アメリカの住宅価格が下げ止まらないため、米金融機関の損失額はこれからも増えるだろうという話をよく聞きます。

その住宅価格の推移ってどこで見れますか?
探したのですが、検索では出ないため(探し方が悪いのでしょうが)、教えて下さいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お探しはこれですか?



・U.S House Prices

http://mysite.verizon.net/vodkajim/housingbubble/



私の誤読でしたら申し訳ないのですが、米金融機関の損失補填絡みの話が出てきたので、もしかしたら、質問者様が興味のあるのは、住宅バブル崩壊に伴う、時価簿価などを含む金融機関の含み損の推移なのでしょうか?
つまり、住宅価格の推移に興味があるのではなく、「サブプライム・ローン」問題に代表される、“Rate Mortage”に関心があり、それを探しているのでしょうか?

Adjustable Rate Mortage Reset Schedule

http://activerain.com/blogsview/202178/Adjustabl …

上記のサイトのグラフは、2007年1月を「1」とし、以後一月毎の予測値を、体系的にグラフ化している図です。

こちらのグラフから推測されるのは、昨今問題になった「サブプライム・ローン」に限らず、不動産購入者の状況を指し示しており、住宅バブル崩壊の火種はいくらでも観測されます。当然のことながら、世界中の各種金融機関は、この手の債権ローンに手を突っ込んでいるので、両者は切っても切れない関係にあります。

あまり日本のニュースでは取り上げていなかったのですが、グラフにある「オルト‐Aローン(サブプライムより優良とされている)」の崩壊も顕在化しました。

不動産購入者の購入から数年経過したことも含めると、変動金利の牙も考慮する必要があります。グラフから読み取れることは、不動産バブルの崩壊はあと5~6年は続くということです。
加えて、おそらく来年辺りから浮上してくると思うのですが、「オプション-ローン」も相当危ういです。規模としては、サブプライムのそれと同等か、それ以上といったところです。

≪参照≫

・Is The Housing Bubble Fuelling GDP Growth?

http://www.housingbubblebust.com/Fed/GDPvsHSG.html


・ニューヨークタイムスより、引用

http://bp0.blogger.com/_SfxDExxUukY/RvpYc_LhARI/ …

先にも載せましたが、これが質問者様のお探ししているグラフかな?

http://mysite.verizon.net/vodkajim/housingbubble/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
実は1週間くらい探していました。
株を始めたばかりで今いろいろ勉強中です。

探していたのはU.S House Pricesですが、お察しの通りRate Mortageを知りたいと思っていました。
これがまとめられているグラフが存在すること自体知らなかったので(^^;
ローンの危機の話もすごく参考になりました。

本当にありがとうございます!!!
質問してよかったです(T▽T)

お礼日時:2008/07/22 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

米の24%減からパンの13%増から11%が米とパン以外の消費に流れていることが読み取れる。

日本人は米とパン以外の第3のものを主食としている人が11%いる。

この新たに10年間で出現した主食11%はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

はい。ナンだと思います。

QTPPで物の価格を下げると日本政府が言ってるのに、日銀はマイナス金利で円の価値を下げて米ドルの購入を

TPPで物の価格を下げると日本政府が言ってるのに、日銀はマイナス金利で円の価値を下げて米ドルの購入を促し輸入品の価格を上げることで物価を上げて、さらに国内生産の割高の商品と海外から入って来る渡来品の価格を近付けるためにマイナス金利を導入した。

日銀は物価を上げて、日本政府が物価を上げると言いながらやってることは間逆の物価を下げることをやっているのはなぜでしょう?

Aベストアンサー

TPPで物の価格を下げると日本政府が言ってるのに、アベノミクスで物価を上げようとしている。間逆では無いか。

と言う事ですか???

そうですね。TPPで確実に物価が下がれば、の話ですが・・・。

TPPにより関税が下がると、日本の収入が減る。
対策として税金で収入を増やさないとイケナイかも。
すると、物価で言うとプラマイ0。

国内企業からすると、競争力が落ちて収益がへり、給料も減る。
連動して物価が下がる。

どちらに転ぶか不明ですが、TPPで物価が上がる気はしません。
輪転機で増札して強制インフレにする気かも知れません。

Qこれからの灯油の価格推移はどうなるのですか。

これからの灯油の価格推移はどうなるのですか。

Aベストアンサー

上下の揺れはありますが、基本的に値上がり路線であることは間違いありません。

Q日本の石油価格(オイルの値段)の推移につきまして

昨今は円安によって輸入品の価格が上昇している事が取りざたされ、石油もその対象かと思いますが、
ガソリンスタンドの前を毎日通っていた感想として、円高が進行していた時にはガソリンの値段は安くなることはなく、円安が進行したらすぐ高くなった印象を受けます。

そこで近年の原油価格と為替相場、及び諸経費を踏まえて消費層に供給される日本の石油価格の推移がどのようになっているかをご教授いただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

回りくどくなりますが、まずは、「前置き」からになります。

原油の「世界的指標価格」は、現状「米国のWTI」の価格です。
日本の原油は、(米国産ではなく)ほぼ「中東産」ですが、「中東産原油」の値付けも「WTI」を無視することができないので、「ほぼ連動」しています。

『マーカー原油』
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/market/mar075.html
『原油価格の推移』
http://ecodb.net/pcp/imf_group_oil.html

ちなみに、日本には「中東産原油」の先物市場がありますので、「円建ての原油価格」は、実は、日本の市場を見ていれば事足ります。

『TOCOM : 上場商品ご紹介』
http://www.tocom.or.jp/jp/nyumon/joujou.html
『東京原油(先物つなぎ 月足)』
http://www.fuji-ft.co.jp/chart/genyu/main_m.htm

---
上記のチャートの通り、近年は、円高を相殺して余りある原油価格の上昇があったことが分かります。

「WTI」は、2008年の暴落時には30ドル台まで下落しましたが、現在では90ドルを挟んだ値動きになっています。

『NY原油(WTI)当限つなぎ月足』
http://www.fuji-ft.co.jp/chart/0n-genyu/main_m.htm
『ドル円(5年)』
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=USDJPY=X&ct=z&t=5y&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130&a=

当然ながら、原料価格が上がれば製品価格も上がりますので、「ガソリン価格」も以下のように、ほぼ原油価格に連動して上がっています。

『東京ガソリン(先物つなぎ 月足)』
http://www.fuji-ft.co.jp/chart/gasorin/main_m.htm

(備考)

「先物価格」は、「原料価格」に敏感に反応しますが、「原油の買い付け・輸入(保管)」→「製品の精製(保管)」→「流通(保管)販売」と、「小売価格」への反映には必ずタイムラグがあります。

たとえば、「先物価格」は「2008年7月」にピークを迎えていますが、以下のとおり、「小売価格」のピークは「平成20年(2008年)8月」です。

『[PDF:57KB]自動車ガソリン(銘柄符号:7301) の東京都区部の小売価格(昭和41年~最新月)』
http://www.stat.go.jp/data/kouri/doukou/pdf/7301_13.pdf

「ガソリン」の価格変動要因については以下のリンクを参照してください。

『東京ガソリン【 銘柄別基本情報 】』
http://www.fuji-ft.co.jp/selection/gasorin/index.htm
>>…「原油」が輸入され、「ガソリン」など石油製品への精製を経て国内で販売されるまでには1~2ヵ月かかることや、「ガソリン」の需要が季節によって大きく変動することなどにも注意が必要です。…
>>…また、「連産品」としての特質から各石油製品の個別原価は算定困難であり、参考となる「石油製品採算(石油製品全体の総合原価)」には、他の国際商品の「理論価格」とは異なる意味合いがあると言えます。…

*******
(参考情報)

『垣見油化>ガソリン価格分析、どうやって決まるのか』
http://www.kakimi.co.jp/040000.htm
『石油情報センター>価格情報』
http://oil-info.ieej.or.jp/price/price.html
『総務省 統計局>小売物価統計調査 調査結果』
http://www.stat.go.jp/data/kouri/doukou/8.htm
『ガソリン価格の推移グラフ (ハイオクです) 』(個人サイト)
http://www.d3.dion.ne.jp/~furuk_tm/gti_data/price.htm

回りくどくなりますが、まずは、「前置き」からになります。

原油の「世界的指標価格」は、現状「米国のWTI」の価格です。
日本の原油は、(米国産ではなく)ほぼ「中東産」ですが、「中東産原油」の値付けも「WTI」を無視することができないので、「ほぼ連動」しています。

『マーカー原油』
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/market/mar075.html
『原油価格の推移』
http://ecodb.net/pcp/imf_group_oil.html

ちなみに、日本には「中東産原油」の先物市場がありますので、「円建ての原油価格」は、実は、...続きを読む

Q金融損失とは?-素朴な疑問

よく,新聞などの見出しに「金融損失、日米欧400兆円 07―10年」などと見かけます。
この「400兆円」はどこに行ったのでしょう?
だれか「400兆円」をもうけた人がいるのでしょうか?
自然界には質量保存の法則があって,原子の量は不変ということになっています。
同じように考えれば,恐慌や不況にあっても通貨の量が減るわけではないと思うのですが。
もちろん,インフレになれば通貨の価値は減るわけですが,現在インフレにあるということもまさそうです。
「400兆円」はどこに行ったのでしょうか?

どなたかやさしく教えてください。

Aベストアンサー

疑問に思われている事は、"時価会計"に関わる事だと思います。

例えば、現在100万円のY社株券が1,000枚あったとします。Y社株券を3枚ばかりハさんがニさんに101万円で売ったとします。するとこのY社株券は時価101万円という事になり、Y社株券はこれまで総額100,000万円だったものが総額101,000万円になった”事になる”のです。

基本的に、1枚の株券の売買によって値上がりした場合でも、他の999枚も同じように値上がりした事と設定しているのが現在の市場です。
100個の風船の内 1つを膨らませれば、99個も膨らんだ事になる訳です。質量保存の法則的?に考えるとこんなイメージでしょうか。

□ ?
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


変だと思われるかもしれませんが、少なくとも金融危機以前は、ほとんどできるものはこのような形で価値算定しようという流れでしたし、米国はそれを世界の国々へ圧力にも似た形で広げてきました。
ところが米国で金融危機が起こり、この方式をこの経済情勢下で続けていると市場は崩壊してしまうため、大幅に時価会計を緩和しました。

しかしどういった価格算定がよいのか会計基準がよいのかと、多くの議論があります。
「時価会計とは」で検索すると他にも質問者さんの知りたい事などがでてくると思います。

疑問に思われている事は、"時価会計"に関わる事だと思います。

例えば、現在100万円のY社株券が1,000枚あったとします。Y社株券を3枚ばかりハさんがニさんに101万円で売ったとします。するとこのY社株券は時価101万円という事になり、Y社株券はこれまで総額100,000万円だったものが総額101,000万円になった”事になる”のです。

基本的に、1枚の株券の売買によって値上がりした場合でも、他の999枚も同じように値上がりした事と設定しているのが現在の市場です。
100個の風船の内 1つを膨らませれば、99個も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報