痔になりやすい生活習慣とは?

富士登山の下り道の「砂走り」で毎回、足の親指の爪を痛めてしまいます。

前回登山した際には、爪がめくれてしまい、その後爪が黒化して根元から剥がれてしまいました。
前回を教訓に、今回は限界まで爪を短く切っていったのですが、それでも爪を痛めてしまい、一歩ごとに爪先が猛烈に痛く、歩くのに難儀しました。(履いていた靴は前回と同じものです。)

<原因?>
これは靴が私の足にあっていないのが原因なのでしょうか?
あるいは、私の歩き方に問題があるのでしょうか?

<対処?>
また、靴の紐の結び方や靴下の調整などにより、防止することはできるのでしょうか?
もし靴を買い直さなくてはならない場合、どの点に注意して、どこのお店で買った方が良いのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは!


富士山の魅せられて,もう十回以上登っている者です。
<原因
 足と靴を良く見てみないと断言できませんが,靴が小さい可能性が高いですね。日帰りか1泊2日か,下山道を下るころは,身体も疲れて足もむくんできます。登りは時間も経っていないので,むくんでいません。しかも勾配のきつい長い長い下りですから,他の山で大丈夫でも富士山の下りで起きることは納得できます。
 歩き方は見てないので分かりませんが,極端にブレーキをかけていない限り関係ないと思います。あの下りはみんな同じような感じで下っていきますね。レースの帰りに走って下ったこともありますが,多少スピードに乗ったほうが,親指の負担は少なかったですけど。。。
<対処
 テーピングテープで足の親指をテーピングしてみてください。
 靴下は1足で充分です。
親指の爪がシューズの先に当たることの繰り返しが原因ですから,直接当たらないようにすれば大丈夫です。
 紐は,全部の穴に通さないで,要所だけ簡単に止める程度にするとだいぶ違います。特に前の方は一つ目は通すとしても,2つめはパスすることがポイントです,
 店を選ぶなら,東京なら御徒町すぐの「アートスポーツ」規模も大きいので,種類が豊富ですし,店員さんが日本山岳耐久レース完走などなど実戦豊富です。靴を買うときは,足がむくんでくる午後です。午前は避けたほうが賢明です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

購入時には十分前方に余裕があったのですが、
足がむくんでサイズが大きく変わることを考慮しきれて
いなかったかもしれません。

テーピングする時には縦方向に爪を包み込むように
巻けばよろしいのでしょうか?

具体的にお店を紹介して頂き有難うございました。
本当に参考になりました。

お礼日時:2008/07/25 19:14

先週富士山登ってきました。


富士山に登るために登山靴も購入し、5月下旬から幾つかの登山をしました。
私の場合ですと爪が剥がれる程では無いですし、状況が全く違うのかもしれませんが・・・。
私は下山時に爪先が当たる事があります。(踵をトントンとした時に爪先に余裕はあります)
その時によって右だけ、または左だけ、でも両方だったり、爪先だったり。
かと言って足が前に出ないようにキツク締めると、甲が痛くなる。
ですので、薄めのハンカチを足の甲に挟んでみました。
多少キツク紐を締めても甲の部分は痛くないですし、足が前にのめらないみたいです。
その時によってハンカチの折りたたみ具合も違うので、面倒ですが何度か止まって調節もします。
富士山の下山道ではジグザグに歩きました。後ろから来る方には、邪魔だったのかもしれませんが。(-_-;
でもお陰で膝が笑う事も無く、爪先も当たりませんでした。
ご参考までに・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
足の長さだけでなく甲の高さも人によって異なるので、
調整が必要なのですね。
今度ハンカチ挟みを試してみます。

お礼日時:2008/07/31 20:41

直接、今回の解決策ではないのですが・・・。



爪をできるだけ短くするのは、危険なことらしいですよ。
NHKのためしてガッテンより。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q3/2008 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご注意いただき有難うございます。
気をつけます。

