ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

プラント配管設計会社に就職が決まりました。
先方の要望では即戦力、試用期間後戦力外通告を受けた場合は解雇
との事です。やっと見つけた先なので長期で設計者として
頑張りたいと思います。しかし経験が2年程度(別業種の機械設計補助や
研究補助など)資格はボイラー2級や危険物他などCADは使えます。
優先的に出来れば役に立つのは機器図面、アイソ図などを読み書き出来る
事、もしくは熱、応力などの計算なのでしょうか?
数日後には出社日です。年齢も高いのでどうにか残りたいと考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

試用期間がどれくらいで、どこまでの戦力なら良いとされるかが問題ですが。



会社側から何が求められるか?ですが。
図面が見れる・書ける・理解出来るは最低限必用でしょう。
応力や熱を考慮した材料選定や強度計算も必用かもしれません。
CAD(3Dかも)を使い図面化する事かもしれません。
その辺りは勤務先や配属先で変わるでしょうし、場合によっては全て必用かもしれません。


プラント配管と言っても薬液・水・空気・蒸気・粉・固形物等色々ありますし、材料も塩ビ・鉄・ステン等色々です。
屋内・屋外や保温や塗装、高圧・低圧、ポンプやバルブは種類が豊富です。
色々な用途に応じて適した方法・装置があります。

これらを覚えて適切に使えるようになるには数年掛かります。
しかし、「何かをする時に調べる」「調べる方法を知っている」「常に興味を持ち見聞を広める」「他人の技術を見る」等、設計者としての基本が出来れば良いと思います。
その後は応用と勉強の繰り返しだと思いますし。

私の想像ですが、会社が求める即戦力とは「設計者としての素質」であって、何年も仕事をしている人と同等の知識や経験や実績を求めているわけではないと思います。(そんなの不可能ですから)


以前に設計の経験をされているようですので、全く未知の世界ではないはずです。
自分で考えて調べて苦労してチャレンジするのは、どの業界の設計士でも同じだと思います。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

 正直な所、此処で踏ん張らないと、駄目ですね。
 先方からは2日目より現場でと言われており
 求人内容はCADでの図面だと明記されておりましたが
 小さい企業なので、そんな事はないでしょうね。
 先ずは、図面の読み書き、配管の場合、アイソ記号が
 かなり厄介なので、何故その箇所にこの部品が使われて
 居るのか?など社内起業者マインドで頑張りたいと思います。
 

お礼日時:2008/07/24 07:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐圧試験と気密試験

耐圧試験を行った後でも気密試験は行う必要があるんですか?

僕の調べた情報では
耐圧試験の試験圧力は 液体の場合 常用圧力の1.5倍以上
           気体の場合 常用圧力の1.25倍以上

気密試験の試験圧力は       常用の圧力以上

圧力的には耐圧試験で気密試験圧力を満たせるのかなと思います。

耐圧試験の圧力保持時間は  5~20分
気密試験は         10分以上

耐圧試験を10分以上やれば気密試験の必要が無い気がするのですが?
教えてください。

Aベストアンサー

それぞれの試験の目的が異なります。
耐圧試験は、想定される最大圧力がかかった時、強度が充分でそれに耐えうるか、
を調べるものであるのに対し、
気密試験は、想定される最大圧力の下で、気密性が充分保たれるかを調べるもの
です。
何を対象にするかによりますが、耐圧試験だけでは、小さな漏れは確認できませんし、
気密試験だけでは、圧力が掛かったとき、充分持ちこたえ得るかの確認ができません。


人気Q&Aランキング