光源氏がどうした、こうした。ということだけで源氏物語をみていた高校時代は、単に、貴族の男女の間の出来事に過ぎないということで意味性を認めては居ませんでした。
 古希、もう男女のこともぎらつきが常にはなくなってきてから、自治体主催の高齢者向け講演会での勉強は違う印象を持つことができました。日本人性の一側面かなと、存じてきております。そのことに関連して、お教えとご示唆を賜りたいと存じます。

 1. 当時の色好みとかその活動や行動は、江戸、明治、昭和と進んだ欧米などからの文明汚染以前での、欧米的な肉欲、sexualな性格とは距離がある、倫理や生き方、美学的要素のあるものではなかったかと、思うのですが。いかがなものでしょうか?正鵠を得ていないでしょうか?

 2. 男女のことや色ということでのこういう気持ちは、文明汚染を経ても、私たち日本人には、単なる肉欲、sexualな性格ではないものが続いていると存じますが、つまり、光源氏にすごくsympathyというか一体感がもてるのですが、このことでのご注意と示唆などを頂きたいのですがよろしくお願いします。

  * なお、こういう思いに対して対立させた<欧米的な肉欲、sexualな性格性>ということばも、その内容ももちろん私の側の主観的造成であることは自覚しております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あなたのおっしゃるとおりだと思います。


色好み、好き者、男女の色事、それらを風流な事と呼んでました。
風流というと自然の癒し空間(花鳥風月)を愛でることのみに使われているような感じが今ではしますが、それらもすべて男と女があってのことだったのではないでしょうか。

古来、和歌は相聞歌として発達したわけで、要するにラブレターであります。和歌は美学、美意識を先鋭的に表現したものといえます。芭蕉あたりの俳諧からわび・さびに傾いてしまった館がありますが、風流とは本来、男女の機微に使うものだったのかもしれません。色気とかいう語もセクシーと同義ではありますが、それは今の感覚でしょう。伊勢物語の「初冠」に出てくる「なまめいたる女はらから」は色っぽい姉妹という意味ではなく、初々しい優美な姉妹という意味です。言葉や美的感覚は我々とは随分違うと思います。

西洋の平等主義みたいなものが輸入されて、「吉原」とか恥ずべき文化のようにされていますが、江戸落語などを聞くとたいそうりっぱな文化だったのではないかと思いますけどねぇ。

この回答への補足

 ご両所様 ありがとう御座いました。
 私たちのような、コンクリートと能率、即物なる散文ではなく、和歌による、美の中での思想や哲学の表現に惹かれました。
 しかし、やはり人間の作品、つくり、見せるものですね。
 感動や何か人間のこの地上での目的があり、そのための作品であり、また感動や喜び、勉強などのために紐解くものですね。
 そういう意味ではやはり、人間と地上が主・中心ですので、遊び、てなぐさみの面はあらざるを得ないことですね。
 いまどきの、現代の東西の文学や演劇、ドラマとは格が違っても、それは限界があるのでしょうね。
 これからも民族の心性、文化についていろんな方のお話を伺って生きたいと存じます。
 ありがとう御座いました。

補足日時:2008/07/20 07:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですか、吉原も表現すると、遊郭文化といえるものであったわけですか。

 欧米文化を誤解しているかもしれませんが、私に伝わり、理解するかぎりでの、あのザッハリッヒな観念で、私たちの先行文化を、今の言葉だけで理解するのは危険だなと感じております。

 ありがとう御座いました。

お礼日時:2008/07/19 08:58

ご推察、正鵠を得ていると思います。

もっとも、先人にも多く同様の思いを持たれた方も多いようで、様々な研究もなされてはいるようです。

専門的な研究はさておくとして、以下のURLを参考にしてみてください。

  http://osaka.yomiuri.co.jp/kokoro/kj40726a.htm

源氏物語では、「色好み」を「思いくまなき心」だと言っているようです。行き届かないところがないほど相手の気持ちを配慮するという意味のようです。

無理やりにいろいろな思いを閉じ込めようとしてきた反動のようなもので、現在様々な犯罪の多発を招いているのではないかとも感じております。うまくガス抜きができていれば起こらないようなことが、頻発する状況を憂えます。人間関係のあり方が、変にねじ曲がってしまってきているのかな、と思います。

この回答への補足

 音田昌子司会の山折哲雄氏、田中優子教授のお話は日本の心の想起にたいへん役立つものです。
 ありがとう御座いました。今次、私の質問の目的は源氏の男女のことが意外と日本人の物事への対し方の基流となっていることの気付きの確認とその内容化を目的としておりました。
 そんなことで、もし何かお気づきのことがありましたら、ご教示賜りたく存じます。

 ありがとう御座いました。

補足日時:2008/07/19 17:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとう御座います。
 今頃、道学などがはやるわけはないのですが、みもふたもない即物的な実利・能率中心よりも、奥ゆかしいとか、情的なものでの表現と内容はやはり日本人としては、あまり忘却したくないですね。

 【無理やりにいろいろな思いを閉じ込めようとしてきた反動のようなもので、現在様々な犯罪の多発を招いているのではないかとも感じております。】というご指摘は今次の私の関心のことではなかったのですが。
 むしろ今はあまりに、野放図で、そして自己生活や能率が中心になっていますね。
 通れば何でも通してしまう。
 わがまま、無節度になってはいないでしょうか。
 犯罪、残虐、前時代の軌道を外す。そして簒奪、戦争。これはどの時代にも、どこの国にもありましたが、比較的日本文化の基流は、そういうものにしっかりとした批判の基点を与えてくれるし、批判してきてくれたのではないでしょうか。

お礼日時:2008/07/19 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光源氏について

源氏物語に出てくる”光源氏”について教えて下さい。

源氏物語についても詳しくないので、あらすじなんかもいれてくれると助かります。

あとは光源氏という人について教えて下さい。(もちろん紫式部が創造した人物として)
いろいろマニアックな情報も大歓迎ですし、ストーリーはこうなんだけど私はこの光源氏という人物はこんな人だと思うっていう主観的な意見もあれば書き込んじゃってください。

Aベストアンサー

ちゃんと回答すると一週間以上かかってしまいますので、横着します
(ごめんなさい)

☆わかり易いサイトです☆

あらすじ
http://www.iz2.or.jp/what/

光源氏を巡る女性達
http://www.geocities.jp/riko_nostalgia/hikarukimi2.html

光源氏のモデル説
http://www.city.takaoka.toyama.jp/sggs/news/genji.htm
http://www.furano.ne.jp/utsumi/hanasi/04.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~rokujoh/rireki.html
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/mayuya/mayupage1c_6_3.html

Q光源氏にとっての母親

源氏物語で、光源氏にとって母親はどういう存在だったのでしょうか。

Aベストアンサー

桐壺更衣は、永遠に得られない理想の女性。
藤壺は、母似として桐壺帝に迎えられ、源氏の母代わりとして源氏を育てられた。
紫の上は、藤壺の姪。
晩年に迎えた女三宮も藤壺の姪。
若い頃通って、源氏に様々な害を及ぼした六条御息所は、母と同じ年上の女性。
花散里は、子をなさなかったが、母性の強い女性。
明石の上の父は桐壷更衣の従兄弟。

と源氏は、幼い頃の亡き母の面影を様々な女性に追い求めた物語と言える。
マザコン物語と現代風には言うかも。

Q光源氏の名前がアメリカンなのはなぜ?

日本人の名前は先に苗字が来るのに、何で光源氏はアメリカ人みたいに名前が先に来るのでしょうか?

Aベストアンサー

光は「名前」というわけではないと思いますよ。
生まれた当初は「若宮」と呼ばれますが
その後、臣籍に下って「源氏」の姓を受けます。
天性の美貌と素質に恵まれたので、世間から
「光の君」と呼ばれたのだそうです。
それで、一般的な呼称は「源氏の君」なのですが、
カジュアルな呼称として「光源氏」と呼ばれたのではないでしょうか?「ゴジラ松井」ってな感じですね。(^‐^)

Q源氏物語で光源氏の没年齢

タイトルの通りですが、光源氏の没年齢は何歳でしょうか。
41巻『幻』での年齢は52才となっていますが、
それは出家するときの年齢だと思います。

いろいろ調べましたがわかりません。
わからないというのが正解かもしれませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
原文テクストは無論、翻訳テクストも見つからないので、記憶を元に、勝手な推測をしてみたく思います。

おそらく、死亡年齢や年代を明示的に記述する文章はないと思います。しかし、色々な状況から、ある程度推測できるのではないかと思います。

「幻」の最後で52歳だとすると、紫上の逝去からかなり経っていることになります。紫上は37歳で亡くなったはずで、源氏は、上より七歳か八歳年長のはずです。女三宮が落飾したのは、紫上の死の前のはずで、この時、すでに薫は生まれています。また匂宮も生まれています。

源氏44歳の時に、薫1歳とすると、「幻」の最後では、薫は9歳になります。宇治編の最初は、話の時間が少し錯綜しているのですが、薫が侍従であって、宮仕えをはじめた頃の話があります。侍従は16か15歳のはずです。すると、「幻」の最後と、宇治編の始まりの時間とで、6年か7年しか経過していないことになります。

冒頭の「匂宮」は、薫が侍従であったときより数年後の話とすると、話の時間が、十年後程度ということで数字が合ってきます。しかし、薫が侍従であった時の話の段階で、すでに源氏や六条院の栄光は、はるかな過去のことで、記憶の向こうのような書かれ方がされていたはずです。

わずか数年前、源氏が薨去し、六条院の人々は悲嘆にくれ、散り散りになってしまったという感じではなく、それはもっとはるかな過去のことのような感じになっています。

本編の物語と宇治編を分けるため、こういう風に作者がしたのかも知れませんが、時間の経過関係は、書かれていなくとも、計算して行くと、矛盾したものがないのが、「源氏物語」です。

宇治編では、光源氏が、ほとんど話題に昇りません。源氏があればこその薫であり匂宮のはずですが、何故か、無視されています。作者が意図的に触れなかったとも云えますが、作品のなかの時間で、源氏が無関係と思えるほどの時間が経過したのではないかともいえるのです。

夕霧は、別腹とはいえ妹の明石が中宮で、その息子が東宮で、更に、三人目の息子である匂宮を、次の東宮に立てようなどと画策しています。ところが、夕霧は、宇治編で、右大臣です。太政大臣には、黒髭がなっていたとしても、黒髭も、すでに逝去しています。父親が太政大臣、しかも准太上天皇、院で、母親は、太政大臣と降嫁内親王のあいだの娘の葵上です。

東宮の伯父であり、次の東宮の伯父にもなり、中宮の兄で、しかも、経歴からも血筋からも、彼に匹敵できる者はいないはずなのです。冷泉院はまだ元気で、夕霧が兄だと知っているのですから、何かおかしいと思えるのです。

つまり、源氏が、もう少し長生きしていれば、息子の夕霧を太政大臣に就ける算段をしていたはずだと思えるのです。晩年の源氏の悲嘆などは、内面的なもので、世間体は作っているのであり、源氏は、権力の絶頂にいたとも云えます。

夕霧が、予言通り、太政大臣になっているならともかく、何時までも右大臣なのは、影響力のある源氏が、その力を発揮する前に亡くなったのだと考えるのが妥当でしょう。夕霧も四十を超えていますから、年齢的に太政大臣は無理とはならないはずです。

これらを考えると、源氏は54歳頃に薨去したと考えるのが妥当なように思えます。源氏は、出家して、仏道の修行も立派に修めて亡くなったとされますから、「幻」の直後、出家し、三年ほど修行に励んで、薨去したと考えると、相応に修行もし、また、薫たちが成人となった時、すでに十年近い過去の人となっていたとも云えるのです。

53歳では、修行が二年で短く、55歳だと、五、六年前の人、ということで、まだ記憶に残っているでしょう。従って、55歳あるいは56歳以降まで生きたとは考えにくいということです。

59歳まで生きていたとすると、薫が侍従の時、まだ存命ということになりますが、そんな風にはとても思えません。すでに、この時、「過去の人」になっています。

(54歳で亡くなっても、「過去の人」というには、最近亡くなった人という時間になるのですが、源氏と紫上の年齢差が九歳か十歳だとすると、源氏52歳で、薫7歳になり、時間が整合して来ます。

あるいは、紫上の亡くなったのが、37歳でなく、39歳とかの場合も、似たことになって整合します。この辺りの年齢関係は、テクストの出来事の順序から表まであるはずですから、確認できるはずです)。

54歳という薨去年齢は、宇治編では、「過去の人」となっているため、源氏は、可能な限り早く死んでいなければならないのと、仏道修行も勤め上げたということのための時間で、3年は必要だという判断から出てきた年齢です。
 

 
原文テクストは無論、翻訳テクストも見つからないので、記憶を元に、勝手な推測をしてみたく思います。

おそらく、死亡年齢や年代を明示的に記述する文章はないと思います。しかし、色々な状況から、ある程度推測できるのではないかと思います。

「幻」の最後で52歳だとすると、紫上の逝去からかなり経っていることになります。紫上は37歳で亡くなったはずで、源氏は、上より七歳か八歳年長のはずです。女三宮が落飾したのは、紫上の死の前のはずで、この時、すでに薫は生まれています。また匂宮も...続きを読む

Q光源氏が政治の実権を握ったのは?

宜しくお願いします。

源氏物語において、
光源氏が政治での実権を握ったのはどの辺りか教えてもらえないでしょうか。

習った範囲では、一時右大臣派から追放処分を受けて明石に流され、その後、政治世界に復帰をした、というところまでです。
恐らくその後に力をつけて、右大臣派を圧倒すると思うのですがそこまではわからないままでした。

詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 習った範囲では、一時右大臣派から追放処分を受けて明石に流され、その後、政治世界に復帰をした、というところまでです。
「政治世界に復帰をした」のが『澪標』なんですが、「光源氏が政治での実権を握った」のも『澪標』と捉えてよろしいかと思います。
『澪標』で内大臣(うちのおとど)となっていますから。
岳父である致仕の大臣を摂政に推挙していますし、上位には左大臣(ひだりのおとど)と右大臣(みぎのおとど)が居るはずなのですが、見当たりませんし、『実権』としては、源氏の君が掌握していた…と考えてもよろしいかと思います。

源氏物語に見る『政治学』も面白いんですけれどね~。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報