私のプロバイダはocnです。いろいろなプランがありますが、よくその特徴、仕組みなどがわかりません。
 たとえば、40時間まで○○円というのは、インターネット40時間までならその○○円のみで、それ以上払わなくていいということですか?
 
 別の例として、うちでは時間無制限で○○円というプランだったような気がしますが、それは、「何時間使っても○○円以上払わなくてももいいですよ」と言うことなのですか?
 
 なんか以前、「その○○円のほかに電話料金がかかるから、使えば使うほど料金というものは増していくものだ」と言うことも聞いたことがあります。実際の料金の仕組みを教えてください。
 また、そのことを考えると最近耳にする「常時接続」と言うものは何なんですか。常につないでたら、どんどん料金が上がってしまうじゃありませんか。 
 ・・・なんか良く分かりません。なるべく詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

プロバイダーに支払うお金は、プロバイダーの利用料だけで、


電話料金は別になるのが普通なのですが、
NTTのOCNや日本テレコムのODN、KDDIのDION、東京電話インターネットなど、
電話会社が直営しているプロバイダーなんかだと、
通話料込のプランがある場合もありますね。
例えば、月10時間で1000円と言う料金があった場合、
普通のプランだと、1000円+電話料の2000円(3分10円として)がかかります。
コミコミプランであれば、10時間までは1000円です。
ただ、gessiさんのところは『時間無制限で○○円』との事ですので、
恐らく通話料は別でしょうから、プロバイダーの利用料は
何時間つかっても○○円以上は払わなくて良いですが、
インターネットに繋いだ分の電話料金がかかる事になります。

『24時間365日繋ぎっぱなしOK』これを『常時接続』と言います。
インターネットにハマッてしまった人にとっては、長時間繋ぐ時の
電話料金は悩みの種ですから、多くの人が『テレホーダイ』
と言うサービスを利用しています。これは、あらかじめ指定した
電話番号2つに対しては、夜23時~朝8時までの間は、何時間かけても
月額1800円固定と言うサービスです(遠隔地や、ISDNの場合値段が違います)。
が、夜中にしか使えない為、あまり有効に使えない常識人か、
毎晩徹夜ネットをしてしまい、寝不足で仕事にならない
非常識人を生み出す結果になってしまいました(笑)
昼間でもネットに繋ぎっぱなしにしたい場合は、
『専用線』と言う物をひく必要があり、これは月額42000円もするので、
なかなか手が出せないシロモノでした。

ケーブルテレビの会社が、自社のケーブルを利用して
『電話線よりも高速で、しかも電話料がかからない』と言うのを武器に
プロバイダー業界に参戦して来ました。
通話料がかからず、プロバイダー料金が無制限固定と言う事は、
24時間365日、ネットに繋ぎっぱなしにしても、
支払額が同じと言う事ですから、大変な魅力でした。
ただ、このサービスは、ケーブルテレビのサービス提供地域でないと受けられないのと、
ケーブル引き込みの為の工事が必要になるので集合住宅などでは、
色々と問題があって導入できない事が多くありました
(私もそれで諦めました)。

以前から『24時間OKのテレホーダイを!』と言う声が多かったのですが、
そこでNTTが生み出したのが『フレッツ』です。
最初は、デジタル回線であるISDNを利用した『フレッツISDN』だけだったのが、
最近になって、アナログ回線を利用した『フレッツADSL』も実用化され、
光ファイバーを利用した『光IP通信』もテスト中です。
このフレッツは、インターネットのみになりますが、
通話料が月額固定(ISDN=4500円<3/1から3600円、ADSL=4600円、
光=13000円)になると言うサービスです。
私も2/16からフレッツISDNに加入しましたが、
ヒマな時間はずっとネットに繋いでいます(笑)

参考ななるかどうかは判りませんが、私の料金プランなどを。
以前
プロバイダー(無制限)2500円+テレホーダイ1800円
+テレホ以外の時間に繋いだ分の通話料(少々)
で、5000円弱でしたが、これに
+徹夜ネットで会社で居眠りして解雇された分
がありました(笑)
現在
プロバイダー(フレッツISDN対応)2500円+フレッツISDN4500円
で、7000円です。仕事で容量の大きいデータを送る事があるのですが、
以前は昼間に送ると通話料がかかってしまう&モデムなので、
接続中は電話できない&キャッチホンなので、電話がかかって来ると
モデムが切られる(送るのに1時間かかるデータを、59分でキャッチ入ると
また1時間やり直しになる)ので、夜のテレホ時間に送っていたのですが、
テレホ時間はアクセスが集中するのでデータ送るのに時間がかかる
&夜中まで待っていると仕事の効率が悪い、などの問題があったのですが、
今は通話料は関係無いし、ISDNは電話入ってもオッケーなので、
昼間でも全然気にせず送れます。
料金が若干高くなった分は、仕事とインターネット懸賞にでも応募して
取り返す事にします(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、回答有難うございます。一人一人お礼してると大変なので(ものぐさですいません。)kenkenkentサンの欄を借りさせていただきます。
 皆さんの本当に詳しいご回答に感謝しています。インターネットに関する不安がかなり取り除けたと思います。素人の私が人に教えられるぐらいこれに関しては詳しくなったと思います。
 話は変わりますが、「常時接続」は、常に接続していなければいけないのですか?(セキュリティーの面が心配だから)これについては、自分でもどうでもいい質問ですが、ひまだったらでいいので回答してくれませんか。

お礼日時:2001/02/21 10:04

『常時接続』と言うのは、『常時接続してもオッケー』と言う意味で、


『常時接続していなければならない』と言う訳ではありません。
逆に言うと、gessiさんのおっしゃる様に、セキュリティの心配もありますので、
使わない時はこまめに切断を心掛けておいた方が良いでしょうね。
    • good
    • 0

OCNについて言えば


40時間まで○○円というのはプロバイダーの基本利用料金です
40時間を越えると超過料金がとられます
プランによって違いますが1分10円から7円
定額制プランはいくら使っても超過料金は有りません
これら全て電話料金は含まれていませんので接続している時間分
電話料金がかかります

フレンツIADNと言うのを使えば常時接続しても電話料金は定額です
これは接続先のTEL番号は1つです、それ以外は使えば使うほど電話料金はかかります

また、コミデプランは利用料金と電話代がセットになっています
月10時間で2350円で10時間を越えると1分10円の超過料金がかかります

もし貴方が現在月に10時間も使っていなければコミデプラン
また「フレッツ・ISDN」は電話代が定額と「フラットプラン」はプロバイダー利用代が定額の組み合わせで、月6,450円でつなぎっぱなし!
    • good
    • 0

まず、電話線を使ったインターネットに必要な料金は、



 プロバイダ利用料+電話代  です。

40時間まで2000円というプランであれば、
40時間まで「プロバイダ利用料」が2000円。
電話代はちゃっかりつないだ分だけ必要です。
大抵このようなプランの場合、プロバイダ利用料は
40時間までは定額、そのあとは、従量制(5円/分)という具合です。

時間無制限で3500円というプランであれば、
「プロバイダ利用料」は3500円。何時間使っても一定。
ただし、電話代はやはりその分だけかかってしまいます。

※最近では、電話代も含めて20時間4800円、などという
 プランも登場しています。(DIONやBIGLOBEなど。)
 これは、電話代を考慮する必要がないので、計算は楽です。

「常時接続」と呼ばれるものは、電話代も定額になっています。
電話線を使わない、たとえばCATVや光ファイバなどをつかって、
インターネットをする場合は、この線の利用料と、
プロバイダ利用料の両方が定額になっていますし、
電話線を使う「フレッツISDN」や「フレッツADSL」というプランなら、
電話代が固定されていますので、いくら使っても定額というわけです。

ちなみに、フレッツISDNは電話代を月額4500円(3月から3600円)に
固定したサービス。あとは使い放題のプロバイダ、たとえば、
ASAHIネットを利用すれば450円、合計4950円で、
電話代も、プロバイダ利用料も「定額」「使い放題」になります。

※厳密には「フレッツ」は常時接続ではなく、単なる「定額」。
 つまり、たまには切れることもありますよ、っていうサービスですが。
    • good
    • 0

ヘビーユーザーならフレッツを勧めます。

そういう私もヘビーユーザーです。3月1日から通信料金月額(定額)3600円(現在4500円)に値下げします。OCNの使い放題が1950円ですから、5550円(定額)でつなぎぱなっしと言うことになります。これ以上は、一切かかりません。使い過ぎていないかの心配は全くいりません。
    • good
    • 0

**時間までは****円となっていれば、プロバイダに支払うお金はその提示されている金額以上に請求される事はありません。



ただし、パソコンがプロバイダに電話を使って通信するので、その電話料金は使った時間に比例して増えます。パソコンがインターネット上のコンピュータと電話で会話してますから。人間が長話しするのと同じですから、今までの電話の感覚と同じです。

プロバイダのプランによっては、電話料金が込みになっている場合もあります。電話料金込みなのかそうでないのかはキッチリ確認しておきましょう。電話料金込みで**時間まで****円となっていれば、その****円以上は請求されません。

常時接続と言われているものはいろいろな方式があるんですけど、そう言われているものは使った時間によって料金を支払うのではなくて、一ヶ月いくらで決まっています。もちろん、月いくらですから、使っても使わなくてもそのお金が請求されますから、たくさん使うことが解かっている人なら常時接続タイプの契約をした方が安くすみます。

常時接続は今までの電話の感覚とちょっと違ってますね。解かりやすく言えば、NHKの料金みたいなもんですかね。月いくらでお金を払って、見ても見なくても支払うお金は同じです。ケーブルテレビとかもそんな感じでしょうかね。
    • good
    • 0

インターネットに接続するには二つの料金がかかります。

アクセスポイントまでの電話代とプロバイダの接続料金です。

アクセスポイントまでの電話代は使えば使うほど高くなるので、これを安くするためにタイムプラス、テレホーダイ、iアイプランと言った割引プランがあります。この内の一つとして、常時接続のためのフレッツがあります。これは1ヶ月間インターネットに接続しっぱなしでも電話代が一定というものです。(1ヶ月の利用時間、使う時間帯などによって自分にあったプランを選ぶのが賢い利用方法です。)
また、OCNにもありますが、電話代込みというプロバイダの接続プランがありあす。これはフリーダイヤルを使ってアクセスポイントまで接続し、(どこのプロバイダもこうだと思いますが、)電話代も合わせてプロバイダへ支払うというものです。これならば、月々のインターネット代の管理がしやすくなります。

次にプロバイダの接続料金の「40時間まで○○円」というのは、読んで字のごとく40時間までならば1時間しか使ってなくても○○円ということです。もちろん40時間を越えたときには△円/1分の超過料金がいります。無制限○○円ならば、月にどれだけ使おうが○○円しか払わなくていいというプランです。

月に何十時間も使うユーザーならば、フレッツ+無制限○○円とすれば、月々一定の料金でインターネットが楽しめると言うわけです。

以上は電話回線を使った接続の話で、他にもケーブルテレビ回線での常時接続というのもあります。また、どの場合にでも言えるのですが、フレッツならばISDNのTA(ターミナルアダプタ)やADSLモデムなどの機器代金やNTT工事代の初期投資が必要になるので、どれが自分にとって得か最初によく考えた方がいいと思います。
    • good
    • 0

プロバイダ料金には従量制・従量キャップ制・定額・電話代込みなどがあります。


従量制は毎分○円で計算し、単純に利用時間×○円になります。
従量キャップ制は従量制に上限額を設定したもので○×円までは従量制といっしょで、利用時間が○×円を超えても○×円以上の請求は発生しないサービスです。
定額制は2000円前後の一定料金で利用時間は無制限になっています。
また、最近は各電話会社が電話代込みプラン等一定利用時間の電話代金を割り引いてくれるサービスもあります。
また、常時接続にはフレッツISDN・CATV等がありますが
フレッツは契約プロバイダがフレッツに対応している必要があります。電話代は一定4500円+プロバイダ料金となります。
CATVは名前どおりケーブルテレビを利用して電話回線に頼らず通信します。料金は6000円前後でプロバイダ料金・通信料金・機器リース料金が含まれます。
    • good
    • 0

プロバイダ利用料金と電話通話料金は別モンですよ。


インターネットを使用するときには、まずプロバイダ利用料が必要です。
これでプロバイダ内に、世界のパソコンと自分のパソコンを繋ぐ環境が得られます。
ただ、自分のパソコンとプロバイダを繋ぐ必要があります。
ここで、電話回線やCATV回線などを使う必要があります。
こういう意味で別モンです。

時間無制限、○○時間まで、というのは、あくまでプロバイダ利用料で、
プロバイダ内であなたのパソコンが何時間インターネットに繋ぐ環境を得られるかという値段です。
電話料金は、あなたがプロバイダに何時間接続していたかという値段です。
一般の電話料金は、みんなが電話をする時に使う回線を使うために、1分いくらとかかかります。携帯電話やQ2などは高いです。
この仕組みを悪用し、自分はプロバイダに電話していたつもりなのに、いつのまにかQ2回線に繋ぎかえてしまうような悪徳商法(?)も生まれましたね。
なるべく安くするためには、自分の住む市町村に電話番号がある(アクセスポイントのこと)プロバイダを選べば、市内通話になるので安いんですよ。
(東京の方には関係ないでしょうか?)

さて、CATV系のプロバイダは、電話線ではなくCATV専用回線を自宅に引いて、この回線を使ってプロバイダに接続するので、常時接続しても電話料は一切かかりません。
また、電話回線を自宅に引いてしまい、常時接続しても一定料金以上かからないシステムもあるようです。
インターネットを常時接続する必要のある会社などは、普通はこんな方法で常時接続ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFTTHでインターネットとフレッツ網での速度測定をしましたが。。

Bフレッツマンションタイプを
導入しました。プロバイダはぷららです。
うちのマンションにおいては下り最大100Mbpsときいています。

下りの速度について、

インターネットでは概ね15Mbps
フレッツの速度測定では86Mbps
でした。

この差は何(どこ)が原因と考えられますか?
また改善することができるのでしょうか?
せっかく光にしたのに、今のところインターネットでも意外と遅くて残念です。

Aベストアンサー

インターネットの速度を測定する場合、各測定サイトの混雑具合などによって速度が大きく変わることがあります。
ですから複数のサイトで測定してみましょう。
Yahooなどで「スピードテスト」で検索すれば測定サイトがたくさん出てきますよ。

ちなみにBフレッツの構成は以下のようになってます。
[PC]----[フレッツ網]----[プロバイダ]----[測定サイト]


どのサイトでも遅いとなるとプロバイダ側の問題も考えられます。こうなるとプロバイダを変えるしか方法はありません。

QODN ADSLプランとフレッツADSLプランの料金差

現在ODNの「まるごと10」を使用しています。ISDNからADSLに変更しようと思っています。検討しているのは「ADSL」か「フレッツADSL」なのですが、どちらのほうが安くすむのでしょうか?いまいちふたつの違いがわからないので、違いも教えていただけるとうれしいです。
電話で日本テレコムを利用しているため、ODN以外は親から(おそらくマイラインの関係で)ダメだと言われています。(私は学生なので)
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>>yahoo!BBはサービスがよくないときいている

半年以上前に対策されました。
今は、日本テレコム(ODN)と同じサポート会社を使っています。ODNのサポートと同等のサービスだと思って下さい。
また、接続してうまくいかなければ無料出張サービスもやっているので安心だと思います。

yahoo12Mを進めた理由は、お使いの回線が局からどのくらい離れているのかわからないためですが、12Mが一番安定していますので、初心者には安心だと思います。
料金ですが、ADSL接続+プロバイダで約3700円です。
http://provider.bb.yahoo.co.jp/gaiyou.html
ISDN解除+ODN無料で、現在より安くなると思います。

繰り返しますが、「おまかせINS乗り換えコース」を利用下さい。得点がいっぱいです。
http://bb.softbankbb.co.jp/service/isdn/

Qインターネットの速度測定について

このたびNTT西のフレッツ光ネクスト隼(Ipv6)にしました。

NTT通信網内の速度はIpv6測定で最高747.45Mbpsで、その他の一般の測定サイトでは80~90くらいです。

一般のサイトでも次のサイトは「553.3Mbps」出ました。

http://www.nuro.jp/speedup/nuroCheck.html

次のサイトは一度「155.13Mbps」出ました。

http://www.musen-lan.com/speed/

ほかの一般測定サイトは大体「80~90」くらいなんですが、これは何が考えられますか?こんなもんでしょうか?

PCはWin8.1UPDATEでプラウザはIE11です。もちろん有線接続です。

Aベストアンサー

インターネットは、複数のユーザで共有したものです。
サーバにより経路が異なります。
そのサイトへの速度がそれだけであり、すべてのサイトでその速度が出るとは限りません。サイトによっては、数Mbps以下になる場合もあります

ベストエフォートですから、こんなものってものが、数Mbps以上でも言えたりします。
ただ、90Mbpsとかそれ以上でると現実的には早い方に分類されるのが現状

Qyahooの特別プラン料金の真偽

ADSL回線速度に関する他の方の質問への回答の中に下記URLが紹介されていました。

http://ameblo.jp/smilemina/entry-10059759310.html

内容は、yahooに解約を申し出ると利用者の解約を防ぐ為にHPには記載していない特別プラン料金の案内がある、ということです。
気になったのでyahooへメールにて問い合わせたところ、特別プランなどは存在しないとの回答でした。

特別プランがあるという上記ブログの内容はデタラメということでしょうか?
それとも実際にyahooと契約しているユーザーが解約を申し出た時のみに案内している、まさに特別プランなのでしょうか?

Aベストアンサー

 解約希望のユーザーのみを対象にしているようです。

 かなり有名な周知の話ですので、yahoo!BB 裏プラン などと検索してみては?

Qフレッツ速度測定サイトと一般測定サイトとの差は?

最近、ADSLから@nifty光ライフwithフレッツ(戸建、ファミリーハイスピードタイプ) に乗り換えました。
回線のボトルネックとなった部分の改善した結果、フレッツ速度測定サイトでは平均400Mbps出るようになりました。
しかし、Radishなどの一般速度測定サイトでは20~60Mbpsしかでません。
両速度測定サイトの違いは、この質問サイト等で理解しているつもりですが、皆さんの書き込みを見ると、だいたい1:0.7~0.5位のスピード差のようです。
私のように1:0.1の差というのは、あまりにも大きいような気がします。
私は東北のはずれの田舎に居住していますが、Radishなどのサーバは東京が多いようです。このため遅くなっている。また、私の地区へのプロバイダーのバックボーンが細いと思っていたのですが、電話局は違いますが同県の同じプロバイダーの友人は、フレッツ速度測定サイトでは平均180Mbps、Radishなどの一般速度測定サイトでは平均90Mbpsだそうです。
この違いは、何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html
の図を見るとわかるとおり、速度測定サイトはフレッツ網内までの速度、一般測定サイトはA装置~ISP~インターネットを経由した速度です

ですので、フレッツ網内までは比較的空いているが、A装置~ISP~インターネットのどこかがボトルネックになって20~60Mbpsに落ちているということになります

ファミリータイプでも近所の人たちと、
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071225/290222/zu02.jpg
のような感じで光ファイバの帯域を共有しますが、田舎だとユーザが少なくて共有している人数が少ないのかもしれません

Qインターネット代金と最適な料金プラン

私は現在より高速なインターネット回線を使いたいと考えています。
そのコストは現在と同等かそれ以下であってほしいです。
電話はこれまで通り使用していきたいです。

私は現在
フレッツ・ADSL(8M)でOCNと契約しています。電話回線共有です。
IP電話付だそうですが、利用はしていません。
速度は0.391Mbps(http://www.speedtest.jp/)

私の家庭には電話・インターネット代金の請求が以下の3ヶ所から郵送で届きます。
以下に前回の請求金額を記します。

NTT東日本 5,590円
NTTコミュニケーションズ 1,319円
KDDI 445円

複数の会社から異なる金額の請求を受けている事、
またそれぞれの請求に具体的な内容が明記されてない事。
この2点について混乱しています。

インターネット接続業者のウェブページを見ても、
いまいちどれが私の要望を満たしてくれるプランなのか
判断がつきません。

私は現在の回線速度に満足できていません。
また、その割に請求額は高いです。
契約する業者を変更する事で、現状を打開できるでしょうか。
教えてください!

私は現在より高速なインターネット回線を使いたいと考えています。
そのコストは現在と同等かそれ以下であってほしいです。
電話はこれまで通り使用していきたいです。

私は現在
フレッツ・ADSL(8M)でOCNと契約しています。電話回線共有です。
IP電話付だそうですが、利用はしていません。
速度は0.391Mbps(http://www.speedtest.jp/)

私の家庭には電話・インターネット代金の請求が以下の3ヶ所から郵送で届きます。
以下に前回の請求金額を記します。

NTT東日本 5,590円
NTTコミ...続きを読む

Aベストアンサー

OCNってことですのでKDDIは関係ないですね これは携帯とかですかね? にしては安すぎるようなきもしますけど
インターネット料金に関してはNTTコミュニケーションの金額がそれに当たります。
NTT東日本のは固定電話ですね
NTTコミュに関しては毎月同額ではありませんか?
東日本はたぶん内訳も届いていると思いますが
だいたいの明細内容としては基本料金、通話料(県外、県内、市内、携帯)あとは付加サービス(キャッチとか番号通知とか)それとユニバーサルサービス料ですね

今より高速な通信環境となるとADSLのままであれば回線速度を上げるってのがひとつですね あとは光やケーブルTVを引くとなりますね
光やケーブルに関しては原則距離ってのは関係なくなるのですが
ADSLの場合中継基地からの距離が遠ければ実測値は下がりますので
もしかしたら同じ8Mでも他社のほうが早い可能性はあります。
中継基地からの距離がなんとも分からないのでなんともいえませんが
契約されている速度どおりに出ることはありえません
ただ8Mの平均速度ってたしか2.9~3.0あたりなので遅いことは遅いですね
もし可能であれば光やCATVの導入も考えてみてはどうでしょうか?

OCNってことですのでKDDIは関係ないですね これは携帯とかですかね? にしては安すぎるようなきもしますけど
インターネット料金に関してはNTTコミュニケーションの金額がそれに当たります。
NTT東日本のは固定電話ですね
NTTコミュに関しては毎月同額ではありませんか?
東日本はたぶん内訳も届いていると思いますが
だいたいの明細内容としては基本料金、通話料(県外、県内、市内、携帯)あとは付加サービス(キャッチとか番号通知とか)それとユニバーサルサービス料ですね

今より高...続きを読む

Q回線速度測定について

いまNTTのフレッツ光を使ってます。

ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。
しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、
【あなたの回線速度は94.034M】

どっちが正しいですか?
その理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、【あなたの回線速度は94.034M】

NTTの顧客情報サービスサイドとは、正しい名称は、NTT東(西)の「サービス情報サイト」で、旧「フレッツスクウェア」のことですね。(名称が変更になったと、画面に出ています)
こちらの測定サイトは、プロバイダの混み具合も、プロバイダへの接続回線等々も、「含んでいない」測定サイトです。
この測定サイトはNTT東(西)のフレッツ網内での測定サイト、プロバイダや回線等の混み具合に影響されません。

なお、この、NTT東(西)の「サービス情報サイト」(旧フレッツスクウェア)は、NTT東(西)のフレッツ契約のインタネット回線だけに無料で接続できるサイトです。
フレッツ契約以外のインタネット回線は、接続出来ません。
フレッツ契約なのに、NTT東(西)の「サービス情報サイト」へ接続出来ないかたは、接続用の設定が出来ていないと思われます。

フレッツ契約かどうかを確認するには、NTT東(西)からの請求書・契約書等のインタネット回線にフレッツと付いているなら、フレッツ契約です。
または、プロバイダとの請求書・契約書等の料金プラン名に、やはり、「フレッツ」、または、「FOR フレッツ」と付いているなら、フレッツ対応のインタネット回線です。

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線...続きを読む

Qプロバイダーの料金プランについて

私の実家ではOCNのADSLフレッツ マイライン セット割引というプランを使っているようです。


これはどのような内容のプランなのでしょうか?
『月に○○円払えば、○○時間ネットが使用可能』というような利用時間制限があるプランなのでしょうか?
使い放題の定額制ではないですよね?


なぜなら、月に一度ほどネットを使えない期間があるからです。何日かするとまた使えるようになるので、月末には利用制限時間分を使いきってしまうと繋がらなくなり、また月初めに繋がるということなのかな?と予測してるんですが…

契約した父ですらプラン内容を知らないので分からず終いです。

誰かご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

使い放題の定額制です。月に一度ほどネットを使えない期間があったり、何日かするとまた使えるようになることは、契約上の制限ではありません。混んでいるとか故障しているだけかもしれません。

Q複数の速度測定で結果バラバラ

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0

回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/
サービス/ISP:光プレミアム ファミリータイプ/その他
サーバ1[N] 16.1Mbps
サーバ2[S] 17.1Mbps
下り受信速度: 17Mbps(17.1Mbps,2.13MByte/s)
上り送信速度: 32Mbps(32.1Mbps,4.0MByte/s)
診断コメント: 光プレミアム ファミリータイプの下り平均速度は
31Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、
もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から30%tile)

PCはバイオノート ペンティアム4 2.4G メモリ1Gです。
この測定ってどのように判断すればいいのですか?
下の測定が正しいならちょっと遅いような気がしますが・・・。
何か設定があるのでしょうか??

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版...続きを読む

Aベストアンサー

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大速度を知るためであるため、遠く離れた海外のサイトで速度を測って、遅いなぁという結果が出てもあまり意味はありません。
ですから、自分の回線からより近く、太い線でつながっている信頼できる速度測定サイトの結果を信用するのがよいと思います。

フレッツの場合、フレッツスクエアに速度を測る場所があり、ここで計るとインターネットのバックボーンの影響を受けずに正確な数値が得られます。
http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html など
フレッツ以外でも例えばeoなどのプロバイダは、自己のネットワーク内に独自の速度測定サイトを持っているのでそう言ったところを利用するのも方法です。

それらが無い場合は、インターネット上のサイトを利用するしかありませんが http://netspeed.studio-radish.com/ などが正確な結果を出しているように思います。
ある程度混雑の影響を受けるため、正確な結果を得たいのなら、最も空いている平日の午前4時頃に利用すると良いかと思います。

注意しなければならないのは、これらの方法で計った言わば最高速度はネット上では出ない場合がほとんどという事です。
ネット上では相手までの回線全てが影響しますから、最適な環境で測った速度はほとんどアテになりません。
最高速度を測るのは、問題のない環境で接続できているかの確認、他の人と比べて早いかどうかといった事に使われることが大抵です。

お使いになっている環境を見る限りPCの性能は不足していないと思いますよ。
上りがやや遅いですが、これはAFDの設定で改善できるかもしれません。
Nettuneを使用すれば簡単に設定できます。
あるいは、無線LANを使っているならそれくらいで妥当だと思います。

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大...続きを読む

Q料金プラン、プロバイダー見直しについて

御世話になります。6月にプロバイダーとの2年契約が過ぎ料金プランとプロバイダーを見直そうと思っているのですが安く、プロバイダーの質も良い所を探しております。現在NTT西日本を利用しており利用料金の内訳は
フレッツ・光プレミアムF利用料 4300円
フレッツ・あっと割引      -430円
回線終端装置使用料        900円
光屋内配線使用料         200円
消費税              248円
料金回収代行サービス
BIGLOBE利用料      1260円
合計              6478円

となっております。こうしたらもっと安くなる、このプロバイダーはキャンペーンをやっているので変更してみては?等の情報お待ちしております。尚、プロバイダー変更の際メールアドレスが変更してしまってもかまいません。

Aベストアンサー

料金プラン、プロバイダー見直しをしたいとのこと、
色々試してから決められてはいかがでしょうか。
インターリンクというプロバイダーは、2ヵ月間無料で試せるキャンペーンを行っています。
契約期間の拘束や負担も無いようですよ。

参考URL:http://www.interlink.or.jp/info/policy.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報