網野善彦著「海と列島の日本史」を読んでいます。

その中の製塩についての記述についての質問です。
(1)若狭について
「若狭は律令の時代には「調」として塩を貢納する国と定められていました。
・・・・・
 若狭はこの時点では『律令国家の中で塩を調として貢納する、都に最も近い国』という規定が与えられていたと言えるでしょう。」(p73)

(2)瀬戸内海について
「しかし平安時代以降になると都(京都)に貢納される塩の大半が瀬戸内海で生産されたものになり、若狭の塩の占める割合は低くなってきます。」(p77)

飛鳥に都のあったときには若狭の製塩が主であり、京都に都があった時には瀬戸内海が主であるという事になった理由はどういうものなんでしょう。
瀬戸内海はなぜ遅れたのでしょうか。または、若狭はなぜそれだけ早く製塩業が進んだのでしょうか。

地理的な位置関係だけではないようです。京都に都が移れば若狭からは近くなっています。近くなったにもかかわらず遠いほうからの貢納が主になっています。
小浜-(陸路)-今津-(水路)-大津-(陸路)-京都と進むと60~70km程です。
播州-(海路)-摂津-(淀川)-京都 と進めば120~130kmほどです。(大阪湾からであればもっと近いですが。)

製塩技術の違いがあるのでしょうか。
瀬戸内海は律令国家の勢力圏外だったのでしょうか。

飛鳥、奈良の時代に若狭の方が瀬戸内海よりも都との結びつきが強かったと言う理由はどういうものなんでしょうか。
東大寺の2月堂のお水取りも若狭の遠敷と繋がりがあることは有名ですので奈良と若狭の特別な結びつきがあるようです。

A 回答 (2件)

ずばり、製塩技術の変化によります。



平安時代以前の製塩は、「藻塩焼き」というやり方で、海藻に海水をかけて、それを焼き、それをさらに海水に溶かして濃い塩分の水を作り、煮詰めて塩を作っていました。
これは、さほど天候に左右されない製塩法で、この技術を持った人々の渡来地に広がりました。

平安時代になると、塩田で塩を作る方法が盛んになります。
これは、砂浜に海水をぶちまけ、天日で乾燥させ、その後その砂を集めて海水で砂を洗うようにして塩分を回収し、その後その水を煮詰める、というやり方に変わっていきます。

天日乾燥のためには、晴天日数が多いことが絶対条件です。若狭の製塩が衰えて瀬戸内地方で盛んになるのは、自然なことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり藻塩焼きと塩田法の違いなのですね。
塩田法のほうが効率がいいというのは分かります。

でもなぜ瀬戸内海での塩田法が数百年も遅れたのでしょうか。
製塩方法の違いもあるかもしれないとは思ったのですがこの点がハッキリしなかったのです。

塩田法の発想というのは藻塩焼きに比べてそれほど難しいものだったとは思えません。瀬戸内海という自然条件であればそれを利用した製塩法が出てくるというのは自然な流れだと思います。
瀬戸内海でも地域で消費する塩は早くから作っていたはずです。
律令の時代ではどういう方法で作っていたのでしょう。

何かまだ抜けている条件があるような気がします。
塩田法には何か技術的なハードルがあって、そのハードルをクリアーするまでは瀬戸内海も藻塩焼きによる製塩だったということでしょうか。
早くから塩田法は使われていたが規模が小さかったということでしょうか。その場合は規模を大きくするのを妨げていたものは何かが問題になります。

お礼日時:2008/07/18 22:52

追記です。



瀬戸内海でも、藻塩焼きの製塩は、広く行われていました。
そういう製塩に使ったと思われる土器が、たくさん出土します。
万葉集にも、淡路島の藻塩焼きが歌われています。

塩田というのは、藻塩焼きに比べてはるかに大きな施設を必要とします。また、たくさんの人を雇って働かさなければなりません。
そういったことが可能になる社会条件が整ったのが、平安時代ということなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねてのご回答ありがとうございます。

瀬戸内も律令の時代は藻塩焼きだったとすると若狭と奈良、飛鳥は特別な結びつきがあったからということのようですね。

私は高知に6歳まで住んでいました。海岸の砂浜で塩を作っているのを見たことがあります。個人経営のような感じでした。砂浜に海水を撒くのがキレイでよく見に行きました。塩で硬くなった表面の砂を熊手のようなものでかき集めていたのもよく覚えています。もう60年以上前のことです。
大規模にやるのであれば人手がいるでしょうが、小規模でもそれなりに製塩は可能であるように思います。

大規模な塩田による製塩が平安時代になって実現したということのようですね。

藻塩焼きでも大量に塩を作るとなると人手が要ります。若狭では村全体が製塩にかかわっていたというところもあるようです。とにかく調を塩で納めるということですから都での塩の需要をまかなっていた事になります。
大規模な塩田法であれば若狭は瀬戸内海に太刀打ちできないでしょう。
でも藻塩焼きであれば若狭が有利という理由があるのでしょうか。ちょっと思い当たりません。

お礼日時:2008/07/19 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瀬戸内のおすすめの島

瀬戸内のおすすめの島


こんにちは。
最近クロスバイクを購入しまして、
GWにのんびり一人で自転車で瀬戸内の島にでも行けたらと思っています。

岡山市内中心部から自転車で港まで行けて、
自転車をフェリーなどに乗せて、
島でも自転車で移動したいと考えています。

泊まることは考えていません。

おすすめの島があれば教えて下さい。
また、おすすめポイントも合わせて教えてください。
もしくは島でなく岡山県内で日帰りでいけるようなところでもOkです。

小豆島、淡路島、直島は行ったことがありますが、もう一回いくのも全然ありです。

お願いします。




また、自転車乗りの方は、持っていくべきもの、気をつける事等あればお願いします。

Aベストアンサー

島ではありませんが【一般道岡山総社自転車道】ですね。
http://www.bicycle-road.jp/road/pdf/103.pdf

自転車専用道路で俗称「吉備路」で国分寺辺りはタイムスリップしたようです。
是非カメラを持って行かれて良いアングルを狙ってください。

Q山川出版の、日本史の図録について。 (日本史総合図録か?詳説日本史図録か?)

山川出版の教科書「詳説日本史」を学ぶうえで、参照する図録を買おうと思っています。

ところが、Amazonなどで調べてみると、

「山川 日本史総合図録」 ISBN-10: 4634020211
「山川 詳説日本史図録」 ISBN-10: 463402523X

の二冊があるみたいなんです。

同社の教科書「詳説世界史」については、図録は「山川 世界史総合図録」の一冊だけみたいですが、日本史にはどうやらこの二つの図録があるらしくて、ややこしいです。

実際に手にとって確認したこともないので、現在、どちらを購入するべきか迷っております。

両者の違いや、長所短所について、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

簡単に言うと、最新の検定教科書に対応するのは「詳説図録」の方です。
最新の第3版は2009年発行で、山川出版の教科書に完全準拠、最新資料も加えた
大学受験の資料を想定した内容になっています。AB版の縦開きです。

それに対し、「総合図録」は内容的には古く、1986年発行です。
昔は「詳説図録」は無く、「総合図録」が山川出版の教科書に合わせた副教材でした。
図版や年表を大きく載せるためか、横開きでサイズも教科書より大きいB5なので
見やすい利点はあります。受験生でない一般の人にも親しめます。

本来なら「総合図録」は絶版になっていてもおかしくないのですが、山川出版は
昔から歴史図書に特化した会社として定評があるので、学校での販売以外でも
歴史に興味のある人にずっと売れ続けているので残っています。
世界史の古い図録が絶版になっているのは、日本史の図録ほど売れなくなったからでしょう。

Q瀬戸内の島でおすすめは?10月

10月に山陽に行くのですが、島巡りをしたいと考えてます。
下記条件でおすすめがありましたらお願いします。
紹介いただいた情報より行程が決まってから
泊数を決めたいと考えてます。

条件
(1)車でいける。
(2)徳山~尾道までの範囲の瀬戸内の島(橋接続ありで)
(3)おすすめ(名跡、温泉、グルメ、物産など情報下さい)

Aベストアンサー

 尾道か向島に車を駐め、レンタサイクルでも借り、尾道と向島間の渡船(フェリー)が何カ所かあるので、一回約110円払って、自転車積んで尾道と向島を行ったり来たりしてみては。
 また、車でしまなみ街道を行き、大島の民宿「千年松」も魚料理が美味しく、部屋も綺麗で露天風呂もありいいですよ。大島の港にある「よしうみいきいき館」もいいですよ。来島海峡を挟んで四国今治の街や石鎚山もすぐ前に見えますよ。
 しまなみ街道途中の大三島の「大山紙神社」や生口島の「耕三寺」などもいいですよ。また、この付近では蛸飯が美味しいです。

