大人になってからヴァイオリンを始めて1年になります。
最初の頃は長年の憧れだったヴァイオリンを弾くことが出来、とても楽しかったのですが、最近少し苦痛になっています。
それは「音程が正確に取れないこと」です!
具体的には自分が出したい高さの音に、左指が正確かつ安定して押さえることが出来ません。

音程を正確に取るためには先ず耳の訓練が必要なことは多くのサイトやレッスン誌にも書いてあります。
私も電子ピアノで様々な音階をゆっくり弾いて練習しています。
また、レッスンを受けている先生からは「他の弦との共鳴で確認しましょう」と指導されています。
確かにその通りだと思います。
しかしそのようにして自分が出したい音がイメージ出来ても、肝心の左指がその音を出す場所に行かない状態です。
共鳴で確かめるということも結局は弦を押さえて音を出して初めて認識できることで、いつも音を出してから「あ~、またズレてた・・・」の繰り返しです。

ゆっくりと音階を弾いていくだけなら何とか音程を外さずに出来ますが(百発百中ではありませんが)、少し早い曲を弾いたり、ポジションチェンジをすると外れてしまいます。特にサードポジションからファーストポジションへの移行時によく外してしまいます。

ヴァイオリンを始めたばかりの頃は正確な音程もわからなかったので、何となく近い音でも満足できていましたが、耳が訓練されてきた今では自分の音で気持ち悪くなることもしばしばです。

やはりひたすら練習して身体で覚えるしかないのでしょうか?
現在私が行っている練習は、調別に(今のところはC、G、D、Aだけ)音階やスケールをゆっくりと共鳴音を意識しながら練習しています。また電子ピアノでの確認もしています。
効果的な練習方法や、考え方などヒントになることでしたら何でも結構ですので教えてください。

長さにしてみると数ミリの世界ですが、それをいつも正確に押さえられるヴァイオリニストの方は改めて尊敬です。

A 回答 (5件)

ヴァイオリン族の楽器は、やはり音程をとるのが難しく、これは楽器の特性上仕方がありません。

練習あるのみですね。私も長年チェロを弾いていますが、音程に関しては未だに満足がいきません。

>それをいつも正確に押さえられるヴァイオリニストの方は改めて尊敬です。
じつは違うんですよ。確かに上手い人は音程を正確にに当てる確率は高いですが、全ての音で正確に当てているわけではありません。「外した」と思ったら、瞬時に修正しているんです。よく考えてみてください、いくら天才でも100%正確に押さえられるなんてあり得ないと思いませんか? 現実には、いかに聞いている人に分からないように修正するかがポイントなんです。hctclvさんの場合、音程がずれたら「ずれた」と気づくことが出来ていますので、あとは瞬間的に修正できるように練習すればきっと上達すると思います。


>ギターのように目盛(目盛の名称が分らない)を作ってあげたら覚えやすいですよ。
 それだけは絶対にやってはいけません。音程は耳で聞いて修正するようにしてください。目で見て修正する癖がついてしまっては、永久に音程がとれなくなってしまいます。

>多分弦は平均律
 ヴァイオリン族の楽器は平均律ではありません、純正律です。ほんとうに弾いている人ならこんな稚拙な間違いをする筈がないと思いますが、、、。haruhyoubyさん、知らないのなら、いい加減な回答をするのはやめてください!
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これからも正確な音程に近づける指感覚を習得すると同時に、
耳の訓練も行い、瞬時に音がズレたかどうかを判別し修正できるようになりたいと思います。

お礼日時:2008/07/21 19:37

手短にワンポイントアドバイスです。


「左手の親指の位置を意識したことがありますか?」

ポジションをとるときには親指を意識して練習してみてください。
目印は何もないので,やはり感覚で覚えるしかないです。
百発百中を目指してゆっくり練習してください。

親指の重要性について書かれているページがありましたので,
読んでみてください。参考になると思います。

ポジション移動で音程が定まらない場合
http://www.violinwakaru.com/artcl_30/30_00092.htm

3rd から 1st ポジションへ
http://silver-tone.com/howto/howto_311.asp
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また、参考になるサイトを紹介していただき、ありがとうございます。
他のページも「なるほど!」と思うことが多く、各ページをじっくり読んでいきたいと思います。

お礼日時:2008/07/21 19:37

補足。

私のかなり昔の弦経験によると(記憶が朧ろげ)
多分弦は平均律???(その辺り専門ではないので良く分らないのですが)というか、全体の指盤の長さに対して、各音がほぼ等分割に付置してあったので、どの辺りにどの音があるのか一つ一つの音を正確に捕まえるというよりは、全体の弦の長さをまず捉え(基準とし)て、どの辺りを押さえればいいのかを考えていけば良いと思います。最終的には腕と指との感覚で覚えていくしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これからも頑張っていきたいと思ってます。

お礼日時:2008/07/21 19:04

一般的には鍵盤や他の楽器の演奏の通り、丁寧に(同音の共鳴-「うなり」が聞こえる部分を探して)音を覚えていくのが良いでしょうが、コントラやチェロの訓練で(指盤が長いので状況がまた異なるとは思うのですが)時折使うように、各音の高さのところで白い糸等(端はセロテープでひっつけてました)で、ちょうどギターのように目盛(目盛の名称が分らない)を作ってあげたら覚えやすいですよ。

慣れてきたら外して、あとは身体感覚で覚えましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
糸を張ったり、シールをつける方法は賛否ありますが、それも1つの方法でしょうね。
最終的には身体感覚が大事ということはよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/21 19:03

 


 偽奏音程 ~ 調と律の融合 ~
 
 だれにも共通の“正しい固定した旋律”は、存在しないようです。
 物理的に承認される音程は“オクターブ”や“完全五度”などです。
(ヴァイオリンは原則として、四本の弦を“完全五度”に調弦されます)
 
 GDAEの周波数は、それぞれ等しい間隔ですが、ハ長調のメロディ
では、A弦とE弦が、開放弦のままだと不自然に(無機的に)響きます。
 そこで、上昇するときは高く、下降するときには低いめに奏します。
 
 さらに転調するたびに、つなぎめごとに丹念に調整、ゴマ化しながら
“偽奏”します(途中で調律できない伴奏ピアノも、狡猾な技巧を要す)。
 かつて歴史的に、四つの調律法(調弦法)が存在しています。
 
1.自然律(金管楽器の倍音=8:5:3:2の順に得られる古代率)
2.平均律(1700年頃、バッハが用いた鍵盤用の均等音程などを総称)
3.純正律(1889年、田中正平が、転調可能な多鍵盤オルガンを発明)
 
4.カザルス(Pau Casals i Defillo')の“表現する音程”(弦楽器)
 彼のチェロは、シャープ記号を半音よりも高く、フラット記号を半音
より低く捉える傾向があると指摘され、賛否両論が対立しました。
 
 つぎの引用は、芸大在学中にアルト・サックス(木管楽器)を選んだ
作曲家の伝えるエピソードです。この書籍は、才気にあふれています。
(おもしろい観点ですが、わたしは音程優先だったと解釈しています)
 
── かつて、モーツァルトの演奏にかけては神格化されていた指揮者
ブルーノ・ワルターは、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団のあ
る日の練習のさい、こういったそうだ。
 「だめだ、だめだ。ああ、モーツァルトが聞いたら、何といってなげ
くだろう!」
 この言葉が出たのは、オーケストラのヴァイオリン・パートが、モー
ツァルトのシンフォニーのなかの和音に、開放絃を使った直後のことで
あった。それから一つ一つの和音を、ていねいにヴィブラートをかけて
分奏する練習が始まったという。(II 音楽の形成 3 速度と表情)
── 芥川 也寸志《音楽の基礎 19710831-19781030 岩波新書》P128-129
 
 おしまいに一言。あなたがイメージする音程は、誰かの演奏した旋律
を脳内記憶したものです。その通りに再現できたら、おそるべき奇跡的
技巧の持主ですが、しょせん誰かのコピーにすぎないのです。
 
 わたしは、アマチュア演奏家たる者は、愛読する古典文学を音読する
アマチュア文学者のように、つつましい研究家たるべきだと思います。
 もちろん、同居者のために、しばしば黙読しなければなりませんが。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
ヴァイオリンを一生の友として続けていきたいと思ってますので、含蓄のある文章を参考に、わからないところは可能な限り調べていきたいと思います。

お礼日時:2008/07/21 18:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンとヴァイオリン

カタカナ表記の場合、例えば、バイオリンとヴァイオリンではどちらが好きですか?

Aベストアンサー

バイオリン

好きというか、辞書に載ってる方で統一しとかないと、webなんかの検索で不便ですので。

Qヴァイオリンで弾ける曲とJAZZヴァイオリンについて

平井堅の「瞳をとじて」やゴスペラーズの「ミモザ」などをヴァイオリンのみで演奏したいのですが、これは可能なのでしょうか?それとも可能だけどおかしくなるのでしょうか?また、ヴァイオリンのみで演奏するとなると相当な技術が必要となるのでしょうか?
最後に、楽譜があるものはなんでもヴァイオリンのみで演奏する事は可能なのでしょうか?

もう一つのJAZZヴァイオリンについては、
今JAZZのサークルに入って、ヴァイオリンがしたいので始めたいのですが、JAZZヴァイオリンだといセッションも難しくなるし、皆で合わせる曲が少なくなるといわれました。CDショップでもJAZZヴァイオリン奏者は少ないです。これは技術でカバーできるのでしょうか?

Aベストアンサー

ヴァイオリンのソロで聞かせるにはやはり技術が必要です。和音も出る楽器ではありますが、基本的にソプラノ楽器なので無伴奏だと飽きやすいわけです。
また楽譜があっても演奏不能なものはあります。弦が4本だから5和音以上の演奏は不可能ですし、低音二も限界がありますので。まあアレンジして弾くなら何でもいけるといえばいけるでしょうが、特に大編成のオーケストラ曲などはそもそも大編成前提の音楽ですからやろうとすること自体があまり意味がないかも知れませんね。

一方ジャズに楽器の制限はありませんよ?もともと楽譜通りやるならジャズじゃないわけですから・・・・
まあ、グラッペリがやっていた頃とは違い、花形楽器でないのは確かでしょうが、編曲というかやり方次第でしょう。特に大切なのはソロの部分よりアンサンブルでどう他人の演奏を支えるか、ということでしょう。ソプラノ楽器だからソロでは当然めだちます。その分、バックに回ったときどれだけ他の人の演奏を支えられるか、それができれば問題ないと思います。

Q外来語などのカタカナ表記について(バイオリンはヴァイオリン、スイーツはスウィーツ)

こんにちは。
以前から少し気になっていたのですが、

バイオリン→ヴァイオリン
スイーツ→スウィーツ
バレンタイン→ヴァレンタイン
コスメチック→コスメティック

のように、書き方を複雑にするのは何故なのでしょうか?
(英語の綴りのせいなのでしょうか・・・)
これから先は、ゼリーがジェリーになったり(ほかに例が思いつかなくて恐縮ですが)するものでしょうか?
また、そのように表記しても、実際にヴァイオリン、やヴァレンタイン、と発音するのは気恥ずかしいものもあるし、そうやって発音している人もあまり見たことがありません。
書くのもほんの少しですが後者のほうが面倒になるし、発音も前者ですることが多いのだから何もわざわざ「ヴァイオリン」等という表記をする必要はないと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮名で正確に表す事そのものが不可能なんですね。おまけに商業的な場で最近とみに外国語、特に英語が乱用される傾向があり、このこともまたVの発音などに関する問題に拍車をかけていると思います。
といってviolinと書くのもそれこそ衒学趣味になるでしょう。
ということで、慣用や伝統がある場合はそれに従い、特に歴史的・政治的などの理由がある場合は原語(に近い発音)で、また決まった書き方が無い場合はどっちでもいい(まああえてあげつらうのもいかがなものかと)が、可能ならむしろ日本語に訳すほうがいいのではないか、と思います。バイオリンは・・・私もヴァイオリンと書く事が多いです。有名なヴェルレーヌの詩(訳詩)でヴィオロンとあるのにひかれてのことなのですが。ヴァレンタインもね、もともと歴史的にはウァレンティーヌスさんが亡くなった日でして、このあたり人名なのでやはり原語に近い方が良いようにも思います。善し悪しまで言うことも無いでしょう。逆に野坂昭如「エロ事師たち」のなかにパンティーをパンテ(だったかな?うろおぼえ)と発音することでわざと猥雑な感じを出している場面がありました。これなど逆にティという書き方でないと通らないでしょう。お茶のティーもそうですね。結論としては拘るほどの事でもないんじゃないか、というしょうもない落ちになってしまいますが・・・・

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮...続きを読む

Q大人になって始めたピアノの進み具合について

今日は、私は21歳の夏からピアノを始めて今23歳で約1年9ヶ月ピアノをしています、バイエル、ブルグミュラー25とランゲの花を終えて今ハノンの復習と音階、ツェルニー30番の15、16番と併せてショパンのノクターン9-2の右手を次見てもらうところです、私はわずか1年9ヶ月の間に先生をで3人変えました、先生との相性ってやっぱりあるんですよね。今の先生は東京藝術大学などの有名校に合格してる高校の講師をしていた先生なんですがいつも2時間近くも丁寧に教えてくれます。満足してます、費用も相談に乗ってくれるし本当に助かっています、やっと出会えたって言うような先生ですね。才能あるって認めてもらって本当にうれしいです、私は小さいときからピアノが習いたくて仕方なかったから思い入れは特別なんですよね、でも最近ピアノの進み具合に不満が出てきそうでいつになったら何歳で先生になれるんだろう、絶対音感はないけどピアニストになれるか等ですね、練習の仕方はハノン、ツェルニー、ショパンの順ですが練習時間はまちまちです。波があるんですよ、でもうまくなりたいから練習する日は一日1時間半くらいから8時間とかですね、聞いてみたいのは私っていったいどのくらいの実力があるかですよねー。自分に自身を持ちたいと思っていますがここのところ今、正直に言って限りないこれからのステップを踏んでいく多すぎるピアノ曲の数にも不安と恐怖さえ感じてもいます、絶対あきらめないで進みますけどね、笑。それどころか図書館でCDを借りてきたらヴァイオリンやフルートにも興味までできちゃいました、笑。そうだ、ピアノのグレートも挑戦しようと思っていますが絶対音感ないと不安あるんですがいけますかねー、本当に初心者なのでいろいろと教えていただきたいです、よろしくお願いします。

今日は、私は21歳の夏からピアノを始めて今23歳で約1年9ヶ月ピアノをしています、バイエル、ブルグミュラー25とランゲの花を終えて今ハノンの復習と音階、ツェルニー30番の15、16番と併せてショパンのノクターン9-2の右手を次見てもらうところです、私はわずか1年9ヶ月の間に先生をで3人変えました、先生との相性ってやっぱりあるんですよね。今の先生は東京藝術大学などの有名校に合格してる高校の講師をしていた先生なんですがいつも2時間近くも丁寧に教えてくれます。満足してます、費用...続きを読む

Aベストアンサー

絶対音感がないからピアノの先生になれないなんてことはありません。プロのピアニストだって全員が絶対音感を持っているわけではないと思いますよ。確かに絶対音感はあって困るものではないですが、要はあなたのやる気だと思います。
絶対音感は遅くても5歳までに、きちんとした音感教育を受けないと身につかないものなので、大人になってからは絶対に身につきません。その頃からプロのピアニストになろうと思う人は、よっぽど音楽環境に恵まれている人ぐらいなものです。ピアニストはたくさんいますが、その中で絶対音感を持っている人はほんの一握りだと思います。
最終的にはあなたの努力次第です。弾けるようになるまでひたすら練習あるのみですね。頑張って下さい。

Qヴァイオリンとバイオリン?

例えばコンピューターとコンピュータで検索結果の件数が違うのは長音の問題によるものですが、
ヴァイオリンで検索するのとバイオリンで検索するのでは検索結果として表示される件数に違いが出ますが、これはどういったことが問題でこうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが以下のQ&Aを参考になさって下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=557499

Q『聖アントニウスの誘惑』(1945年頃のコンクールについて)

『聖アントニウスの誘惑』はしばしば描かれる画題のひとつですが、1945年頃に開かれたコンクールについて、誰か詳しい方いらっしゃいませんか?
そのコンクールとはなんでも、モーパッサンの『モナミ』の映画化に際して、『聖アントニウス』の絵を劇中使用するために画家たちに制作を呼びかけたコンクールだったようです。一位はエルンスト、二位はダリだったように記憶しています。
・・・とここまでは分かっているのですが、この映画の監督は誰だったのか、映画は完成したのか、公開されたのか、一位になった作品はどのように使われたのか・・・など、不明なことがたくさんあります。どのような情報でも構いませんので、参考文献なども含めて教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

作品:「ベラミの私事」【1947年】(モーパッサンの「ベラミ」を脚色)
監督:アルバート・レーウィン【アメリカ】

「モナミ」ではなく「ベラミ」です。
興行成績不良ですぐに打ち切り。

コンクールの順位は以下の通り。

1位:マックス・エルンスト
2位:イワン・アルブライト
3位:ポール・デルウォー

ダリは落選。
(ダリを2位とする文献もありとの事)。

絵の使用方法はちょっとわかりませんでした。

=参考文献=
朝日文庫の「世界名画の旅4、ヨーロッパ中・南部編」(下記HPより)
週刊グレート・アーティスト(’90 4/10)

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~salvador/sakuhin1.html

Q「ヴァイオリン」と「バイオリン」について

violin をカタカナで表す時に、
ヴァイオリン、バイオリンというのがそれぞれ混在しているように思います。
たとえば、goo のサイト検索なんかでやってみても、
どちらかがメインとかいうことでもないような気がします。

たとえば文部科学省の教育指導指針(?)であるとか、
新聞での用語に関するルール(?)なんかで、
こういった関係のことが何か取り上げられているというようなことはありますでしょうか?
もし、歴史的な経過などについてもお分かりでしたら、その辺りも含めてよろしくお願いいたします。

国際化への対応や子供の教育面などから捉えると、個人的には、
このようなケースでは「ヴァイオリン」に統一するような方向が
あっていいようには思うんですが。

Aベストアンサー

外国語の発音をVだけヴで書いて安心しても何の意味もありません。Th、siも日本語にない音です。混在しているのは
先輩達が使って定着したヴァイオリンなどが残り、新しい単語はバケーション(Vacation)のように無視して表記したりVirus(ウイルス、ビールス )のように適当に書かれるからでしょう。その外来語が何語を通じて日本に定着したかによっても表記が違ってきます。

子供さんには両方の書き方があることを説明の上、我家ではVはヴァ、ヴィ・・と書くと教えればよいと思います。

Q音程とテンポ

PCで曲の音程を半音下げて聴きたいのですが
テンポをどのくらい遅くすれば半音下で再生されますか?

Aベストアンサー

音楽については大して詳しくありませんが、単純に音の問題として考えると…

1オクターブ(倍音)は2倍の周波数で、平均律はこれを12等分(半音階12個分)にしていると考えれば、半音分の音程の差は周波数にして2^(1/12)倍(=2の1/12乗倍)になっていると考えられます。

それなので、半音下げるにはテンポを1/2^(1/12)倍にしてあげればよろしいかと…
2^(1/12)≒1.0594...ですので、およそ、0.94387倍になるかと思います。

Q学校ではどんな風に教えてますか?(「ヴァイオリン」or「バイオリン」)

別のカテゴリーで、たとえば violin をカタカナで表す時に、
「ヴァイオリン」と「バイオリン」のどちらが良いとされているのかをおたずねしました。

平成三年の「内閣告示第二号」によると、
原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合には「ヴァ」で、
これらの仮名を用いる必要がない場合は,一般的に,「バ」で書き表すことができて、
ということのようです。

----
こちらでのおたずねですが、
実際の学校の現場では、どのように教えられているんでしょうか?

それと、学習指導要領とかには、その辺のことについて何か記されて
いたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

小学校では「バイオリン」、中学校から「ヴァイオリン」になると聞いたことがあります。
というのは、「バ」と「ヴァ」の使い分けの前提となる、アルファベットや英単語の正確な発音を習うのは中学校からですので、小学生には教えられないからです。

Q音程について

音程について

C調において。

質問1。
「ド」の「9度(上)」は、「レ」ですが。
「ミ」の「9度(上)」は、「#ファ」でいいんでしょうか?

質問2。
「ミ」の「#9度(上)」は、「ソ」のことですか?
または、「ソ」なので、「#9度」はない。ということでしょうか?

質問3。
「9度(上)」って、半音で数えると、「14半音分」ってことでいいんでしょうか?

Aベストアンサー

質問1。

良いです。

質問2。
「ミ」の「#9度(上)」は、「ソ」のことですか?

そうです。

または、「ソ」なので、「#9度」はない。ということでしょうか?

Eをルートとすると、10thはG♯になります。
ですから、9th♯はGになります。

質問3。
「9度(上)」って、半音で数えると、「14半音分」ってことでいいんでしょうか?
良いでしょう。但し、「9th=ルートより14個上の音」ということで、ルートを含まず、14個半音上の音です。

オクターブ間の半音は13個あります。
ルートを引きますと12個です。
その上に、全音分ですから、2個足します。
なので、14個半音分です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング