歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

店員に聞いたところ、エディロールを使いパソコンをギターアンプ代わりにすることは可能ということなのですが、ひとつ疑問点があります。
エディロールを使用する際、パソコン側の再生デバイス設定をエディロール用のデバイスに変更する必要があると思いますが、そうなるとパソコン本体のスピーカーのデバイスが必然的オフになり、結局アンプとして使えないのではと思うのですが・・・。
店員もそのへんはわからないようでした。再生デバイスを変えずともエディロールは使用できるのでしょうか?どなたか知見者の方ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1です。

補足拝見しました。
ついでに、どんなパソコンをお使いかも聞いておきゃ良かったんですが…

例えば、ノートパソコンをお使いでノート本体に内蔵のスピーカをオーディオインターフェースで鳴らしたい…となると、これは通常無理です。
デスクトップ機で、メーカー純正の小型スピーカなどが付いていて、現在そのスピーカで音を聞いている…ということなら、そのスピーカがアンプ内蔵型であれば、オーディオインターフェースの出力をそのスピーカに繋ぐことで、今お使いのスピーカからオーディオインターフェースの音を聞く事はできます。

質問者の方と問題の店員のやりとりの詳しいところまではわかりませんが、店員が適当に口から出任せ(あるいはとことん無知な癖に知ったかぶりした)…ということなら論外ですけど、勘違いや言い間違いも含めて、店員側が「質問者の方が外付けのアンプ内蔵スピーカを持っている」…と思い込んでの話なら、上記のとおり外付けスピーカの転用は可能ですので、その場合は丸っきり嘘付いたというわけではないですね。

ということで、スピーカは外付けがあるのでオーディオインターフェースの音が鳴らせる…とした場合ですが、ギターを直接オーディオインターフェースに繋ぐつもりなら、オーディオインターフェースは「HI-Z端子」というギター/ベース用端子を持っている(もしくはそのための切替スイッチ等がある)ものにしないといけません。EDIROLのUSB製品に限定するなら、UA-25、UA-25EX、UA-4FX、UA-101、UA-1000はOKです。

ただ、次に「ギターアンプ代わりに」という点については、「ギターを直接オーディオインターフェースにつないで、弾きながらリアルタイムにギターアンプを通したような音を聞く」のが目的だと、可能は可能なんですが、いろいろ難しい問題が発生する事もあります。
というのは、リアルタイムにギターアンプ音を聞く場合では
・ギター → オーディオインターフェースで音をデジタル変換してパソコンへ
・パソコン内部で『計算により』、音のデジタルデータをアンプを通した
時の音になるよう変換
・パソコンから変換後のデジタル音データがオーディオインターフェースに送り返される
・オーディオインターフェースでパソコンから受け取った音データを音に変換
という手順になります。
この場合、特にパソコンの能力が低いと、音データの変換計算に時間が掛かるため、ギターを弾いてからスピーカから音が出るまでに時間がかかり、音が遅れて聞こえるという事がよくあります。
なので、高性能なパソコンを持っていれば、実用上問題ない程度の遅れで済みますが、そうでないならちょっと使いづらいですね。

ですから、パソコンのスピーカ等、ギターアンプ以外のスピーカでリアルタイムにアンプを通した音を聞きたい場合は、「アンプシミュレータ」を使っているギタリストの方が多いと思いますね。
また、アンプシミュレータとオーディオインターフェースの両方の機能を持った製品もあります。ギター主体なら、こっちの方がお得かもしれません。

例:
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/g21u/ind …
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/g71ut/in …
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/b91ut/in …
http://www.line6.jp/podxt/features.html
http://www.line6.jp/podx3/
http://www.line6.jp/podxtlive/features.html
http://www.roland.co.jp/products/jp/GT-10/index. …
などなど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しい説明ありがとうございます。
私が使用しているパソコンはノートですので、残念ですがこの件はあきらめたいと思います。またレイテンシの仕組みなどもとても参考になりました。

お礼日時:2008/07/24 00:59

ども。



ボクはもう数年間
「オーディオインターフェース」+「パソコン」
でギターを練習しています。

まず。

質問者さんは「オーディオインターフェース」というモノが
良く分からないのではないでしょうか?
(熟知しているのであれば、ごめんなさい。。。)

もともと、オーディオインターフェースっていうものは
 パソコンについています。
・・・特に何も付けていないパソコンからも、音が出ますよね?