Q日本史Aと日本史Bの違いについて…。

質問をご覧いただきありがとうございます。
私は今度高校認定試験(以下:高認試験)を受けることになりました。

そこで受験科目に日本史を選択したのですが
日本史Aと日本史Bがあり詳細がよくわかりません。

私が知っていることは…
・日本史Aは比較的簡単だが受験に対応していない。
・日本史Bは比較的難しいが受験に対応している。
…ということです。

とりあえず高認試験に受かりたい私は比較的簡単な日本史Aをとろうと思っているのですがよい参考書が全く売ってません。
しかし日本史Bの参考書は腐るほど見つかります。
ここまで日本史Aの参考書が売っていないとなると、

日本史Aというのは日本史Bの範囲内に含まれているということなのでしょうか?
この場合日本に2つの歴史が存在するとは考えがたいので一つに統一されているのでは無いかと推測しています。

どなたか分かる方解答をお願いいたします。

Aベストアンサー

大まかに日本史全体を網羅したのがAだよね。
大まかな分一つ一つの事項はそんなに深く問われない。
Bは近現代史がしっかり押さえて対応する必要がある。
それは一般の受験にも言えることで差がつく所なんですよね。
先ずはABに捉われずに、日本史を通史として流れを押さえて、重要事項を年表等を使いながら立体的に理解していくことが試験には大事だよね☆

Q帯広十勝10月観光おすすめ

10月中旬に親子3人で、北海道道東に旅行に行きます。

主は道東ですが、
阿寒湖から新千歳に向かう途中で
帯広十勝辺りで1泊しますが、
おすすめはありますか?

時期的にも気になります。
帯広十勝の観光する時間によっては、
阿寒湖辺りの観光を調整したいと思っています。

観光食事など、おすすめ教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

帯広といえば 豚丼でしょうか 有名店は開店と同時に並ぶので
早めに行くのがベストです。
あとは スイーツが有名です。

私も8月に札幌から 帯広に行きました。
車だったので ワイン城 幸福駅 ハルニレの木などを見てきました。

お土産?は
池田町のワイン城の中で売っていたチーズの味噌つけ見たいなもので
裂けるチーズを味噌でつけたようなものが 試食であり
娘がおいしいおいしいと 買ってましたよ^^
あと ワイン城で売っているぶどうジュースの味が濃くとてもおいしくて
小さなビンで400円くらいですが 孫のお土産に買いました。
2歳の孫が おいし おいし といっきのみするほどでしたので
お子様にはいいのでは無いでしょうか?

幸福駅はあまり見るものは無いですが 幸福の切符を
ジバニャンがコラボしていて時代を感じました^^

ハルニレの木はナビでも出てこなくて 探すのに時間がかかりました。
大人だけでしたのでそれなりに景色とかみてもたのしいけど
子供さんがちいさいなら退屈な場所です。

10月ですととても寒いので 暖かい格好で楽しんでくださいね^^

Q【日本史・瀬戸方久のわらしべ長者物語で物乞いをしていたら小銭が貰えて、その小銭を携えて海に行って取れ

【日本史・瀬戸方久のわらしべ長者物語で物乞いをしていたら小銭が貰えて、その小銭を携えて海に行って取れ過ぎた魚を漁師から買って、村に行って干物にして売って、売ったお金で老夫婦が畳むと言う茶屋を買って安く茶を出して、茶屋をやっていたら旅人から何処其処で戦はあるという情報を聞いたら、戦の地に行って飯と薬を売り、戦が終われば戦場に散らばっている武器を持ち帰り蔵が建って物乞いから商人になったという伝説の話。

で、戦が終わって持ち帰ったのは武器の他に「人間の死体」も含まれていたという。

死体をどうしたのでしょう?

瀬戸方久は死体からどうやってお金を得たのでしょうか?

Aベストアンサー

ソースが不明なので、「むかしばなし(フィクション)」としての存在すら信用できない。


>瀬戸方久は死体からどうやってお金を得たのでしょうか?

その話には「死体を持ち帰った」ことや「死体からお金を得た」という記述があるのでしょうか。


ところで、あなたの脳内では歴史と昔話は同じものなのでしょうか。

Q湯布院のおすすめ観光スポット教えて下さい

湯布院のおすすめ観光スポット教えて下さい

Aベストアンサー

定番観光コースとしては駅前ぐらいからテレビでも有名なロールケーキ店
B-speakから湯の坪街道を通って金鱗湖周辺こ散策コースが一番一般的です。
金鱗湖そばの亀の井別荘裏から玉ノ湯裏手にかけてもおしゃれなお店などがあって
人もそれほど多くなく落ち着いた散策ができます。

湯布院ならではの立ち寄り湯をするならまず代表的な絶景の夢想園
コバルトブルーの美人湯の庄屋の館、由布岳がもっとも雄大に眺められる
七色の風、これが立ち寄り湯ではベスト3だと思います。

食事をするなら金鱗湖そばの鴨川が鴨料理や地鶏の唐揚げなどが非常に
おいしく、さばきたての地鶏を炭火で焼いて食べる佐土野家もおすすめです。
ここは予約をしないとかなり待つことがありますが、焼き過ぎずに中が
半生状態ぐらいに焼いた地鶏は超ジューシーで絶品の味です。

あとは辻馬車などもありますね。湯布院はあれこれ遊んだりとかではなく
散策や立ち寄り湯などがおすすめの観光です。

http://www.yufu-in.com/index.html
http://www.yufuin.gr.jp/pdf/index.html

定番観光コースとしては駅前ぐらいからテレビでも有名なロールケーキ店
B-speakから湯の坪街道を通って金鱗湖周辺こ散策コースが一番一般的です。
金鱗湖そばの亀の井別荘裏から玉ノ湯裏手にかけてもおしゃれなお店などがあって
人もそれほど多くなく落ち着いた散策ができます。

湯布院ならではの立ち寄り湯をするならまず代表的な絶景の夢想園
コバルトブルーの美人湯の庄屋の館、由布岳がもっとも雄大に眺められる
七色の風、これが立ち寄り湯ではベスト3だと思います。

食事をするなら金鱗湖そばの...続きを読む

Q今年浪人で数学から日本史に変えた文系です 日本史をゼロから初めて全く頭に流れが入って来ません 実況中

今年浪人で数学から日本史に変えた文系です
日本史をゼロから初めて全く頭に流れが入って来ません
実況中継を使ってますが、効果が上がる使い方と、ノートの作り方、メモリーツリーの作り方など教えてください!

Aベストアンサー

とりあえず教科書を3度読む。

実際にやった方法ではないですが、最近になって3度読むという大切さが分かってきました。
特に教科書のような本は、2度以上読まれることを想定して書かれています。なので1度読んだだけで良く分からないようなことでも(むしろ良く分からない)、小説で言えばネタバレしてる2度目3度目に読んだ時のほうが良く分かるのです。そしてこの時により良く分かるように書かれているものなのです。

実況中継?は知りません、あしからず

Q社員旅行のおすすめ観光地・宿泊地を教えて下さい。

社員旅行のおすすめ観光地・宿泊地を教えて下さい。
10月に1泊で社員旅行を計画しています。名古屋在住・20代男女4名で東海3県以外で車で行ける範囲のおすすめ観光地を教えて下さい。できれば温泉や食事の美味しいスポットが良いです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>10月に1泊で社員旅行を計画しています。

10月ということであれば、紅葉狩りのシーズンですよね。
名古屋から一泊で楽しめるとなると、信州か奥飛騨がお薦めです。

信州で有名どころは
■ 白馬、大町周辺
■ 八ヶ岳、蓼科周辺
■ 木曽駒ヶ岳周辺
等の中央自動車道で行けるエリアがお薦めです。志賀高原も良いのですが、名古屋からですとちょっと遠いかも。

(1) 白馬、大町
白馬岳から大町の立山・黒部アルペンルートは、中部屈指の紅葉の有名なところです。
ゴンドラリフトやロープウェイ等があり、手軽に山岳風景が楽しめるのが特徴です。見頃は10月初旬。
メジャーな場所なので混みます(;´Д`)
(2) 八ヶ岳周辺
道路が発達しているのでドライブを楽しみながら風景を楽しむような場所ですね。
見頃は10月中旬。東京からも近いので混みます ><
(3) 駒ヶ岳周辺
針葉樹(唐松など)が見事です。メインは駒ヶ岳ロープウェイで行ける千畳敷ですが、そこから飯田盆地を南に下れば観光地はたくさんあります。名古屋から近いですから、遊ぶ時間がたっぷり確保できます。
(4) 奥飛騨
メジャーな温泉街を中心に、乗鞍スカイライン、新穂高ロープウェイなど。見頃は10月初旬。ここもメジャーな観光地なので混みますね。 ><

