ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

44歳女性、今15歳の息子が小さい頃に入った生命保険です。
更新となり、色々見直しを試みています。
定期付き終身の補償額は子供の小さい当時と違い、現在は
そう、多額の補償は必要ないと考え、3600万から1000万への
減額を考えています。
伺いたいのは、同じ生保会社で減額する場合
解約して、新たに加入する場合、デメリットがあるのか
解約せずにただ、減額申し込みをした方が良いのか、と申しましょうか。知識が乏しく、質問も不十分な記述と思いますがご教授くださいませ。
44歳で新たに加入となると、掛け金なども変わったりするとは思います。やはり、解約なしで減額すべきでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.1です。


保険は必要・健康状態には問題ないとすると
保障を減らすにしろ増やすにしろ、
今の保険を分解して考え、
部分部分での保険料・保障内容をチェックして
できる限り、有益な部分を残し、不益な部分は解約して
足りない部分のみ新規契約することをお勧めします。


・終身部分について
予定利率について調べていただければおわかりかと思いますが、
今保険をかけ換えるということは
[今持っている高金利りの貯金]を解約して
[低金利の貯金]にかけ換えるようなものです。
金利が良いと、貯金の場合[受け取りが増える]ですが
保険の場合、受取額が同じなら[元手(保険料)が安い]となります。
15年前の予定利率は4.75%。現在は約1.5%です。

最近のインフレ傾向を考えると終身保険の将来的な価値は?ですし、
終身部分の保険金額によっては予定利率に拘ることもないかもしれませんが、
お子様の進学を控えたこの時期、保険料が上がらないという点で更新に1票です。


・定期部分について
更新も新規も保険料単価・保障内容はほとんど違いはありません。
保険会社によっては新規時の最低保険金額を設定している場合があり、
[終身+定期=1千万]での新規契約は不可の場合もあります。


・入院などの特約について
更新の場合、保険料は現在の年齢等で計算されますが
保障内容は加入当初のものより良くすることはできません。
例外はありますが、1入院当たりの最高給付日数・
通算の最高給付日数・手術給付金の対象などは
変えられないので、確認してください。
また、最終的には終身保障に切り替え可能かもしれませんが、
老後の負担は相当なもののようです。
特約になっていると主契約により制限を受けることもありますし
損をすることもあります。

特約になっていると損する1例。
 両目を失明しました。
 高度障害ということで死亡時と同じ金額の保険金を受け取りました。
 転んで怪我して入院しました。
 入院給付金が欲しかったのですが、保険は保険金を受け取った時点で消滅してました。
 今更医療保険には入れません。


保障を下げる場合には使えないことがありますが、
同じ生保会社で解約して、新たに加入する場合
通常は[契約転換]という方法をとります。
無保険期間が発生しないし、保険料も少々お安くなります。
[契約転換]は一部では悪評高いシステムですが
原因は、新しい保険の内容が良くない、や
営業員の説明が不十分、ということで
転換というシステム自体は悪い物ではありません。


解約して新たに加入、は健康ならいつでもできます。
減額もいつでもできますが、時期によって
下限が上下する場合があるのは要注意です。
高い買い物ですから慎重にご検討ください。

参考URL:(文字数制限オーバーなのでこっちに書きます)
http://www4.plala.or.jp/anshin/yoteiriritsu.html
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/901 …
http://www.seimeihoken-minaosi.com/minaosi/point …
http://insurance.yahoo.co.jp/report/0501_02_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご解答、ありがとうございます!
<高金利の貯蓄を解約し、低金利に掛け替えるようなもの>なのですね、この他にも沢山の、有益な情報をご教示下さり感謝!です。
リンク、お気に入りにいれました、勉強いたします。
皆様、教えてくださる様に、医療特約も、(こそ、でしょうか)見直しが必要のようです。それにしましても、専門的な知識をご教示、お時間戴きまして、本当にありがとうございました!

