ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

大学生♀です。初めて質問します。
先日大学の行政法試験で出された問題で、論点がよく分からないものがありました。
以下がその問題なのですが、この場合何を論点としてあげるべきでしょう?

>A市が人口減少対策として市外から引っ越してくる夫婦が家を建てるための助成金50万円を支給したいと考えている。
(1)この場合市は条例を制定する必要があるか。
(2)その理由は何か。

私は侵害留保説とからめて書きましたが、いまいち不安です。
ちなみに授業で使っているテキストは宇賀先生のもので、それに沿って書くよう指示されています。

A 回答 (1件)

 私は,旧司法試験の勉強をしている者で,行政法は勉強していないので,ここでは雑談程度のことを述べておきます。


 私が通う予備校の講師が,「実質的意味の立法としては,これまでは『「一般的抽象的法規範をすべて含む』とするのが通説であったが,それでは,行政法の答案が判例に添った形で書けないので,『国民の権利を直接に制限し,義務を課する法規範』とするように」と説明されました。そこで,侵害留保説によっているのならば,それでいいと思います。
 ちなみに,私は地方公務員出身ですが,給付を行うために条例を定めている例は,私が勤務していた市役所ではほとんどなく,他の近隣市町村も同様でした。ただし,議会においては,条例外事項であっても質問がなされていたため,民主的討議の対象にはなっていました。
 少なくとも,給付行政について,あえて条例化すべきという立法事実的な根拠は薄いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング