ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

エアコンガス補充と真空引きのことでしつもんです。

●今、エアコンのききが悪いみたいなのでガスを補充しようかと思います。
ゲージマニホールドとR22のガスボンベもありますがどの位ガスを補充を
したらいいのしょうか?
室外機に量が書いてありますか?色々質量とか書いていますがよく分かりません。
何をどのように見たらいいのか、
●充填量が分かった時、量はどのように計ったらいいのか?
マニホールドの低圧側でみたらいいのか?
何キロ
●新冷媒のR410Aの真空引きは-0.1MPになるまで待つのか?
-0.1MPになって15分くらい置くのか
色々調べてはいるのですが、細かなところまで書かれていないのでよくわからないの
ですが、詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

室外機ラベルに書いてあるR-22 ○○gは補充時には目安で考えてください。

要は正確な残冷媒量は解りません。

補充される時は冷房18℃設定風量自動で運転させてゲージ0.5~0.6mpで安定するくらいで入れてみてください。

補充時の注意は液で入れるか、ガス(気体)で入れるかです。
ガスで入れる場合はあまり気にせず入れれます。
液で入れる場合は+0.1mp上がる程度で微調整で入れる必要があります。一気に入れると液がコンプレッサーに入り液圧縮し最悪コンプが壊れます。
R-22のボンベは1口バルブだと立てた状態でガス、逆さまで液が出ます。
2口バルブだと赤が液、青が気体です。

1シーズンでガクンと抜けてる(冷えなくなった)様な感じであれば充填を見合わせた方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

充填は0.5~0.6mpですね
がんばってやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 08:23

>真空引きの場合、ゲージマニホールドの低圧ハンドルは開けておくのですよね、-0.1MPになって15分保持して低圧ハンドルを閉じる、これでいいのですね。



はい、その通りです。記入漏れで申し訳ありません。

>それと、パドックバルブの液側とガス側とありますが、液側は高圧(細い方)の六角レンチで操作するバルブでガス側は低圧の六角レンチで操作するバルブの事でいいのでしょうか?

その通りです。弁棒キャップを外さないと見えない、あの六角レンチで開け閉めするバルブです。で、すいません。タイプミスです。「パックドバルブ」です。恥ずかしいミスでした。

R22の場合混合冷媒ではないのでそんなに難しくないです。ただ、くれぐれも入れすぎに注意してください。冷房時にはよくても、暖房時にストップしてしまうことがあります。

では、がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々、本当に親切で丁寧、分かりやすい回答ありがとうございます。
こういった専門的な質問の場合、よく対応の悪い方や自分の知識をアピールする方が多いのですが、質問者の事を考えちゃんと分かりやすく回答されたことに感謝します。
ありがとうございました。
がんばってみます。

お礼日時:2008/07/23 08:17

#1ですが、#2さんが詳しく説明されてますが、


R22の場合、冬:夏に普段正常なエアコンで圧力調べて置くと良いですね、又電流測定も参考、
今から覚える必要疑問ですが、

新冷媒の講習はダイキン等で今でも無料でやってると思います、
不良工事で3年使用したエアコンのトラブル見本等もも有りま下。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々参考になる情報ありがとうございます。
講習も興味あり、また、機会があったら行ってみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/23 08:12

R22ですね。

私の補充手順ですが、大雑把です。

先に、ポンプダウンして残存冷媒を室外機コンプレッサーに封印します。銅管のフレア加工をやり直して、冷凍機油をフレア部に塗布して気密性をあげてから、フレアナットを規定のトルクレンチで締め込み、ガス漏れの原因を解消させます。

この後、R22用ゲージマニホールドの青の低圧側チャージホースを室外機のガス管のサービスポートに接続します。次にゲージマニホールドの黄色のチャージホースを真空ポンプに接続し、真空引きをします。低圧-0.1MPaになってから15分保持。その後ゲージマニホールドの低圧ハンドルを閉じて5分放置。低圧が-0.1MPaから上がらなければ、ガス漏れはしていない、と判断していいでしょう。

真空引きが終わったら、パドックバルブの液側を全開、次にガス側を全開。低圧ガス圧を確認します。不足なら5キロ程度まで補充します。一旦パドックバルブを両方締めて、黄色のチャージバルブを真空ポンプからR22のボンベに付け変えます。ボンベのバルブはまだ閉めたままで。付け替えたら先の手順と同様、パドックバルブを両方全開にします。

補充は、エアコンを冷房試運転状態にさせておいて、ボンベのバルブを少し開けては止め、開けては止め、を繰り返します。低圧側から入れます。一気にいれては駄目です。大体5キロあたりまで圧が上がったらチャージを止めます。R22の場合、低圧ガス圧の目安は大体5キロです。

これで冷房試運転をして見てください。室温より10度くらい低い冷風が出てくればいいと思います。

R410の場合、混合ガスで補充が効かないので、残存ガスは全部回収し、新R410をサイフォン式のボンベから電子スケールで充填重量を量りながら100パーセント入れ替えです。ガス圧も1.6倍ですから、専用のゲージマニホールド、チャージングバルブが必要で、手間暇がかかります。

私は大雑把でこんな手順を踏んでいますが、もっと楽な方法や、もっと緻密な方法があると思いますので、参考程度にしてください。

この回答への補足

凄く分かりやすい説明ありがとうございます。
もう少し突っ込んで聞きますが、真空引きの場合、ゲージマニホールドの低圧ハンドルは開けておくのですよね、-0.1MPになって15分保持して低圧ハンドルを閉じる、これでいいのですね。
それと、パドックバルブの液側とガス側とありますが、液側は高圧(細い方)の六角レンチで操作するバルブでガス側は低圧の六角レンチで操作するバルブの事でいいのでしょうか?
細かなこと言って申し訳ありません。
失敗するのが怖くて・・・

補足日時:2008/07/22 22:41
    • good
    • 0

お客様の仕事するのですか、


本当のプロが居る会社「にわかプロでは??」または
メーカーの講習受けましょう、
基本学ばなければ、間違った知識でも長い経験正しい知識と錯覚で仕事に成ります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分のエアコンです。
R22のエアコンが古く、きき具合悪く、新しいエアコンを購入して自分でしようと思っています。
うちの会社はエアコン専門の会社ではないのですが、エアコンの取り付けもします(年間4.5件位)が、私は部署違い(LPガス専門)でたまに手伝うだけなのであまり詳しくはありません。社長はR22の時にエアパージ(ガス圧のみ)でしていましたが、新冷媒R410Aになってからエアコン取り付けをしていないみたいなのですしなんせ、もう年なのであまり詳しく教えてくれません。

お礼日時:2008/07/22 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング