現在中学3年です。
国語の力は偏差値65以上は確実越え、70近くあるはずなのに、
何故か問題を早く解くことができません。。
難しい問題でも簡単な問題でも、時間があれば解けるのに、時間がないと全然解けなくなってしまいます。
志望校上、今夏でこの問題を克服しなければならないのですが、
今国語に関しては毎日社説を読んで理解不能単語をしらべたり、旺文社の総合的問題集を一日1ページと読解力をつけるための難関校の過去問を解いているだけです。でもそれだけでは不安で不安で・・・早く解けるようになるためのアドバイスを是非お願いします><;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>難しい問題でも簡単な問題でも、時間があれば解けるのに、時間がないと全然解けなくなってしまいます



⇒誰にでもあることです。平常心を失って、パニック状態になってしまうと、頭の中は真っ白、わかっていたはずのことも、浮かんでこなくなり、さらに状況は悪化するという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

試験時間は限られます。どこかでつまづいてしまって、時間をかけてしまうと、もったいないです。とにかく一問でも多く正解して高い点数を取ることが目的ですから、

(1)いきなり、最初から順番に解いていこうとは思わず、全体にざっと目を通して、解く順番を決める。本文を深く読むのではなく、問題文を中心にどんな問題なのかに注目する。

(2)本文を読んで、問題文を読んで答えるという正攻法ではなく、問題文を読んで、それから本文を読んで答えを見つけたり、関係しそうな所に傍線を引くなどしてから、問題文に解答する。

(3)よくわからない部分は、一旦保留にしておき、とにかく分るところから解答する。そして、残った時間で再度保留にしてあった問題に取り組む。

以上のような流れでやれば、時間的に追い込まれてしまうことはなくなると思いますよ。がんばってください。
    • good
    • 0

こちらをお勧めします



出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)
http://www.amazon.co.jp/%E5%87%BA%E5%8F%A3%E3%81 …
    • good
    • 0

偏差値を信じてはいけません。

試験は、出題者と受験者のかけあいです。
相手の手の内、戦術、戦略、哲学を知らなくては、闘えません。とは言っても、具体的な出題者がわかるはずがありません。
NHKブックス「小説入門としての高校入試国語」石原千秋著を読んでください。
大学受験のとき、徳永直の「最初の記憶」、出題文を読みながら感動していました。どの教科も、最初の3分から5分、問題用紙に誤字、脱字がないか、急いで眼をとおしてください。間違いを指摘して、マークされるかもしれません。落ち着いていれば、答案の見直しができます。心配なら、全国高校入試問題集(学研)の国語を購入して、制限時間の8割で、解いて、自己採点してください。平成20年度、19年度くらいやるうちに、ほとんど完璧になるでしょう。英語、理科、社会は、満点をとれます。国語、数学は、9割で十分でしょう。公立高校の場合です。私立高校は、わかりません。国立付属も知りません。高専の問題は、力試しに解いてください。
    • good
    • 0

読解力はあるのに時間内に解けないのが悩みなんですね。





国語の問題を効率よく解くには。先に問題文を読むことです。

たとえば問題に

「筆者の主な主張は何か○○字以内で書きなさい」

とか

「筆者の主張として正しいものをア~オの中から選びなさい」

というものがあったとします。



筆者の主張というのは何度も出てきますが、○○字以内で抜き出せそうな
ところはどこかな?と考えながら読むと、答えとなる部分がすぐに発見出来ます。

また、筆者の主張として正しいものを選びなさいという問題の場合は、
必ず一つは、「こんなに極端な主張は絶対しないだろう」と、文章を
読む前から判断出来る選択肢が一つはあります。

そういう選択肢は、文章を読む前に予め×をつけておくと、それだけで
5択の問題を4択の問題にすることが出来ます。


あとは、漢字の問いことわざの問いなど文章に関係なく解答欄を
埋められる可能性のあるものは先にやってしまうのも良いです。

それだけで、精神的にゆとりが出来、問題文をじっくり読めます。

問題を効率よく解くには、自分がどういう系統の問題が得意で
どういうものが苦手かということをしっかり把握することです。

難関校の過去問を解いたら、あなたの得意不得意を見極める材料に
使ってください。さらに、過去問を解く時には試験時間がかかれている
ものもあると思うので、その試験時間通りに時間を区切って
時間内に解く練習をしておくといいでしょう。
    • good
    • 0

じっくりやるんでなく


いかに効率よく解くかの技術を磨くのです。

まず早めに解ける問題を先にやるのです。
その方が確実に得点できるんですから。
基本、国語にしろ他の教科にしろ、すぐ解ける問題がバラバラに埋もれているものです。漢字の問題だったり、選択問題だったり。
で、その後に問題に書いてあることを留意して長文問題などをじっくりやるのです。
あとは、いろんな問題をやるしかありませんね。
    • good
    • 0

国語の問題といっても、いろいろあります。



長文読解問題ということでいいですか。
すでにやっていることかもしれませんが・・・
文章を読んでから設問を読むのは、効率が悪いです。
まず、設問に目を通します。
何を聞かれているかを頭に入れながら、文章を読みます。

あとは、簡単な問題、得意な問題から手をつけます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中3です もう少しで入試が始まります。 国語の長文問題を早く解くコツを教えてください

中3です
もう少しで入試が始まります。
国語の長文問題を早く解くコツを教えてください

Aベストアンサー

何回も長文問題をひたすらやるしかありません。

そうすればなにかつかめるはず!
がんばれっ!!

Q国語の文章問題を解くコツを教えてください!

国語が得意な方に質問します^^;

・論説文
・詩
・物語文
・古文

の問題を解くときのコツを教えてください。
(テストは中3~高1レベルとして・・)

Aベストアンサー

 いいサイトを教えます。参考になると良いのですが……。

2ch 現代文の勉強の仕方 → http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2996/gendaibun/top.html
はためく 現代文ノート → http://kotonohasarasara.blog21.fc2.com/

 古文は、2年になってから勉強すればいいのですが、
A.「マドンナ古文」「超基礎シリーズ 古文マドンナ解法」(学習研究社)
B.「気鋭の講師シリーズ 富田の古典文法をはじめからていねいに」、「気鋭の講師シリーズ 富田の古典文法をはじめからていねいに」(東進ブックス)
C.「望月古典文法講義の実況中継(上)(下)」(語学春秋社)
 のうちから1つを勉強の核になる本として選び、演習することをおススメします。

Q国語力や読解力

私は今、国語の成績やテストの点をあけるのに凄く苦労している中二の者です。

国語って、どうやって勉強すれば成績が上がったりするんでしょう?
また、読解力なんかが身につく方法もあれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

たくさん読書をすると読書力は上がると思いますが、国語の成績をあげるには、自己中心的な読み方を捨て、テスト問題から読み解く力を上げた方が近道だと思います。
「国語はあやふや」と思っている人も多いようなのですが、数学と同じぐらい、割り切った採点をします。
問題を作るときも、客観的な事柄を聞くしかできないので、誰が答えても同じ回答に行き着くように問題を作るしかないのです。
文章を読む前に、問題を一通り読み、問題に関連のあるところに線を引きながら文章を読みます。設問を「良く」読み、質問していることにだけ集中して回答を見つけます。
点数にならない回答は、設問を良く読んでいないため、関係ないことが書いてあったり、不足していることがほとんどです。レベルにあった問題集を使い、解説を良く読んで必ず復習することをおすすめします。また、文章を読むときは、各段落の中心文に必ず線を引くという練習を忘れないこと。

ただし、大前提として、語彙を増やすこと(漢字、ことわざ、熟語など)。確実に点数になりますし、語彙がなければ長文読解もできませんし。

もと国語教師で、今は英語講師からのアドバイスでした。私は、漫画は否定しませんし好きですが、漫画でイメージをつかんだら、活字のみも楽しむようにはして欲しいなと思います。また、中2であれば、点数を上げるだけでなく、たくさん読書をして「思考力」もつけた方が、文系でも理系でも必ずプラスになります、というのは老婆心。

たくさん読書をすると読書力は上がると思いますが、国語の成績をあげるには、自己中心的な読み方を捨て、テスト問題から読み解く力を上げた方が近道だと思います。
「国語はあやふや」と思っている人も多いようなのですが、数学と同じぐらい、割り切った採点をします。
問題を作るときも、客観的な事柄を聞くしかできないので、誰が答えても同じ回答に行き着くように問題を作るしかないのです。
文章を読む前に、問題を一通り読み、問題に関連のあるところに線を引きながら文章を読みます。設問を「良く」読み...続きを読む

Q日本語力(国語力)を上げてバイリンガルになりたい

外国の教育に基づいた高校を卒業したばかりの受験生?です。
高校のカリキュラムはとても難しく、大学のレベル、もしくは大学以上のレベルの教育に基づいています。

私は最近小論文対策の為予備校に通い始めたのですが、内容が高度で周りは優秀な人ばかりです。
その授業は政治、社会、経済系の小論文対策で、読んでいる文章や書物がとても難解で高校生向けではありません。
確かに読んでいる書物は難解ですが、自分の読む力が衰えたのが原因なのかもしれないと最近思います。
英語力が周りと比べて乏しかったので、英語ばかりに力を入れていたらいつのまにか本来の読解力が衰えてしまったようです。
自分は日本の学校に通っている時は国語が得意で、高校でもレベルの高い日本語の授業をやっていましたが、最近では英語で文章を読むほうが楽かもしれないと感じるくらいです。

このままでは英語と日本語が中途半端になってしまいます。
日本語力を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。
やはり新聞や本を沢山読むべきでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 ANo.2です、早速のご返事ありがとうございました。状況が判りましたので具体的なアドバイスから始めさせていただきます。
 所謂「社会科学系の書物」を読んでいた時に、そこで使用されている語句の意味が分からなくなって自信を喪失してしまった、ということですので、
(1)ボリュームの少ない書物(岩波新書)を読む
(2)読む時には「章毎のテーマ」を箇条書きにしていき、全体との関係に着目する。
この2つの点に留意してみて下さい。
 なぜ「新書」かといいますと「新書」の読者対象層は不特定です。その内容に興味があっても知識は持ち合わせていない読者もいます。したがって筆者が書き下ろしをする時には専門書と異なり「判りやすい言葉」を選択せざるを得ません。jまたこうした方々の文章はロジックが命綱であることから「文脈の流れ」を把握し易いことにも特色があります。こうした特色に基づいて丸山眞男や大塚久雄などの社会科学を領域とする方々の著作が入試問題として選ばれる経緯もあります。
 社会科学だからといって専門用語が星のように鏤められているいるわけではありません。最初にテクニカルタームが記されているからといって、入学試験ですからそれに囚われる必要はないのです。そのテクニカルタームを筆者が読者に対してどの様に言い換えて使っているかを正しく読み取ることができればそれで結果は後から着いてきます。余りに心配することは反って無用な焦りを生むだけです。
 ここまでしっかりとした文章をお書きになれるのですから、あとは「如何に理解するか」を適正なスピードの下で養うトレーニングを繰り返すだけです。受験本番までの残りの時間で新書を10冊から12冊選んで読んでみましょう。その時に大切なことは「あくまでも受験を意識して、文章を読み解く」ことです。著者が考えたり提唱したりする見解に対して「何故この様に考えるのか?」などの部分は取り敢えず横に置いておき、少し自信が付いてきたようでしたら、そちらの問題に目を向けていくようにしましょう。
 小論文で出される課題もそれほど学術的なテーマでもありません。出されている課題に対して、自分がどの様な側面からアプローチし、どの様なロジックに基づいて結論を導き出すか、とのオーソドックスな部分を見たいというのが試験官の本音です。
 慶応大学文学部の入試問題になぜ「国語」が課せられていないかをご存知ですか?。表面的には「国語」はなくとも「英語」の訳文で「しっかりとした訳文」を書くことができるかどうかを見ることで同時に「国語の実力」を測っているいるのです。英語の授業でも滅茶苦茶な和訳をしたら「自分で何を言っているか判る?」と先生から訊かれますよね?。文章は相手に意図を伝えるためのモノである、この最も原点であることを忘れない限りは実力を養う手段ては必ずあります。小論文対策の予備校ではなく一般的な予備校で不得意科目である「国語」と選択科目の実力を蓄えてみては如何ですか?。一般の予備校ならば現在の英語の実力を更にグレードアップすることで本番でのアドバンテージとすることもできますよ。

 ANo.2です、早速のご返事ありがとうございました。状況が判りましたので具体的なアドバイスから始めさせていただきます。
 所謂「社会科学系の書物」を読んでいた時に、そこで使用されている語句の意味が分からなくなって自信を喪失してしまった、ということですので、
(1)ボリュームの少ない書物(岩波新書)を読む
(2)読む時には「章毎のテーマ」を箇条書きにしていき、全体との関係に着目する。
この2つの点に留意してみて下さい。
 なぜ「新書」かといいますと「新書」の読者対象層は不特定です。その内...続きを読む

Q中学校の国語科の先生方塾の国語科の先生方国語の専門家の人に質問します。

こんにちは。
中学校の国語の参考書について質問します。
私個人的な意見なのですが国語は、読解力がとても大切だと思います。だから参考書は要らなくても良いと思うのですが・・・
もし購入するとすれば、受験研究社が発売している中学用の「自由自在」を購入したいと思います。がこの本の内容は中学生にとっていい内容なのでしょうか?お尋ねします。できればこの本は、最適か否それと理由も書いてください。

Aベストアンサー

私も No.1 の回答者の方と同様、「資格」の無い者です。
「自由自在」という参考書の名前自体がなつかしいです。
思えば数十年前、小学生用だったか中学生用だったかが思い出せませんが、国語の「自由自在」を持っておりました。
「参考書」としてより、読みもののひとつくらいの感じで、あちこちを適当にめくっては読んでおりました。
内容は多岐に渡り、学校での学習とは直接つながらないものも多かったように思います。
けれど、その参考書のせいだけではなかったかもしれませんが、国語に関して、いろんな関心を持てるようになりました。
そして、国語の成績は、自分で言うのもどうかと思いますが、中学・高校と、学年ではトップクラスを維持できたように思います。
「関心」が持てた、ということが大きかったのではあるまいかと考えます。
とかく「国語」の授業というのは、退屈に思えるものです。
成績がともなうかどうかは別問題として、「日本語に関する本」と割り切り、暇な時にでも読むようなつもりで、手元に置いておいても損はないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報