のない数字になってしまいま
すよね。更に仕掛品を計算式に含めたとして、売価を基準に考える
場合については、「仕掛品の売価」については、何らかの方法によ
り換算する必要性が出てきますね。そこまではよくわかります。
ところで、私の質問にもどりますが、「仕掛品の売価換算額」が
計算できるとするならば、生産高というのは、期間中に完成した
製品の量を金額(売価若しくは原価)ということではなく、
期間中に製造(製造途中の仕掛含む)した量を金額換算(売価
若しくは原価)したものという解釈が適切という考え方が一般的
なのでしょうか?

補足日時:2008/07/19 11:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生産金額について

いつもお世話になっております。

ご質問は、タイトルの通り、生産金額についてです。
有価証券報告書などを拝見すると、生産金額の算出方法について、生産数量に販売価格を乗じて算出されている印象を受けます。

そこで、質問なのですが、通常、「生産金額」に該当するものとは何を指すのでしょうか。

例えば、損益計算書(P/L)には「製造原価」という勘定科目があります。
生産金額とは、P/Lに記載されている製造原価全体の金額を指すのでしょうか。
それとも、製造原価全体の金額から研究開発費を除いた金額を指すのでしょうか。

どなたか、生産金額の考え方を教えて頂ければと思います。
ご教授の程、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは

”生産金額”は、会社によって異なった使い方をされているようです。
中には製造原価を表している場合もありますが、販売価格をもとに算出されているのであれば、
また生産金額とは別に、出荷金額などというものを区別して使われていない限りは、
#1さんが記載されているとおり、売上高と理解されて間違いないと思います。

Q出荷金額と売上高の違いについて

経産省が発行している、分野別の生産動態統計を見ています。
その中で出荷金額というデータがあったのですが、これは売上高とはどう違うのでしょうか。
例えば、タイヤの出荷額はトータルで1兆強といったところですが、ブリジストンだけで売上は3兆を超えています。
もしかして国内向けの売上だけをカウントした数字なのかなとも思ったのですが、そういった記述を見つけられず…。

ご存知の方いらっしゃいましたら、ご教示いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出荷額は実際に工場から表に出た製品の金額、売上は売買契約が成立した金額ですから=では有りませんしどちらが多い少ないと言う物でもありません。

ブリジストンについて言えば生産動態統計は日本国内の工場のみの額。
会社の売上には国外生産、国外売上を含む額ですし自動車用タイヤ以外もあります。
国内売上、生産ともに1/4程度です。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Q付加価値と加工高の違い

付加価値と加工高はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

付加価値は、生産高から外部購入価値を差し引いたものです。外部購入価値には、原材料、副資材、消耗品、販売運賃などのほかに機械設備などの製品に転化される減価償却費があります。中小企業庁の経営指標では、生産高から原材料費、外注加工費のような外部購入価値を除いたもの(減価償却費は付加価値とみている)を加工高(粗付加価値)として、これを使って労働分配率を算出しています、とつぎの場所には書いてあります。

どうも粗付加価値の別名のようですね。ただ、粗付加価値は厳密には,付加価値ではありません。

参考URL:http://www.hsc.or.jp/onepoint/z04.htm

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q仕掛とは何でしょうか

お世話になります。
IT運用関係の会社に勤務しております。

今、財税務について講義を行ってくださる上司がいるのですが、どうしても理解できない言葉に「仕掛(しかかり)」があります。
「仕掛計上」でググってみても「製造業の未完成品」としか出てこず、情報産業系で言う「仕掛」の位置づけや意味がわかりません。

自分なりに表にしてみたり、上司に訊いてみたりするのですが、いまいちピンと来ません。

どなたか、「仕掛」を分かりやすく説明してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか。
できれば、ケーススタディも付けていただけると助かります。

Aベストアンサー

ソフトウエアの開発(設計とプログラミング)には、建物の建築や船舶の建造と同じように日数を要します。開発作業が始まって同一会計年度内に開発作業が終れば(完成すれば)問題ないのですが、決算日を迎えても作業が終了しないとき、その状態を会計では「仕掛かり」とよび、仕掛かり状態のソフトウエアは「仕掛品」に計上します。

ソフトウエアの「仕掛品」を計上するためには、ソフトウエアの開発原価計算を行う必要があります。(建設会社や造船会社なら、建物や船舶の製造原価計算です。)


例:
一人のITエンジニアが2ヶ月間の作業で完成するソフトウエアがあるとします。二人のITエンジニアなら1ヶ月の作業で完成します。このソフトウエアの開発には2人・月の工数(人工)を要する訳です。

ITエンジニアの月給を40万円とすれば、このソフトウエアを開発するのに80万円の人件費を要することになります。これを直接原価と呼んだりします。

さらに、ソフトウエア開発には、パソコンのリース料や減価償却費、電気代、プロバイダ料金、電話代、事務所の家賃などの細々とした諸経費(間接原価)が必要になります。これらを集計すると人件費を含めて100万円の原価になるとします。

もし、一人のITエンジニアが開発作業に取り掛かって、1ヶ月が経過したところで決算を迎えたとしたら、このソフトウエアは製品ではなく、仕掛品に計上することになります。この場合、仕掛品の金額は50万円です。

ソフトウエアの開発(設計とプログラミング)には、建物の建築や船舶の建造と同じように日数を要します。開発作業が始まって同一会計年度内に開発作業が終れば(完成すれば)問題ないのですが、決算日を迎えても作業が終了しないとき、その状態を会計では「仕掛かり」とよび、仕掛かり状態のソフトウエアは「仕掛品」に計上します。

ソフトウエアの「仕掛品」を計上するためには、ソフトウエアの開発原価計算を行う必要があります。(建設会社や造船会社なら、建物や船舶の製造原価計算です。)


例:
一...続きを読む

Qシェアを比べたい(出荷額と出荷量と生産量と販売額) 

市場占有率の本を使って、シェアを比較しようとしたところ、出荷額と出荷量と生産量と販売額など比べている単位が違います。
やはり、そのまま鵜呑みにしてはいけないのでしょうか。
それとも「販売を正確に予測しての出荷」ということで出荷額と販売額は比べてもいいのでしょうか?
生産はまったく別なような気もします。
どなたかこういったことに詳しい方、どうか教えてください。また参考になる本やサイトを知っている方教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

そのまま鵜呑みにするのは不味いですよ。

出荷額と出荷量は、価格が一定である場合において同等となります。また生産量と出荷量は、在庫の増減がない場合において同等となります。同じように出荷額と販売額は、卸売・小売での在庫の増減がない場合において同等となります。
通常、価格は一定ではありませんし、在庫の増減もありますので、これらの数値は単純に比較することは出来ません。


市場占有率は、通常は販売額を用いて計算します。これは消費者サイドをベースに考えているからです。ただ、価格の変動分を除いた実質での市場占有率の変遷を見たいときなどには、生産量あるいは出荷量を用いることもあります。また、出荷額の簡便な指標として出荷額を用いることもあります。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報