プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

こんにちは。
タイトル通りなのですが、ジャニーズのチケットの複数申し込みに関して質問です。

例えばどうしても行きたい公演が、8月10日にあるとします。
勿論第一希望には8月10日と明記しますが、振込み用紙を何枚も使って第一希望に8月10日と書いて申し込むと抽選から外れてしまいますよね?

その後の第二希望以降についてが疑問なのですが、
【振込用紙1枚目】
第一希望:8月10日の2部
第二希望:8月10日の1部
第三希望:8月9日の2部

【振込用紙2枚目】
第一希望:8月10日の1部
第二希望:8月10日の2部
第三希望:8月9日の2部

【振込用紙3枚目】
第一希望:8月9日2部
第二希望:8月10日2部
第三希望:8月10日1部

例えばの話ですが、上記のような申し込み方をしても抽選対象外になってしまうのでしょうか?
このような第二・第三希望を含めた申し込みで抽選対象外になってしまう申し込み方などがあれば知っておきたいのです。

また、
・1名義で4公演以上申し込むと当選確率が落ちる
・同じ住所で名義を作って申し込んでも当たらない
など幾つか噂もありますが、これらは信憑性があるのでしょうか?

A 回答 (1件)

結論から言えば「重複申込にて無効」となります。


申込案内に「希望順位を入れ替えて記入した場合、重複申込となります」という記述があるかと思います。
第二、第三希望についてはあくまでも「参加希望は1日のみで、第一希望日が落選した場合、この日ならば行けます」という意味であり、
(一部・二部は別コードなので、同一日であっても第一希望・第二希望と記入するのは可です)
2回以上参加したい場合のみ2枚以上の申込書を使うことになります。

つまり、提示例では「1日しか参加希望ではないけれど、必ず第一~第三のいずれかの日に参加したいから3枚申し込む」ということを意味し、
重複カウントされてしまうというわけです。
ルールを守っていない申込はルールに則った申込よりも不利に扱われるとの記載もあるかと思います。

>・1名義で4公演以上申し込むと当選確率が落ちる
>・同じ住所で名義を作って申し込んでも当たらない
>など幾つか噂もありますが、これらは信憑性があるのでしょうか?

「コンサート事務局に法則なし」と言われています。
つまり、当たる人は当たるし、当たらない人は何をしても当たりません。
1名義で4公演以上申込すると当選確率が落ちる、と言いますが、確率が同じでも申し込んだ口数が多ければ当然落選数も多くなるだけの話では?
(たくさん引けば当たる可能性は高いけど、落選数も多くなる福引きと同じことです)
同一住所の他名義については、名義増やしと見なされるのか「実感」として当たりづらいとは思います。

いずれにしても、ジャニーズのチケットはどのグループも「それなりの倍率」ですし「プラチナチケット」だと思います。
申込案内書の説明を良く読んで、申込方法を遵守して申込するしか方法はないと思います。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング