歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

60歳 統合失調症で、障害者基礎年金を受給中の親がいます。
現在 精神科に入院しているのですが その親の事でご相談します。

今回の入院を機に、子供の私が保護者選任申し立てをする事になりました。
それに関しては、心配があるものの覚悟は出来たのですが・・

母は、金銭に関しては異常なほど執着心があり
お金が無い(収入がない・貯蓄が減る)事で、病気が悪化します。
やっと見つけた仕事でも長く続かず、貯蓄を使う毎日。
就労できないのは資格も無いからだ!と思い込む母は
資格を取ろうとします。
資格を取るのは、就労意欲の一つだと思えばよいのですが・・・
結局、使えそうもない資格(歯科助手とか)ばかりを取る為に
わずかしかない財産を使い、結局モノになりません。
また、部屋に入らない程の家具・荷物があるのにも関わらず
片付かないのは、家具が無いからだ!と思い
人がかろうじて一人しか歩けないスペース・座るスペースも
一人分しかない状態まで、家具を買い続け 
結局は片付ける事もなく、まだ家具などを購入しようとします。

また株や投資信託などにも手を出している模様です。

このままでは悪循環により、病気の悪化・老後が心配です。
こういう時に使える法律・福祉はないでしょうか?
保佐人とか禁治産者など聞いた事はありますが、
どの方法が良いのか・・・・
法律・福祉に全く縁が無く、自分で調べるも悩むばかり・・・

どうか、私でもわかるような形でアドバイス頂けると嬉しいです。
宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

えーと、質問者様は母の浪費癖は精神疾患による可能性がある為、現状を何とかしたいということでしょうか?



でしたら、質問文にもありますが、制限行為能力者による制限を法的に加えた方が良いと思います。
制限行為能力者とは、1未成年被後見人、2成年被後見人、3被保佐人、4被補助人があります。
家庭裁判所にて審判を開始することが必要ですが、便利だと思います。

1から4までの違いは、事理弁識能力の程度によって区分されますが、例えば、制限行為能力者が法定代理人の同意なく勝手に売買契約を結んだ場合は制限行為能力者であることを理由に契約を取消すことができます。
後に法定代理人が追認した場合は取り消せません。

2の場合は、法定代理人の同意の有無に関わらずに、常にに取り消すことができます。

1~4までの共通事項として、日用品の購入や身分行為(相続や結婚、認知など)は取り消せません。
詳しくは民法4~21条を参照のこと。

この回答への補足

判りづらい説明文で申し訳ありません。

精神病疾患の為に、そういう行動が起きているかは不明ですが・・
浪費行動を起こす→預金が減る→お金が無い事への不安→精神病疾患の悪化の図式が成り立っています。

精神病疾患の悪化を恐れるのと同時に、一番の心配は借金など作られてしまうと私も親族も支払いが出来ないので、それを未然に防ぎたいのです。(もちろん、資格を取得する際の高額教材購入なども)

一つ、お伺いしたいのですが・・・・
今回、私が保護者選任申し立てをしますが、裁判所で認められた後
被保佐人等を兼務?する事は出来るのでしょうか?
また、生活も厳しい為 出来る限り 手続きに関する費用を
かけたくありません。
素人でも、手続きは可能でしょうか?
また、必要な書類など判りましたら、アドバイス頂けると有難いです。

補足日時:2008/07/23 01:52
    • good
    • 0

ちょっと状況がよく掴めないのですが


現在は入院されてるんですよね?なのにどうやって浪費するのでしょうか?
治るまで入院しててもらえば済む話では?

きっと心の病でしょうから心理カウンセラーに しっかりとカウンセリングしてもらって
それから退院してもらえば大丈夫なのでは?

この回答への補足

取り留めの無く、わかりづらい文章でしたね。
申し訳ありません。。

現在、入院しているので その間に関しては
新たなモノを購入するって事はないのですが・・・
この病気に完治はないものですから、心配なんです。

ある一定のところまでは、症状を落ち着かせる事もできますし、
薬を引き続き飲ませる事により、妄想などの症状を
落ち着かせる事は出来ますが この浪費癖のような症状を
治す事は難しいと思われます。
現在は、症状がひどく 入院前に何を購入したか、どこまで
返済をしているかも、自分で把握しきれない様子でして。
私達 親族も、どうしたものかと思い悩んでいる次第です。

補足日時:2008/07/22 23:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q統合失調症の妻の浪費を防止する法的手段

家内は、平成9年に統合失調症となってから、安定する時期もありましたが、基本的に回復が望めません。昨年末からは再度、悪化し、1ヶ月程入院しましたが、現在も薬の服用を拒否し、幻覚や妄想が激しく、金銭感覚もなく気が付けば通帳残額が-70万円ということも数回ありました。埋め合わせのため、子供の学資保険を全て解約しましたが、学費や生活費にも限界が近づいております。
現在も、クレジットで衣服やアクセサリーを購入し、散財しております。法的に止める方法を御教授ください。
(例えば、先に御助言いただきました禁治産者宣言など)

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1#.E4.BF.A1.E7.94.A8.E6.83.85.E5.A0.B1.E6.A9.9F.E9.96.A2

法的にではありませんが、上記のURLの各クレジット情報機関に、与信貸し出しの停止を申し出ることができます。

これは借金癖のある人が、自らを貸し出し禁止にしてもらう措置です。

意図的にブラックのような登録をしてもらうので、クレジットカードやローンは使えなくなります。

質問のような状態であれば、家族からの申し出でも受け付けてくれるものと思います。

ただし闇金のような情報機関に所属していない所は貸してくれますし、取立ても非合法の滅茶苦茶なので注意が必要です。

法的な対処についてですが、家族が精神病にかかり契約行為についての判断能力を無くした場合は、家庭裁判所に申し立てて成年後見人や保佐人を定めてもらいます。

被成年後見人(奥さん)が勝手にした契約(借金)は成年後見人によって取り消すことができます。

しかしこれも闇金には通用しないことがありますので、くれぐれもそれらからは借りさせないようにご注意ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1#.E4.BF.A1.E7.94.A8.E6.83.85.E5.A0.B1.E6.A9.9F.E9.96.A2

法的にではありませんが、上記のURLの各クレジット情報機関に、与信貸し出しの停止を申し出ることができます。

これは借金癖のある人が、自らを貸し出し禁止にしてもらう措置です。

意図的にブラックのような登録をしてもらうので、クレジットカードやローンは使えなくなります。

質問のような状態であれば、家族からの申し出でも受け付けてくれるものと思います。

...続きを読む

Q借金ローン依存症?精神科の良い病院は?立ち直ったかたお話を!

主人がどうやら借金、ローン依存症?のようです。数百万単位の借金を繰りします。発覚すると土下座で泣いて誤ります。当方千葉県松戸市ですが、できれば都心から千葉県近辺でよい精神科の病院はありませんか?また、借金を繰り返していた方で自力で、もしくは病院のカウンセリングなどで立ち直った方いらっしゃいましたら是非お話お聞かせください。幼児がおりまして丁寧なお礼が書けないかも知れませんが、それでもいいよという方、お願いいたします。

Aベストアンサー

数百万円単位の借金を繰り返す。
ギャンブル依存症でよく出てくる話ではあります。しかし現時点での情報では何に対する嗜癖(しへき)かは判断しかねますので、「依存症」について私が理解している範囲で書きます。
 依存症にはアルコール、薬物、等の物質依存と、ギャンブル、性、買物、拒過食等の行為依存とに分けられます。それぞれ表れる症状は違いますが根っこは全て同じ「心の病」です。
 例えばアルコール依存症の方が内臓が悪くなったから入院して丈夫な身体を取り戻したとしてもそれはより多くのアルコールを摂取出来る状態になっただけで問題の解決にはなりません。むしろ症状を悪化させるだけです。
 借金を周りの人間が整理、解決すること(尻ぬぐい、イネイブリング)することはアルコールに対するそれと全く一緒の事です。
 
 依存症は完治しない病気です。決して 「元」の状態には戻りません。しかし、回復は出来ます。
 
 その行為を本人が病と認め、これ以上悪くなりたくない(底つき)と思ったところから回復が始まります。逆に言えば本人がそう思わない限りらせん状に悪くなっていきます。
 認知集団療法が依存症の回復には一番効果がある、とされています。(具体的には自助グループへの継続参加)
大事なのはこの治療行為を生涯続ける必要があるということ。数ヶ月ぐらいでは全く意味がないそうです。 
 この病は周囲の人を巻き込みます。その行為の為なら平気で嘘をつくようになります。最終的には社会的、生物学的な死を迎える病です。
 私の妻が依存症のあるフォーラムに初めて参加した時に精神科医から言われた言葉です。
「依存症は癌より回復率の低い進行性の病です。家族の方は病人と解決策を練っても正しい判断は出来ません。病人に騙されるだけです。家族の方に必要な事は病気に対する正しい知識を持ち、本人の問題は本人に返すことが必要です。等」
 
 以下はある大学教授から頂いた資料のひとつで
   「家族の方への提案」の一部分です。 

しましょう!
(1)この病気について勉強をする
(2)新しく学んだ知識に基づいた態度をとる
(3)家族のための自助グループにかよう、必要であればカウンセリングも
(4)お金や財産をこの病気から守る
(5)この病気の現実と向き合う それが苦痛であっても
 しないように!
(1)お説教したり、叱ったり、責めたり、脅したりしない
(2)病気の行為の結果生じた事を隔すことはしない
(3)正当化するような口実を与えない
(4)金銭的な尻拭いはしない
(5)からの約束に耳を傾けないー 本人は約束を守ることなどできない
(6)いらいらしない
(7)問い詰めないー本人はどうせ真実は語らない
(8)あなた自身や子どものために助けを求めることを延期し続けることはしない

   以上 何かの参考になれば幸いです。
依存症 であるあらば1度や2度病院に行って治るような病ではありません、。しかし依存症から回復する ということは嗜癖行為を止めることだけではなく、新しい生き方を身につけていく霊的成長です。 

数百万円単位の借金を繰り返す。
ギャンブル依存症でよく出てくる話ではあります。しかし現時点での情報では何に対する嗜癖(しへき)かは判断しかねますので、「依存症」について私が理解している範囲で書きます。
 依存症にはアルコール、薬物、等の物質依存と、ギャンブル、性、買物、拒過食等の行為依存とに分けられます。それぞれ表れる症状は違いますが根っこは全て同じ「心の病」です。
 例えばアルコール依存症の方が内臓が悪くなったから入院して丈夫な身体を取り戻したとしてもそれはより多くのア...続きを読む


人気Q&Aランキング