【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

数年前、六本木ヒルズで行なわれたアクアリウムイベントに出掛け、スタンプラリーの景品として1匹のアフリカンシクリッド(4cm)をもらいました。熱帯魚飼育の知識はある程度ありましたがアフリカンは飼ったことがなく、具体的な種名もよく分からないまま(対応してくれたイベントスタッフも学生バイトみたいな感じでよく分かってなかった)家に連れ帰り、サンゴ砂を薄く敷いた30cm規格水槽で単独飼育を始めました。
幸いにも丈夫な子で、アバウトな世話でも順調に育ち(現在10cm程度)、よく懐くので今では一番のお気に入りです。上から覗き込んで顔を水面に近づけると、鼻先をつついてきます。水槽の横1mのデスクに座っていると、水をはねてこちらに飛ばしてくるやんちゃぶりもカワイイです。しかし、未だにこの子の種類が分かりません。
色は白黒、黒のバンドが横に6本入っています。顔側から2本目と5本目は上半分で途切れ、6本目はバンドというより尾鰭のスポットみたいな感じです。
検索して調べたところ体型などの点でアーリーのメスが近い気がしますが、バンドの本数から行くとフロントーサっぽくもあります。それ以外にも同じような体色のアフリカンがいるようで混乱しています。
こうなると、アフリカン素人の私がネットの写真を見たところで、なかなかはっきりしません。オスとメスで体色が大きく違うのも多いですし。

この子は連れ帰ってわずか半月ほどで卵をくわえたため、ずいぶん驚きました。その後も餌の量を増やすと産卵するので、そのたびに「お婿さんがいれば・・・」と思うのですが、種類が分からないのでお見合いさせることもできません(もっとも、この水槽では単独飼育が限界でしょうが)。

アーリーのメスおよびそれに良く似た白黒縞模様のアフリカンシクリッドたち(特にメス)の見分け方を教えて下さい。ショップでそれっぽいアフリカンをいろいろ見たりもしましたが、やはり確信が持てません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

初めまして!


確かにアフリカンは似た種類が多く同定が難しいですね~
画像が無いと同定は難しいですが一応、消去法でいけば
アーリー(フライエリィ)はストライプが、
もっと多く明瞭では無いですし顔がシャープです。
フロントーサも産卵するメスだともっと大きい
(20センチ以上)と思いますので違うと思います。
可能性はマラウイ湖原産のアフリカンシクリッドの
総称ムブナとして流通しているゼブラシクリッドか
改良種が大きさや外見から近い様に思います。
特徴は全体的に丸みがあり尻鰭に斑点模様があります。
大抵の熱帯魚店で扱っており比較的、安くて丈夫です。
バリエーションや色も様々なので購入時に悩みます。
テリトリー意識が強くオスは特に気が荒いのが難点です。
    • good
    • 0

お役に立ったら嬉しいです♪


またまた補足です(^_^;)
自分もムブナ、イエローストライプ、ゼブラ他は
以前より知っていましたが飼育は無く知識不足でした・・・
ゼブラの幼魚はオス、メス似た感じらしいのですが
成長と共にオスの色が変るそうです。青→金色!?
品種名は一般にゴールデンゼブラとして流通してるそうです。
    • good
    • 0

画像見つけたので貼りました!


ストライプの数も個体によって違いますし色は白から青味のある物
またアルビノ(目は赤)まで、かなりバリエーション豊かです。
魚の形を比べると良いと思います。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/mogsky/pet.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、このリンク先のゼブラはうちの子のイメージにだいぶ近いです。体形や大きさも合ってますし。
ほかにも検索してゼブラ(ムブナ)の画像を見てみて、縞模様が細かい個体の画像が多くてうちの子とイメージ違うなぁ、と思っていたのですが、
>ストライプの数も個体によって違いますし色は白から青味のある物
>またアルビノ(目は赤)まで、かなりバリエーション豊かです。
ということであれば納得です。
かなり一般的な種という点も、イベントの景品になるくらいですから矛盾はありません(余談ですが景品にはネオンテトラ、ベタ♂、アベニーパファー、ランプアイなどがいましたが品切れでした)

ゼブラであろうという前提でショップで見てみて、機会があったら繁殖にも挑戦してみたいと思います。
わざわざ2度もご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2008/07/23 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む


人気Q&Aランキング