お礼日時:2008/07/25 19:25

下り坂のときは、靴のかかとをコンコンと地面にたたきます。

一寸、足を前方に上げて。目的は、靴の中における足の位置をなるべく後ろにもっていくことで、足の爪と靴の内側の隙間を大きくさせるためです。ですから特に強い力でコンコンしなくても構いません。ご自身で、「ああ、足先の余裕が十分になったなあ。」と感じられれば十分です。その後、靴紐をしっかり締めて、歩いてみてください。もしも、途中で、足先の余裕が感じられなくなったら、爪が痛くなる前に、また、コンコンからやってみてください。紐の絞め方を更にしっかりとして。
なお、トレッキングの際の靴下のはき方ですが…吸・放水性に優れた靴下の上から毛糸の厚手の靴下をはくのが、一般的というか、お奨めです。言い換えますと、靴の購入に当たっては、この靴下が二重の状態で、自分にあっている靴を選びます。
いずれにしても、大変でしたね。楽しい山歩きをしてくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

靴には若干余裕があったのですが、下山時には一歩ごとに
足が靴の中で前方にずれ込むのを感じていました。
「爪が痛くなる前に、コンコン」は単純ですが、とても
有効な方法に思えます。
靴の紐の締め具合にも注意してみます。

アドバイス有難うございました!

お礼日時:2008/07/25 19:23

私は足の人差し指が当たって、下りの道で靴擦れを起こします。

(今も左足は爪の中が血豆になっています。)
私の場合、足の甲が薄くて幅もないので、靴紐をしっかり締めないと、下りでは靴の中で足が前にずれてしまうため、人差し指があたって、靴擦れになります。(親指より、人差し指が長いので人差し指があたります。)
こういった足の場合の対処法としては、靴の中で足が前にずれないように、靴紐を上までしっかり(きつめに)閉めると大丈夫です。ただ、ショートタイプの場合は靴紐では調整できないので、足の甲の所にハンカチなどを入れると平気です。(富士山ですからハイカットの登山靴ですよね。)

靴を買い換えるなら、前後の長さだけでなく、幅や甲の閉まり具合もチェックしたほうがいいです。
また、靴の中敷を滑りにくい素材の物にしたり、靴下の素材でも違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

靴には若干余裕があったのですが、下山時には一歩ごとに
足が靴の中で前方にずれ込むのを感じていました。

私は幅広ですが甲が低いので、靴紐をしめても若干ゆるみが
出てしまいがちです。靴はハイカットですが、足の甲部分に
ハンカチやハンドダオルを当ててやると調節がしやすいかも
しれません。今度試してみます。

有難うございました。

お礼日時:2008/07/25 19:19

つま先に1cmの余裕、これが登山靴のサイズの基準です。


つま先に殆ど余裕がない靴だとどれだけ靴紐を締めても爪を剥がすでしょうね。
下る前に靴紐をきつく締め直すのは必須です(血が止まるほど締めなくて良いので、念のため)、本当は休憩の度に靴紐のチェックをするくらいがちょうど良いのですが。

昔からあるようなウールの厚手の靴下は必要ないです、当然2重にする必要は皆無です、登山用の足サポート機能のある靴下が各社から出ているので試してみるのも良いでしょう。

登山靴のサイズが小さい場合は対処のしようがありません、素直に買い換えましょう、自分の足指の爪に恨みを抱いているなら別ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下山時には”靴紐をきつく締め直すのは必須”なのですね。
今度はこまめにチェックして足が前方にずれないように
調整してみます。

有難うございました。

お礼日時:2008/07/25 19:10

一般論ですが、登山靴を履くときに、


登りはひもを緩めにする。これは足首をしなやかに曲げやすくするため。
下りはひもをきつめにする。これは足先が靴にあたって痛くならないようにです。

靴の種類にもよりますが、重登山靴と呼ばれるものであれば、
厚手の靴下2枚を履いて、まだ足先に若干スペースが残る程度の
サイズが適当なサイズといえます。

文面から見た限りでは、小さめのサイズの靴をあまり締めずに履いている
ようなかんじなのかもしれません。
革でない普通のトレッキングシューズであれば、
厚手プラス普通の靴下を履いて、少しスペースが残る程度がベストかな。

どうしても靴があわない。ということも、山ではありがちです。
そんなときは、すこし斜めにゆっくり降りるようにすることで、
多少は親指の負担はましにはなります。

>どこのお店で買った方が良いのでしょうか?

自分でも現役で山に行くことのある、登山用品専門店がいいです。
現役かどうかは、山行のアドバイスを聞けばすぐにわかります。
そんな会話の中から、靴に関することだけではない、アドバイスも
もらうことができます。そうやって、自分なりに信頼のおける
自分と相性のあう店員のいる、登山用品店を探すことも日々の楽しみではあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答を有難うございます。

上りと下りとで靴紐を調整し直すのが基本なんですね!
恥ずかしながら全く知りませんでした。
上りで調整したままで下っていました。

今度登山する際は、下山時に靴紐を調整してみます。
それでもダメなら靴の買い替えも考えます。

有難うございました。

お礼日時:2008/07/25 19:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登山で足の爪が死ぬ

登山で足の爪が死ぬ

私は毎年夏山登山に出かけます。そして必ず親指の爪が死にます(両足)。
新しく生え変わるのに約1年かかります。この連続で悩んでいます。

登山靴でも普通の運動靴でも同じです。爪が死ぬのは下り坂の時です。
親指の爪先が靴の先端部分に当たり痛くて歩くのも大変です、というより苦痛です。
爪を特に伸ばしているわけではありません。
日常は一日一万歩を目標に平地を歩いていますが、平地では何ら問題はないのです。

靴が足に合わないのかと思い、いろいろ変えてみました。
下りの場合ですから、靴が大きければ靴の中で足が前に滑り爪が靴の先端部に当たります。
小さければ常に爪先が靴の先端部に当たっている状態です。
下山する時は常に爪先を靴の先端部に打ち付けているような感じです。

爪先を靴の先端部に打ち付けないようにすればよいのだと分かってはいるのですが
どうすればよいのか分かりません。

どなたか助けてください。

Aベストアンサー

こんにちは
 
 先年、靴底とシェルの間の緩衝材がひび割れたのを機に、montbellで登山靴(トレッキング用ハイカット)を新調しました。
この時、初めて足のサイズを計って貰ったのですが、「右足が27cm、左足が26,5cm、それぞれ違ったサイズでも用意します」との事でした。結局27cmの物を購入しました。
普段履くスニーカーなどはすべて25,5Cmでしたが、登山靴にはそれなりの履き方があるそうで、足の甲から少し上までを、「かかとと靴が密着し、指が遊ぶ程度にひもを締める、登りも下りも、指先は靴の中で遊ぶようにする。  そこから上は、登りは緩めに、下りはきつめに締める」のだそうです。
要するに、かかとが密着している状態を、下りでも保てるよう、足首を強く締め付けるような感じです。

 私も毎年山歩きをしていた頃は、右足の親指の爪はまっ黒け、数年掛って生え換わる(死んだ爪の下に新しい爪ができる)ことを繰り返していました。

 スキーをやる方だと分かり易いかと思いますが、靴を履いて踵を地面にぶつけてバックルを(下から)締めるでしょう。
それと同じ要領ですね。スキー靴も、偶然そういった感じのが見つかってから、一日中履きっぱなしでも、指は痛くなりません。
(この暑いのにスキーでもないかな~)

こんにちは
 
 先年、靴底とシェルの間の緩衝材がひび割れたのを機に、montbellで登山靴(トレッキング用ハイカット)を新調しました。
この時、初めて足のサイズを計って貰ったのですが、「右足が27cm、左足が26,5cm、それぞれ違ったサイズでも用意します」との事でした。結局27cmの物を購入しました。
普段履くスニーカーなどはすべて25,5Cmでしたが、登山靴にはそれなりの履き方があるそうで、足の甲から少し上までを、「かかとと靴が密着し、指が遊ぶ程度にひもを締める、登りも下りも...続きを読む

Q下山時に足の親指の爪が痛くならない工夫

最近、山歩きを始めましたが、下山時に足の親指の爪が痛くなってしまいます。爪というか爪の付け根あたりです。

最近テニスをするときもそうだったんですが、今回は特に痛くなってしまいました。

たぶん足の親指が他の指よりも出ているためと思います。

登山靴を大きくすればブカブカになってしまうと思いますので、テーピングとかそういう方法で工夫することはできないでしょうか?

同じような悩みをもっていらっしゃる人で何か良い方法があったら教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

私は長年使っていて問題なかった登山靴が、下山中に爪先があたり、痛めるようになりました。歳を取ると土踏まずが崩れて足が扁平になり、少し長くなることが原因らしい。靴ひもをしっかり締めるなど、いろいろやったのですが効果はありませんでした。履き慣れた靴で、捨てるのももったいないので行きつけの登山店で聞いたところ、足首が細いので紐がしっかり締まらず、下りで爪先が当たってしまうと言われました。それを防ぐため、薄い靴下をはいて、足首の前面に厚めの靴下を切断した物をあてがったところ、靴ひもがしっかり締まり、爪先が泳がないようになりました。かなり効果があったと思っています。お試しになったら如何でしょう。

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Q足の親指の爪が黒くなって、浮いてはがれそうです><

春にスキーに行って、靴がきつかったのか爪が真っ黒になってしまいました。
でもほっておいたら、付け根のようが上にぼこって浮いて、今はもう爪自体がはがれそうです。
でも、今からのサンダルの季節、親指の爪がはがれてしまってなくなったらかなり怖いですよね・・・
どうしたらいいんでしょう・・・
あとちょっと刺激があったらはがれてしまいそうです。
これって病院にいくべきなんでしょうか?
爪ってどのくらいしたら生えてくるんですか?
かなりかかる気がする。
もしはがれたら付け爪とかしちゃって大丈夫ですかね?
ほんと助けてください~~~~~~~><

Aベストアンサー

経験あります。
はがれそうなら、もう下に新しい爪が生えてきてると思いますよ。
私も、何回かそのようなことをしていますが、
はがれた爪の下は肉が剥き出しってことはありませんでした。
病院に行かないといけないほどのことは無いですよ。
かさぶたが取れそうになってるぐらいの気持ちでいていいと思います。

ただ、まだ薄いやわらかい爪なので、いたわることは必要かと思います。
あと、下に爪が生えてきてるはずだからと、取れそうな爪を無理にはがすのはやめた方がいいでしょう。
そのうち時期がくれば、ぽろっと取れます。
それまでは、その爪がものに引っかかりやすくなってると思うので
絆創膏で軽く固定しておいた方がいいと思います。

足の指に巻いた絆創膏はファッション的には今ひとつかもしれませんが
その辺はかわいい絵のついたやつとか探してみてください。

付け爪は経験無いですが、新しく生えてきている爪を触ってみて
しっかりしてないなと感じるうちはやめておいた方がいいんじゃないでしょうか。

Q下山の時に足の親指の爪を痛めてしまいます

登山歴3,4年のビギナーです。
毎年夏に南アルプスや八ヶ岳に登っているのですが、毎回下山の際に
両足の親指の爪を痛めてしまいます。後日、内側が内出血して爪が黒くなってしまうのです。
歩き方が悪いのでしょうか。靴が合っていないのでしょうか。
(靴はColumbiaを使っています。一応登山用品店でいくつか履いて試してから買ったのですが)
今年からストックも使ってみました。ストックを使うことで随分楽になったと感じていたのですが、やはり最後には痛めてしまいました。
こんなわけなので、下山にとても時間がかかってしまい、
今後もっといろいろな山に登ってみたいと思っていても、行程を考えると諦めざるを得ません。
一緒に登ってくれるパートナーにも迷惑がかかり申し訳ないです。
何かアドバイスがありましたら、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

