ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

来月富士登山を予定しているのですが、服装について悩んでいます。新調しようと思っているのですが、予算的にはあまり余裕がある訳ではありません。
ネットで調べるとゴアテックスという素材がよいということですが、普通のウインドブレーカーを富士登山時の服装として挙げている方もいらっしゃいます。
富士登山では衣類の細部にまで砂が入ったりボロボロになるので一度着たらおしまいという事も聞きました。
なので、インナーをしっかり準備していけば安価なアウターでも大丈夫かな??と考えているのですが、甘い考えでしょうか??
参考までに今候補にしているアウター情報です。
お手数でなければご意見頂きたいです。
コロンビアオンラインストアサイトより引用

http://www.columbiastore.jp/shop/g/g4536974441250/
http://www.columbiastore.jp/shop/g/g4536974386087/
また、トレッキングパンツは速乾性のものを購入したのですが、レインパンツもやはり必要ですか??
長々と聞いて頂きありがとうございました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

富士山は2度(1度は8号目まで)登りましたが、歩いている時(昼間)はウインドブレーカ類は不要ですが、休憩時に防寒用に雨具(上)を着てました。



基本的に山では上下別の雨具になるわけですが、天候の急変等を考える必要があるので、レインパンツ(雨具-下)も必要ですね。
例えばモンベルの
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?produc …
これなんかだと透湿防水素材で上下セットで1万円切ってます。
雨具の上下があれば当然ウインドブレーカの役目を果たしますので、改めてウインドブレーカーを持つ必要はありません。

自分は昼にしか登ったことは無いですが、長袖の(薄手の)フリースのような物も1つ持っていった方が良いと思います。

> 富士登山では衣類の細部にまで砂が入ったりボロボロになるので一度着たらおしまい
そんな事は無いと思いますよ。ただ、マスクはあった方が良いと思います。(特に混雑する時期の下り)

> ネットで調べるとゴアテックスという素材が…
というクダリから察するに普段は山に行かない方と思いますが、靴も購入するのでしょうか?
万が一、靴も新調するのであれば、下りの砂礫路の歩行も考えるとハイカット(くるぶし上まである物)が良いのですが、購入後すぐに着用となると慣らし、というか、「本当にその靴が足にあっているか」が分からないまま何時間も歩くことになります。心配であれば、多少荷物になってしまいますが、履きなれたスニーカーの様な靴も持っていくと良いかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。教えていただいたURLのモンベルのレインスーツ、実は私も気になっていたのです。登るのは夕方~夜間なので相当冷えこむと思うので防寒対策も悩みの種です。
靴は頂きものでハイカットのトレッキングシューズです。お察しのように今回初登山ですので万全の対策で挑みたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/23 17:19

毎年登る自称バカ男です^^


装備はお金を掛ければそれだけ楽に登山できます。
服装にしてもステッキなどのアイテムにしてもです。
毎年登る人なら装備面は強化しておいたほうがいいですけど
今回限りのつもりならあるもので何とかしてみましょう。

まず晴れ予報でも雨カッパは必要です。(山の天気は気まぐれです)
しかしゴアテックスでなくても可能です。
登る時間にもよりますが夜間登山なら実は防寒対策の方が重要です。
日の出前の山頂は真冬並みですよ。
一番寒い時間に持って行く一番暖かい格好を想像してみて下さい。
その格好が真冬の寒さに耐えられますか?
私はインナーこそお金を掛けるべきだと思います。

お気をつけて行ってきて下さい。
では山頂で会いましょう!^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。なるほど!真冬を想像すると、、、やはり今の私の準備では耐えられないかもしれません++今日モンベルにて軽量のコンパクトなダウンジャケットを見つけたので購入を考えています^^
ありがとうございました!

お礼日時:2008/07/24 22:32

 元山屋の現役整備士です。

富士山でのアウターとの事ですが、富士山に限らず登山にレインスーツは必需品です。レインスーツ1着あればウィンドブレーカーも兼ねますので、荷物を軽く出来ます(登山では常識です)。素材は予算が許せば長年の実績のあるゴアテックスが良いでしょう。他にも類似素材はありますが、長く使おうと思った場合、ゴアテックスは製品メーカーと共に素材メーカー(ジャパンゴアテックス)からも保証を受けられるので安心です。ウチでも使用数回のレインスーツ(ラテラ・ゴールドウィン製)がケロイド状に剥離してしまった事がありましたが、メーカー保証で新品になりました(交換時ラテラブランドではゴアテックス製品は既に無く、代わりにザ・ノースフェイス製品になった)。その他、シームテープの剥がれも何度も無料で直してもらえましたし、コーティング素材に比べて擦れに強いため元々の製品寿命が長いです。
 他の素材でも良い物はたくさんありますが、買う時はいわゆる一流メーカー製を選びましょう。質問に有るURLのコロンビアはウレタン系コーティング素材で、数年の使用で生地は何でもないのにコーティングが加水分解を起こして水につけた瞬間モロモロに剥がれてしまいましたがクレームで新品に交換されました。また、アウターでは有りませんが寝袋カバーでマウンテンハードウェアーの製品がやはりウレタン系コーティングで剥がれてしまい、クレームで新品交換された事があります。その他のメーカーでも有名どころなら大概保証が利きます。買う時は高いと思うかもしれませんが後々一流品のありがたさを実感するでしょう。買って損は有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
レインスーツ購入を考えてみようと思います。保証のお話初めて耳にしました。ありがたい情報です^^一流メーカー、買って損は無いと言う言葉が身にしみました。アドバイスを参考に前向きに検討していきます。

お礼日時:2008/07/23 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q富士山 登山靴必要!?

富士山に今度5合目から頂上まで1泊2日で河口湖コースから登ろうと思っています。
今後、人生で登山なんてあまりしないと思うのでわざわざ登山靴を買う必要があるのかなと思います。
20代なのでスニーカーでも登れるかと。
あと、登山靴が普段の靴としても使用できるなら買ってもいいと考えています。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは!
富士山の魅せられて,もう十数回登っている者です。
登山靴で登ったことは一度もありません。マラソンシューズばかりです。
毎年,7月に富士登山競走という富士吉田市役所から山頂までの早登り競争が開催されますが,参加選手はマラソンシューズです。登山靴履いて完走した人を聞いたことがありません。
ですから,スニーカーで充分登れます。
ただ,注意点は,
(1)古くシューズはゴムの劣化が始まっているので,登山中に底の部分からパカッと壊れることがあるので,古くないシューズを履きましょう。(2)下りで小石や砂がシューズに入るので,気になるならときどき靴の中
を払いましょう。
 以上です。富士山は独立峰なので,遠く九州の低気圧の影響まで受けて山が荒れることがあります。スニーカーで良いですから,雨具(下からまくり上げるような風,洗面器をぶっ掛けるような雨→カッパに限ります)と防寒衣類と現金(山小屋でいろいろ買えます)を持って,登りましょう。
 昨年登ったときは,背広のネクタイに革靴にカバンという人を見かけました。しかし,何か考えがあってそうしているようで,登坂力はありましたね。
 それから私は,富士登山競走で2回使ったシューズもあります。今は記念品として永久保存していますが,そんなにシューズがガタガタになることはありません。富士山は日本一の標高を持つ山ですが,外国に行けば富士山より高い山はたくさんありますし,標高5,000mを自転車でいける道もあります。
 どうぞ,慎重に準備されて,楽しい登山をしてきてください。

こんにちは!
富士山の魅せられて,もう十数回登っている者です。
登山靴で登ったことは一度もありません。マラソンシューズばかりです。
毎年,7月に富士登山競走という富士吉田市役所から山頂までの早登り競争が開催されますが,参加選手はマラソンシューズです。登山靴履いて完走した人を聞いたことがありません。
ですから,スニーカーで充分登れます。
ただ,注意点は,
(1)古くシューズはゴムの劣化が始まっているので,登山中に底の部分からパカッと壊れることがあるので,古くないシューズを履きま...続きを読む

Q富士登山でスノーボードウェアは大丈夫?

今年こそ、富士山に登頂しようと思っている者です。

そこで最低限、ザックとレインウェアとシューズは自分に合うものを購入ということですが、にわか登山だし、経済的にきついし、今後使うかといわれれば微妙なので、レインウェアを手持ちのスノーボードウェアで代用したいと思っています。

大型スポーツ用品店の登山ブースの人に聞いてみたところ、
“スノーボードウェアは雪や氷には強いけど雨にはちょっと不向きかな。登山中ずっと土砂降りってこともあるし…”
みたいなことを言われました。

手持ちのスノーボードウェアは、上は【スペシャルブレンドSPECIALBLEND】で、下は【セッションズSESSIONS】のもので、値段もそれなりにしましたが、ゴアテックスなのかはわかりません。
滑走しているときは普通に撥水している感じはします。

