【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

半年前に会社を辞めてから国民年金に入りました。今月(7月)まで毎月支払っています。

しかし来月から再度会社勤めをすることになり、入社後すぐ厚生年金に入ることになりました。
入社日は8月11日を予定しています。
この場合国民年金は8月分も払わなければならないのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

A 回答 (4件)

>この場合国民年金は8月分も払わなければならないのでしょうか。



こういう場合は月末の状態で判断されます。
つまり

>入社日は8月11日を予定しています。

ということは8月11日から厚生年金に切り替わるわけですから、8月末日は厚生年金なので、8月分は国民年金は支払う必要はありません。
また厚生年金に加入していると言うことは実は国民年金にも加入しているのです、これがよく言われる2階建ての年金です。
つまり

A.国民年金に加入していると言うことは国民年金のみに加入している
B.厚生年金に加入していると言うことは厚生年金+国民年金に加入している

と言うことです。
Aの場合の国民年金を第1号被保険者と言い、Bの場合の国民年金を第2号被保険者と言います。

厚生年金→国民年金という手続きは厚生年金を脱退して国民年金に加入したと言うよりも、国民年金の第2号被保険者→国民年金の第1号被保険者と言うように切り替えたということなのです。
同様に国民年金→厚生年金という手続きは国民年金を脱退してに厚生年金加入したと言うよりも、国民年金の第1号被保険者→国民年金の第2号被保険者と言うように切り替えたということなのです。
ですから就職して厚生年金に加入する手続きを会社がやれば、それで国民年金は第1号被保険者→第2号被保険者と言うように切り替わるので手続きは不要です(退職して厚生年金でなくなり国民年金の第2号被保険者→第1号被保険者の切り替えのときは自分役所へ行ってやらねばなりませんが)。
手続きが必要なのは健康保険です、恐らく国民健康保険に加入しているのではないかと思いますが、市区町村の役所に連絡して就職した旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として質問者の方のところへ送られてくるはずです。
またもし任意継続であるならば、役所ではなく健保組合に対して同様の処理をしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
無事解決しました。

お礼日時:2008/08/06 19:21

入社日で厚生年金の被保険者資格を取得します。

保険料は月単位で計算されますので、資格を取得した月の保険料より支払「天引き」が発生します。つまり、入社月の国民年金保険料は厚生年金保険料(国民年金保険料含む)に切り替わるわけです。
    • good
    • 2

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

入社日(8月11日)が厚生年金被保険者の資格取得日になりますので、8月分から厚生年金の保険料を負担することになります。


厚生年金保険料には、国民年金分も含まれていますので、別途個別に8月分国民年金保険料を支払う必要はありません。
    • good
    • 2

専門家紹介

石川忠司

職業:行政書士

東京都中央区の行政書士・社会保険労務士です。

企業管理部門(総務・人事・経理など)のアウトソーシングサービスを中心に、以下の業務を主に行っております。

事業承継、遺言書作成、相続
外国人手続き
起業支援、各種営業許可
就業規則作成・変更
人事・賃金・労働時間相談
労務コンプライアンス監査
労働・社会保険手続
人事考課制度構築

対応言語:中国語・英語(事前にご予約ください)

他保有資格:一級建築士、公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、管理業務主任者

お問合せは、
行政書士・社会保険労務士クレステートファーム
http://ap.cre-r.com
e-mail : infoap@cre-r.com
まで

お気軽にどうぞ!

詳しくはこちら

専門家

国民年金や厚生年金は、資格取得日の属する月は資格取得年金の保険料が発生し、資格喪失日の属する月は資格喪失年金の保険料は発生しなかったと思います。

これは重複加入が許されていないからでしょう。

したがって、あなたの場合には、国民年金の資格喪失日が8/11(加入は8/10まで)となり、厚生年金の資格取得日が8/11となります。国民年金の資格喪失月が8月ですから、国民年金の保険料は8月分は不要となり、厚生年金の資格取得月8月分(通常給与天引き9月給与から)から負担となると思います。

注意点としては、入社=厚生年金の手続きを会社が行いますが、国民年金の資格喪失(脱退)は連動もしませんし、会社が行ってくれるわけではありません。連動する場合もあるかもしれませんが、手続きが遅く督促などの発行もありえます。したがって、入社後に健康保険証(社保)を貰ったら、それを持って役所で国民年金の資格喪失(脱退)の手続きを行いましょう。現在加入の国民健康保険や扶養の場合の社保の健康保険も手続きが必要となります。

会社の手続きが終わり次第、住まいの役所へ電話で確認し、必要書類をそろえてから行かれることをお勧めします。また保険料も重複すると還付手続きが必要ですし、未納も面倒です。再度確認しましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
無事解決しました。

お礼日時:2008/08/06 19:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q厚生年金加入時に、国民年金の脱退手続きは必要ですか?