「やや厚めの靴下を履いてつま先がちょうどぐらいです。スペースはあまりありません。」ということですから、No2さんがすでに指摘したとおり、靴が小さいと思われます。
 登山用品店の普通の店員さんからは、普通は足を前に詰めた状態で、指一本くらいのスペースが空く、くらいの大きさを薦められることが多いですが、購入された登山洋品店の店員には何も言われなかったのでしょうか?
 もともとほぼぴったりなのに、足が前にずれる、となると完全に爪が前に当たってしまいます。靴紐をしっかり結んでもそうなるのであれば、靴の形も合っていないのではないでしょうか。靴紐をしっかり結べばくるぶし以上まであるミドルカット、ハイカットの靴であれば足首が締まりますし、甲の部分も締まるので、足の形にフィットしていれば、そんなに大きく動きません。
 大き目の靴を履くと、今度は足をくじきそうで怖いとのことですが、靴紐をきつく締め、足にちゃんとフィットさえしていれば、靴がずれることもないので足をくじきそうになる、ということはないです。
 ということで、1サイズ大きい靴を購入されることをお勧めします。コロンビアで1サイズ上げても駄目、となると、足型(ラスク)はメーカーによって違いますので、いろいろなメーカーのものを出してもらって、自分に合う足型のメーカーを探したほうがよいと思います。
 地道にお店を回って、店員にしつこく聞いて、靴を出してもらってはいて歩き回って、段差も登って降りてみて、指先のあたらない、足の動かない靴を探すしかないと思います。古い靴はヤフオク等で転売するとして。
 あと、靴紐の結び方ですが、NO1さんの御指摘のとおりですが、さらに加えて、下りが多くなる場合は、(1)かかとをつけて結ぶに加え、(2)フックに紐をかけるときは下から上ではなく上から下にかけるとゆるみにくい。(3)フックの前で一度軽く縛ると縛ったところから下がゆるみにくい。。(4)下のほうはつまんで引っ張り、引っ張ったところを押さえておいて次をつまんで引っ張る等とすると甲の部分がしっかり締めることができます・・・等工夫することができます
 なかなか完全に自分の足型にあう靴はみつからないですが、靴選びだけは個人差があるので、メーカーにこだわらず、足にあう一足を捜してくださいね。楽しい山行となることをお祈りしています。

「やや厚めの靴下を履いてつま先がちょうどぐらいです。スペースはあまりありません。」ということですから、No2さんがすでに指摘したとおり、靴が小さいと思われます。
 登山用品店の普通の店員さんからは、普通は足を前に詰めた状態で、指一本くらいのスペースが空く、くらいの大きさを薦められることが多いですが、購入された登山洋品店の店員には何も言われなかったのでしょうか?
 もともとほぼぴったりなのに、足が前にずれる、となると完全に爪が前に当たってしまいます。靴紐をしっかり結んでもそうな...続きを読む

Q日帰りで行ける涼しい山(東京から)

 山には行きたいのですがまとまった休みが取れません。
今の季節日帰りで行ける東京近郊の山は登るに暑そうですが、その中でも割合涼しそうなお勧めの山はございませんでしょうか。

Aベストアンサー

日光は中禅寺湖周辺は、下界より10度気温が低いです。
標高を調べていくと、目的地の大体の目安になります。用意する上着を選ぶのも楽です。

日光白根山などは如何でしょう?近くに立ち寄り湯もあります。

Q富士山 登山靴必要!?