お礼日時:2008/07/25 06:20

そのまま減額でいいんですよ。

節目で調整するのが定期付終身ですから。いらない死亡保障は削りましょう。現金残しましょう。

 注意したいのは、減額だと思っていたら、転換契約だったと言う事。
いらない死亡を減らして医療を終身にしました~なんて今までと同じような支払い額の提案来ますからご注意を。その提案、支払い何年延びてます?
 保険会社にとってその当時の保険は潰したい金利の高い保険ですので、色々言ってきますが、ほっときましょう。

 もうすでにインフレ時代になってます。医療終身や終身保険などで無駄銭使わないようにご注意を。(政府発表とかに騙されんように。食料と原油が統計から外してある)

 共済でいいので色々掛けておくのもリスクヘッジでいいかと。

 サブプラがらみ(米二大住宅公社のフレディマックとファニーメイの株価急落)でニッセイが2兆円、農林中金5.5兆円・三菱UFJが3.3兆円やられるようなこのご時勢で(三分の一ぐらいは返してもらえる?)、1っ箇所だけの保険では心もとないです。

 

 

  
 
 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に、分かりやすく、ご教示下さり、感謝いたします!
加入当時は、もしもの場合、子供のため、でしてそして、訳も分からずにお任せして今に至りましたが更新の到来、経年による個人的状況の変化で見直す良い機会に有効なご助言をいただきました。
何より社会(経済)状況の変動もありました、大切な事ですが教えていただき、助かりました!共済にも実は加入しています。なのでやはり
減額は必要かもしれません。皆様のご助言のように予定利率を頭に入れ
ながら、検討してみます。医療は見直す必要があるような気がします。保険のみに将来設計を恃むことのないよう、
しかし、そのよさにも預かる事のできますよう、勉強が必要ですね。

転換契約云々、の保険会社の考えられる対応につきましても、そんなことがありそうですね、教えていただいて良かったです!

勉強の余地はまだまだですが、入り口を皆様に開いていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/07/25 06:55

おはようございます


わたしもNo.1さんに1票!
終身部分は、予定利率がいいと思われますので、続ける。
定期の部分を、お子さんが経済独立をする時までの金額に減らす
という感じでしょうか?
医療、がんは特約でなくても、別で終身などに入った方がお得かも?
あわてず、しっかりと考えてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。こんにちは。
私などにも分かりやすく、ご解答してくださりありがとうございます!
終身を徒らに、無駄かもと思うのは危険なのかもしれませんね。
予定利率、ですね。進学も頭に入れ考えます。

お礼日時:2008/07/25 06:01

できるのであれば、解約をせずに減額申込みをしたほうがいいと考えます。


解約して新たに加入しようとすると、新たに加入する時点での健康状態を告知する必要があります。この場合、病歴の関係で新たに加入することができない場合、最悪の場合無保険状態になる恐れがあります。減額申込みの方が、契約を継続するという意味ではいいと思います。
なお、死亡保障金額を減額した場合、現在の契約に付加されている特約についても、減額しないといけない場合があるかもしれませんので、その点はご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

健康状態の告知もありますね。やはり契約を継続するという事が
安全といえるのかもしれないですね。他の特約についての事も全く存じませんでした、ありがとうございます!

お礼日時:2008/07/23 14:37

絶対、減額!


理由は色々ありますが、ちょっと時間がないため
よろしければ「予定利率」について調べてみて下さい。

入院など医療関係の特約は更新しないで
別途単体契約を検討してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、御回答有難うございました。
予定利率、調べてみます。手探りですので、こうして
キーワード等、ご提示いただくのも、とても助けになります。
ありがとうございます!

お礼日時:2008/07/23 14:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主契約のみ残すって不可能なんでしょうか??

