質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

文化人類学の授業で、軽く文化相対主義と普遍的人権主義について講義を受けたのですが、自分のとったノートや資料を見ても、いまいちその2つの葛藤について理解できていません。
できれば、キプシギスの女性婚の話も交えて、文化相対主義と普遍的人権主義について説明してもらいたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すいません、チャールズ・テイラーではありませんでした。

テイラーの『マルチカルチャリズム』のことを考えてたら混ざってしまった。

ここでわたしが参照しているのはジェームズ・レイチェルズの『現実をみつめる道徳哲学 ―安楽死からフェミニズムまで』(晃洋書房)です。
    • good
    • 0

キプシギスの「女性婚」というのはどういうものか、もうすでに調べましたか?


わたしはそれについてはあまり詳しいことは知らないので、それに関してはご自身で調べてみてください。検索するだけで、あるていどのことはわかるように思います。

ここでは「文化相対主義」と「道徳的実在論」(普遍的人権主義)の対立ということについて説明します。

まず「文化相対主義」というのは、「文化が異なれば、その社会での道徳規範も異なる。どちらがより正しいとは言えない」という考え方です。

たとえば、日本では、人が亡くなると火葬することが一般的で、それがわたしたちにとって「あたりまえ」であり、「正しいこと」のように思えています。
けれども、欧米では土葬の方が一般的で、さらにアメリカでは「エンバーミング」といって、亡くなった人に防腐処理を施し、まるで眠っているようにお化粧を施して埋葬することが「あたりまえ」というふうに考えられています。けれども、防腐処理を施し、きれいな服を着せ、男性にまでほお紅や口紅を塗るというこのエンバーミングは、わたしたち日本人にしてみれば、ひどく違和感を覚えるものです。
さらに、チベットでは、「鳥葬」が行われています。この「鳥葬」というのは、遺体をハゲタカやワシなどに食べさせます。

日本人であるわたしたちの目には、おそらくエンバーミングというのは「不自然」な、「気持ちの悪い行為」に映るでしょうしし、「間違ったこと」「正しくないこと」のように感じる人もいるかもしれません。さらに「鳥葬」ともなると、わたしたちの多くの目には、ひどく残酷な行為であるように映るのではないでしょうか。

けれどもそれぞれの埋葬法が取られてきた背景には、固有の自然環境があり、社会慣習があり、人びとの文化があるのです。

それぞれの文化的背景を尊重する「文化相対主義」の考え方を採用すると、わたしたちは、ほかの社会の習慣がわたしたちの社会の習慣に比べて、「劣っている」さらには「間違っている」とは言えなくなります。

ある文化においては、死者に敬意を持っての行為である「火葬」は、在る文化においては「死者への冒涜」とみなされる。同じように婚姻においても「一夫多妻制」「一夫一婦制」、キプシギスの「女性婚」のように、それぞれの社会において「正しい」とされる婚姻はあるけれど、「道徳」というのは社会や文化によるもの、相対的なものだ、という考え方です。

質問者さんのいう「普遍的人権主義」というのは、おそらく道徳的実在論のことだと思います。すべての社会が共通に持つ、道徳規則というのが存在するはずだ、という考え方です。「文化的相対主義」が、「道徳」を「その社会における慣習・法律」ととらえるのに対し、道徳的実在論は、すべての社会が共通に持つ、道徳規則というのが存在するはずだ、とう考えるのです。

「普遍的人権」もそこから導き出せる概念です。
人間が人間であること自体によってもつ権利として、文化や社会に先んじて、あらゆる人間に平等に認められるべきもの、とするのです。

さてここで、文化相対主義と人権の概念が対立するケースがあります(キプシギスの「女性婚」がそれに当たるのかどうか、わたしは知りません。ご自身で調べてください)。

それは、ある社会における文化的慣習が、その民族にとって伝統的なものでありながら、一方で、その社会に暮らす一部の人の基本的な人権を侵害するものであるような場合です。
ここではチャールズ・テイラーの論の進め方に依拠しながら、「女性器切除」を例にとって考えてみることにします(※参考文献『現実を見つめる道徳哲学』)。

まず、前提として、テイラーは、先に挙げたような「埋葬」における各文化の「ちがい」に、もう一歩踏み込んでいくことを求めます。「死者を悼む」という観点から見るならば、さまざまな埋葬の方法があるけれど、あらゆる文化は、死を畏れ、死者を悼むという根本においては同じ「価値観」を共有しているのではないか。そう考えていくと、見かけほどのちがいはあるとは言えなくなります。文化的不一致の程度は、見かけよりはるかに小さいと主張するのです。

それに対し、女性器切除という習慣は、人間全体のいったいどのような「価値観」に基づいていると言えるのか。
さらに、道徳的実在論のなかでも功利主義者として、彼はこのように問いを立てていきます。

「この習慣は、それによって生活に影響を受ける人々の幸福を、促進しているかそれとも妨害しているか」

という問いです。
もし妨害しているのなら、その習慣は欠陥があると、その文化の外にいる人であっても結論づける、とするわけです。

文化相対主義から学ぶべき点はある。
「我々が自然だと見なす多くの行為や態度は、本当は単なる文化の産物に過ぎない」という洞察です。そうして「この洞察は断固として保つことが大切である」とも。

けれども、「嘘や殺人を禁じる規則のように、集団の成因の幸福はあらゆる存立可能な文化に内在する価値」であることを認めるなら、文化相対主義は受け入れられるものではない、ということになるのです。

話の筋道はだいたい理解できましたか?
その上で、この文章の中でのわからない点、さらにもっと知りたい点などがありましたら補足します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普遍的人権とは?

「白人だって黒人だって、黄色人種だって皆同じ人間だ」って言葉には特別違和感はありません。「日本人だって北朝鮮人だってジンバブエ人だって皆同じ人間だ」これもOK。しかし「日本人だって北朝鮮人だってジンバブエ人だって皆同じ人間だから、同じ人権だ」といったらおそらく違う。
まぁ理由はそれぞれ国が違い国家が保障する人権が違うからでしょう。
その視点で見ていくと人権とは「イデオロギー的なもの」に感じますが、どうなんでしょうか?
アムネスティとかわが国の人権団体の掲げる人権とは、どういった立場での人権でしょうか?

Aベストアンサー

もともと、「人権」という考え方は
大変に「イデオロギー的」なものです。
生まれた経緯からいっても、完全に「政治的イデオロギー」あるいは「プロパガンダ」の産物です。

まず、「人権宣言」の元ともなった、米国の独立宣言ですが、
その中には、

 創造主によって、生存、自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられている。

とあります。
ここで注目して欲しいのは、「創造主」という言葉です。
「創造主」とはだれか、、、。
もちろん、「キリスト教の神様」です。
つまり、「キリスト教の神様」によって与えられた権利な訳です。
ということは、「キリスト教」の信者でない人には「権利」は与えられていないという論理が成り立ちます。
そして、この論理のもと「キリスト者以外の人」の「人権」は、たとえ侵害しているようでいても侵害していないのです。なぜなら、キリストの神を認めなないなら、そもそそ「権利」自体発生しえないのですから。

もちろん、これに続く「フランス人権宣言」もあくまでも「キリスト者」のための「権利」の主張です。

では、「世界人権宣言」はどうでしょうか?
宣言内容を読む限り、キリスト教色は大分薄められているように思います。
しかし、前文に「国際連合の諸国民は」という文言があることから、やっぱり「国際連合の加盟国」で無ければ「人権」は認められないことになります。
また、「法の支配によって人権保護すること」とあり、「法の支配」がなければ「人権」はあり得ません。

と、以上のように「イデオロギー的でない人権」なんてあり得ないと思います。

>人権には本来持ち備えた人権とは別の人権が存在し、後者を人権と呼んでいるのか、前者を対象としているのか?もしくは融合したものが望ましいのか?

人権は、最初は「キリスト教の神」が与えるモノでした。
それが、国際的合意を得て、「法」が与えるモノとなったわけです。
つまり、「本来持ち備えた人権」などなく「法」が与えているに過ぎません。
では、「法」とは何か?
もちろん、国連が定める「国際法」でしょう。
そして、この「国際法」が及ぶ範囲は「国連加盟国」までです。
それ以外は及ばないのではないでしょうか?
少なくとも「法治国家であることが最上である」と僭称するのであれば、「法を超える」ことは許されないはずです。