富士山に今度5合目から頂上まで1泊2日で河口湖コースから登ろうと思っています。
今後、人生で登山なんてあまりしないと思うのでわざわざ登山靴を買う必要があるのかなと思います。
20代なのでスニーカーでも登れるかと。
あと、登山靴が普段の靴としても使用できるなら買ってもいいと考えています。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは!
富士山の魅せられて,もう十数回登っている者です。
登山靴で登ったことは一度もありません。マラソンシューズばかりです。
毎年,7月に富士登山競走という富士吉田市役所から山頂までの早登り競争が開催されますが,参加選手はマラソンシューズです。登山靴履いて完走した人を聞いたことがありません。
ですから,スニーカーで充分登れます。
ただ,注意点は,
(1)古くシューズはゴムの劣化が始まっているので,登山中に底の部分からパカッと壊れることがあるので,古くないシューズを履きましょう。(2)下りで小石や砂がシューズに入るので,気になるならときどき靴の中
を払いましょう。
 以上です。富士山は独立峰なので,遠く九州の低気圧の影響まで受けて山が荒れることがあります。スニーカーで良いですから,雨具(下からまくり上げるような風,洗面器をぶっ掛けるような雨→カッパに限ります)と防寒衣類と現金(山小屋でいろいろ買えます)を持って,登りましょう。
 昨年登ったときは,背広のネクタイに革靴にカバンという人を見かけました。しかし,何か考えがあってそうしているようで,登坂力はありましたね。
 それから私は,富士登山競走で2回使ったシューズもあります。今は記念品として永久保存していますが,そんなにシューズがガタガタになることはありません。富士山は日本一の標高を持つ山ですが,外国に行けば富士山より高い山はたくさんありますし,標高5,000mを自転車でいける道もあります。
 どうぞ,慎重に準備されて,楽しい登山をしてきてください。

こんにちは!
富士山の魅せられて,もう十数回登っている者です。
登山靴で登ったことは一度もありません。マラソンシューズばかりです。
毎年,7月に富士登山競走という富士吉田市役所から山頂までの早登り競争が開催されますが,参加選手はマラソンシューズです。登山靴履いて完走した人を聞いたことがありません。
ですから,スニーカーで充分登れます。
ただ,注意点は,
(1)古くシューズはゴムの劣化が始まっているので,登山中に底の部分からパカッと壊れることがあるので,古くないシューズを履きま...続きを読む

Q登山中、足の裏が痛くなる対策

登山をされている方へお伺い致したいのですが、

私は、今年から、初級者向けの山を登り始めたのですが、
昨年から、計画的にジムへ通いましてトレーニングを行っておりましたので、
登山中は、定期的に休憩を取れば下半身の筋肉や腰が辛くなるような事はあまり無いのですが、
いつも足の裏(特に、前の半分の部位)が、途中から徐々に「じんじん」と痛み出します。
(大体、入山後3~4時間くらいの頃から痛み始めるのが多いようです。)

そこで・・・、ご質問なのですが、

(1)足の裏の鍛え方を、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
(2)足の裏が痛くなる経験がある方が、いらっしゃいましたら、経験談をお伺い出来ましたらありがたいです。
 (例えば、痛むのは始めの頃だけで、回数をこなすうちに痛くなり難くなる・・・とか、
  痛くなるのが当然で、特別な事では無いので、いつも休憩を活用して騙し騙し歩くのが普通・・・とか、
  痛くなっても、こんな事をすると、結構回復する・・・とか、
  痛んだけど、自分の場合は、こんな事をアレンジしたら痛まなくなった(もしくは軽減された)・・・など)
(3)その他、足裏・足腰関連で、アドバイスなどを頂けますとありがたいと存じます。

・・・を教えて頂けましたらと思いまして、書き込みをさせて頂きました。

補足:
○30代半ばで、性別は男です。

○大体、痛み始めるのは、登りよりも下りの時が多く、
 痛み出した後でも、下りの後の登り時には、そんなに痛みが気にならなくなり、
 その後、下る時が続く時に、また、徐々に痛みが増して来る感じであります。

○登山用の靴、登山用のステッキは使用していまして、
 歩行時は、ゆっくりと、なるべく段差の少ないルートを選んで歩くようにしております。
 (山歩きの基本の書籍を何冊か読みまして、なるべく遵守して行動しております。)

○今のところ、自分のレベルと相談して登っている山は、
 八甲田[酸ヶ湯→仙人岱→大岳→井戸岳→赤倉岳]を往復、
 (登山計画によって、小岳を経由したり、毛無岱から降りて来たりもしております。)と、
 岩木山[岩木山神社→山頂→嶽温泉]と、
 八幡平[茶臼登山口→山頂付近周回→茶臼登山口]で、
 共に、休憩を含めて大体6時間前後の行程での行動となっております。

 もし、宜しければ、お時間のある時に、ご教示を頂けましたら・・・と思います。

登山をされている方へお伺い致したいのですが、

私は、今年から、初級者向けの山を登り始めたのですが、
昨年から、計画的にジムへ通いましてトレーニングを行っておりましたので、
登山中は、定期的に休憩を取れば下半身の筋肉や腰が辛くなるような事はあまり無いのですが、
いつも足の裏(特に、前の半分の部位)が、途中から徐々に「じんじん」と痛み出します。
(大体、入山後3~4時間くらいの頃から痛み始めるのが多いようです。)

そこで・・・、ご質問なのですが、

(1)足の裏の鍛え方を、ご...続きを読む

Aベストアンサー

読ませていただいて、いくつかの可能性を感じました。

1、横のアーチがつぶれている。
足は大まかに言って3つのアーチで支えられています。
一つは「踵―親指付け根」のいわゆる土踏まずと呼ぶ部分。
2つ目は「踵―子指付け根」。
そしてもう一つは「親指付け根―小指付け根」の横のアーチです。

土踏まずのアーチが弱って偏平足になると、運動能力が下がったり
疲れやすくなります。
同様に、他の部分でも同じことが言え、特に「親指付け根―小指付け根」のアーチが崩れると、
指の付け根にタコが出来やすくなったり、痛みを感じる事もあります。
ここが弱っている可能性があります。

対策として、
横のアーチのサポートの入ったインソールを使ってみる。
(個人的にはショックドクターのインソールがお気に入りです)
横のアーチを鍛える。→床に広げたタオルを足指だけで手繰り寄せるトレーニングなど。

2、靴の問題。
登山は、普段の歩行よりもハードですし、長時間です。
荷物も多く背負っていたりして、足に加わる負荷も比べ物になりません。
そのため登山用の靴はその負荷に応じて、靴底を固くしてあります。
重登山靴などはまるで板みたいな硬さです。

しかし、硬すぎては正直歩きにくくなってしまいます。

登山靴はこの2つのバランスが大切です。
どれが適切かは、使う人のスタイルによって変わるので一概に言えないのですが、症状からすると柔らか過ぎるのかもしれません。

靴を手に持って折り曲げてみてください。
簡単に90度以上に曲がってしまいませんか?
そうだとすると、お使いの状況、年齢からイメージできる体力などには向いていません。
きっとそれは登山風のハイキングシューズです。

一度、靴の量販店などではなく、登山用品店で使用イメージを伝えた上で購入するのがいいと思います。


長くなった上に蛇足かも知れませんが、
自分は靴下の2枚履きはお勧めしません。
防寒の必要な冬季なら別ですが、最近の登山靴の優れたフィット感と
通気性を生かすためにも、一枚がいいと思います。
もちろん綿ではなくウールと化繊の混紡など登山用中厚手の物がいいでしょう。
足にはもともとクッション性が備わっています。
それを無視して厚い靴下でくるんでしまうのではなく、
その機能を支えてサポートするのが現在主流の考え方だと思います。

読ませていただいて、いくつかの可能性を感じました。

1、横のアーチがつぶれている。
足は大まかに言って3つのアーチで支えられています。
一つは「踵―親指付け根」のいわゆる土踏まずと呼ぶ部分。
2つ目は「踵―子指付け根」。
そしてもう一つは「親指付け根―小指付け根」の横のアーチです。

土踏まずのアーチが弱って偏平足になると、運動能力が下がったり
疲れやすくなります。
同様に、他の部分でも同じことが言え、特に「親指付け根―小指付け根」のアーチが崩れると、
指の付け根にタコが出...続きを読む

Q剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当時の剣岳登山はあんなに困難を極めていたのでしょうか?行者も登っていたと映画で出てましたし。ただ単に天候に恵まれなかっただけなんじゃないでしょうか?

また、このルートは見た目は迫力あるのですが登りの長治郎と頂上までの最後の岩場も難なく上れました。不安を感じたのは頂上直下の岩場だけ位でした。

よく剣岳を登るのは大変だとか初心者にとっては危険だと山をよく知っている人から聞きます。剣岳登山は厳冬期の方が登りやすいのでしょうか?そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで
私だけが初心者でした。夏は登山をしたことがありません。

そのときに元気な若者たちは源治郎尾根とか赤谷とか何とか窓というグループに分かれていました。
私は年配者のグループでした。

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当...続きを読む

Aベストアンサー

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かったのではないかと思います。
携帯用コンロなんてものはありませんし、ゴアテックスの雨具もないです。
現代の登山は、用具もノウハウも当時とは比較にならないほど進化しています。
結果、体力にしても根性にしても、今と比較できないほど登山は危険に満ちていたはずです。

あなたが登った厳冬期ですが…あなたはゴアテックス&羽毛の最新ウェアを着ないで、フリーズドライの食品を利用せず、携帯用コンロを利用しないで、LEDの懐中電灯もなく、ナイロンのテントを布の重いテント(ナイロンテントの3~5倍近い体積と重さになるはずです)を背負って!というのを想像できますか?あ、シュラフもシュラフカバーも使わないでくださいね。

>そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで私だけが初心者でした。
経験豊富な先輩方がいたから、しかも初心者が一人だったから登れたのです。
その、経験豊富なメンバーも「経験を積み重ねて」「ノウハウを得ている」から登れたわけで、地図を作るための人は目的が違いますし、登山の専門家でもないです。当然、当時はアルピニズムのノウハウなんかも日本では殆ど無いに等しかったのです。

もっと低い山でも、遭難事件は起きています。
ツアーでは当然経験豊富なガイドが付いているにもかかわらずです。初心者が多ければ、経験豊富なガイドがいても…昨年は8人が北海道でなくなっているのじゃなかったでしたっけ?

あなたの場合、恵まれた環境で登山ができただけで、決して、それが当然だとは考えるべきではないです。

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かっ...続きを読む

Qトレッキングシューズ着用による足の痛み

最近、トレッキングを始めた者です。

専門店で店員と相談してハイカットのシューズを購入しました。
3時間ほど慣らしを行い、翌日、そのシューズを履いて山へ行ったところ、帰る頃に足が痛くなってしまいました。7時間ほど歩いたと思います。

痛む箇所は、両足内側のくるぶしの少し前方(土踏まずの上あたり)です。

また、トレッキングから一週間ほど経った今、右足首の前側の窪む部分(足首を曲げるときに盛り上がる筋の横の辺りです)を触ると、前述の箇所に痺れがあります。
左は今では全く痛みません。

この痛みを回避する方法はないでしょうか?

靴のベロの折り目が直撃していたか、もしくはシューズのアッパーがナイロン製で柔らかいため、きつく縛った靴紐が直撃していたか、どちらかのように思います。
厚手の靴下を着用していたため、ゴリゴリするような感じがなかったので、当時は気づきませんでした。

今後、楽しくトレッキングを続けていくにあたり、先輩方のお知恵をお貸しいただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

靴紐締めすぎです、下りでは傾斜が急な場合は強く締めます、傾斜が緩くなったら#1さんの様に
緩めないと足がしびれる現象があります、それと、まだ靴が新しく足に馴染んでないと思います。
革製でないタイプ登山靴でも2ヶ月は慣らしは考えて下さい。登山靴はスニーカーと違い
ゴアテックス等の防水処置されているので固いです、特にハイカットシューズは足首の皮がはがれ
る事もありますので注意して下さい。


人気Q&Aランキング