主人が住友生命の5年ごと利差配当付終身保険に加入しています。月々の保険料が高い為、医療保険とガン保険をアフラックのものに加入して、主契約のみ残す予定でした(FPの方のアドバイスにより)。で、先日、住友の営業担当の方に「主契約のみ残して特約を全て解約したい」と申し出たところ、5千円以下の保険料にはできないとのことで、主契約と介護保障を残す流れとなりました。主契約の死亡保険金額は終身で100万です。この様な規定(5千円以下の保険料にできない)というのは普通にあることなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも、いろいろいますので、ご注意を。

>月々の保険料が高い為、
だったら、一番保障比コストが高い(貯蓄性があるが)のは、終身保険です。そもそも、100万の終身保険を解約する方向で検討はしたのでしょうか?また、その終身保険(主契約)は、いつのご契約(転換してる場合は、最終転換時期)でしょうか?

1995年あたり過ぎてからの契約なのだったら、主契約はそんなに予定利率高くないのですし、主契約残すために、不必要と思ってた介護保障が付いてくるのは、本末転倒です。

・払済保険できないか調べてください。(この事は、FPからは説明受けましたか?)
・払済保険できない場合は、すぱっと解約して、新たに単独で終身保険はいるか、もしくは、解約によって捻出された解約返戻金+、銀行積立で、終身保険分100万を確保していく手法もご検討ください。

主契約と特約の契約で減額などをする場合、特に国内生保では、
・一定の支払い保険料を確保、それ以下には減額、特約解約できないケース
・特約+主契約で死亡保障が一定額以上、それ以下には減額、特約解約できない

このケースがあります。国内生保でそのような制約があるのは、経験がある程度積んだFPでは周知の事実なんですが、そのFPの人は、特約解約に関して、何にも言わなかったのですか?アフラックだったら問題なくできるので、アフラックの常識でアドバイスしてるのではないでしょうか?

FPにも...続きを読む

Q緊急です!46歳 定期付終身保険の更新、できれば今月中にプラン見直したいです(長文)

今月46歳になった夫の保険料のことで質問です。
今現在住友のニューベストで15年前に加入いたしました。
終身保険(終身65歳まで)  300万円 (保険料 3054円)
定期保険特約(15年更新65歳まで)3800万円(45歳まで 12920円)
災害割増特約 (80歳まで)  1000万円(65歳まで 420円)
障害特約(本人妻型80歳まで)      (65歳まで 870円)
新災害特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 950円)
新疾病特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 5210円)
新成人病医療特約(80歳まで)日額5000円(65歳まで 760円)  
月払い保険料24,184円 予定利率5.50%
更新後の平成19年9月からは39,916円です。

私は41歳で単独では生命保険・医療保険に未加入です。
子供は4月から中2です。
家は持ち家でローンがありますので団信に加入しております。

保険の外交員からライブワンニューベストや
ライブワン愛アンド愛ラブ30タイプを勧められております。
(終身150万に減額して月々30000円ほどの払い込みです。10年更新)

できれば住友生命は終身のみ残して他の保険会社に
移行したいと考えております。
(15年全く音沙汰なくここへきて電話攻勢で辟易してます)
この時期全く違う保険会社に乗り換えても損はないのか、
どのような保険がお勧めかご意見をいただけたら幸いです。
(主人はやや太りすぎですが会社の健康診断では問題なしです)
   

今月46歳になった夫の保険料のことで質問です。
今現在住友のニューベストで15年前に加入いたしました。
終身保険(終身65歳まで)  300万円 (保険料 3054円)
定期保険特約(15年更新65歳まで)3800万円(45歳まで 12920円)
災害割増特約 (80歳まで)  1000万円(65歳まで 420円)
障害特約(本人妻型80歳まで)      (65歳まで 870円)
新災害特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 950円)
新疾病特約(本人妻型80歳まで)日額10000円(65歳まで 5210円)
新成人病医療...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。保険代理店のおやじです。
ご主人が健康で、保険会社の診査が通るようであれば他の保険会社に乗り換えても損はありません。逆にタバコを吸わないとか、特に健康上問題ないとかであれば、乗り換えるメリットの方が多いでしょう。
終身保険は仰るように残しておくことをお勧めします。もしくは払い済みでも構いません。外務員がゴネたら消費者センターとか生命保険協会に連絡すると脅してやってください。
保険料の安い300万円の終身保険を150万円に減額する案を持ってくるような会社との付き合いは必要最小限(つまり終身だけ残す)にして方が無難です。
代わりの保険は、家族収入保険とか収入保障保険とか言われているものが最適でしょう。
お子さんが中2でおひとりであれば、教育費を含めた月々の生活費から遺族年金を差し引いて足りない部分を家族収入保険で補えばよいでしょう。家族収入保険は月いくらという年金設定です。保険期間は65歳くらいまであれば十分だと思います。月の保険料は1万円で十分おつりが来るはずです。
遺族年金の額はご主人の年収によって違いますが、サラリーマンであれば月12-15万円、自営業者で国民年金をしっかり納めていれば一律9万円です。
その他、住友生命を止めることで医療とかがん保険とか必要だとお感じであれば、必要最低限の物に加入して、浮いたお金を貯金しておくことをお勧めします。貯金は色々なことの楽しみに使えますから。
これで保険はすっきりしますよ。