上記の場所は、いずれも有名な観光地ですから具体的にどのあたりが良いのか決めて再度質問されるとレスがたくさん付くと思います。(漠然としすぎ)予約はあと1月半しかないので、良い宿の予約にはもう遅い時期ですから早く決められた方がよいと思います。
また、穴場≒交通の便が悪い辺鄙なところ なのでお土産屋さん等が無く、社員旅行のようなイベントには向かないかなと思います。

冬でしたら北陸にカニを食いに行くとかもお薦めですが、10月は中途半端かな。





  

>10月に1泊で社員旅行を計画しています。

10月ということであれば、紅葉狩りのシーズンですよね。
名古屋から一泊で楽しめるとなると、信州か奥飛騨がお薦めです。

信州で有名どころは
■ 白馬、大町周辺
■ 八ヶ岳、蓼科周辺
■ 木曽駒ヶ岳周辺
等の中央自動車道で行けるエリアがお薦めです。志賀高原も良いのですが、名古屋からですとちょっと遠いかも。

(1) 白馬、大町
白馬岳から大町の立山・黒部アルペンルートは、中部屈指の紅葉の有名なところです。
ゴンドラリフトやロープウェイ等があり、手軽に山...続きを読む

Q爆笑問題著『日本史原論』の読み方

『日本史原論』という著書の読み方が判らずに困っています。

年号の小さい順に読んでいけばよいのか、普通の小説のように、初めから読んでいけばよいのか判りません。

初めから読むとなると、いきなり江戸時代からスタートすることになります。知らない用語ばかりで、その時代に何があったのか理解するのに時間がかかります。

ページはバラバラでも、縄文→弥生→古墳→飛鳥時代……とい形で読み進めていったほうが良いのでしょうか?

正しい読み方をご教授下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.5です。

>著者の意図する「正しい読み方」

太田さん本人がどう考えているのかは知りません(田中さんとの掛け合いの形をとっていますが太田氏さんが一人で執筆しています)。
元々は何かに連載していたものを本にしたものだったと思います。
雑誌の『ダ・ヴィンチ』らしいです。
どういう意図で毎回の話題を選んだのか、また、掲載する順番や全体の構成を考えたのか否かは存じません。
本収録時に順番を整理したのか、連載された順にそのまま収録したのかも存じません。

本というのは普通、

*1つ1つの話題が独立している場合はどこから読んでも差し支えないが、初めから読むのが標準的。
*前の話とつながっている場合は最初から読まないと理解できないし面白くない。

というものだと思います。
「一般論を聞いているのではない」とおっしゃるかもしれませんが、『日本史原論』も本ですから、この例に漏れません。

章ごとに読み切りのエッセイとかコラムみたいな感じで捉えればいいと思います。
『ダ・ヴィンチ』は本好きの人々が読む雑誌ですし、そういう雑誌での連載であれば、懇切丁寧な入門書的でなくて良かったのだろうと推察します。

>どうも質問の趣旨を理解して頂けないようですね……。

個人的には「自分が解りやすいように、好きに読めばいい」と思ったからあのように書きました。
参考書やテキストなら「冒頭に本の使い方や勉強の仕方が書いてあるはずです」と申し上げますが、このシリーズは勉強になれども基本的には諧謔的な本ですし、太田さんも読む順番まで指定や指導はしないでしょう。
※「まえがき」か「あとがき」があるならヒントになるかもしれません。

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4344404122/503-3806402-8891122?SubscriptionId=175BC0N2BCT0X4DAZG82

No.5です。

>著者の意図する「正しい読み方」

太田さん本人がどう考えているのかは知りません(田中さんとの掛け合いの形をとっていますが太田氏さんが一人で執筆しています)。
元々は何かに連載していたものを本にしたものだったと思います。
雑誌の『ダ・ヴィンチ』らしいです。
どういう意図で毎回の話題を選んだのか、また、掲載する順番や全体の構成を考えたのか否かは存じません。
本収録時に順番を整理したのか、連載された順にそのまま収録したのかも存じません。

本というのは普通、

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報