ゴアテックス使用のウェアを見るとタグとかに書いてあるものですか?
もし、今のスノーボードウェアではちょっとということであれば、もしかしたら一度しか使わないかもしれないレインウェアを買うより、ゴアテックス素材使用のスノーボードウェアを購入するという手もあるなと考えています。

長々と書いてしまいましたが、皆様アドバイスよろしくお願いします。

今年こそ、富士山に登頂しようと思っている者です。

そこで最低限、ザックとレインウェアとシューズは自分に合うものを購入ということですが、にわか登山だし、経済的にきついし、今後使うかといわれれば微妙なので、レインウェアを手持ちのスノーボードウェアで代用したいと思っています。

大型スポーツ用品店の登山ブースの人に聞いてみたところ、
“スノーボードウェアは雪や氷には強いけど雨にはちょっと不向きかな。登山中ずっと土砂降りってこともあるし…”
みたいなことを言われました。

手持ちの...続きを読む

Aベストアンサー

雨具の理想条件として、

1)外からの水は通さない
2)中からの蒸気(汗)は通す
3)着ていない時の収納がコンパクト

だと思います。
ゴアテックスは少々根が張りますが、これらの条件を満たしていると考えられます。
市販の雨具(数百円~数千円のカッパ)では、上記2)の性能が劣るので、運動(登山)して汗をかいた時にカッパ内の下着やシャツ等が濡れ、結果的に体力の消耗がゴアテックスに比べれば大きくなります。

スノーボードウエアは防寒性にすぐれていそうですが、暑すぎないでしょうか?暑い時の温度調節が可能なら、一考の余地あり、かな?
確かに夜間登山なら気温が下がるので代用できそうですが、昼間の移動では汗をかいてしまいそうです。汗をかく→体力消耗が大きくなる、です。
また、晴天でそれほど肌寒くない時に、持って歩く(ザックにしまう)のにかさばらないですか?
参考までに、我が家のゴアテックス(約10年前に購入)の収納状況ですが、専用袋に入れて直径8cm×長さ25cm、重さ約600gでした。現在ならばもう少しコンパクトで軽量化している物もあるかもしれません。
荷物は出来るだけ軽い方が疲れないので、お手持ちのウェアと比較してみてください。
もし、ウェアが重くて嵩張るようでしたら、市販の安カッパの方がいいかも知れません。(最後は天気予報と相談です)
http://www.tenki.jp/climb/mount13.html

靴やザックも含めて、手持ちで間に合わせようと思うのでしたら、富士登山しようと思う格好(装備)で、雨の中を30分程度以上歩いてみることをオススメします。
雨の中歩いてみて、靴や服、ザックの中の荷物が濡れてしまうようであれば、雨天の富士登山は中止するぐらいのつもりで臨んだ方が無難です。
また、できることなら防水性の高い薄手の手袋も用意すると良いです。
手足などの末端が濡れて冷えると、予想以上に気持ちが萎えてしまうので。

好天に恵まれると良いですね。楽しんできてください

雨具の理想条件として、

1)外からの水は通さない
2)中からの蒸気(汗)は通す
3)着ていない時の収納がコンパクト

だと思います。
ゴアテックスは少々根が張りますが、これらの条件を満たしていると考えられます。
市販の雨具(数百円~数千円のカッパ)では、上記2)の性能が劣るので、運動(登山)して汗をかいた時にカッパ内の下着やシャツ等が濡れ、結果的に体力の消耗がゴアテックスに比べれば大きくなります。

スノーボードウエアは防寒性にすぐれていそうですが、暑すぎないでしょうか...続きを読む

Q初心者が富士登山をするうえでの基本知識とは

いきなり富士登山をすることになり、どこからどう用意をしたらいいのかわからなくなってしまいましたので、こちらで質問をさせて下さい。

8月17日に友人と二人で富士登山をしようと考えています。
私と友人は20代女性ですが運動をしているわけではありません。
しかし、ツアーなどに参加して周りの方と合わせながら登るのはいろいろと気づかれしてしまいそうなので、添乗員はついていない、新宿発のバスと温泉と帰りのバスがついているものを予約しようと考えていますが、やはり初心者はツアーに申込登山をするべきなのでしょうか。

そして、どのコースを登ろうかで迷っています。
私と友人は御来光は見たいのですが、絶対に頂上で見たいというわけではありません。
いくつかのサイトを見ていたら、頂上で御来光を見たいという方々の長蛇の列が出来るとのっていたのですが、山小屋からゆっくりと御来光を見ることはできないのでしょうか。
山小屋でゆっくりと御来光を見て、朝を迎えてから山頂を目指しても長蛇の列は続いているのでしょうか。

それから荷物についてなのですが、富士山を登る前に登山に必要のない着替えなどを入れておけるロッカーなどはどのコースの出発点にも用意されているのでしょうか。
満杯でロッカーが使えないということもあるのでしょうか。

服装については、雨具が必需品とよく聞きますが、雨具は雨が降っていないときでも防寒として着られるものがいいということなのでしょうか。
それとも雨具は雨具として使い、防寒用には防寒用のジャケットを持っていった方が良いということでしょうか。
みなさん昼間は半袖ですよね?
頂上に行くにつれて夜になると、みなさんはどのような服装をしているのでしょうか。

長々と質問してしまい申し訳ございません。
良いアドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いします。

いきなり富士登山をすることになり、どこからどう用意をしたらいいのかわからなくなってしまいましたので、こちらで質問をさせて下さい。

8月17日に友人と二人で富士登山をしようと考えています。
私と友人は20代女性ですが運動をしているわけではありません。
しかし、ツアーなどに参加して周りの方と合わせながら登るのはいろいろと気づかれしてしまいそうなので、添乗員はついていない、新宿発のバスと温泉と帰りのバスがついているものを予約しようと考えていますが、やはり初心者はツアーに申込登山をす...続きを読む

Aベストアンサー

今年8月12日から13日にかけて去年に続き2度目の富士登山に行ってきました。
私の経験からアドバイスです。
私が申し込んだツアーは、山小屋まで案内人がツアー参加者を引率してくれて、そのあと(仮眠後、山頂を目指して下山するまで)は自由行動、帰りに温泉に入れて、行きも帰りもバス(新宿駅や東京駅)がついているツアーです。


1.ツアーにするかどうか。

ツアーをおススメします。
案内人がいることで、歩く速度や休憩など、体力に自信のない人に合わせて登ってくれます。
歩く速度は、じれったいほど本当~~~~にゆっくりですが、案内人は高山病にならないように等考えながら歩いてくれているのです。



2.コースと御来光について

バスツアーの多くは河口湖口です。
私もそこからしか登ったことはありませんが、山小屋が多く点在しており、休憩(トイレ)場所にも困りません。
また、私が今回泊まった山小屋は8合目ですが、山小屋からも御来光は見えるそうです。
でも、もし体力的に頑張れそうでしたら、山頂から御来光を拝めるように、夜間登山に挑戦してはいかがでしょうか。
登山道は長蛇の列ですが、その分ゆっくり登れるので、体力のない私にとっては、少し歩いては少し止まってというのがありがたかったですよ。
そして、山頂からの御来光というのはなんとも感慨深いものでした。


3.ロッカーについて

河口湖口5合目のレストハウス「雲上閣」や「富士山みはらし」にコインロッカーがあります。
私も温泉つきのツアーでしたので、着替えなどは機内持込が可能なくらいのスーツケースをロッカーに預けました。
5合目に着いた11時過ぎ位にはロッカーは割りと空いていました。
もしご心配なら、レストハウスに直接電話して「17日に富士山に登る予定ですが、ロッカーは空いてそうでしょうか?」みたいに聞いてみるといいですよ。
私はそのようにしました。


4.服装について

私は、長袖Tシャツで登り始めました。
6合目を過ぎて、その上に薄い長袖のウインドブレーカーのようなものを着ました。
7合目を過ぎて、さらにその上にフリースを着て、仮眠をとる8合目の山小屋まで行きました。
仮眠後はそのフリースの上にさらに雨具上下を着て、ネックウォーマーをつけて、山頂まで行きました。
その服装で、歩いているときは暖かい(暑いくらい)ですが、止まって休憩しているときは寒いほどの気温でした。
雨が降らなくても、雨具は防寒対策のために着用します。

今回母(67歳)も一緒に登りましたが、無事登頂することができたのは最初に案内人がいて、歩くペースなどを知ることができたからだと思っています。
質問者様も楽しい登山ができるといいですね!

参考URL:http://www.clubgets.com/fuji/

今年8月12日から13日にかけて去年に続き2度目の富士登山に行ってきました。
私の経験からアドバイスです。
私が申し込んだツアーは、山小屋まで案内人がツアー参加者を引率してくれて、そのあと(仮眠後、山頂を目指して下山するまで)は自由行動、帰りに温泉に入れて、行きも帰りもバス(新宿駅や東京駅)がついているツアーです。


1.ツアーにするかどうか。

ツアーをおススメします。
案内人がいることで、歩く速度や休憩など、体力に自信のない人に合わせて登ってくれます。
歩く速度は、じれったいほ...続きを読む

Q富士山五合目の気温と服装について

来月富士山五合目までバスツアーで行きます
8月の富士山は気温、天候は如何でしょうか?
初めて五合目まで行きますが、観光する様な所は有りますか?
ご存知の方お教え頂きたいのですが...
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

鹿児島県在住です。
去年の8月下旬に家族旅行でいきました。8月末までは5合目まで自家用車の乗り入れが出来ない為、下場の大駐車場からバスでの送迎(有料)のみでした。
http://www.fujisanchou.com/

その駐車場では半袖、短パンでチョット暑い(普通の気温)でしたので何も考えず5合目へ向かいました。当日は晴天だったのですが、5合目はかなり霧も出ており風が強かったです。恐らく体感気温では10~15度位だったと思います。(冬くらい)自然の厳しさを身を持って体験し、次のバスで早々と下山しました。なお、5合目付近の方は長袖、長ズボンジャンパーを羽織っている人ばかりでしたので、自分は浮いているなぁ~~~^^って感じたことを今でも覚えています。従って、行くときは『長ズボン、長袖のシャツやトレーナー』であれば、ジャンパーを持参しておけば少々風が強くても調節ができるのでは?と思いますよ。時間的にもバスで制限されるので十分に時間に余裕を持っていかれることをオススメします。♪
観光地は富士山頂神社くらいですね・・。馬引きをやってますが、う~~ん?!って感じです。後は土産物屋とビジターセンターですかね・・・。べたですが、、下場では河口湖や富士急ハイランド、富士樹海の氷穴でしょうか?http://blog.drecom.jp/negozio/archive/102尚、道路沿いで売られているとうもろこしは是非食べてみて下さい!美味しかったです。とうもろこしの産地らしいですよ^^

参考URL:http://www.geocities.jp/lilium19999/sub4-5.html

鹿児島県在住です。
去年の8月下旬に家族旅行でいきました。8月末までは5合目まで自家用車の乗り入れが出来ない為、下場の大駐車場からバスでの送迎(有料)のみでした。
http://www.fujisanchou.com/

その駐車場では半袖、短パンでチョット暑い(普通の気温)でしたので何も考えず5合目へ向かいました。当日は晴天だったのですが、5合目はかなり霧も出ており風が強かったです。恐らく体感気温では10~15度位だったと思います。(冬くらい)自然の厳しさを身を持って体験し、次のバスで早々と下山しま...続きを読む

Q下山時に足の親指の爪が痛くならない工夫

最近、山歩きを始めましたが、下山時に足の親指の爪が痛くなってしまいます。爪というか爪の付け根あたりです。

最近テニスをするときもそうだったんですが、今回は特に痛くなってしまいました。

たぶん足の親指が他の指よりも出ているためと思います。

登山靴を大きくすればブカブカになってしまうと思いますので、テーピングとかそういう方法で工夫することはできないでしょうか?

同じような悩みをもっていらっしゃる人で何か良い方法があったら教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

私は長年使っていて問題なかった登山靴が、下山中に爪先があたり、痛めるようになりました。歳を取ると土踏まずが崩れて足が扁平になり、少し長くなることが原因らしい。靴ひもをしっかり締めるなど、いろいろやったのですが効果はありませんでした。履き慣れた靴で、捨てるのももったいないので行きつけの登山店で聞いたところ、足首が細いので紐がしっかり締まらず、下りで爪先が当たってしまうと言われました。それを防ぐため、薄い靴下をはいて、足首の前面に厚めの靴下を切断した物をあてがったところ、靴ひもがしっかり締まり、爪先が泳がないようになりました。かなり効果があったと思っています。お試しになったら如何でしょう。

Qウインドブレーカーは雨具の代わりに?

はじめまして、よろしくお願い致します。明日8/24の夜から富士登山を河口湖口より挑戦したいと思っております。風除け等きちんと防寒が出来るようウインドブレーカー(ミズノ社製:12,000円)を購入しました。が、実際の所ウインドブレーカーは雨具の代わりになりますでしょうか?こちらの質問をよく見させて頂いたのですが、「ゴアテックス製」のレインコートはウインドブレーカーの代わりにもなるというような事が書かれていたのですが・・。レインコートはウインドブレーカーの代用が出来て、ウインドブレーカーはレインコートの代用にはならないのでしょうか?すみません、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ウインドブレーカーは一般に防水性が弱いので、小雨程度しか対応できません。レインコートが別に必要と思います。予算がない場合、コンビニでビニールカッパを買って、ウインドぶれーかの下に着るといいかも(ビニールカッパは破れやすいので上に着ない方がよいです)

あと、雨具は上下そろっていればいいですが、上だけだと風の強い富士山では雨具として役に立ちません。下も買っておきましょう。

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Q全くの初心者が高山病にかからず富士山に登る方法

友人が昨年の夏に富士山に挑戦しましたが、高山病で9合目でダウンしました。
夜22時頃に5合目を出発して早朝に頂上に着く段取りだったらしいのですが、私は、初心者は8合目で1泊すべきだと思いました。
また、5合目で1~2時間休息して、少しでも身体を気圧に慣らすべきだと思いました。
友人はそのいずれもしませんでした。
それはともかく、富士山に初めて登る人が高山病にかからずに頂上まで行ける方法はありますか?
それとも高山病にかかるか、かからないかは、当日の体調及び体質的なもので、どうにも防ぎようはありませんか?
携帯の酸素ボンベも役に立たないと言っていました。

Aベストアンサー

 「途中で1泊」は必ずしも有効とは限りません。
 既に高山病の症状が出てしまった場合は、その高度に留まることは症状を悪化させることはあっても回復することはありません。
 富士山の山小屋は、馴れていない人が疲労回復できるような状況ではない場合が非常に多いので、下手をすると宿泊は「高山病を発症させる引き金」になりかねない可能性もあります。
 まだコンスタントなペースで一気に頂上を目指した方がリスクは少ないかなと思います。

 脅かすわけではないですが、高山病はけっこう怖いですよ。
 高校生が燕岳のテント場(標高約2300m)で幕営していて高山病で亡くなったのは、つい数年前のことです。父親と幕営していたのですが、就寝時には異常なかったそうです。
 私も学生時代、槍ヶ岳の肩の小屋(標高3100m)で、別パーティーのやはり学生が高山病を発症した事件に遭遇したことがあります。前日の夜に頭が重いと言って早めに就寝したそうなのですが、朝にはもう人事不省になってました。
 厳冬期だったのでヘリも来れず、既に肺水腫を起こしていて一刻を争う状況だったので、当事者のパーティーと私達のパーティーの総勢6人で担いで下ろしました。
 時期的に雪崩の超危険地帯の飛騨沢を怯えながら搬送し、槍平(正月に雪崩で何人か亡くなった場所です)で救助隊に引き渡したのですが、後で聞いたらもう数時間遅かったら危なかったそうです。

 ・・・ま、そんなことは滅多には起きないのですが。

 でも、経験的にも、ある標高で長い時間留まることは、必ずしも高山病の防止に効果があるわけではなく、却って悪化させる可能性があります。
 一番良いのは、「ある標高差を上下する」ことです。標高2800mまで登って2300mまで下りてきて1泊、というのが確実に効果があることで、実際にヒマラヤ等の高所登山ではそうやって高度馴致を1ヶ月ほどかけて行います。
 ・・・でも、富士登山でそんなことやらないですよね、誰も。

 あとはなるべくゆったりしたペースで登ること、深い呼吸を意識すること、水をたくさん飲んで小便をたくさんすること、に留意するくらいでしょう。

 「途中で1泊」は必ずしも有効とは限りません。
 既に高山病の症状が出てしまった場合は、その高度に留まることは症状を悪化させることはあっても回復することはありません。
 富士山の山小屋は、馴れていない人が疲労回復できるような状況ではない場合が非常に多いので、下手をすると宿泊は「高山病を発症させる引き金」になりかねない可能性もあります。
 まだコンスタントなペースで一気に頂上を目指した方がリスクは少ないかなと思います。

 脅かすわけではないですが、高山病はけっこう怖いです...続きを読む

Qモンベル、コロンビア、パタゴニア等のメーカーで売っているレインウェアについての質問です。。。。

値段が1~2万します。そして雨をはじき、
ムレは外に出すと言っています。
あれって本当なのでしょうか?
本当であれば買ってもいいのですが、、、
実際はどうなのでしょうか???
1~2万出す価値があるのでしょうか???
実際着ている人、感想を聞かせてください。

Aベストアンサー

 「雨をはじき、ムレを外に出す」機能を持った素材を"防水透湿性素材"と言います。そして、防水透湿性素材を使用したウエアを"ハードシェル"と呼びます。レインウエアもハードシェルの一種です。

 パタゴニアで1~2万円で買えるハードシェルはないと思うのですが。現行品で最も安いのがレインシャドージャケットで、これは3万円弱の価格です。

 この「雨をはじき」という文言は、言葉そのままだと"撥水性"のことになりますが、完全防水ではないが強力な撥水処理を施したウエア(当然ですが透湿性はハードシェルより高い)を"ソフトシェル"と呼びます。ソフトシェルならパタゴニアでも2万円弱の製品があります。
 登山用の機能性素材に少し詳しくないと、カタログの文言だけではハードシェルとソフトシェルを混同することがあるので注意が必要です。

 ハードシェルに使われる"防水透湿性素材"の代表格がゴアテックスです。これはゴアテックス社による素材で、各アウトドアメーカーはゴアテックス社から素材の提供を受けてウエアを開発・製造しています。

 ただ、ゴアテックス製のウエアはどのメーカーでもジャケットだけで2万円前後、上下セットで3万円あたりが最も安価な製品になるので、1~2万円あたりの価格帯の製品は、ゴアテックスではなくウエアメーカーがオリジナルで開発している防水透湿性素材を使用している可能性が高いです。

 防水透湿性、すなわち「水は通過させないが水蒸気は通過させる」機能のメカニズムには、大きく分けると2種類あります。

 1つ目は「多孔膜メンブレンによるもの」で、水分子は通過させないが水蒸気分子は通過させる程度の大きさの"穴"が無数に開けられた膜を使う、というものです。ゴアテックスがその代表格です。

 もう1つは、「親水性の無孔膜コーティング(またはメンブレン)によるもの」で、穴がない親水性の素材がウエア内の水蒸気を吸湿し、ウエア内外の湿度勾配によってウエアの外に蒸散させる、というものです。
 ま、ゴアテックスも湿度勾配がなければウエア外に透湿することはないので、透湿性能を湿度勾配に依存しているという点では同じですが。

 絶対的な性能はそれぞれの素材の性質によるので一概には言えないのですが、後者の無孔膜コーティングの方が安価にできるので、1万円台からある各メーカーオリジナル素材を用いたハードシェルは、たいていこちらの素材を使っています。

 理屈で考えると、単に"水蒸気の通過を阻害しない"多孔膜メンブレンより、"積極的にウエア内の水蒸気を吸湿する"無孔膜コーティング系の素材の方が、多くの状況で透湿性能を上げやすいはずです。現に多孔膜メンブレンの代表格であるゴアテックスも、現在のものはメンブレンの内側に無孔膜コーティング層を設けています。

 現在は大部分のウエアメーカーがゴアテックス製品を展開する一方で、オリジナル素材を用いたハードシェルのラインアップも展開しています。そのたいていはゴアテックス製品より安価な価格設定にした"廉価版"という位置づけです。

 少し事情がことなるのはモンベルとパタゴニアでしょうか。
 モンベルはオリジナル素材を2種類(ドライテック系とハイドロブリーズ系)開発しているのですが、ドライテック系の方はゴアテックス製品と同価格帯のモデルもラインアップしていますし、ウエア以外のシュラフカバーなどの製品ではドライテック系の方をメインにしてモデル展開をしています。
 またパタゴニアはゴアテックス製品をほとんど作らず(数年に一度、想い出したようにゴアテックス製ウエアをラインアップすることがある程度)、メインは完全にオリジナルのH2Noという素材でモデル展開しています。価格帯も他社ゴアテックス製品と完全に同価格帯(日本ではむしろ高価格帯)です。

 コロンビアはオムニテックというオリジナル素材を開発していて、やはりメインはそちらに移行しつつあります。

 私はモンベルのゴアテックス製ジャケット、スーパーハイドロブリーズ製のレインスーツ(上下セット)、パタゴニアのH2No製のジャケット、オンヨネのブレステック製のレインスーツを持っています。ゴアテックスとH2Noは複数持っています。

 防水透湿性の性能自体は体感的にはどれもほぼ同じですし、簡単な実験をしてみてもやはり同等です。
 ウエアとしての総合的な機能性は、素材だけではなく各部の仕様に依るわけですが、価格を考えなければベストは文句なしにパタゴニアです。ま、3万円のモンベルのゴアテックス製ハードシェルの倍以上の値段がするのですが、性能も倍違うかと言われれば微妙ですが、モンベルより良いのは確かです。

 透湿性能(ムレを出す性能)だけで言えば、オンヨネのブレステックという素材で作られたウエアも良いです。これも1万円ちょっと程度の価格帯のレインスーツ(上下セット)で、レインウエアとしては最も安い価格帯になるのですが、いくつかの状況では明確にゴアテックスより透湿性が良い、と感じます。

 モンベルは機能と比較した価格が非常に安いのが魅力です。マムートあたりの5万円のジャケットとモンベルの3万円のジャケットで、機能的には同等か、むしろモンベルの方が良いくらいですから。ま、マムートが高すぎるのですが。(マムートを扱っているショップの店員が「マムートなんて"高いだけ"ですよ」と言ってましたが、私も同感)
 スーパーハイドロブリーズ製のレインスーツで1万円あたりですが、これも仕様的にはレインウエアとしては完成されているので、この価格は大バーゲンだと思います。

 コロンビアは所有したことがないので判りません。

 ノースフェイスはアメリカのノースフェイス本体とはまるきり別で、実はその正体はゴールドウインです。
 結局日本メーカーなので無難な造りと仕様なのですが、細かな仕様が私の好みとは微妙にピントがずれていて、数着入手してもすぐ嫌になって手放しているので、長く所有したウエアはありません。

 タラスブルバは・・・何故かまったく食指が動かないですね。今まで興味を惹かれたモデルもないですし。ミレー、ロウアルパイン、アゾロも同様です。

 マムート、アークテリクスは価格が高すぎるので守備範囲ではありません。

 性能的にはゴアテックスでなくても1万円当たりの価格帯の製品で十分"透湿"を実感できます。
 試しにレインウエア上下を着て30分ほど動かずにじっと座ってみると判ります。
 ビニールカッパ(防水性は完璧だが透湿性はゼロ)を着こんで30分ほどじっと座っていると、冬でも身体から出る水蒸気がカッパ内側で結露して"びしょびしょ"に濡れます。防水透湿性素材を使ったウエアだと、ウエア内側はまったく結露しません。

 むろん、これらの素材は結局のところ、ウエア内外の湿度勾配によって湿度が高い方(ウエア内側)から低い方(外側)に水蒸気を放出しているだけなので、暑くて汗をかくような時に、その汗までガンガン放出してくれるわけではありません。汗をかく量が激しくてウエア内が水蒸気飽和に達してしまえば、激しく蒸れることになります。透湿するより身体から水蒸気が"供給"される方が早い場合に飽和に達するわけですから、これは当然のことですが。

 ですが、雨の中ででも着てみれば、その絶大な効果はすぐ判ると思いますよ。
 ゴアテックス登場以前は、森林限界を越えた山で雨に降られると簡単に死人が出ました。私もその頃は体力が有り余る年齢でしたが、危険な場面に何度も追い込まれました。
 それがゴアテックスの登場によって本当に劇的に変わりました。私は初めてゴアテックスのウエアを着て行動した時は、マジに感涙に咽びましたもん。

 「雨をはじき、ムレを外に出す」機能を持った素材を"防水透湿性素材"と言います。そして、防水透湿性素材を使用したウエアを"ハードシェル"と呼びます。レインウエアもハードシェルの一種です。

 パタゴニアで1~2万円で買えるハードシェルはないと思うのですが。現行品で最も安いのがレインシャドージャケットで、これは3万円弱の価格です。

 この「雨をはじき」という文言は、言葉そのままだと"撥水性"のことになりますが、完全防水ではないが強力な撥水処理を施したウエア(当然ですが透湿性はハー...続きを読む

Q近々富士山に登るのですが、トレッキングポールを購入するかどうかで迷って

近々富士山に登るのですが、トレッキングポールを購入するかどうかで迷っています。ためらう理由としては、一万円の出費、いままで登山をしていて必要性を感じていないこと(7時間程の日帰りが主)、ちょっと恥ずかしい、があります。ただ残雪期に山に挑戦できること、ひざへの負担軽減を考えると持ってもいいのかな、という気もしていて、なかなか決断できません。どなたかアドバイスをいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

知人5人と富士登山をしましたが1人だけポールを使用してました。それ以外の登山(日帰りや縦走)でも私を含む4人はポールを使いません。
私(30代後半女)の場合持たないのですが、手がいつでも使える状態が良いのと、膝の負担が感じられないからです。また、残雪期にはピッケルを使います。使わない時はザックと背中の間に収めるのですぐに手が空きます。
登山中の膝の故障は多いみたいですから、不安があれば折り畳みのポールを購入されては如何でしょうか?


人気Q&Aランキング