【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私はまだファーストガンダムを見たことがありませんし
時間が無くこの先も見るつもりはありませんので
この作品を見て~のシーンから~のようなことを学んだというものをネタバレで整理してあるだけ教えてください。

また、ガンダムってかなりシリーズがありますけどネタ切れしないのでしょうか?
結局はプロレスみたいにただカッコいいロボットが敵と戦うのを楽しむアニメですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

今の人が見てもどうって事無い部分だったりします。


それまでのロボット物は、邪悪な侵略者を迎え撃って世界に平和を齎すと言うもの。所謂御伽噺的な「めでたしめでたし」と言うのが主流でした。
当時のサンライズ作品(富野監督…)では、ガンダムの前に放送されていた「無敵超人ザンボット3」が、勧善懲悪ではない、夫々の立場が違えば考え方も違うというメッセージを送っていましたが、形式としてはそれまでのロボット・ヒーロー物と大別できない物でした。
また、それ以前の日本アニメーション作品、「宇宙戦艦ヤマト」でも、敵と戦う事だけが全ての解決ではないというテーマを訴えていましたが、そもそも戦争の中で敵である異性人の描写を徹底的に悪役にしており(一部キャラ除く)、やはり勧善懲悪物の範疇を出られませんでした。

一方、当時のガンダムはそんな中で、戦争という大きな流れの中で翻弄される登場人物たちを描きこんで、其処には絶対の正義や悪も無く、権力者や民族のイデオロギーの対決の中で自らが生き残る事を主眼とした人間ドラマを描いたのです。
其処から学ぶ物は、一方的な主義や主張は立場が違う人から見れば絶対的な正義ではなく、また、人の命はどのようにあっても美しくあり、そして全てが先を見通すことの出来ない人類と言うものの生み出す過ちという通過儀礼を以ってせねば理想は手に入れられない物…と言うテーマです。
戦争などせずとも理解し合える人の革新を齎したいと願う者、また、その理想を利用して権力を己の手に入れようとする者、更にはその構造の中で自分なりの過激な理想を持って人類全体を幸福に導こうとした者、そして、そんな中にあって自分自身や親しい人たちとの関わりの中で「人」とはどう有るべきかを模索する物等、それは深く考えさせられる作品でした。

この、当時のアニメとしては斬新でリアルな人間ドラマは、しかしその影響の強さのためかその後の多数の作品群が取り込み、数多の名作、駄作を生み出しています。
つまり、当時のガンダムで感銘を受けた部分はその後の作品でも多分に生かされている、悪く言えば安易に量産された結果、ありふれて人を考えさせる事の無い物語にもなってしまっている…という事が大きいと思います。
なにぶん、当時と今では作品の目指す方向性や視聴者の好みも大きく隔たっており、今尚昔の作品を若い人に勧めるという行為に意味を感じなくなっています。
ただ、そういったテーマ云々を抜きにして、SFアニメの娯楽作品としても一級の作品では有りますから、深く考えずに楽しみの為に鑑賞してみることは悪くないかも知れません。
また、ガンダムのシリーズは、この初期のファーストを世界設定に据えたシリーズが数作有りますが、それ以外にも多種の作品が有り、そもそも何を持って『ガンダム』という枠で括るのか意味不明な物も多く有ります。主に玩具商戦の為の冠するガンダムである訳です。そういう意味でも、『ガンダム』のネタ切れはその名前に人気が有る以上は無くならないでしょう。
だから、古くからのファンは作品の性質も何もかもが違う作品が『ガンダム』と呼ばれることを毛嫌いしている人も居ます。
人の好みは夫々ですから、単にカッコいいロボットが戦うだけの物を喜ぶ事も充分に有りだと思いますが、矢張り昔にガンダムをみて感動した多くの人は、そのガンダムらしからぬ様々なガンダムに反感を持つでしょう。

以下参考…

☆宇宙世紀0079より始まる一連のシリーズ
○『機動戦士ガンダム』
所謂ファーストガンダム。TV作品の他、劇場版の三部作が出ています。

○『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』
後年になって制作された、時系列的には第一作目の中盤~後半にかけてのサイドストーリーで、一作目の登場人物は直接的には一切関わって来ません。

○『宇宙世紀0079 機動戦士ガンダム~ポケットの中の戦争~』
上記同様の放送終了後に作られたOVAで、此方は一作目の終盤に於ける別の場所での物語りです。

○『機動戦士ガンダム0083 スターダスト・メモリー』
一作目の後日談ですが、登場人物は一作目とは関わり無く、別のキャラクターの目線で描かれた物。一作目でテーマだった一年戦争終結後の物語です。続編の機動戦士Zガンダムよりも後に制作された物ですが、Zガンダムに繋がる世界観を説明しています。

○『機動戦士Zガンダム』
一作目の正当な続編で、登場キャラも一策目から引き継いでいます。
TV放送の他、最近になって劇場版三部作が公開されました。

○『機動戦士ガンダムZZ』
TV版Zガンダムからそのまま繋がった物語ですが、時代の流れの為か作品の色はかなり明るく楽しい物に成っています。その為か正当なガンダムの後継作品とは考えない人も居ますし、上記劇場版Zガンダムではこの物語に繋がる終わり方を変更し、この物語自体が歴史上(宇宙世紀シリーズの)存在しなかった扱いに成っています。最近では、このZZその物を、作品世界の中の設定で作られたプロパガンダ映画作品と位置づける説も出ています。

○『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
Z、ZZの数年後の物語で、ファーストからの登場人物の決着がここで付きます。劇場版のみでTVシリーズ化はしていません。

○『機動戦士Vガンダム』
逆襲のシャアよりも更に数十年後の世界での物語りです。作品世界観では、既にガンダムという名前はステイタスになっています。

ファーストからの流れは以上。他に小説や漫画など、宇宙世紀の映像化されていない時代を描いた作品が多数あります。

他、宇宙世紀とは全く関係の無い(と当時思われていた=後述)作品群を…

○『新機動戦記 Wガンダム』
…キャラを立たせたヒーロー物。OVEで続編が幾つか出ています。

○『機動武闘伝 Gガンダム』
…アクションコメディを目指した格闘物

>結局はプロレスみたいにただカッコいいロボットが敵と戦うのを楽しむアニメですか?

まさに(笑い)
でも、面白いですよ。

○『新世紀 ガンダムX』
…シリアスな世界設定で再び挑んだ作品。

○『機動戦士 ターンエー(Aの上下逆表記)ガンダム』
…遥か未来の、文明が退行した時代の地球と、文明を維持していた月との戦争を描いた作品ですが、実はこの作品によって上記の別の世界での物語が全て繋がっていたという解釈が為されています。まあ、直接作品には関わっていない設定ですが、その設定の為に宇宙世紀シリーズで登場した多数のメカのそっくりさんが登場します。

○『機動戦士 ガンダムSEED』
…上記ターンAで各作品を一つの世界観に纏めた後に制作されたアナザーガンダム。しかし他のガンダム作品とは全く関わりが無い事から、上記で纏められたガンダム世界とは違う世界観に属していると思われます…今の所は。また、この作品にはSEEDディスティニーという続編が有ります。

○『機動戦士 ガンダム00』
現在企画が進行中の、アナザーガンダムの一つ。これも上で挙げた世界観の統一とは両立しないと思われます。まあ、『ガンダム』という名前が付いた、ファースト世界とは全く無関係な作品の一つです。

一通りガンダムに付いての情報はこんな所でしょう。
何れも、ガンダムという枠で括る理由は、登場する主役ロボのデザイン以外にはその『ガンダム』という名前だけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にとても分かりやすい解説どうもありがとうございます。
ガンダムシリーズについて大変よく分かりました。
確かにガンダムを愛する人にとって商業主義に走られるのは嫌ですよね…。
最近はオタク女向けというか妙に美化されてきているような気が…。

お礼日時:2008/07/23 17:10

戦争の悲惨さ 



これにつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/25 20:33

絵的には古さを感じますが、情報を得ずに先入観なしに観た方が良いと思います。

私は1st世代ですが戦闘シーンや固体のカッコ良さよりも人間ドラマに感動した(中学の頃だからね)。今みても良いと思う。まず観てみん事にゃ~話にならんだろ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2008/07/23 14:32

#3です 結局は戦争なのでどっちが勝ったってのはないですね


一応ジオン公国軍のギレン(階級上ナンバー2)がある意味謀反のようなものを起こし親父を殺します。 それを妹に知られその妹にギレンも殺されます。 地球にコロニーを落としたり人の住んでいるコロニーに毒ガスをまいたりとしますがあくまでこれは本人の正義のためってことになってます。ジオン軍はスペースノイド(宇宙で生まれ宇宙で育った人)は選ばれた人であるという思想で戦います。
結果的には彼の死でジオン公国の敗北という形にはなるんですが
彼の思想はその後も受け継がれていきます。そういう意味では敗北はないですね 彼が死んでも第二第三の彼が生まれているので戦争に勝利も敗北もないって所でしょうかね
ちなみにTVシリーズは結構長いですが いわゆる劇場版3部作なら#6さんもおっしゃるようにDVD3枚で見れますよ!

あまりガンダムを知らない人にガンダムの世界観を教えるのって
難しいですね(^^; 一度見られることをお勧めします。
今までのロボット物と違いパイロットも1人の人間であり戦う=人を殺すってことへの葛藤とかクルーの人間関係や恋愛感、仲間の死等色々
描かれてますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にどうもありがとうございました。
面白そうなのに見たくなってきました。

お礼日時:2008/07/23 14:32

>~のシーンから~のようなことを学んだ


全体として、
戦争を金儲けの道具にする武器商人や政治家がいるかぎり紛争はなくならない。
同じ理想をもっていても、些細なすれ違いが悲しみを生むことがある。

>ネタ切れしないのでしょうか?
他の方々も言われてますが、水戸黄門の印籠と同じです。
話自体は変わっても、戦争が起きて傷つく人間の悲哀をだすのは同じこと

>カッコいいロボットが敵と戦うのを楽しむアニメですか?
敵=悪の勧善懲悪のストーリーではないです。
どちらかというと特撮やアニメの戦隊ものに受け継がれてますね。
ガンダムは互いの立場や理想から来る恐怖・慟哭・悲哀を戦争を通して表しているアニメです。
子供向けにガンダムというおもちゃを売るためにカッコいいロボットは
数々登場しますが戦闘シーンが売りというわけではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2008/07/22 20:05

>>この作品を見て~のシーンから~のようなことを学んだというものをネタバレで整理してあるだけ教えてください。


その時見た年齢によって感じる感想や視点が変わって見えてくる演出と人物描写の方法を学びました。
あとは、企業のやる事は信用できないという事ですかねw

>>ガンダムってかなりシリーズがありますけどネタ切れしないのでしょうか?
ネタはとうに切れてます。
「ガンダム」という冠とガンダムっぽいロボットが出てくるだけのロボットアニメ過ぎません。
ファイナルファンタジーとかそういうものと変わりません。ネームバリューの持つ力が強いから続けられるのです。

>>結局はプロレスみたいにただカッコいいロボットが敵と戦うのを楽しむアニメですか?
Gガンダムはそんな感じだね。他の作品群を見てそう感じたのなら勉強不足だとしか言えない。

見ようと思えば43話もあるTVシリーズじゃなくて劇場映画で約7時間程度で見れる作品なのに、それでも見る時間が取れないのだからそれ以上書くつもりもありません。
文章を読んだ程度で知ったかぶれるほど貧疎なアニメではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
7時間程度で見れる作品があったのですか。
そのうち見てみようかな。

お礼日時:2008/07/22 18:40

ガンダム1st世代のものです。


何を学ぶかというのはちょっと難しい質問ですが、当時中学生くらいだった私は、「かっこいいロボットが戦うアニメ」という感覚で見ていました。しかし見て行くうちに過去のロボットアニメ(マジンガーZなど)にはない人間のドラマという感じがしました。
後になって色々な文献などを見て改めて感じましたが、結局は高性能のロボットも、人間が作り、操作し、直し、改良し、その人々の感情や社会的地位や境遇などが影響しているものだという感じを得ました。
戦闘から帰って来たアムロが休息する間もなく、次の戦闘に備えてガンダムを整備するシーンや、戦艦を一撃で撃墜できるビームライフルも残量を気にしながら闘うとか、連邦にしろジオンにしろ下っ端兵士や高慢ちきな士官のの質はどっちもどっちだったり、かつてのロボットアニメでは見れないシーンが多々ありました。
また、勧善懲悪とは違う思想の違う国家同士の争いは、単に正義が勝つということではない、深い意味を感じとりました。
1stでは、ニュータイプという人の進化とそれを独裁的な思想(排他的な思想)で考えたジオン(というよりはギレン一人かも知れませんが)と、すべてを統一管理したいという連邦との争いで、どうしても連邦目線でストーリーを見てしまいますが、どちらが正義、悪という感覚は無かったです。
ヒーローも絶対的ではなく、気が弱かったり、自閉的だったり、敵方のシャアにしても実は自分より秀でているものの存在に常に脅かされている、苦悩の人だったりと、それまでのロボットアニメにはない人間のドラマですね。
それらを取り巻く人々にもそれぞれドラマがあり(書ききれないですが)、自分としては色々学ぶ(?)ことの多いアニメでした。

最近のシリーズは見ていませんが、どうも美少年、美少女たちのアニメの様な気がしていまひとつ好きになれないです。多分偏見だとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。
アムロが「親父にもぶたれたことないのに」
みたいな発言をしているのを見たことがあるのですが
ガンダム世代の人は甘やかされて育った人が多いのですか?
アムロはどのような性格でどのように成長していくのでしょう?

お礼日時:2008/07/22 18:03

・正義って一つじゃないよなぁ、やっぱり。


・真面目な人間の行動って、かなり報われないよなぁ。
・技術が進めば政治が安定する、とは限らないよなぁ。
・人は死んだらおしまいだよなぁ。
・視聴率を維持できたから、最後まで放映できたんだよなぁ。
・試作品を作りすぎるのは、物量戦では非効率だよなぁ。
・ザビ家の公王府のデザインから見て、局の「上の方の人」は「子供向け」という呪縛から解放されなかったんだろうなぁ。
・やむなくド派手なトリコロールにしたのに、まさか敵役が売れるとは思っていなかったんだろうなぁ。
・「めくら撃ち」って、なぜか差別用語あつかいされるのかぁ!
・「スタンバる」って、立派に日本語だなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました!

お礼日時:2008/07/22 17:50

それまでのスーパーロボット物って地球に地球外生命が侵略にきてそれを打破するって言うのだったんですが


ガンダムは同じ人間同士がそれぞれの主張の元戦争をするって話です
地球の管理下にあるコロニーで地球から一番遠いコロニーでジオン公国を名乗り独立するといいました 地球サイドはそれはダメだ!って戦争になります。(ものすごく簡単に書いています)どっちの主張も正しくそれぞれの正義で戦います。からそれまでの悪玉vs善玉の勧善懲悪ではないってので画期的な話でしたね。 基本的な流れは1st以降 ZでもZZでも今の00でも同じだとおもいます。最近のガンダムはイケメン系のキャラが出てきますから違う見方もあるとおもいますけどね
個人的には1st、Z、ZZ、逆襲のシャアまでが好きですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!とても簡単で分かりやすい説明をありがとうございますw
っで結局ラストはどのような終わり方をするのでしょう?
地球側とジオン側とどちらが勝つんですか?

お礼日時:2008/07/22 17:47

コックが「塩がない。

塩が欲しい」的な事をいう場面があるのですが、
幼心に「人間は塩が無いと死んでしまう」というのを学びました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wwwww
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/22 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング