ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんにちは。生後約2か月の真白な子猫を飼っています。
先ほど猫とあそんでやっていたら、耳元の皮膚が紫色になっているのに気付きました。
目~耳元にかけてのあたりも若干灰~紫がかっても見えますが
白猫なので皮膚の色が透け、そう見えることもよくあるので、判断できません。

実は一昨日の夜に、家の者に顔を叩かれたので、そのせいで青タンができたのかと心配しています。
(家の者には体罰はいけないと、きつく言っておきました)

昨日までは紫になってるのには気づきませんでした。
その部分を押さえても痛がったりはしないですし、吐いたりすることもなく、いつも通り食事・睡眠を取り、よく遊んでいます。
また、両耳ともなっているのでそのせいではないのかも、とも思います。
場所が頭なので念のため病院に診てもらったほうがよいか
青タンなので様子をみていいのか
はたまた、それとは関係なく成長途上でメラニンが現れるといったことなのか(犬に関してそのような回答を拝見しました)
これまで気付かなかっただけで、元々皮膚の色が透けてそのような色だったのか(体罰でけがをしていないか私が過敏になっているだけなのか)
どうか悩んでいます。

初めて動物を飼ったので、心配でたまりません。ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

子猫自体も痛がる様子、体調が悪い様子が無いのであれば


恐らく元々紫っぽい皮膚なのでは、と思います。

とりあえず様子見で良いかと思います。
あと、子猫の体調管理はしっかりと見てれば。

予防接種等の時に動物病院の医師に聞いてみるのも良いかと思います。

それでも不安な場合は動物病院の方に電話等をとってみてはいかかでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hardbankさま、何度もご回答いただきありがとうございます。
お礼が遅くなりすみません。

今日も子猫は元気にしていますし、それ以後、色の変化などもないので、おっしゃる通り予防接種時に聞いてみることとします。
こちらが真っ青になるくらいでしたが(笑)ご回答を読み冷静になることができました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 13:30

判断しづらいですが、耳から目(オデコ)ら辺が紫色になっているのでしょうか?


紫色というより、ピンク色だったら、ただ毛が薄いだけで、皮膚が見えているのだと思います。
(若しくはカビなどで毛が抜けた、生えないせい)
周りの毛と、症状が出てる部分の毛を見比べて見て下さい。

どう見ても可笑しい・毛が無い。と思ったら、病院で見てもらっても良いと思います。
良かれ悪かれ、その為の動物病院なのですから。

この回答への補足

耳の付け根の毛の生え際あたりの皮膚が、ピンク系の鮮やかな紫色(これに今回気づいてギョッとしました)
目~耳の付け根にかけてが毛流れが他の部分と違うせいか、若干灰~薄紫がかって見えます。(これは以前からです)

白猫で子猫なので、耳・目や口の周り・おなかなど、あらゆるところがピンク色で、それがとてもかわいいのですが
それと同じことと思っていいのかどうか心配になりました。

どう見てもおかしいということはなく、気が抜けていることもありません。その他の様子も至って元気です。
よろしくお願いします。

補足日時:2008/07/23 00:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫に毎日鰹節を与えるのはよくないですか!?

 こんばんは、ちょっと質問させて下さい。

 私は家で11歳になる猫を飼っているのですが、その子は鰹節が異常な程好きなので毎日夜ご飯に缶詰またはドライフードに鰹節を一掴み混ぜて与えています。先ほど他の方の質問を見ていたら「鰹節を与えすぎると泌尿器系の病気になりやすい」と書いてあったのですが、本当でしょうか!?鰹節はいくらでも食べますが、缶詰またはドライフード単品ではほとんど食べなくて困っています。どなたかわかる方いらっしゃいましたら回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3月に亡くなった我が家のシャム猫ですが、
鰹節、鮭、煮干がとても好きでした。
(猫ちゃんはその手のものが好きですよね)
鰹節、煮干は私たち家族が与えていましたが、(時々です)
鮭(塩味)はよく勝手にテーブルの上のを盗み食いしてしまってました。

人間も塩分の摂りすぎはよくないですが、
ペット達にも決していいわけではないと思います。
でも我が家のニャンコは19歳8ヶ月まで頑張って生きてくれました。

ただやはり決していいものでは無いので、どうしても・・・
というのであれば量を減らすだけでも違いますし、
(一掴みを指で少々に減量するとか)
ニャンコ用の鰹節(ふりかけタイプ)が売っています。
ニャンコ用ならば安心してあげられますよね。

ニャンコとの生活が一日でも長く続きますように・・・

Q腎不全末期の猫

4歳のヒマラヤン雌です。一年ほど前より、腎機能が悪くなり近医の信頼できる先生の元で診察治療してもらってきました。介助による食事療法と合わせ、保険を使いながら今できる限りの治療(点滴、内服を含め)を行ってきました。透析や腎移植までは猫の負担考えて最初から選択していません。カリウムが6.2となり最近では死を意識しつつ夫婦二人で覚悟もできてきました。そこで猫の最後ってどういう亡くなり方をするのかが心配になってきました。室内で飼っていて、今はできるだけ側にいるようにはしています。亡くなる前にはけいれんをするらしいのですが、そのときはもうそっと見守るだけでいいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

末期それも息を引き取る直線の状態を記述します。

亡くなる24時間前から数時間前
すでに自力は歩行は困難です。
猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。
水も自力では飲みませんのでコットンなどを湿らせて口と鼻の周囲を濡らす程度構いません。
当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。
呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。
目を見開いて居る場合があり、通常の睡眠はもうできません。
時間の感覚はありません。
撫ぜるとまだゴロゴロと鳴きます。
かろうして動く事はありますが、すぐに横になります。

亡くなる数時間前
反応が鈍くなります。
撫ぜると反応があったりなかったりです。
呼吸は浅いです。
失禁は何とも言えません。


亡くなる直前
軽い痙攣があります。
良く見ていないと気がつかないときもあります。
少し咳き込む感じです。
大きな痙攣が出来るほどの体力も残っていないのです。
数分から10分程度で死を迎えます。


死亡後
体毛に覆われているのであまり冷たくなる感覚はありませんが、目は開いた状態です。
口もやや開き気味で舌が見えます。
若干失禁の後があるでしょう。
次第に死後硬直がはじまります。
1時間から2時間もすれば、死んだ直後はだらんとした体がパンパンに張ってくるのが分かります。
この時点で本当に死んだのだと思います。

