ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

乙4は取得済みなのですが 液体酸素は何類に属するのでしょうか?
ご存知の方 ご教授下さい

A 回答 (2件)

>液体酸素



消防法/危険物には規定がありません

高圧ガスになりますね 

高圧ガス取締法の規定により厳しく命令されています

(定義)
第二条  この法律で「高圧ガス」とは、次の各号のいずれかに該当するものをいう。
一  常用の温度において圧力(ゲージ圧力をいう。以下同じ。)が一メガパスカル以上となる圧縮ガスであつて現にその圧力が一メガパスカル以上であるもの又は温度三十五度において圧力が一メガパスカル以上となる圧縮ガス(圧縮アセチレンガスを除く。)
二  常用の温度において圧力が〇・二メガパスカル以上となる圧縮アセチレンガスであつて現にその圧力が〇・二メガパスカル以上であるもの又は温度十五度において圧力が〇・二メガパスカル以上となる圧縮アセチレンガス
三  常用の温度において圧力が〇・二メガパスカル以上となる液化ガスであつて現にその圧力が〇・二メガパスカル以上であるもの又は圧力が〇・二メガパスカルとなる場合の温度が三十五度以下である液化ガス
四  前号に掲げるものを除くほか、温度三十五度において圧力零パスカルを超える液化ガスのうち、液化シアン化水素、液化ブロムメチル又はその他の液化ガスであつて、政令で定めるもの
    • good
    • 0

消防法の別表の備考に、


 一 酸化性固体とは、固体(液体(一気圧において、温度二〇度で液状であるもの又は温度二〇度を超え四〇度以下の間において液状となるものをいう。以下同じ。)又は気体(一気圧において、温度二〇度で気体状であるものをいう。)以外のものをいう。以下同じ。)であつて、以下略
と言うのがあり、液体酸素や液化プロパンガス等も危険物に入りません。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液体酸素を気体換算すると・・・

1リットルの液体酸素が気体になると何リットルの酸素になるのですか?
温度、湿度を無視してください。
考え方を教えてください。

Aベストアンサー

参考URLに
1Lが0.9m3と出ていました。
1Lが1.14kgとありますのでこれは液体の重量だと思います。
また沸点が-183度Cなので液体はこの温度、気体は0度C
ともに1気圧の状態だと思います。

参考URL:http://www.watari.co.jp/gaslist/o2.htm

Q液化気体の取扱いに資格が要るのか?

液化気体を少量(100リットル以下)、個人で運搬・消費をする場合、高圧ガス関連の資格保持や講習受講は必要になるのでしょうか?

ここでの液化気体は、具体的に、液化炭酸ガス・液体窒素・液体ヘリウムです。また運搬は少量ですので、専用容器を自動車に積み込む形です。

これらの気化気体は高濃度の場合の窒息の危険性はあれど、可燃性の問題もないと思われるのですが、加圧式の容器や液体ヘリウムでは有資格者の立ち会いが必要という事を耳にしたのですが、
実際どうなのでしょうか?取扱いされた事のある方、有資格者の方からの意見を殊に戴きたい次第です。

Aベストアンサー

結論から、法的資格は不要です。

高圧ガスを移動する場合には、
(1)高圧ガス製造保安責任者(但し、冷凍以外)
(2)高圧ガス移動監視者
いづれかの資格が必要です。
資格が必要な数量は、
今回の場合、液化ガスですので、
質量3,000kg以上の可燃性ガス、LPガス、酸素
質量1,000kg以上の毒性ガス
が、規制対象です。
液化炭酸ガス(100L≒103kg)
液体窒素(100L≒80kg)
液体ヘリウム(100L≒12kg)
は、規制ガスの対象外になります。
少量ですが、液化ガスが気化すると膨大な量の気体になります。
液化炭酸ガス(100L≒52立米)
液体窒素(100L≒65立米)
液体ヘリウム(100L≒70立米)
換気の良い状態を、常に保った状態で、運搬してください。
酸欠事故に注意しましょう。
尚、神奈川県下を、高圧ガスを積載した車両で、運行する場合は、神奈川県独自の規則により、資格(講習を受ければOK、修了試験無し)
が必要です。
資格がなくても、罰則はありません。

ご安全に・・・
参考
高圧ガス保安協会HP
http://www.khk.or.jp/index.html
資格・講習について
http://www.khk.or.jp/activities/regalexamination_course/pamphlet.html
神奈川県の高圧ガス運送基準
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/hoan/kijyun/gas.html

結論から、法的資格は不要です。

高圧ガスを移動する場合には、
(1)高圧ガス製造保安責任者(但し、冷凍以外)
(2)高圧ガス移動監視者
いづれかの資格が必要です。
資格が必要な数量は、
今回の場合、液化ガスですので、
質量3,000kg以上の可燃性ガス、LPガス、酸素
質量1,000kg以上の毒性ガス
が、規制対象です。
液化炭酸ガス(100L≒103kg)
液体窒素(100L≒80kg)
液体ヘリウム(100L≒12kg)
は、規制ガスの対象外になります。
少量ですが、液化ガス...続きを読む


人気Q&Aランキング