国民年金に加入していて、厚生年金加入の会社に就業した場合、
国民年金の脱退手続きは必要でしょうか?
あるいは自動的に厚生年金に切り替わり、特別な手続きは必要無い
のでしょうか?

国民年金の支払いは銀行引き落としでは無いので、自分で支払いを
しなければ、支払い自体はストップできる状況です。

具体的には会社に就業後に、区役所等に出向いて国民年金脱退手続きを
する必要があるかどうかを教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

厚生年金、国民年金ともに、年金基礎番号で管理しています。
国民年金1号被保険者だった質問者さんが就職することで
厚生年金に加入すると、国民年金2号被保険者になります。

この場合、会社が社会保険事務所で手続きし、
住まいの市役所に対し手続きは必要ありません。
逆(退職)はあるようですが。

保険料も、月末を基準に、就職してる状態の月は
国民年金保険料を納める必要がありません。

なお、国保は就職の際に社保・国保両方の被保険者証をもって、
市役所に行って手続きすることになります。

Q月途中入社時の健康保険料について

月途中入社時の健康保険料について質問させてください。

12月15日に前職を退社し、1月15日から新しい会社で勤務しています。

この場合の保険料はどうなりますでしょうか。

自分は以下の認識でいるのですが、正しいでしょうか。
12月分の社会健康保険料は徴収される。
1月分の社会健康保険料は徴収される。
12月16日~1月14日の国民健康保険料も徴収される。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険料に日割りはありません、必ず月単位です。
健康保険の保険料は月末の状態で判断されます、月末に加入していればその月の保険料を支払いますが月末前に脱退して月末には加入していなければその月の保険料は支払うことはありません。
ですから1月15日に会社の健康保険に加入していれば、月末には加入していますので1月の1か月分の保険料を払うことになります。
逆に12月15日に退職して会社の健康保険を脱退すれば、月末には加入していないので12月分の保険料は払う必要がないのです。

また健康保険の有効期限は日単位です。
健康保険の保険料と有効期間は下記のようになります。

例えば甲という人がAという会社にいてXという健保組合に加入していたとします、ある月の15日に退職して16日からBという会社に転職してYという健保組合に加入したとします。
健康保険の保険料は月単位で日割りというのはありません、ですからこの月の保険料はXには発生せずに、Yに1か月分発生します。
では保険証の有効期限はどうなるかというと15日まではXの保険証が有効です、そして16日からYの保険証が有効になります。
つまり月単位での支払いのために、支払いと有効期限にズレが生じるわけです。
でもそうするとその月の保険料が1か月分Yにいくとなると、Xは損してYは得するじゃないかと思うでしょうが、恐らく甲はAに入社したときも月の途中入社でやはり1ヶ月ないのに1か月分の保険料がXに支払われたはずで、それと差し引きすれば相殺されます。
またYも今回は1ヶ月ないのに1か月分の保険料を取りましたが、甲がBを辞めるときにやはり月の途中であればその月の保険料はYに支払われないので差し引きすれば相殺されるということです。
以上のようなことが健康保険の支払いと有効期限の関係です。
ですから

>12月分の社会健康保険料は徴収される。

前職では12月の末日には在職していないので12月分の社会保険料は引かれません。
ただ社会保険料は当月分は翌月の給与から引くことになっているので、11月分の社会保険料が12月分の給与から引かれているかもしれません。

>1月分の社会健康保険料は徴収される。

現職では1月の末日には在職しているので1月分の社会保険料は引かれます。
ただ社会保険料は当月分は翌月の給与から引くことになっているので、1月分の社会保険料が1月分の給与から引かれていないもしれません(そうであれば2月分の給与から引かれるでしょう)。

>12月16日~1月14日の国民健康保険料も徴収される。

保険料は月単位ですので月を跨いでの保険料というのはありません、12月分と1月分と言う月単位になります。
12月については月末に国民健康保険に加入しているので12月分は支払うことになりますが、1月は月末に国民健康保険に加入していないので1月分は支払う必要はありません。

ただしもちろん国民健康保険の喪失の手続をすると言う前提です、会社で健康保険に加入しても自動的に国民健康保険の脱退とはなりませんから。

保険料に日割りはありません、必ず月単位です。
健康保険の保険料は月末の状態で判断されます、月末に加入していればその月の保険料を支払いますが月末前に脱退して月末には加入していなければその月の保険料は支払うことはありません。
ですから1月15日に会社の健康保険に加入していれば、月末には加入していますので1月の1か月分の保険料を払うことになります。
逆に12月15日に退職して会社の健康保険を脱退すれば、月末には加入していないので12月分の保険料は払う必要がないのです。

また健康保険...続きを読む

Q再就職した場合の国民健康保険・国民年金保険の手続き?

 お世話になります。国民健康保険・国民年金保険のことで質問させていただきます。

 今年の9月頃に会社を退職して、無職になった間は国民健康保険・国民年金保険の手続きをして保険料を支払っていました。

 そして最近なんとか再就職先を見つけることができたのですが、この場合、雇用保険はハローワークに行き手続きすることになっているようですが、国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

 それとも再就職先に年金手帳や源泉徴収表を渡すだけで、こちらからは特に何もしなくてもいいのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃればご意見を聞かせていただきたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

新しくつとめる会社で、社会保険等の加入については全て任せればよいでしょう、また国民年金については、これも新しくつとめる会社で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるので心配は無用です。
しかし国民健康保険についてだけは脱退の届けをしなければなりません。
健康保険の被保険者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、申し出れば返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>それとも再就職先に年金手帳や源泉徴収表を渡すだけで、こちらからは特に何もしなくてもいいのでしょうか?

源泉徴収票は税金の処理に必要です、年金手帳は厚生年金の手続きに必要です、それと雇用保険被保険者証も必要になるはずです。
また現在は住民税を納付書で直接窓口で支払っている(普通徴収)と思いますが、これも新しくつとめる会社で給与から天引き(特別徴収)にしてもらうよう頼んだ方がいいでしょう。
ただ転職の初年度だけは特別徴収をやらない会社、あるいは少数ですが特別徴収そのものをやらない会社もありますので、その場合は今までどおり直接窓口で支払うことになります。

>国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

新しくつとめる会社で、社会保険等の加入については全て任せればよいでしょう、また国民年金については、これも新しくつとめる会社で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるので心配は無用です。
しかし国民健康保険についてだけは脱退の届けをしなければなりません。
健康保険の被保険者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりま...続きを読む

Q月の途中に就業した場合の社会保険料額

1月26日から派遣社員として就業し、同時に社会保険に加入しました。就業日数は4日で給与は4万円ほどですか、1ヶ月間就業していた場合と同じ金額の社会保険料を差し引かれました。手取りは2万円ほどです。1月1日から在籍していたわけではないのですから、そんな高額な保険料を支払う筋合いはないと思うのです。無駄遣いばかりするクセに国民には真面目に払えというのすら憤慨しているというのに。どうにか返して貰う方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の企業は、社会保険料は1か月遅れで控除するのですが、中には社会保険料をその月の給料から控除する会社もあります。

社会保険料や国民健康保険料などは、末日に加入しているところに1か月分納めることになっています。1月26日から社会保険とありますが、1月1日から1月25日までの国民健康保険料や国民年金は払う必要がありません。(もし、支払っていたら、返してもらえます)

年金については、1月は6日間の在籍期間でも厚生年金1か月として計算されますので、将来、年金をもらうときに有利です。

Q月途中の転職について

月途中の転職について

4月11日に退職し、4月12日に新しい会社に転職します。

この場合の健康保険と年金はどうなるのでしょうか?
会社にお任せしても大丈夫なのでしょうか?
社会保険庁に聞いたところ、4月分の年金は自分で支払いに行かないといけないとのこと。

やはり月末退職でないと、自分で処理をしなければならないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>4月11日に退職し、4月12日に新しい会社に転職します
 ・共に、社会保険(健康保険、厚生年金)加入なら
 ・4/11退職の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は3月分まで徴収(実際の徴収は4月の給与から)
  健康保険証は4/11まで使えます、厚生年金の加入日は4/11まで
 ・4/12入社の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は4月分から発生します(徴収は5月分の給与から)
  健康保険は4/12から有効、厚生年金の加入は4/12からになります
 ・加入日、喪失日、と月の保険料は連動しません
>社会保険庁に聞いたところ、4月分の年金は自分で支払いに行かないといけないとのこと
 ・月末の時点で厚生年金に入っていない場合・・国民年金に加入になる・・4月分の保険料を支払う必要がある・・これが通常の場合
 ・月末の時点で厚生年金に加入していても、退職日と入社日の間がある場合・・その期間は、国民年金にも厚生年金にも加入していない空白期間になります(記録上の事ですが)・・一旦国民年金の加入手続きをすればその空白が国民年金の加入期間になります・・当然月末に厚生年金に加入していますから、国民年金の保険料は発生しません
  (上記はあくまで、記録上の空白期間を作らない方策です)
 ・今回の場合は、何もしなくとも問題はありません

>4月11日に退職し、4月12日に新しい会社に転職します
 ・共に、社会保険(健康保険、厚生年金)加入なら
 ・4/11退職の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は3月分まで徴収(実際の徴収は4月の給与から)
  健康保険証は4/11まで使えます、厚生年金の加入日は4/11まで
 ・4/12入社の会社では、健康保険料と厚生年金保険料は4月分から発生します(徴収は5月分の給与から)
  健康保険は4/12から有効、厚生年金の加入は4/12からになります
 ・加入日、喪失日、と月の保険料は連動しません
>社会...続きを読む

Q国民年金から厚生年金への切り替え

大変初歩的な質問でもうしわけございません。
半年前まで会社勤めをしており、厚生年金を支払っておりました。
会社をやめたので国民年金にきりかえたのですが、1ヶ月ほど前に、再就職し厚生年金にまた今月から加入することになりました。
ですが、時間がなく区役所にいく時間がないまま国民年金の納付書が手元にあるものの、いつ切り替えてよいのか、どうすれば切り替えられるのかネットで調べてはみたものの、なかなか詳しい情報がありませんでした。
ちなみに、納付書は1月~あります。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確か、基礎年金番号になって国民年金と厚生年金は社会保険庁で一括管理されるようになったので、役所への届出は不要だと思います。
今月から、厚生年金に加入したのであれば、6月分までの国民年金を支払えばいいです。支払日と○月分は一致していないことがありますので、注意してください。

役所に届けなくてはならないのは、国民健康保険の脱退の方です。新しい保険証ができたら、保険証と印鑑と一応身分証明できるものを持っていけばその日にできます。代理でもよかったと思います・

年金に関して支払いが抜けてしまった月がないか心配なら、年金手帳をもって社会保険庁に行けば調べてくれます。
確か、去年から、一年間の年金支払いの成績表みたいなのも年一回送られてくるようになった筈です。時効は2年なので、それを見てからでもいいかも知れません。

就職おめでとうございます。

Q月の途中での退職時における、社会保険、年金の手続きについて教えて下さい。

3月20日に退職→4月1日新しい職場へ就職するとします。

この間の11日間に「国民健康保険」「国民年金」の資格を取得
することになりますよね。ここで質問なのですが、

(1)(市役所で)何も手続きをしないまま新しい職場に就職した場合、
 保障を得られないということの他に、不都合なことがありましたら、
 教えて下さい。

(2)また、職場を変えた場合、このことを市役所へ報告する必要は
 あるのでしょうか? それとも会社がすることになるのでしょうか?
 というのも、この11日間の「国民健康保険」「国民年金」の請求は
 何を元にしてされるのでしょうか(自分の転職をどうやって知るので
 しょうか)? 住民税との関係でしょうか?

(3)社会保険と年金、共にその月末の時点で取得していた資格のものの
 請求を受ける(例:3月30日まで健康保険、31日から国民健康保険
 の場合、3月分は国民健康保険から請求が来る)という理解で間違って
 いませんでしょうか?

 というのも、ある本に「厚生年金は月単位の加入、健康保険は日単位の
 加入」とあったので、これだと健康保険も「月単位」のような気がする
 のですが…。

曖昧な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします<(_ _)>。 

3月20日に退職→4月1日新しい職場へ就職するとします。

この間の11日間に「国民健康保険」「国民年金」の資格を取得
することになりますよね。ここで質問なのですが、

(1)(市役所で)何も手続きをしないまま新しい職場に就職した場合、
 保障を得られないということの他に、不都合なことがありましたら、
 教えて下さい。

(2)また、職場を変えた場合、このことを市役所へ報告する必要は
 あるのでしょうか? それとも会社がすることになるのでしょうか?
 というのも、この11日間の「...続きを読む

Aベストアンサー

大まかな流れ
3月21日
  健康保険・厚生年金保険の被保険者資格を喪失
  (健保法18条・厚年法14条第2項)。
  退職の場合は翌日喪失

  国民健康保険の被保険者資格の取得(国保7条)
  国民年金の第1号被保険者へ種別変更

4月1日
  国保被保険者資格の喪失(就職の場合はその日)
  国年1号から2号への種別変更(法律上当然に)

  健康保険の資格取得(健保17条)
  厚生年金の資格取得(厚年13条)


医療保険
 期間
  3月20日まで健保
  3月21日から3月31日まで国保
  4月1日から健保
 保険料
  健保は3月、4月に被保険者であったので、
  3月までは前の会社、4月からは新しい会社にそれぞれの
  標準報酬月額に基づいて支払う義務があります。
  
  国保は3月に被保険者であったので
  3月分の保険料(保険税)を納める必要があります。  
3月分は重複して保険料が徴収されるというイメージがある。
(これが日単位という意味)
(3)は半分あっている3月分は健保・国保ともに請求がくる。

年金
 期間
  厚年19条の被保険者期間の算定方法(国年も連動)により
  2月まで厚年(国年2号)
  3月国年1号
  4月より厚年(国年2号)
 保険料
  2月まで厚年(前の会社)
  3月のみ国年
  4月より厚年(次の会社)

  を納付することになります。
(これが月単位)

(参考)厚生年金保険法
第十九条 被保険者期間を計算する場合には、月によるものとし、被保険者の資格を取得
 した月からその資格を喪失した月の前月までをこれに算入する

(2)の質問に関して
法律上、連絡する規定ありませんので
(社会保険事務所と市町村はそれぞれ管轄がちがうため)
医療保険については「健康保険資格取得・喪失連絡票」という
法律に規定されていない事務上の書類がありそれを、
辞めた前の会社作成してもらい(専用の用紙がある)それを持って
市町村の国保窓口に行くことで行っています。
11日の取り扱いについては
医療保険(多分ばれない)
年金(社会保険庁の年金原簿(スパコン)
   で厚生年金の会社の資格取得・喪失届により管理)

故に、
何もしなかった場合、
医療保険上は医療をその期間受けなければ
実際の不利益はないでしょう。
(法律上は保険料の納付義務があり違法行為)

年金上は、3月分の保険料が納付されていないので
未納期間となり(スパコンが管理しているので逃れるのは無理)
将来の老齢基礎年金等の受給金額・資格に影響がでます。

大まかな流れ
3月21日
  健康保険・厚生年金保険の被保険者資格を喪失
  (健保法18条・厚年法14条第2項)。
  退職の場合は翌日喪失

  国民健康保険の被保険者資格の取得(国保7条)
  国民年金の第1号被保険者へ種別変更

4月1日
  国保被保険者資格の喪失(就職の場合はその日)
  国年1号から2号への種別変更(法律上当然に)

  健康保険の資格取得(健保17条)
  厚生年金の資格取得(厚年13条)


医療保険
 期間
  3月20日まで健保
  ...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q月中で扶養になった場合の年金と国保の支払いについて

現在失業給付を受給中のため、夫の扶養から外れており
国民年金と国民健康保険料を支払っています。

もうすぐ失業給付の受給期間が満了になるので
その後は夫の扶養に戻る予定です。

月の途中で受給期間が満了になった場合、
その翌日から扶養に入れるということは確認できたのですが、
その場合、国民年金と国民健康保険料は何月分まで支払うことになるのでしょうか?

例えば9月21日付けで夫の扶養に入った場合、
9月分の国民年金および国民健康保険料は支払う必要がありますか?
それとも月途中から扶養になっているから支払う必要はありませんか?

ちなみに支払いは振込みでしているので、自動的に引かれてしまうことはありません。

Aベストアンサー

・国民年金
  9月分の支払いは不要・・月末時点で第3号被保険者なので0円
  健康保険の扶養の手続きをした時に、国民年金の第3号被保険者の手続きも一緒にされるので、特に手続きをする必要はなし
  年金記録上は、9/20までは1号で9/21からは3号になります(ねんきん定期便等の記録上の表記)
・国民健康保険
  保険料9月分の支払いは不要・・月末時点で旦那さんの健康保険の扶養なので0円
  市役所で国民健康保険の脱退手続きをする必要あり
  (国保の保険証、新しい保険証、印鑑等を持参・・詳しくは市役所に確認を)
  その際、正確な保険料を計算してもらって清算します
  納付書の月の保険料(10分割だと1.2か月分に相当する)と、実際の4月~8月(5か月分)年間の5/12の保険料は違うので再計算してもらいます
  不足があれば支払います・・この時期なら通常支払う事になるはず

  


人気Q&Aランキング