では、「国連加盟国」ではどうか?
これは「国際法」と「主権国家の法」がどちらが上位に来るかでかわるのではないでしょうか?
勉強不足なため、そこまではまだ調べ切れていませんが、もし「主権国家の法」が「国際法」に勝るのであれば、いくら北の国が「自国内」で「拉致」をしまくってようが、言論弾圧してようが、「人権侵害」とはいえないでしょう。(「日本人の拉致」は、日本国内で行われているので「日本の法」が適用されるでしょう)

逆に「国際法」が「主権国家の法」より上位にくるのであれば、北の国が行っていることは「人権侵害」になり得るでしょう。

長文になってしまいましたが、もともと「人権」とは「イデオロギー的」であり、現在の「人権」といえば「法」が定める「人権」です。
つまり、「生まれながらにしての権利」を与えるかは「法」しだいとなります。

もともと、「人権」という考え方は
大変に「イデオロギー的」なものです。
生まれた経緯からいっても、完全に「政治的イデオロギー」あるいは「プロパガンダ」の産物です。

まず、「人権宣言」の元ともなった、米国の独立宣言ですが、
その中には、

 創造主によって、生存、自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられている。

とあります。
ここで注目して欲しいのは、「創造主」という言葉です。
「創造主」とはだれか、、、。
もちろん、「キリスト教の神様」です。
つまり...続きを読む

Q自己と他者の関係について

私は理系の大学に通っています。しかし心理学の講義を受講していて、討論会があり困っています。議題は自己と他者の関係の社会的比較についてです。このような議題はどのように考えたらいいのでしょうか?自分が他社より劣っていると感じる時はどのような時かを考えたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 「自己と他者」の関係は、社会的比較から考えた場合。「個人と社会」の関係と言いかえることができます。

 「自己=個人」「他者=社会」

 社会を形成する上で、法律が必要になるのは既にわかっていると思います。社会では法律に違反すると罪になります。その社会において法律とは善悪の基準になるものです。

 善悪の基準とは
 「個人」では、罪か罪でないかの善悪の基準をつくることはできません。「個人」が判断できるのは、快か不快か好きか嫌いかなどの主観的なものです。

 「個人」で判断できるのは、「快←→不快」などの感覚であり、これを「社会」で考えた場合は不快指数などがあり、そこから多数決で基準が作り出されます。
 
 そこからの「快←→不快」を「善←→悪」とも考えることができます。そのことから、善悪の基準は人間の社会性が生み出すものとわかります。

 「社会」にとっての「快」は「善」となり、「不快」ならば「悪」となります。「社会」にとって悪いことを「罪」としていくわけです。

 あなた「個人」が判断できるものは快感や苦痛など、好きか嫌いかの感覚的なものであり、それだけで罪か罪でないかの善悪は判断できません。あなた「個人」だけでは、罪は生じないのです。

 善悪を生むには、あなたと同じ感覚があり、共通認知ができる「他者」が必要となります。お互いに快感であったり好きなものは善となり、お互いに苦痛であったり嫌いなものは、悪として考えることができるようになります。

 あなた「個人」では感覚的であったものが、同じ感覚をもつ「他者」との共通認知により、善悪の基準はつくられていくのです。


 討論会での「自己と他者の関係の社会的比較」という議題において、何らかのヒントになれたらと思い書き込みました。頑張ってください。


 

 「自己と他者」の関係は、社会的比較から考えた場合。「個人と社会」の関係と言いかえることができます。

 「自己=個人」「他者=社会」

 社会を形成する上で、法律が必要になるのは既にわかっていると思います。社会では法律に違反すると罪になります。その社会において法律とは善悪の基準になるものです。

 善悪の基準とは
 「個人」では、罪か罪でないかの善悪の基準をつくることはできません。「個人」が判断できるのは、快か不快か好きか嫌いかなどの主観的なものです。

 「個人」で判...続きを読む

Q文化相対主義

文化相対主義について調べているものですが、実際文化相対主義とはどういうもの何でしょうか??できれば返信求みます。

Aベストアンサー

教科書風に答えると、文化相対主義とは、

 「各文化はそれぞれ固有の価値観を持っており、それぞれが、
  西欧的価値観では測れないそれ固有の価値や伝統を有して
  いる」

という考え方です。

20世紀半ばくらいまで、特に欧米では、西欧的なものの見方や価
値観が普遍的であり、他の文化や民族のものの見方や価値観は
「遅れた」もの、普遍的でないもの、「劣った」もの、と見なされて
いました。
そうしたものの見方への反省が、人類学の議論の中で出てきて、文
化相対主義を主張するようになります。

人類学は、今もアフリカ、南米、オセアニアなどに存在する文明
以前の生活様式を営む人々(かつては「未開」民族と言われた人々)
を主たる研究対象とするのですが、彼らは文明以前の「劣った」人々、
と考えられてきました。
ここでいう「劣った」は当然、近代化された西欧文明の「優越性」
との対比で語られる言葉です。人類の歴史は「劣ったもの」から
「優れたもの」へと発展する、という進化論的図式で考えられ、
その進化の頂点に、西欧文明が位置するのだ、と考えれてきまし
た。

ところが、「未開」民族を研究してきた西欧の人類学者たちは、
彼ら「未開」民族が、決して知的に劣る人間たちであるどころか、
しばしば知的に優れていることを理解するようになりました。
彼らは、彼らが身近に接する自然に対して造詣が深く、それを
利用するための科学的知識も持ち合わせています。
また、一見不合理に思える魔術や儀式といったものも、実は独
自の社会的機能を果たしていたりなど、何らかの合理的役割を
担っていたりします。

こういったことを調べていくと、「未開」民族の価値観やものの
見方は、西欧のそれと「違っている」だけであり、「劣っている」
わけではないことが理解されるようになりました。
そうした反省の中からさらに、多くのものの見方が、近代化をな
しとげた西欧の都合のよいように解釈されていたのではないか、
という深刻な反省が生まれ、そうした「西欧中心主義」的なもの
の見方を是正するような動向が、哲学、歴史、政治などの分野で
起こりました。

今日では、文化相対主義は、もう少し広い文脈で、「異なるもの
(他者)を理解する方法」として議論されることが多いようです。
さらに、文化相対主義は「客観的・普遍的なものの見方」がある
ことを否定するのではないか、と批判する論者も現れ、議論を
呼んでいます。
そこら辺の詳しいことについては、ご自身で詳しく調べられるこ
とをお薦めします。

(かなり簡潔に説明したので、詳しくは、例えば下記URLなどで
 さらに調べてみてください。)
http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/cs/cu/030702CL.html

教科書風に答えると、文化相対主義とは、

 「各文化はそれぞれ固有の価値観を持っており、それぞれが、
  西欧的価値観では測れないそれ固有の価値や伝統を有して
  いる」

という考え方です。

20世紀半ばくらいまで、特に欧米では、西欧的なものの見方や価
値観が普遍的であり、他の文化や民族のものの見方や価値観は
「遅れた」もの、普遍的でないもの、「劣った」もの、と見なされて
いました。
そうしたものの見方への反省が、人類学の議論の中で出てきて、文
化相対主義を主張するよう...続きを読む

Q文化相対主義

文化相対主義のことなんですが、文化相対主義成り立たないと定義した上で、理由を考えないといけないのですが、なぜ文化相対主義は成り立たないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 文化相対主義はそれ自体、悪質な普遍主義へと陥るからです。

 たとえばおのおの民族の多様性、その特殊性を尊重しましょうというお決まりの相対主義があります。日本には日本の文化があり、イラクにはイラクの文化があるので、お互い尊重しましょう。関わらないように、と。

 しかし、これは「文化を尊重する」という1つの「価値」です。1つの価値ということは、それ自体がもう相対主義でも何でもなく、価値の押しつけなのです。「文化を尊重する」という価値が抑制となり、支配することになります。ですから、これは普遍主義よりも悪質な普遍主義なのです。

 分かりやすくいえば、イラクで虐殺があったとしましょう。まわりの国々はこれを見て、止めたいと思う。しかしイラクは「虐殺はイスラムの文化なのだ。まわりに関与してもらうつもりはない。」と仮にいったとすれば、これを容認することになります。もちろんそんな文化はないですのでご注意ください(笑)

 井上達夫が相対主義を徹底に批判しています。ご参考に。

 

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Qアパートを借りるときに、大家さんの所に挨拶に行くのは当たり前ですよね…?

こんにちは。

アパートを借りるときに、大家さんの所に挨拶に行くのは当たり前ですよね・・・?一応、初めてなので質問させてください。

その時、手ぶらで挨拶にいくよりも、何かタオルとか石鹸とかを持っていくほうがいいですか?

Aベストアンサー

以前アパートを借りる際、不動産屋に同じ質問をしたことがあります。
そのときの回答は、不動産屋に管理を任せているのでそういうことは不要だと言うことでした。
住むアパート、お世話になる不動産屋など、条件によって変わってくると思うので不動産屋にでも確認してみてはいかがでしょう?

Q電車賃を払えない場合は

お金がたりなくなって、乗り越し料金などが払えない場合は駅員さんに言えば後で払いにきたりとか、そういう対処をしていただけるんでしょうか?1人暮らしで今日実家に帰らなくてはいけないのですが、実家に戻るまでの運賃(恥ずかしながら850円です)が捻出できず困っています。家に戻ればお金はあるし、次の日には帰ってこれるとおもうので同じルートでかえって運賃をはらえるのですが・・

Aベストアンサー

初乗り運賃はありますか?
 あればそれで乗って、着駅で持ち合わせが無く後日払うと言う
家人に迎えに来てもらうなどの手が使えます、やった事があります(^_^;

身分証明書とかあれば、後日払いますので、といえばたいがい通してくれますよ.(^_^)v

Qかぎ括弧の中のかぎ括弧の中にかぎ括弧を書くには?

文章を書くとき、かぎ括弧の中に、かぎ括弧を書くときには、『 』を用いますよね。
では、更にその中にかぎ括弧を書きたいときにはどのように書けばいいのですか?

Aベストアンサー

2番目の回答者さんがおっしゃるように、「“ ”」とか「‘ ’」でもいいですし、「〈 〉」「[ ]」でもいいと思います。

とにかく、カギ括弧内では、一度使った括弧は使わない方がいいと思います。
最初の回答者さんの例でいけば、

「…『…「…『…』…」…』…」

となります。
どの始まり括弧がどの終わり括弧に対応するか、一瞬、迷います。
今は一目で分かるように、本来文章である部分を「…」で書きましたが、これが長い会話文だったら、何が何やら、となります。
じっくり見れば分かるとは思いますが、分かりやすくするためには、違う形の括弧を使う方が親切だと思います。

括弧の形は、お好みで。ただし、一つの文書の中で、ルールは作っておいた方がいいと思います。
「 」の次は、『 』、その次は〈 〉、その次は[ ]……
という具合に。

以上は、とある業界新聞社で編集の仕事をした時に、先輩から教えてもらったことです。
小説など、“表現”を重視するようなものでしたら、読みにくくなろうが、それも表現の一つですので、最初の回答者さんの方式でもかまわないと思います。

Q哲学。結局、「他者」とはどのように理解できますか?

社会学系の大学院で課題のレポートを書いています。
講義でフッサールの現象学においては、「世界」は意識の志向性とそれに応じた現われである、ということを学びました。その場合、物質的なものに対してはなんとなく理解は可能な気もしますが、他者(他我)についてはどのように理解すればよいのでしょうか?なぜ、他者と概念的な共有可能で関係性の構築が可能となるのでしょうか?(言語の意味はなぜ他者と共有可能(のように感じる)のでしょうか? 

いろいろ見てみたのですが、議論が膨大すぎてどこから手を付けていいかわかりません。もし詳しい方がいらっしゃいましたら、フッサールの時代から現代にいたるまでどのような議論がなされてきたのか簡単な流れについて教えていただければ幸いです。(記号論?等についても)

Aベストアンサー

追伸:
>つまり各指の「自」および「他」は手の一部、つまり同じものの一部なのですね。これが共有可能であ>ることの証明です。 すべての生き物、存在物、人間も全く同じ原理なのですね。
>この部分だと思いますが、「東洋的」というのは具体的に誰のどの部分(どんな著書?記録?経典だとしてもどの時代のものの解釈なのでしょうか?)のものなのでしょうか?

○釈迦仏教(哲学)の基礎:涅槃教の一節、((一切衆生)悉有仏性)、曹洞宗の開祖、道元禅師道元禅師(山川草木悉有仏性)などが全て仏性で繋がっているという認識のことのですね。
仏性が、たとえの「手」ですね。
近代では、京都学派の哲学者の西田は、これを、自身あるいは自と他の関係に置き換えて、「絶対矛盾的自己同一論」を出しています。矛盾する自、あるいは矛盾する他は自身の一部であるという認識ですね。
どれもわかれば簡単なことですが、解説書読んでも、解説するものがわかっていないので理解は難しいですね。これも参考に。


人気Q&Aランキング