ですが、そもそもパソコン自体が「音」に特化したものでは
ないので、安価な回路で作成されており、音質的に劣るものです。

で、エディーロール等の「音楽専門メーカー」が
「パソコン専用の、より高音質なハードウェア」を作って、
これをパソコンに取り付けることによって、
パソコンの「音に関する部分」を強化することが出来るよう
になりました。

こういった、「高音質専用オーディオ関係ハードウェア」を
 いわゆる「オーディオインターフェース」って呼んでいます。

パソコンにオーディオインターフェースを取り付けたら、
 基本的にパソコン全てのサウンド関係の取り扱いは
 オーディオインターフェースに移管するのが基本になります。

で。

このオーディオインターフェースには
 ・入力ポート=楽器の音をパソコンに取り込む部分
 ・出力ポート=スピーカーやヘッドフォンをつなぐ部分
があります。

ボクは、この「入力ポート」に「アンプシミュレータ」を
 取り付けて、ギターの音をパソコンに入れます。
で。
 出力ポートにモニタースピーカを取り付けて音を出します。


なんでこんなことをするのかと言うと、
 パソコンに取り込んだMP3等の音楽に合わせて
 自分のギターの音が出せるからなんですね。

ヘッドフォンを使えば、夜間でも、気兼ねなく練習できるし、
 レコーディングソフトと組み合わせて、
 夜間でも宅録ができます。

私は「アンプシミュレータ」を通していますが
 エフェクターを通してももちろん使用できます。


で。

混乱しないで欲しいのですが、オーディオインターフェース
 とパソコンでは、アンプの代わりにはなりません。

もちろん、音は出るのですが、「アンプを通したようなサウンド」
 にはなりません。
 アンプとして使用するならば、「アンプシミュレータ」は必要に
 なりますね。(サウンドの臨場感の問題です。)

質問者さんと話をした店員さんは、すこし説明が足りない
 と推測します。

もう少し、詳しく話をされると、自分のやりたいことが
 低出費で出来ると思います。

参考になれば良いのですが。。。

 

この回答への補足

詳しい回答ありがとうございます。
ご指摘どおり「オーディオインターフェース」というものはあまりわかっていませんでした。パソコンをアンプ代わりにするのはいろいろ難しそうですので、回答者さんのような方法を検討させてもらいます。

補足日時:2008/07/24 01:01
    • good
    • 0

方法はわかりましたか。

自分も今同じ様なことを調べています。
自分の場合はノートpcのため特に内蔵スピーカーが貧弱なので、
もし可能なら*Audacity(​http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/so …​)
のようなソフトウェアを使ってモニタした音をスピーカーから出すといった方法がいいのかも知れないと思っています。
    • good
    • 0

EDIROLのオーディオインターフェースっていっても、EDIROLってメーカー名ですからね。

オーディオインターフェース製品は
http://www.roland.co.jp/DTMP/comparison/AudioIF. …
あるし、それぞれ特徴がありますから、どの製品かわからんと答えようがないですなぁ。

USBやFIREWIRE接続のオーディオインターフェースなら、パソコン側の再生デバイスをオーディオインターフェースに変更する必要があるのは本当です。変更すると、PCの内蔵スピーカから音が出ないのも本当。

というか、この手のオーディオインターフェースは、高性能なアンプ内蔵スピーカ等を別途購入して、オーディオインターフェースの方にそのスピーカを接続して鳴らすのが前提です。そういう設計なんです。
パソコン内蔵のスピーカでは性能が低くて、オーディオインターフェースの音質性能を全く生かせない…とか、まぁほかにもいろいろ理由はあるんですけども…

ただ、仮にパソコン内蔵のスピーカが使えたとしても、ギターアンプ代わりに鳴らしたら、一発でボロボロに痛みますよ。そんなに大きな音量でなくてもね。
そのためにも、頑丈な外付けのスピーカを使う方が良いんです。最悪でもスピーカだけ買い換えれば済みますからね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
記述不足しておりました。製品はとくにどれとは決めていませんが、USB接続のものを検討しています。となるとやはりパソコンスピーカから音は出せないようですね。店員はなぜか即答で、できますと言っていましたが(設定の仕方もわからないのに)

補足日時:2008/07/22 22:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベース練習用にオーディオインターフェイスでも問題ないでしょうか。

ベースを始めることにした。
家での練習用にアンプがあったほうが思ったのですが、邪魔だし中途半端にお金をだしたくないので、もともとPC用のオーディオインターフェイスを欲しいと思っていたのもあり、エディロールの「UA-25EX」を購入しようと思うのですが、詳しい方の意見を聞かせてください。

目的
PC用オーディオインターフェイスとなる。
ギター・ベースの練習用アンプの代用となる。
ポータブルオーディオ機器を接続できる。


「UA-4FX」でもいいと思うのですが、「UA-25EX」は出たばっかりのようですし新しいほうがいいかなという感じです。

こっちのほうがいいんじゃないとか、こんなのもあるよとか意見をお聞かせください。
参考にしてさせていただきたいと思います。

Aベストアンサー

>ギター・ベースの練習用アンプの代用となる。

ここだけ、人によってはちょっと問題有り。

やっぱ、ベースアンプというのは「ベース本体の音(信号)」に「ベースアンプとしての音の色づけ」ができて、初めて「いわゆるベースの音」になるという部分があります。
UA-25EXにしてもUA-4FXにしても、そのままベースを直で繋いだのでは、ベースのピックアップから出た信号をそのまま忠実にしか扱えないので、スタジオ等でベースアンプを鳴らした時の音に比べて、気持ち「ペンペン」して「低域に粘りや迫力がない」音になりがちです。

『それでも気持ちよく練習できますか?』というのが、一つの判断の分岐点です。

そういう「ペンペン気味」な音でも全然平気という前提なら、UA-25EXでもUA-4FXでもよろしいです。
ただ、個人的には「ベースアンプを通したような音」で練習しないと、音の伸ばし方、切り方、弾き方による音色の変化の付け方…なんていうのが、特に初心者では、なかなかその勘所が掴みにくいぞぉ…と思いますね。

そういう私の意見の上では、ベース用のアンプシミュレータが有った方が良いと思います。

ベース用のマルチエフェクタで、アンプシミュレータ機能もUSBオーディオインターフェースの機能もある…というものもあります。
安いところで
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/b21u/index.php
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/b91ut/index.php
そこそこ定評有るところで
http://www.line6.jp/basspodxtlive/
まぁ他にもありますが…

ただ、ゆくゆくマイクを使ってPCにボーカルや他の楽器等々も録音して、DTMで作品を作っていくことも念頭に置くなら、今のうちにUA-25EXを買っておくのも選択肢としては大いに有りです。

そうなると、UA-25EXの他にベース用の単体アンプシミュレータを手に入れておく事をお薦めしたいところ。ただ、両方いっぺんに買うと予算的にしんどいか? というのが難しいところ。

単体のベース用アンプシミュレータとしては
http://www.allaccess.co.jp/SANS_BDI.html
http://www.line6.jp/basspodxt/
http://web2.moridaira.com/dunlop/m80.htm
なんかが、割と有名所ですが、私なんかは一挙にどっと値段の安すぎな
http://www.behringer.com/BDI21/?lang=JPN
も、上の高い奴にかなわないまでも、このお値段なら結構お薦めです。
一応、ベテランアマチュアベース弾きのつもりですが、ちょっと練習する分には、この激安の奴でも結構ベースアンプっぽく使えますよ。

と。まぁご参考までに

>ギター・ベースの練習用アンプの代用となる。

ここだけ、人によってはちょっと問題有り。

やっぱ、ベースアンプというのは「ベース本体の音(信号)」に「ベースアンプとしての音の色づけ」ができて、初めて「いわゆるベースの音」になるという部分があります。
UA-25EXにしてもUA-4FXにしても、そのままベースを直で繋いだのでは、ベースのピックアップから出た信号をそのまま忠実にしか扱えないので、スタジオ等でベースアンプを鳴らした時の音に比べて、気持ち「ペンペン」して「低域に粘りや迫力がな...続きを読む

QPC(パソコン)をギターアンプ代わりに使用したい

こんにちは!
エレキギターとパソコンを接続して、
パソコンをアンプ代わりとして使用したいのですが、
方法を教えてください!

色々調べてみたのですが、
よくわからなく、希望のものが、見つかりませんでした。

僕が思うに、
ギター →中継機器→パソコン
という感じで接続するのだろうと思うのですが、
どうでしょうか?

それとも、シールドの片面がUSBでできているような接続コードなどがあるのでしょうか?

よろしければ、その辺を詳しく教えてください。

また、パソコンでエフェクターの役割をするおすすめのソフトなども教えていただきたいです。


それでは、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前にもそのような質問を見ましたが…

>エレキギターとパソコンを接続して、
パソコンをアンプ代わりとして使用したいのですが、

ここで言うアンプはどのようなものをお考えでしょうか?
ギター →中継機器→パソコン
でパソコンのスピーカーから鳴らしたいということ
でしょうか?

または
ギター →中継機器→パソコン ->アンプ
というようにパソコンをアンプシミュレーター
(エフェクターのような)にしたいということでしょ
うか?

>シールドの片面がUSBでできているような接続コードなどがあるのでしょうか?

見たことありませんが…
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000AKC6E/249-8790354-9567502
こういうのを使用すればギターをUSB経由で取り込めます。

Qパソコンをギターアンプ代わりにする方法を教えてください

エフェクター ZOOM G2.1u(usb接続できオーディオインターフェースとして機能するもの)を使用していますが、購入する際にパソコンのスピーカーからも音が出せると聞いたのですが、DTM初心者なのでどこをどう設定したらいいかわかりません。
一応、使用しているDTMソフトは、エフェクターのバンドルソフトのCubaseではなくシンガーソングライターLite 5.0を使用しています。
どうかご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

おそらく、説明書にも記載があるかとは思いますが、USBオーディオインターフェイスとして使う場合、音声が出力されるのはこのエフェクターからです。
コンピュータのスピーカーから出力させたい場合、コンピュータ側のスピーカーの入力端子とエフェクターの音声出力端子を繋ぐ必要があります。

FAQにも記載があります。

http://www.zoom.co.jp/japanese/support/faq/g21u.php

>Q:USBオーディオインターフェース機能を使って録音できるのですが、
>パソコンのスピーカーから音がきこえてきません。
>A:G2.1uをUSBオーディオデバイスとして使用する場合、パソコンの
>音声はG2.1uから出力されます。スピーカーはパソコンではなく、
>G2.1uのアウトプットと接続してください。

QDTM用途でミキサーを使う人がいますが

DTMでミキサーを使うことでのメリット、出来るようになることってなんでしょうか?

プロ・セミプロの方々の製作現場を見ると必ずミキサーがありますし、自分もいつかはと考えています。
一応本格的に音楽製作をやっており、知識・経験の上昇とともに機材もグレードアップしてきましたが、ミキサーだけは長らく理解できていません。
現在DTMにおけるミキサーの重要度が下がってきているから情報がなかなか入ってこないということもあるかとは思います。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

他にも意見というか「こういう使い途あり」という話もあるかもしれませんが、
大雑把には次のような使い方になるでしょうか。

これは、2~4入力程度の小型オーディオインターフェースから多チャンネル
対応インターフェースまで言えることですが、数種類~十数種類の音源(楽器
等)をあらかじめミキサーに繋いでおき、必要な音源のフェーダーを操作する
ことで、その場ですぐに録音もしくは再生する機器をチョイスできるのは、
そのような大規模な録音環境においては非常に利便性が高いです。

アマチュアユースでは、音源~インターフェース間に、なまじミキサー等の
機器を噛ませると音質劣化も気にしなきゃならないところですが、プロユース
の機器で固めればセッティング次第でさほどの劣化もありませんし、最近では
アマチュアユースの機器でも、ちょっと前のプロユース並の音質性能を持つ
ものも多いですから、かなり敷居は下がってますね。

特に、高品質録音に拘る場合は、インターフェースに機器を接続する度に、
セッティングの最適化のための調整が必要ですが、すべての音源をミキサーに
予めまとめて、チャンネル毎に調整をしておき、ミキサー~インターフェース
間は常時繋ぎっぱなしの状態にしておくと、機器変更の都度に調整をする必要
が無いのは大きな利点です。ただ単に機器の繋ぎ換えを楽にするだけなら、
パッチベイ等の方法でも良いようなモノですが、多数の機器を常時セッティン
グ済みのスタンバイ状態で保持できるのは、ミキサーならではです。

また、入出力機能が豊富なミキサーであれば、これもフェーダーやセレクト
ボタンだけで、複数のモニター再生環境に切換えたり、録音チャンネルと
再生オンリーのチャンネルの切換えたりということも、他の機器を触らず
ミキサーだけで操作できるというのも、作業能率の面で非常に便利です。



また、これは質問の内容からズレてたらすいませんが、プロユースや高級アマ
チュアユースなら、デジタルミキサーが導入されているケースも多いと思い
ます。

デジタルミキサーの場合、ADATやAES/EBU等により、ミキサー入力を直接デジ
タル信号化して無劣化で、それも8~16chを同時並列で録音できます。
(もちろん、その手のデジタル入力に対応しているインターフェースは必要
ですけれど。)
アマチュアユースの宅録でそこまでの機能が必要な人は、さすがにプロ並だと
思いますが(^^ゞ
でも、凝った人なら、複数台のMIDI音源機器をシーケンサで同時駆動して、
マルチチャンネルで録音される・・・なんてこともありますし、私の知り合い
関係では、そういうことやってる人でデジタルミキサー使ってる人は結構
多いです。(そのお金持ちさが羨ましい(^^ゞ)

粗々ですが、ご参考までに

他にも意見というか「こういう使い途あり」という話もあるかもしれませんが、
大雑把には次のような使い方になるでしょうか。

これは、2~4入力程度の小型オーディオインターフェースから多チャンネル
対応インターフェースまで言えることですが、数種類~十数種類の音源(楽器
等)をあらかじめミキサーに繋いでおき、必要な音源のフェーダーを操作する
ことで、その場ですぐに録音もしくは再生する機器をチョイスできるのは、
そのような大規模な録音環境においては非常に利便性が高いです。

アマ...続きを読む

Qオーディオインターフェイスの導入の際のスピーカーについて

 私はギターを弾いてまして、オーディオインターフェイスを導入しようかと考えています。製品はROLANDのUA-25EXを考えています。

オーディオインターフェースには
 ・入力ポート=楽器の音をパソコンに取り込む部分
 ・出力ポート=スピーカーやヘッドフォンをつなぐ部分
があるとおもうんですけど、

この「入力ポート」に「アンプシミュレータ」を
 取り付けて、ギターの音をパソコンに入れる。
で。
 出力ポートにモニタースピーカを取り付けて音を出す。

と考えています。

と、ここで質問が。
今パソコン(デスクトップ)に使っているスピーカーがありますよね。
あれと、今回のギターのモニター用のスピーカーという2つになってしまうという事ですよね。

1、モニター用スピーカーとパソコンのスピーカーを別々にしていますか
【概念図】
ギター⇒AI⇒モニター用スピーカー
パソコンからのラインアウト⇒パソコン用スピーカー

2、オーディオインターフェイスにつないだモニター用スピーカでパソコンのスピーカーとしても使うか

【概念図】
ギター&パソコンからのラインアウト⇒AI⇒モニター用スピーカー



どちらが言いの考えあぐねています。
2の場合、パソコンから出る音は、一度パソコンのサウンドカードを通ったあと、オーディオインターフェイスにいくのですか?
だとしたらあまり意味がないのかな?とおもったり。

そのあたりどうでしょうか。DTMをするにあたっての初歩的な質問だと思いますが、どうぞご回答よろしくお願いいたします。

 私はギターを弾いてまして、オーディオインターフェイスを導入しようかと考えています。製品はROLANDのUA-25EXを考えています。

オーディオインターフェースには
 ・入力ポート=楽器の音をパソコンに取り込む部分
 ・出力ポート=スピーカーやヘッドフォンをつなぐ部分
があるとおもうんですけど、

この「入力ポート」に「アンプシミュレータ」を
 取り付けて、ギターの音をパソコンに入れる。
で。
 出力ポートにモニタースピーカを取り付けて音を出す。

と考えています。

と、ここで質...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
うーん、私の説明がヘタでしたかねぇ?

前投稿で私が言いたかったのは、少なくともDTMをする時には
『PC側内蔵のサウンドカードやサウンドデバイスは一切使わず、入力(ギター等)も出力(スピーカもヘッドフォンも)も、全てをオーディオインターフェースにするのが一般的です』
ということです。

絶対にそうしなきゃならん…というわけではないものの、実際に使えばすぐにわかる事ながら、入出力の両方ともオーディオインターフェースにしてしまわないと、いろいろと不都合が出ることが多いんです。

ですから、私のこの意見に基づけば、
>パソコンの光デジタル出力端子からAIの光デジタル入力端子へ
という接続は、一切使いません。
PCからUSB経由で、完全デジタルでオーディオインターフェースに信号が流れますから、そんなとこに光デジタルにこだわったって、何の意味もないんです。
また、UA-25EXを入手されたらよくよく説明書を見てもらえばわかりますが、特にUA-25EXの光入出力は、他の光デジタル出力の機器から直接録音する時だけのためのもので、普段はあんまり使う意味がないんです。光デジタルを使うと、UA-25EXのほとんどの機能が光デジタルに取られてしまうので、ギター等の演奏や録音に支障を来します。これは、そういう設計思想の製品なので、そういうもんだと割り切るしか有りません。

ゆえに、内蔵サウンドカードやUA-25EXの光デジタルは使う必要が全く無いので、
>となってしまうのでしょうが、デジタルとアナログが混ざっていいのでしょうか?
という懸念は、最初から発生しません。

なお、
>そもそも、パソコンのラインアウトからモニター用スピーカに直で挿すのと、AIをかまして挿すのとでは音に差が出るのでしょうか。

については、よっぽど高音質路線の結構高価な内蔵サウンドカードを積んでおられるならさすがにケースバイケースですが、少なくとも「弾いているギターの音をモニターから出す」という観点では、すべてをオーディオインターフェースで行う方が、音質的にも、その他の技術的な問題の面でも、圧倒的に有利です。これは、UA-25EXを入手されて使ってみられればすぐにわかると思います。こういう使い方の場合、内蔵サウンドカードがいかに使い物にならないか…ということをね。

あと、既に述べたところですが、UA-25EXの光デジタル出力は、PC内のサウンドデータをMD等の光入力端子がある機器に送り出す時専用なので、普段スピーカ等に出力するためのものではありません。
実際、UA-25EXの光出力端子からは、UA-25EXに繋いだギター等の音は流れない仕様です。だから、UA-25EXとスピーカを光デジタルで繋いでしまうと、ギターの音をモニターすることすらできなくなります。
これも、UA-25EXのマニュアルにしっかり書いてありますし、実際その通りです。
ですから、UA-25EXを使う限りにおいては、モニタースピーカはアナログ結線になります。なので、別にスピーカ側には光デジタル入力は無くても良いです。どうせ使えないので。

さて、では具体的にどうするか…

スピーカの選定ですが、これは好みもありますから、私の「自分の好みでは…」という意見の域は出ませんが、私だったらギターモニターにならMA-7ABKは選びませんね。音がペラペラでショボ過ぎるので。
なので、この二択なら、MS20を選ぶんですが…1万5~6千円くらい予算があるなら、この辺に手を伸ばしたいところ
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=344%5EPM0%2E4B%5E%5E
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=301%5EMA15D%5E%5E
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EMS40%5E%5E
どれがよいかとなると好みですが、候補のスピーカと比べれば圧倒的に1ランク上の音です。

で、UA-25EXでは、どれを買おうが

入力 ギター→エフェクタ?→アンプシミュレータ→UA-25EXのXLRインプット

ただし、アンプシミュレータがXLR出力が付いている物なら、ケーブルはXLR-XLRのマイクケーブルを使った方が良い。その時はUA-25EXのINPUT 1でもINPUT 2でもどっちでもOK。
だけど、アンプシミュレータが無いか、あってもフォン出力しか無くて、UA-25EXとはシールドで接続するなら、INPUT 2をHI-Zに切り換えてそっちに繋ぐ必要があります。これも買ったらマニュアルをよく読むこと。

出力 UA-25EX背面のOUTPUT→スピーカのINPUT

これは、スピーカがピン入力ならUA-25EXのピン端子、フォン入力ならUA-25EXのフォン端子と、臨機応変でよいです。UA-25EXのピン端子とフォン端子には、左右それぞれ毎に全く同じ信号が出ます。

と、これだけ書けばわかって貰えますでしょうか?

No.1です。
うーん、私の説明がヘタでしたかねぇ?

前投稿で私が言いたかったのは、少なくともDTMをする時には
『PC側内蔵のサウンドカードやサウンドデバイスは一切使わず、入力(ギター等)も出力(スピーカもヘッドフォンも)も、全てをオーディオインターフェースにするのが一般的です』
ということです。

絶対にそうしなきゃならん…というわけではないものの、実際に使えばすぐにわかる事ながら、入出力の両方ともオーディオインターフェースにしてしまわないと、いろいろと不都合が出ることが多...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q自分でピックガードを作る際に。

今2本目のエレキギターを買う予定の者です。初めてある程度本格的なギター(1本目のは初心者セットで買った安いギターです)を買うということで多彩なサウンドに対応しているものを買おうと思っているのですが、同時に派手な個性も望んでいるのでストラトかSGどちらかを買ってピックガードを塩ビ板で自分で作ることにしました。

そこで質問が2つあるのですが、

1つ目
ピックガードって3枚ほどの塩ビ板を組み合わせるじゃないですか。その時に何で塩ビ板同士をくっつければいいのですか??

2つ目
自分でピックガードを作る際に必要な材料は何がいるのですか??いろいろ調べてみたのですが分かりません;;ストラトとSGでは作り方、いる物は違うのですか??
どこかで一番下側の塩ビ板のボディーに触れる部分に銅箔?を貼り付けるというのを聞いたような気がするのですが分かりません…その辺詳しく教えて頂けないでしょうか?
あ後、ピックガードを作る時にあったほうがいい道具も教えて頂ければ、出来るだけそろえようと思います。

いろいろ立て続けに聞いてしまい申し訳ないですが、どうか教えてください。

今2本目のエレキギターを買う予定の者です。初めてある程度本格的なギター(1本目のは初心者セットで買った安いギターです)を買うということで多彩なサウンドに対応しているものを買おうと思っているのですが、同時に派手な個性も望んでいるのでストラトかSGどちらかを買ってピックガードを塩ビ板で自分で作ることにしました。

そこで質問が2つあるのですが、

1つ目
ピックガードって3枚ほどの塩ビ板を組み合わせるじゃないですか。その時に何で塩ビ板同士をくっつければいいのですか??

2つ目
...続きを読む

Aベストアンサー

>1つ目

素人が塩ビ板同士を接着するのは残念ながら諦めた方がいいです。
取り合えず、くっ付ける事は出来ても加工中や取り付け後にはがれたりしてトラブルが起きますよ。
普通は大きな楽器屋さん等でピックガード用の塩ビ板が売っていますのでそれを自分の好きに加工します。
勿論、1枚ものの1プライ、元々張り合わせている2プライ、3プライ~など種類が有ります。
http://www.espguitars.co.jp/parts/partslist.html
ストラト用は良く見かけますが、必ずと言ってイイほど少しだけネジ穴なんかが合いませんので注意です。

>2つ目

必要な工具は千枚通し、糸ノコ(出来れば卓上電動糸ノコ)、大~中くらいの平ヤスリ(平面とRが付いたもの)、塩ビ板を固定するクランプ、ドリル、カッターナイフ位です。

銅箔は外部からのノイズを遮断する為に張ります。アルミ箔でも代用出来ます。
回路や配線の上に当たる部分に張ってなおかつ回路のアースに落として下さい。
ただ、モデルによっては不必要だったりします。

一応、ピックガード制作の手順を書きますね。
 
1、元もと付いているピックガードを「型」にして千枚通しでピックガード材に「ケガキ線」を入れます。
2、糸ノコ等で切り出します。この時気持ち大きめにカットした方が失敗が少なくてイイです。
3、ドリルでピックアップが入る穴等に穴を開けて糸ノコが入るようにします。そこも切り取ります。ついでにネジ穴も開けましょう。
4、ヤスリでケガキ線まで綺麗に削ります。
5、角のテーパー(面取り)はモデルによってお好みで付けます。
6、最後にカッターナイフの刃で仕上げます。

以上ですが、素人が綺麗に作るのは結構難しいと思います。
材料費や工具を買い揃えたら結構な値段になるので、自信が無いのならピックガードを制作してくれるリペアショップに頼んだ方が無難かも知れません。

ココまで言って置いて何ですが、ピックガードにお好みの「カッティングシート」を張るのが一番「お手軽」です(笑)

>1つ目

素人が塩ビ板同士を接着するのは残念ながら諦めた方がいいです。
取り合えず、くっ付ける事は出来ても加工中や取り付け後にはがれたりしてトラブルが起きますよ。
普通は大きな楽器屋さん等でピックガード用の塩ビ板が売っていますのでそれを自分の好きに加工します。
勿論、1枚ものの1プライ、元々張り合わせている2プライ、3プライ~など種類が有ります。
http://www.espguitars.co.jp/parts/partslist.html
ストラト用は良く見かけますが、必ずと言ってイイほど少しだけネジ穴なんかが合...続きを読む

Qアンプからオーディオインターフェースにつないで録音しているのですが大丈夫でしょうか?

最近、アンプ(フォーンアウト)>インターフェースという形で録音してみてみました。(一回しか録音していませんが・・・。)

それで、アンプ(フォーンアウト)>インターフェースはよろしくないと聞きました。

どのように良くないのか知りたいです。

インターフェースは、Fast Track USBを使っています。

アンプはアイバニーズ(20W)です。

アンプが壊れてしまうと非常に困ります。

よろしくお願いします。>は、シールドケーブルです。

※ちなみに、フォーンアウトにシールドを挿すときに完全にさしてしまうと音が聞こえなくなったので少し抜いた状態(1cm程度)出ている状態で音がちゃんとでました!

録音する音は、パッシブのベースです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

アイバニースで20Wのアンプ…という時点で、「LineOutは付いてないモデル目だな」ということは通常わかるので、最初から言及しませんでしたが…

まぁね、FastTrackPro側が入力過多で歪んだりしない程度を維持できるなら、ヘッドフォン端子使う事自体はやむなしか…とは思います。
それだけゲイン抑えめで辛抱できるならね。

ヘッドフォンに挿すケーブルは、ステレオ標準を左右2分岐する変換ケーブル使って、分岐した後の右か左かだけを使う方が良いです。
また、「抵抗入りケーブル」というのがあるんだけど、これが多くは両端がミニプラグなので、例えば
標準ステレオ→モノラルミニジャックのアダプタ

抵抗入り ミニプラグ-ミニプラグのケーブル

ミニプラグ→標準プラグのアダプタ
と、継ぎ足し継ぎ足しで使うという方法はあります。
抵抗入りのケーブルが使えりゃ、アンプ側をある程度のゲインまでは上げられます。

この手のケーブルや変換プラグは、大型家電店のAVアクセサリコーナーなどで手に入ると思うので、探してみて下さい。

No.1です。

アイバニースで20Wのアンプ…という時点で、「LineOutは付いてないモデル目だな」ということは通常わかるので、最初から言及しませんでしたが…

まぁね、FastTrackPro側が入力過多で歪んだりしない程度を維持できるなら、ヘッドフォン端子使う事自体はやむなしか…とは思います。
それだけゲイン抑えめで辛抱できるならね。

ヘッドフォンに挿すケーブルは、ステレオ標準を左右2分岐する変換ケーブル使って、分岐した後の右か左かだけを使う方が良いです。
また、「抵抗入りケーブル」というの...続きを読む


人気Q&Aランキング