人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

夫が、健康診断で、「大動脈蛇行」を指摘されました。
要再検査です。

大酒飲み、ヘビースモーカー、高血圧。
何年も前から、肝機能も、危険領域です。

ところが、夫は、
「病院に行けば、
『酒をやめなさい。できれば、タバコも控えなさい。』
と言われるのは、わかっている。
今は、ストレスが多いので、どちらもやめられない。
落ち着くまで、再検査には行きたくない。」
とのこと。

酒をやめられる状況まではそのままでいたいようですが、そのように、のんびりした考えで差し支えないのでしょうか。
本人は、健康診断の結果よりも、ストレスの方が危険なので、うるさいことを言われてストレスになる方がいやだという理屈です。

毎回、肝機能や血中脂肪、血圧の数値は、酒を中断することにより改善するため、今回も酒を中断すれば好転するだろうと、タカをくくっているようです。
秋になったら行くつもりだとか。

このような、のんびりした考えでも差支えないのでしょうか。
急いで病院に行く必要はないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アルコールは肝臓に予備能力があるうちは、止めれば回復するかもしれません。

ただし、止めても回復しようがないくらいダメージを受けていれば、取り返しのつかないことになるでしょう。年単位で肝機能障害を指摘されているのであれば、もはやアルコール性肝硬変の入口にあるのかもしれません。
また、飲酒と喫煙が重なると口腔癌、咽頭癌、食道癌と危険性はどんどん高くなりますよ。

大動脈蛇行はおそらく高血圧と関連したもので、動脈硬化性のものかと思います。ただの蛇行であればよいですが、それが動脈瘤であれば、致死的になる可能性も十分考えられます。

禁酒、禁煙が絶対と言うまでの状況かどうか、質問文からはわかりませんが、ストレス解消を飲酒、喫煙に頼らない方法を考える必要があるかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

飲酒や喫煙に頼らないストレス解消が大切ですよね。
この連休に、白馬にトレッキングにいきました。
より、煙草もお酒もおいしいと、喜んでました・・・。

飲酒量を減らすため、お酒と合わない料理を試みてみます。

目の前に赤信号が点灯しているのに、止められないのがはがゆいです。

お礼日時:2008/07/23 10:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓(大動脈蛇行)

知りあいの方が、健康診断で大動脈蛇行で経過観察と言われました。
48歳の女性です!
行った診断項目は、身長・体重・血圧・尿検査・胸部レントゲンです。
少し前に心臓の上のあたりが痛いなと感じたことがあるみたいです。
経過観察にしてもすぐに病院に行ったほうがよいでしょうか?
あとこのような場合、どんなことが考えられるのでしょうか?
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

大動脈蛇行が問題なのではありません。

大動脈が蛇行しているのは動脈硬化が進んで血管が硬くなり、本来はしなやかに曲がっている大動脈が部分的に硬くなって融通がきかなくなっている状態です。

そのため、脳や心臓など命に関わる動脈が他にひどい動脈硬化になっているかどうかをチェックします。

眼底検査、血液検査(コレステロールや脂肪、糖尿病検査を含む)、心電図、は必ず行います。お金に余裕があれば脳ドック(MRI、MRA)をするのがよいでしょう。

48歳ですから、まだ先は長いです。早く手をうてるものは対処できます。

Q胸部X線検査で「大動脈拡張」と言われました

18歳の息子(今まで大きな健康上の問題はなかった)について伺います。
健康診断の胸部X線検査結果が届き、
「大動脈拡張がみられるので、循環器内科で精密検査を受けるように」とのことです。
検索すると「大動脈瘤」や「大動脈弁閉鎖不全症」などの可能性があるようでした。
近日中に精密検査を受診させますが、結果を聞くのが怖いです。

胸部X線検査でわかる「大動脈拡張」というのは、重篤な症状の可能性が高いのでしょうか?
この検査で引っかかっても、精密検査ではなんでもないということもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
この場合、一番怖いのは大動脈瘤でしょう。
この病気は不思議な特徴がありまして、大動脈瘤はいずれは破裂して致命的な事になる(放置すれば死亡)のですが、破裂する前に手術してしまうと非常に治療成績がよく、破裂後に手術すると非常に治療成績が悪いという極端な病気です。
なので、ある程度大きな動脈瘤が発見されたら早めに手術する事になると思います。

それ以外は、心配ないとはいいませんが、それほど怖いものではありません。

なお、この所見だけからは特に「この病気だ」といえる物は何もない状況です。
体質的に元々太いって事もありますので、あまり今から心配しすぎない事です。


人気Q&Aランキング