さらに数時間で死後硬直は解けますがこの時には確実に体の中では腐敗が始まっています。
夏場ならかなり早いとお考えください。


>そのときはもうそっと見守るだけでいいのでしょうか。
「もうがんばらなくて良いから、ゆっくり寝るんだよ」と声をかけて撫ぜてください。
それで安心して旅立ちます。

末期それも息を引き取る直線の状態を記述します。

亡くなる24時間前から数時間前
すでに自力は歩行は困難です。
猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。
水も自力では飲みませんのでコットンなどを湿らせて口と鼻の周囲を濡らす程度構いません。
当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。
呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。
目を見開いて居る場合があり、通常の睡眠はもうできません。
時...続きを読む

Q初めての猫。 猫が夜泣くし、寝ない・・・

昨日、2か月になる猫をもらいました。

まだ、一日しかたってないのですが、夜泣きます。
室内飼いで、かごに入れてますが、かごから出すと、狭いところに入って行きます・・・。

何日か経つと、夜泣きとかもしなくなり、慣れてくるのでしょうか?
まだ、触ると少しビクビクしてる感じがします。

あと、またたびをあげると喜ぶとのことですがどうなのでしょうか?


初めて猫を飼うので、アドバイス等あれば教えてください。

Aベストアンサー

まだ部屋に慣れていなくて、不安で、怖いのです。
思う存分、探検させてあげてください。
ただしキケンな場所に行くこともあるので、
その時は止めて、絶対に目は離さないであげてください。

鳴くのは、母猫を呼んでいるかも。
お店でも2ヶ月で売られていますが、
本来であれば、まだまだ母猫と暮らす時期です。
甘えたいさかりに離された心境を、察してあげて・・・。
(ちなみに、母猫が教える、甘噛みや爪の出し加減も知りませんし
野良猫なら当たり前のことでも、驚いて、飛び跳ねたりします)
安心すれば、鳴くことも減ると思います。

触るとき、後ろからは触っていませんか?
手が見える場所からにしてあげて下さい。
また手のひらを怖がるコも少なくないので
手の甲を見せて、手のニオイを嗅がせる等して、
怖くないんだと覚えさせてください。
もし後ろから触るなら、小さく声をかけてから。

マタタビは、小さいコにあげないでください~。
6ヶ月くらいになるまでは待ちましょう。
陽気になるだけで、(たまに強気になるコもいます)
決してからだにいいものではありません。
人間に置き換えるなら、麻薬に近いそうです。
(マタタビに反応しないコもいます。特にメスは。)

猫は犬と違って、気ままな動物です。
思い通りにはならないと思って
のんびりと接してあげてください。
あとは本などを読んで、
喜怒哀楽の表現を見分けられるように。。

猫大好きなので長文になりました。。
どうぞいつまでも大切にしてあげてください!

まだ部屋に慣れていなくて、不安で、怖いのです。
思う存分、探検させてあげてください。
ただしキケンな場所に行くこともあるので、
その時は止めて、絶対に目は離さないであげてください。

鳴くのは、母猫を呼んでいるかも。
お店でも2ヶ月で売られていますが、
本来であれば、まだまだ母猫と暮らす時期です。
甘えたいさかりに離された心境を、察してあげて・・・。
(ちなみに、母猫が教える、甘噛みや爪の出し加減も知りませんし
野良猫なら当たり前のことでも、驚いて、飛び跳ねたりします)
安心すれば、鳴...続きを読む

Q生後2ヶ月の子猫の育て方について。

生後2ヶ月の子猫の育て方について。
生後2ヶ月の子猫を飼っています。

夫婦共働きの為、昼間はケージに入れて出かけています。

購入したペットショップからは生後6ヶ月になるまでは基本ケージの中に入れておいて一日50分以上は外に出さないようにしてくださいと言われています。
理由は物の分別がつくまではケガとかして危ないという事で基本ケージで、子猫の間は遊びすぎて疲れすぎてしまうので、遊ぶ時間をコントロールしてあげないと
いけないから50分以内という事でした。

確かにケージから出した時は必死に走り回ってベッドからも転げ落ちたり、ベッドからジャンプして着地失敗したりと大騒ぎです。

また、家には階段がありケージから出している時は階段を5段程駆け上がります。
それ以上は怖いのか昇らないですが、降りる時に前転すらしながら転げ落ちてきます。
階段を昇らないように、赤ちゃん用のゲートも考えたのですが、猫ですから乗り越えるのは簡単だと思い、どうしたもんかと考えています。

暴れるのはカワイイもんですが、居ない時に自由にしてケガとかが怖いです。

今は上記の事もありますし、ペットショップに言われたようにケージに入れていますが、入れたままというのもかわいそうです。

ペットショップは子猫は一日18時間以上寝るので、昼間はケージの中で休ませてあげるのが一番だと言っていました。

(1)生後6ヶ月までは基本ケージの中で育てるのがベストなのでしょうか?
(2)ちなみにあと一ヶ月したら妻が仕事を辞めて家にいる為、ケージから出す時間を増やそうと思っていますが、どれくらいの時間までだったらケージから出しても大丈夫でしょうか?
(3)生後6ヶ月からは階段で滑らないように一段ごとに滑り止めマットをひこうと思ってますが、生後6ヶ月以降も猫は階段から落ちたりするのでしょうか?

よろしくお願いします。

生後2ヶ月の子猫の育て方について。
生後2ヶ月の子猫を飼っています。

夫婦共働きの為、昼間はケージに入れて出かけています。

購入したペットショップからは生後6ヶ月になるまでは基本ケージの中に入れておいて一日50分以上は外に出さないようにしてくださいと言われています。
理由は物の分別がつくまではケガとかして危ないという事で基本ケージで、子猫の間は遊びすぎて疲れすぎてしまうので、遊ぶ時間をコントロールしてあげないと
いけないから50分以内という事でした。

確かにケージから出した時...続きを読む

Aベストアンサー

No1のものです。補足拝見しました。

 No2方と同じ見解です。経験から言うと、猫の消化器官は体の大きさに比べ 人間のおよそ
5分の1程度(確か…;)で非常に下痢などしやすいです。
 我が家の猫も、見た目が同じようなペットフードなのに別のメーカーに切り替えて数日は便が緩くなったりします。

 要は人から見ると些細な要因で下痢になってしまうということです。子猫ならなおさらだと思います。

 一週間以上下痢が続いたり 血が混じったりしている場合、あわせて食欲もないようでしたら
注意が必要ですが、それ以外は様子をみる程度であまり気にしません。


 リビングが二階で勢い余って・・・とのことですが、十分な筋力がついたと質問者さまが判断するまで
階段に子供用の柵をなどを設置すると安心かもしれませんね。それさえも飛び越えるジャンプ力があるなら もう階段は猫にとってけがの原因にはなりませんよ。

 きっと初めての経験で、子猫は か弱く 保護すべき対象に見えるかと思いますが
こちらの心配をよそにたくましく成長していきます。今は体が成熟していないのでバランスがとれずに
転んだり滑ったりしてしまいます。(人間のこどもが頭の比重がおおきく、大人に比べ転びやすいのと一緒です。)あと二ヶ月ほどたつ頃には、かなりしなやかな身のこなしができていると思います。

 お家が広そうですが、猫は好奇心旺盛で 想像もつかない場所に入り込もうとします。なぜ・・・と
思うようなところで寝ていることもしばしば・・;  そこがかわいいんですけどね◎


 子猫のいる生活・・・うらやましいです。楽しんで育ててくださいね。

No1のものです。補足拝見しました。

 No2方と同じ見解です。経験から言うと、猫の消化器官は体の大きさに比べ 人間のおよそ
5分の1程度(確か…;)で非常に下痢などしやすいです。
 我が家の猫も、見た目が同じようなペットフードなのに別のメーカーに切り替えて数日は便が緩くなったりします。

 要は人から見ると些細な要因で下痢になってしまうということです。子猫ならなおさらだと思います。

 一週間以上下痢が続いたり 血が混じったりしている場合、あわせて食欲もないようでしたら
注意が必要...続きを読む

Q家出をした猫が帰ってくる確率

成猫で貰って約1ヵ月ちょっと
普段は家の中で飼っているのですが
ちょっとした隙に家から出てしまったようで
現在行方不明中です

ちょくちょくリードを付けて外に出していたので
家のちょっとした周りは見ているはずなので
多分分かるだろうとは思うのですが

で質問なのですが
こういう場合帰ってくる確率はどれ位でしょうか?

もし帰ってくるとして
長くて何日くらい帰ってこない場合あるでしょうか?

Aベストアンサー

経験でお話させて頂きます。

車で一時間はかかるところから引っ越し!その日に家出と言うか脱走してしまった
家のネコちゃんまったく環境の違う、来たこともない場所、もう帰って来ないと諦め泣いていた
一か月経ったころ、ベランダから 猫の鳴き声が!

そうなんです、帰ってきたのです。
どうやって見知らぬ土地をさ迷って帰ってきたのか~。不思議でした。
ずっと首輪を付けて飼っていたのですが、帰ってきた当時は無くなっていました、。
痩せてもなく、(何処かでご飯貰ってたのか?)毛並みもそんなには乱れてなかったのでした。

猫ちゃんの性格にもよるとは思います。

お友達からも聞いたことがあります。
完全室内飼い、朝居なくなって見付かったのが、夜遅くだったそうです。
好物の海苔を持ち近所を探したそうです、なかなか見つからなく諦め最後にもう一度と
夜探しに行ったところ、近所の公園の草むらから出て来たそうです。
驚かすと猫は逃げちゃうので、そ~っと名前を呼び海苔を見せながら確保したそうです。
室内で飼っていた猫ちゃんは、あまり遠くには行かないと聞きますがので、
暫く、近所を何度か探してみたらどうでしょうか?

戻ってくるといいですね。

経験でお話させて頂きます。

車で一時間はかかるところから引っ越し!その日に家出と言うか脱走してしまった
家のネコちゃんまったく環境の違う、来たこともない場所、もう帰って来ないと諦め泣いていた
一か月経ったころ、ベランダから 猫の鳴き声が!

そうなんです、帰ってきたのです。
どうやって見知らぬ土地をさ迷って帰ってきたのか~。不思議でした。
ずっと首輪を付けて飼っていたのですが、帰ってきた当時は無くなっていました、。
痩せてもなく、(何処かでご飯貰ってたのか?)毛並みもそんなには乱...続きを読む

Q助けて下さい。自分のせいで、愛猫が亡くなりました。

私の愛猫(オス・13歳)を、手術後10日で死なせてしまいました。私の判断ミスのせいです。長文です。 愛猫が元気ですが少し痩せてきて食欲も減った様な気がしたので、ある日の朝、A病院に連れて行き、腹部に6cm×5cmの大きな腫瘍があることが分かりました。血液検査もして「手術に耐えられそうですね。」とA先生(信頼しています)は言ってくれました。その日の午後、`念のため他の先生の意見も聞こうかな'と思い、B病院に連れて行きました。すると「手術は勧めません。高齢なので、麻酔死や術中死が十分に考えられます。ゆったりと残りの余生を過ごさせてあげる方がイイのではないでしょうか。余命は、あと何か月か何週間か分かりません。もちろん、手術を希望されるなら手術しますが。」とB先生は言いました。`何週間という単位かもしれないなんて'と思い、なんだかまるで死の宣告の様に聞こえ、悲しくなりました。私は`B先生は自身の手術の失敗を恐れているだけだ'と考えてしまいました。またA先生は、「食欲が無い理由は、大きな腫瘍がお腹の中を圧迫しているからかも。痩せてきたのは、腫瘍に栄養をとられるからかも。」と言いました。私は`このままだと、ますます痩せて力尽きて、後1年で死んでしまうかもしれない。きっと後悔してしまうから手術をさせよう。'と決心して、翌日A先生に手術をお願いして、3日後が手術日となりました。手術をして腫瘍がなくなり、また太ってくれる愛猫の姿を想像して、私はとても手術日が待遠しかったです。手術後、A先生は「転移している様子はありませんでした。ただ、腸管から発生した腫瘍だったため腸管を切除しているので、腹膜炎など心配です。術後3日間の絶食が必要で、水分の点滴だけは毎日します。しばらくの間は入院してもらいます。」と言いました。麻酔から覚めたあの子はジ~っとしていて、手術で疲れたんだろうなぁという感じでした。術後3日目 だんだん元気になった様で、クンクン回りを匂ったり、立ち上がって私に手を掛けてきて、本当に嬉しかったです。術後4日目 昨日と同じく、気分が良い様子でした。今日からエサを与えてみたそうで、朝と昼にカリカリを5粒ずつ食べたそうです。術後5日目 エサを食べなくなったそうです。術後6日目 ちょこんと座ったままで、立ち上がったりしてくれなくなりました。表情は、割りとシッカリした感じでしたが、何度か小刻みに体が短時間ですが震える時があり、寒いのかなぁと思いました。術後7日目 昨日と同じく、時々震えていました。術後8日目 摘出した腫瘍の検査結果が出て、悪性リンパ腫でした。A先生は「悪性リンパ腫は抗ガン剤が効果的です。今日から抗ガン剤を始めようかと思います。通常2・3日で効果があるか分かります。栄養状態が悪いので、強い抗ガン剤は使えないため、弱い抗ガン剤を投与しましょう。効果が出て食欲が湧いて来たら、3日後くらいに一度お家に帰りましょうか。」と言いました。栄養状態が悪いために腹水が約700gも溜まり、痩せているのに体重が増えていました。`栄養状態が悪い時に、抗ガン剤を投与しても大丈夫なのかなぁ。'と大変不安になりました。でも`効果が出て、元気になってほしいなぁ'とも思い、A先生が抗ガン剤を投与するのを見届けました。そしてA先生は`今日から栄養の点滴をしましょう'と言って、やっと栄養の点滴を始めてくれました。術後9日目(朝) 特に変化なく、ニャ~と鳴いていました。しかし術後10日目(夕方) 私が急いで病院に行った時は、もう最期の時を迎える寸前でした。すぐに抱きかかえ、腕の中で2回ほど大きな呼吸をして、もう二度と動かなくなりました。あと5分遅かったら、1人で死んで行ってしまうところでした。猫は話せないので飼い主の私が的確な判断を下さないといけないのに、私は取り返しのつかないことをしてしまいました。抗がん剤の効果が現れるはずの2日目に死んだので、抗がん剤の威力があの子を急変させたと思います。私が不安になったあの時「栄養が十分ついてから抗がん剤をして下さい」と一言いえば、今もまだ生きているかもしれません。また、腫瘍を摘出したことにより悪性リンパ腫と分かり抗がん剤を使うことになってしまったので、そもそも手術を受けさせるべきではありませんでした。今から思えば、高齢なので癌の進行が遅く、手術をしなくても2・3年生きたかもしれません。この13年間あの子を溺愛してきましたが、この私自身がたった10日の一瞬にしてあの子の命を奪ってしまいました。10日間病院に入院し1度もお家に帰れず、美味しい物も食べず、たくさん痛い嫌な思いもして、なんでこんな目に合わないといけないんだろうと思っていたはずです。あの子のいない寂しさで涙が止まりません。本当に私はどうやって自分の罪を償えば良いのでしょうか

私の愛猫(オス・13歳)を、手術後10日で死なせてしまいました。私の判断ミスのせいです。長文です。 愛猫が元気ですが少し痩せてきて食欲も減った様な気がしたので、ある日の朝、A病院に連れて行き、腹部に6cm×5cmの大きな腫瘍があることが分かりました。血液検査もして「手術に耐えられそうですね。」とA先生(信頼しています)は言ってくれました。その日の午後、`念のため他の先生の意見も聞こうかな'と思い、B病院に連れて行きました。すると「手術は勧めません。高齢なので、麻酔死や術中死が十分に考えられます...続きを読む

Aベストアンサー

あなた様の猫に対する深い愛が本当に伝わってくる文章でした。
私も愛猫家として読んでいて涙が出てきました。

ただ一つ言える事は、
あなたは何も罪を犯していません。
ねこちゃんは、あなた様の胸の中で
最期を迎えられて幸せだった思います。

きっとあなたに看取ってもらいたくて
最後の最後に頑張ってあなたを待っていたんだと思います。

どんな選択にせよ、どれも間違いはありません。
結果論に過ぎないのですから。
結果、最期をあなたの胸の中で逝けた猫ちゃんは幸せだったと思います。
本当に。

Q飼い猫に処方されたステロイドの効果について

完全室内飼の猫(ミックス、雄 12歳)の後ろ右足が動かなくなりました。
現在甲状腺機能亢進症を患っており、今年8月まではメルカゾールによる治療を続けていましたが(投与期間2年ほど)、最近発売された甲状腺機能亢進症用の療養食(y/d)に切替て治療中です。
4日前の深夜2時頃帰宅すると後ろ足を引きずっており、付け根に力が入らず持ち上がらない状態のようです。20時前に家を出るときは普通に走ってました。
翌朝、かかりつけの病院へ連れて行きました。
触診とレントゲン、血液検査をしました。
血栓も疑いましたがそちらは問題なしだそうです。(肉球ピンクで、足も温かい)
血液は異常なし、レントゲンの方で背骨のつなぎ目のところに(右側)三角の陰のような物が出来てました。各つなぎ目全てにありました。左側はありません。
先生はおそらくこれが神経に干渉してしびれが出てるんじゃないかとのこと。
ステロイドを8日分(夜1回)処方されました。
昨晩でのませて3日目ですが今のところ改善は見られてません。
ステロイドは即効性があると聞いたので、うちの猫には効果が無かったのでしょうか?
怖い薬というイメージがあり、もし効果がないなら早急に服用を中止したいです。
三角の陰以外の問題点は見つからず、後はMRじゃないと分からないそうです。
同じような経験をされた方、お詳しい方いらしたら是非アドバイスいただきたいです。
宜しくお願いします。

完全室内飼の猫(ミックス、雄 12歳)の後ろ右足が動かなくなりました。
現在甲状腺機能亢進症を患っており、今年8月まではメルカゾールによる治療を続けていましたが(投与期間2年ほど)、最近発売された甲状腺機能亢進症用の療養食(y/d)に切替て治療中です。
4日前の深夜2時頃帰宅すると後ろ足を引きずっており、付け根に力が入らず持ち上がらない状態のようです。20時前に家を出るときは普通に走ってました。
翌朝、かかりつけの病院へ連れて行きました。
触診とレントゲン、血液検査をしました。
血栓も...続きを読む

Aベストアンサー

度々お邪魔します。

結石の既往歴がありましたか。
現在はy/dを順調に食べているとのこと、よかったですね。
ただ、一応覚えておいていただきたいのが、結石が治った後に療養食を与え続けると、尿が強酸性に傾き(理想は弱酸性)、ストラバイトでなくシュウ酸カルシウム型の結石になる可能性があるので(こちらはフードでは改善しません、手術が必要になります)、治ったら通常食に切り替えたほうがいいです(定期的検査は必須。また家庭で尿phチェックできる簡易尿検査キットも通販で購入可)。y/dが尿結石にも対応しているなら、定期的検査でphや蛋白質、白血球等の数値も注意しておいたほうがいいですね。
それと、甲状腺異常に腎不全を併発した場合、甲状腺治療が優先になります。というのは、甲状腺異常は心臓を活発にし、血流をよくするため、腎不全治療優先にすると腎臓の血流が急激に悪化し、あっという間に死亡してしまうからです。でも万が一腎機能が低下した場合、ドクターからそういった説明はあるはずですが。

メルカゾールの使用方法ですが、ドクターの判断と猫ちゃんの状況にもよりけりですが、例えば通常2.5mg(半錠)を1日2回から開始。よほど数値が高値の場合以下の量から始める場合も)、効果があまり出ないようなら朝半錠、夜1錠で2週間ほど使用→経過観察しつつ、更に1錠1日2回増量するか、半錠1日2回に戻すか、朝半錠夜1錠の組み合わせで続けるか、などなど。これはあくまで一例ですね。
で、メルカゾールの使用により溶血性貧血や血小板の減少によって血が止まりにくいなどの副作用が起きた
場合には投薬中止。

>最大の決定打が心筋症と誤診(?)された

うーん、これは微妙なところですね…心筋症、甲状腺機能亢進症の時にはみられることが多い病気ですので(心臓の薬も併用することも)。なので、誤診かどうかちょっと判断しかねるかも。
でも、前の先生が話を聞いてくれないとか毎回言ってることが違うのは論外ですから、転院なさったのは賢明だったと思います。

今のドクターはきちんと話を聞いてくださるとのことで、ただこちらから聞かないと薬や治療方針について説明してくれないのがネックですね。
これは何度も申し上げているように、主さまが勉強してこちらからガンガン質問する姿勢で対応されるのがよいかと存じます。大切な猫ちゃんの命を託すわけですから。遠慮しないでビシビシいきましょう。

手術か、ターミナルケアか、本当に悩ましい問題ですよね…
だからこそ、(しつこくてごめんなさい)ドクターと納得いくまで話し合うことが絶対に必要だと思いますよ。

>1日でも愛猫にとって楽しい日々が続くことだけ切に願っております。

全く同じ思いです。我が家も腎不全で闘病中の子がおりますので。病名は違えど、他人事と思えません。

少しでもお役に立てれば…

またまた駆け足ですみません。

度々お邪魔します。

結石の既往歴がありましたか。
現在はy/dを順調に食べているとのこと、よかったですね。
ただ、一応覚えておいていただきたいのが、結石が治った後に療養食を与え続けると、尿が強酸性に傾き(理想は弱酸性)、ストラバイトでなくシュウ酸カルシウム型の結石になる可能性があるので(こちらはフードでは改善しません、手術が必要になります)、治ったら通常食に切り替えたほうがいいです(定期的検査は必須。また家庭で尿phチェックできる簡易尿検査キットも通販で購入可)。y/dが尿結石にも対...続きを読む

Q賢く可愛くて良い子だった子猫を殺してしまいました

長文ですが聞いていただけると有難いです。

5日ほど前、家族が交通量の多い道路で2ヶ月くらいの子猫を拾ってきました。
家に迎える前に病院では、ノミは多分いない、痩せすぎなので薬は与えられない、検査も無く一週間後にまた来てくださいと言われたそうです。
シャンプーの時にノミを1匹発見しました。
この時点で私がセカンドオピニオンで別の病院にも見てもらえば良かったのだと思います。

痩せぽっちでしたが初日は元気に缶詰めを食べ、トイレもすぐ覚えてくれ
私の足の甲でうたた寝したり、後をちょこちょこっとついてきてくれました。
そんな可愛いくて良い子だったのに、私はやたらノミを恐れ
足にすりよってきてもちょっと足を引いてしまったりしていました。

先住猫が二匹おり、1週間後の再診まで隔離するため新猫をケージに入れリビングに置きました。
ケージにトイレも設置せずに。
尿や便の切れが悪かったのか、トイレ後にぽたぽた落ちたりすることがあり
その度に床が汚れること、 ノミの発生を恐れ、また空腹やトイレを鳴いて知らせてくれることに甘えて、ほとんどケージに閉じ込めていました。
鳴く→すぐケージに行きトイレもしくは食べ物をあげるという感じで。
時々リビングを歩かせてあげる程度で、私の部屋に入ろうとしても
ダメよ~と言って入れてあげませんでした。(先住猫がほとんどそこで過ごしていたというのもありました)


その時、新トイレを購入したので古トイレを洗い、先住と新トイレ一個で済ませようとしました。
トイレの配置も変えてしまい、リビングに設置してしまいました。
ノミや汚れは嫌なのにもし病気をもっていればうつる可能性大のトイレを共有させるなんて
自分がただ洗ってたばかりの古トイレを引っ張り出して汚すのが嫌だっただけなんです。

当然ですが先住猫はリビングに出たがらず、吐いたり私のベッドに初めて粗相をするようになりました。
夜に粗相→処理→朝起きたらまた粗相をし、掃除ばかりしてることに疲れ果て
家族と大声で世話の方法についてケンカしたりしていました。
私が家族に八つ当たりし、拾ってきた家族が「道端にまた置いてくるよ!!」と言ってはいけないことを言わせてしまったり
(新猫にも聞こえていたはずです。賢い子だったので感じ取ったと思います、
その後、私が新猫に「怖かったね、ごめんね」となでながら謝りに行きましたが
先住の粗相を発見した時、ちょうど新猫が部屋に入ってきそうになり
家族に「新猫をお願い!早く早く!」と言ってしまったりと、新猫に恐い思いやストレスを与えていました。

そしてケージをある部屋に移したのですが、そこはベッドの上に畳があり
ノミが沸くのを恐れてナフタレンをベッドの上に3個、裏に2個置きました。
馬鹿でした。
ドアの入り口にケージを設置し、窓とドアは常に開放していましたが
窓の後ろに外に接する窓があり、風がドアに向かって流れていたのだと思います。
下に置いてあったケージに揮発したナフタレンが、降りかかっていたのだと思います。
同じく時々リビングリビングなどを散歩させていましたが一昨日とその前日、その配置でした。

昨日の昼ごろ、猫の食欲や元気があまり無く体が熱いなと感じましたが
家族に聞いてみると熱さはそんなに感じないということで、大丈夫かなと思ってしまいました。
その日の夕方、お腹の上によじ登ってうたた寝してくれたりしていました。
この時に病院に連れて行くべきでした。

昨日の夜はケージから出してトイレなどに行けるようにしましたが、掃除しやすいバストイレに隔離しました…
トイレのドアを閉めるのはだめだと思い、ダンボールで柵をしましたが
本当はとても具合が悪くて体が重かっただろうに、ダンボールを乗り越えようとしていました。
私は「○○大丈夫大丈夫、また明日朝ね。」とちょっとなでて、えさと水を置くだけでした。
換気扇をつけた方が良いと思い付けましたが、換気扇の音も怖かったかもしれない、
バストイレで寝るなんて嫌に決まっていたと思います。
自分が疲れたからと言って新猫をこのような最低な扱いをしていることに麻痺してしまっていました。

今日の朝、新猫が吐いていました。

そして歩くのも疲れたように急激に弱り、立てず横になって、かなり消耗しているのが分かり
私はパニックになり、とにかく水分をと思い水で濡らしたティッシュで鼻を濡らしたり
おしりに少しおしあてたりすると少し嫌がり
数分後に苦しそうに鳴きながら下痢、血尿、嘔吐によるよだれ
私の行動により体温が急激に下がってしまったのだと思います 。
そんな苦しい中、私は何の処置もできず
家族の車が到着するのをただ待って
名前を呼んだり、もうすぐよ、もうすぐよと声をかけたり
ただ流れる下痢などを取り除く、拭く、ティッシュを濡らし鼻、口の脇に水を与える
しか出来ませんでした。
これも全て間違っていたと思います。
その時の私を見て助けを求めてるような苦しい表情 、または私を恨んでいた表情だったのだと思います。
私の行動がさらに死期を早めてしまったのだと思います。
病院へ行く途中に息を引き取りました、容態が急変しあっというまのことでした。

来た初日は元気であり、私がナフタレンの毒性を 考えずに窓とドアを開けているから
大丈夫かなと安易な考えでケージを置き 、ほとんどそこで過ごさせてしまったからだとしか
考えられません。
先程ナフタレンの中毒症状を調べていたら
毒性が強く、嘔吐、下痢、血尿、腎不全などを引き起こすとありました 。
ナフタレンの空気中毒だったのではないかと。
何でもっと早く調べなかったのだと。
ただただ先住と新猫の迎え方を調べ
先住を優先して可愛がるのが秘訣などを湾曲して実践してしまい
自分の仕事を出来るだけ増やさないようにするかだけを考え
大声で口論、配置の移動などストレスばかり与え
その上ナフタレンによってこうなってしまったのではないかと。


なぜナフタレンを置いてしまったのか、本当に有用なのか分かりもしないのに
ノミなんか気にせず、新猫のことをもっと考えるべきだったのに
もっと大事に世話してあげれば、もっと抱いてあげれば、もっと可愛がってあげれば
もっと自由にしてあげれば、掃除、ノミのことより新猫が当たり前、
自分のエゴばかりを通していたことに遅すぎてから気づきました。

時々トイレに間に合わずケージの中でウンチをしてしまった時、
ごめんなさいという表情をして くーんと鳴いていました。
もちろん「大丈夫大丈夫、間に合わせてあげれなくてごめんね」と言って叱ったことはありませんでしたが
立ち上がれなくなる最後までトイレで排泄しようとしていました。


病院に連れて行く時、エレベーターではほとんどお腹の動きが無くなっており
走って降りて、日陰に新猫のかごを置き「もうすぐよ、もうすぐよ」と言って
家族の車が着いてないか立ち上がりほんの数秒辺りを見渡し、もう一度目をやると息を引き取っていました。
もしかしたら新猫は私が放棄した、捨てたと思ったのかもしれません。
その直後に車が着いて大声で泣き喚きながら乗り込み
家族も分かっていたと思いますが、私も分かっていたと思いますが
信じられなくて、もしかしたら…と思い
「もうすぐよ、もうすぐよ」と声をかけ続け、病院まで連れて行ってもらいました。
私が家族の待ってと言う言葉より、新猫の実際の状況から自分でもっと近い病院を調べてすぐにでも行けば良かったのだと思います。


私があんなに賢く可愛くていい子だった子猫を殺してしまいました。

長文ですが聞いていただけると有難いです。

5日ほど前、家族が交通量の多い道路で2ヶ月くらいの子猫を拾ってきました。
家に迎える前に病院では、ノミは多分いない、痩せすぎなので薬は与えられない、検査も無く一週間後にまた来てくださいと言われたそうです。
シャンプーの時にノミを1匹発見しました。
この時点で私がセカンドオピニオンで別の病院にも見てもらえば良かったのだと思います。

痩せぽっちでしたが初日は元気に缶詰めを食べ、トイレもすぐ覚えてくれ
私の足の甲でうたた寝したり、後をちょこ...続きを読む

Aベストアンサー

ずいぶんと厳しい意見(回答)が飛び交っていますが・・・

こんなにも後悔と自責の念で自分を深く責めて落ち込んでいる質問者さんに対して
よくもまぁここまで厳しく突っぱねる回答が出来るものだな~と正直思ってしまいます。

そんなに自分を責めないで下さい。虐待したわけでもないし、その子猫を助けようと思って
拾ってきたわけだし、ただその子猫に対しての対応がちょっぴり方向性が間違ってた(ナフタレンのことなど)
だけです。子猫には気の毒な結果になってしまったけれど、

>または私を恨んでいた表情だったのだと思います。

子猫は質問者さんを恨んでなんかいません。対応としては失敗な方向性だったけど、それでも
交通量の多い道路で一人ぼっちでいた野良子猫を家に連れ帰ってくれて、それなりのことは
やろうとしてくれていたあなたの心は(思いは)ちゃんと伝わっていると思います。
大事なのは、対応の仕方に落ち度があったことを心に留め置いて、今後またいつか同じような状況に
出くわしたときに、生かせればいいんです。そしてまた、死んでしまった子猫に対しては、
心の中で手を合わせつつ、これからもその子のことを思い出してあげれば供養になります。
そういう念ってちゃんと通じると思いますよ。

質問者さんは、「うちに拾われて来なければ、もっといい人に拾われて今頃元気に生きていたかもしれない」とか
自分を責めたりしてるのでしょうが、でもそれは誰にもわからないことだと思いますよ。
そのまま放っておいたら本当にもっといい人に拾われたのかどうか、あるいは、交通量の多い道路に居たとのこと、
誰にも拾われずに行き交う車に・・・なんて最悪な最期を迎えてたかも知れないし(誰にも悲しまれずに)・・・
結果は誰にもわからないことなんですよ。
未来透視ができるわけじゃないんだから。。。

だからもう自分をそんなに責めないでください。
天国へ旅立った子猫がまたいつか生まれ変わってこれるよう、前向きに祈ってあげてください。
誤った対応は胸の中、留め置きながら。。。

ずいぶんと厳しい意見(回答)が飛び交っていますが・・・

こんなにも後悔と自責の念で自分を深く責めて落ち込んでいる質問者さんに対して
よくもまぁここまで厳しく突っぱねる回答が出来るものだな~と正直思ってしまいます。

そんなに自分を責めないで下さい。虐待したわけでもないし、その子猫を助けようと思って
拾ってきたわけだし、ただその子猫に対しての対応がちょっぴり方向性が間違ってた(ナフタレンのことなど)
だけです。子猫には気の毒な結果になってしまったけれど、

>または私を恨んでいた表...続きを読む

Q猫 慢性腎不全の最期の看取り方。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多く、毎日150ccの指示でしたが50cc程入れたところで逃げられたり、全く刺せなかったりで、3日に2回は何とか輸液できていた感じです。腎不全の猫ちゃんを飼ってらっしゃる方のレシピを見て、鱈の茹で汁をあげてみたりスープ状のパウチを買いあさりましたが、それでも飲まず食わずが5日程続き、もうダメなのか…と思いながら、ダメ元で鱈の茹で汁に使った身をあげてみたら(本当は身はダメなのでしょうが食べることが優先だったので)かなりの食いつきがあり、1日に1切れの3分の1程度をあげていたら徐々に食欲が戻り、パウチも1日3袋食べたり、たまに気まぐれでいつものウェット缶を少し食べるまで回復しました。とにかく必死だったので、初めて鱈の身を食べてくれたときはそれはもう本当に嬉しかったです。水も飲むようになりました。

腎不全の診断を受けた1か月半前に、ご飯の後に前足で口を引っ搔く仕草が何日か続いたので、口内炎の疑いを持って1か月前に一度病院に行ったのですが、ポリープとの診断を受けました。見せてもらうとイクラくらいの大きさのできものが1つ、右ほほの口腔内の入り口にありました。悪性だったら切除したほうが良いけど、年齢が年齢なので麻酔で死んでしまうかもしれないし、口にできるものは切除しても再発しやすいから、この子の場合はもう仕方が無いとのことでした。この時の体重は2.6kgでした。

それからも、腎不全の診断を受けた後も、ご飯の度に口を気にしていました。腎不全の進行とポリープはどちらが先かはわかりませんが、口が痛くて食べる量が減り、脱水になり、一気に腎不全の数値が悪くなってしまったのではと考えています。最初は引っ掻きながらも食べていたので特に気にしておらず、他にも2匹いる為いつから食べなくなったのかもハッキリわかりません。半年ほど前から少しずつ痩せてきていましたが、もう歳だからと解釈していました。お恥ずかしい話ですが、食べないことで起こる脱水や腎不全の進行の可能性についても全く無知でした。

今月に入ったあたりから、鱈をあげると歯をギリギリと鳴らすようになり、口からこぼれた身のかけらには少し血がにじむようになりました。それでも鱈は好きらしく、食べていましたが、2週間程前からは口の痛み?か口の不快感が勝つようになり、ほとんど食べなくなったので、あげるのをやめました。
体重はあまり変わらなかったですが、パウチやウェット、たまにカリカリも食べたり、皮下輸液からは跳んで逃げるくらい元気になっていました。

ちょうどその頃に私の健康診断があり、採血のときに何故かいつも以上の痛みを感じました。あの子はこの痛みを背中から毎日受けてるんだ…輸液はただの延命じゃないのか?水も毎日100ccくらいは飲んでるのに、本当に毎日しないといけないのか?この子はそれを望んでないのでは?と迷いが出始めてしまい、毎日しないといけないのに、2日に1回にし、特によく飲む日が続いた4日間は輸液なしにしてしまいました。すると翌日、腎不全の診断を受ける前のあの感じ…低い声で鳴きながらフラフラと徘徊し、外に出たがり、そしてうんちがなかなか出ず、きばりすぎて吐いてしまいました。あわてて輸液を再開しましたが、すでに遅かったようです。最初の時のように、輸液を毎日やればあの復活劇があるはずだと信じて毎日続けましたが、逃げる力がないのか輸液はやりやすく、食欲は低下したまま、パウチを1日に1袋食べる程度で水もあまり飲まなくなり、でも口を引っ搔く頻度は増えていました。
輸液を再開して7日目の夜、家に帰ると、テーブルの上に座ったその子の口から血が垂れていました。近くのこたつにも大きな1滴。真っ赤な鮮血です。その子は小刻みに震えていました。血ははよだれと一緒に少しずつ出てくる感じで、たまに黒い塊もありました。歯の隙間から口の中を見るとまさに血だらけの状態でした。何故なのか訳が分からず、とにかく出てきた血を止まるまでの2~3時間拭いてやり、救急に行こうかと話もあがりましたが、その子自身穏やかだったこともあり、救急は見送りました。(この日の午前中に輸液とビタミン剤と抗生物質を打ちに病院に行っています)しかし翌日から元々弱かった後ろ足が更に軟弱になり、一度歩き出すと次の場所に着くときは倒れこむ感じでした。口からは薄茶色っぽいよだれが出るようになり、口の中もネバネバしているような感じでした。
次に病院に行けたのはその3日後の25日(金)で、先生曰く、ポリープがつぶれたのか歯が抜けたのか、吐血ではなく口の中からです。としか言われませんでした。体重はうんと減って1.7kg。抗生物質とビタミン剤と輸液を打ってもらい帰りましたが、後ろ足が立たずほぼ寝たきりになり、おしっこもそのままするようになりました。1日大匙1杯ほどに減ったご飯もこの日からは一切食べなくなりました。
強制給餌には反対派でしたが、もし食べたいのに痛くて食べられないのなら可哀想だと思いシリンジでお水をあげると、ガツガツと飲んでくれました。スープ状のフードは嫌がりましたが、少し無理やり、大匙1杯ほど飲ませました。たまに口を、カッ、カッと開けるような仕草をします。
昨日の朝は水も嫌がりましたが、また少し無理やり水もフードも飲ませました。夜も同様に嫌がりましたが、水と、フードを小匙1杯程度、あと24日あたりから口内炎の疑いを勝手に持っていたのでマヌカハニーを買って帰り、口腔内に少しずつ塗りました。寝たきりのようで、たまに上体は起こして休んでいるような感じでした。ただ22日頃からほとんど目はつぶっておらず、もしかするとしばらく寝ていないのか…。私の声に対して反応は無く、一昨日、昨日と私がこたつで添い寝をし隣に寝かすのですが、こたつに入りたがるので中に入れ、顔だけ出すようにしてました。どうやって移動してるのか、私がたまに目を覚ますたびに違う場所に寝ころんでました。
そして今朝7時過ぎ、カッ、カッ、の音で目を覚ますと、寝ころんだままこたつの中で口を半分ほど開けて頭を小さく上下していました。感覚が長くなり、止まったのかと思えばまたカッ、カッ、、、、、カッ、と最後は1回だけ動かし、目を開けたまま逝ってしまいました。気が付いてからは2分くらいの時間でした。呼吸困難なのか痙攣なのか、その間は何も言ってやれず、しきりに名前を呼んで体をさすってあげることしかできませんでした。ここ数日の弱り具合から見て、もしかしたら今日旅立つかもしれない可能性も覚悟もあったものの、実際かなり辛いです。
口の周りを拭いて、ブラッシングでボコボコに絡まった毛玉を取り毛並を整え、準備していた猫柄の箱で眠ってもらっています。キレイ好きな子だったのに、ここ数か月は毛づくろいができず、ガリガリなのでブラッシングもできない状態で可哀想でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。心の整理がついておらず、あった出来事を全て書いてしまいました。まとめられず。すみません。

肝心の質問なのですが、
①亡くなった後に口の中の状態だけ見ましたら、全体的に白っぽく、舌も真ん中あたりが白く、唾液は粘り気がある感じでした。歯は左側の上の奥歯が右側に比べ2本ほど少ないようでしたが、出血部位は無く、当初の右頬のポリープはありませんでした。
白っぽいというのはやはり口内炎でしょうか?

②もし口内炎であれば、輸液を怠った4日間で腎機能が低下もしくは尿毒症になり、潰瘍ができてしまったのでしょうか?輸液を続けていれば防げたのでしょうか?もしくは続けていても、数か月後いずれは同じ結末になったのでしょうか?

③最期の瞬間のカッカッとなったのは苦しんでない、老衰だと家族は言いますが、そうなのでしょうか?尿毒症の症状なのか呼吸困難なのか老衰なのか…マヌカハニーが溶けきれず詰まってしまったのではと、可能性が絞れません。亡くなる1時間半前に一度起きた時は静かだったのですが、その後いつから始まったのかは不明です。

④5日前くらいからほぼ透明で無臭のおしっこが出ていたのですが、亡くなる直前の2回分は濃い黄色(薄茶色?)でアンモニア臭もそれなりにしていました。残った老廃物を出したのか、強制給餌のフードやマヌカハニーの色がそのままおしっこに出ることはありますか?

⑤診察料が良心的でいつもお世話になっている病院なのですが、最初にポリープとの診断があったとき、年齢からくる免疫力の低下と言われただけでしたが、血液検査を勧めて欲しかったと今になっては思ってしまいます。特に口の中のものは腎臓からの場合が多いと後で調べてわかりました。出血の原因もそこまでさっぱりわからないものなのでしょうか?信頼したいのですが、少し疑心暗鬼になってしまっています。どちらの病院もこんなものでしょうか?

もう終わったことなので今更といえば今更なのですが、間違った解釈があればご指摘願いたく質問させて頂きました。同い年の猫も腎臓の数値が少し高いので、今後の参考にもさせて頂きたいです。宜しくお願い致します。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多...続きを読む

Aベストアンサー

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ白でした。栄養が足りず貧血でしたから。

③老衰でも病死でも、死ぬ間際に発作症状とか痙攣をおこすという話はよく聞きます。それでは?マヌカハニーではないと思います。

④うちの猫は完全食欲廃絶して1週間後に息を引き取りましたが、死ぬ前に垂れ流した尿はやたら黄色で臭かったです。エサはもう食べていないので食物の成分ではない。凝縮された補液の成分(ビタミン、ミネラル等)が出てきたか、最後に溜まった老廃物を一気に出したか、でしょうね。

⑤獣医は確かにヤブも多いので(年配の獣医だと去勢と予防接種くらいしかロクに知らない人もいます。設備の新しい若い獣医にかかった方がいい)そちらの獣医さんがどうか知りませんけど、たとえどんなに優秀な獣医でも動物の診断には限界があります。猫は人間と違って検査や治療に協力的ではないです。体重2kgの弱った小動物にしょっちゅう採血したり、X線だのCTだのMRIだのかけるわけにもいきません。持病で免疫の落ちた老猫には様々な症状もでます。獣医でもうまく説明がつかない症状が出たりします。出血もそんなひとつだったのかもしれません。白黒つけたいお気持ちは分かりますが、あまりこだわらない方がよいのではないですか。

あなたは今、猫を失った上、治療や看護方法に疑問や後悔が残っていて、とても辛い時期だと思います。
でも猫ちゃんはきっと感謝していると思います。17歳まで元気に飼ってもらって、病気になっても飼い主さんが自分を救おうと必死に頑張って、最後まで寄り添ってくれたのですから。

今は静かに亡くなった猫ちゃんの冥福を祈って、残された2匹の猫ちゃんを大切にしてあげてください。(彼らを定期健診にも連れて行ってあげてくださいね。)

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ...続きを読む


人気Q&Aランキング