こんにちは。保険代理店のおやじです。
ご主人が健康で、保険会社の診査が通るようであれば他の保険会社に乗り換えても損はありません。逆にタバコを吸わないとか、特に健康上問題ないとかであれば、乗り換えるメリットの方が多いでしょう。
終身保険は仰るように残しておくことをお勧めします。もしくは払い済みでも構いません。外務員がゴネたら消費者センターとか生命保険協会に連絡すると脅してやってください。
保険料の安い300万円の終身保険を150万円に減額する案を持ってくるような会社との付き...続きを読む

Q終身保険で保険金額減額のデメリットの説明がなかった

保険会社から全く誠意のない対応をされていますが、何か訴える方法がないか、アドバイスがいただけると嬉しいです。
今後、生命保険協会の裁定審査会で審議してもらおうと考えていますが、どう準備していけばいいのか、真剣に悩んでいます。

某大手日本保険会社で昭和63年2月に終身保険(1,500万死亡保障・60歳払込)を契約しました。
その当時私の保険知識は乏しく、終身保険と養老保険の違いもよく知らず、ただ、保険設計書を見ると保険金額とほぼ同額の解約返戻金、年金は保険金とほぼ同額の額が原資となって受け取れる、と書かれていました。
その当時の予定利率は高く、終身でも養老保険のような内容の保険金額が記載されていました。

60歳時になると以下の中から選択ができると、その当時の保険設計書には載っています。
 (1)そのまま終身部分を生涯保障
 (2)年金として終身・10年確定・5年確定を選択
 (3)解約返戻金として一括受取 が選択できる
その当時の保険は予定利率が5%以上で、現在「お宝」保険と呼ばれ、保険会社としては転換にするか、解約させたいような保険です。

平成15年8月に保険金額を減額するにあたり生保レディに相談し、その時に「保障内容は変えずに、保険金額を減額する場合の下限はいくらか?」を調べてもらい、1,500万 → 500万 なら保障内容は変わらないと説明を受け、それを信用して500万に減額しました。
ただし、その時に保険金額を500万円に減額すると(2)の年金を選択するときには責任準備金(原資)が少なくなるため、5年確定のみしか選べない、旨の説明はありませんでした。
(そのため、今回保障内容を確認して、大幅減額を初めて知り、大変ショックを受けました。)

今年になって、知り合いに数年前の保険金減額をしたことを話したときに、
「自分の考えているような保障内容で減額されていない可能性があるので、一度確認した方がいい」
とアドバイスを受けました。
手元に保険証券が見当たらなかったこともあり、保険証券再発行の手続きとともに現在の保障内容を確認するため、今年2月に保険会社のコールセンターに電話しました。
保険証券の再発行手続きの書類送付を依頼、保障内容については1週間ほどかかると言われたので、確認次第連絡をもらうことになりました。

しかし1週間以上たっても連絡がなく、あらためて私から連絡をしたところ、私が送った書類が届いていないことを知り、その後調査をしたが見つからなかった、と言われ、調査打ち切りを告げられました。
(ちなみに、その後再度書類を生保レディに直接手渡した書類で、再発行は済んでいます)

(1)
見つからない、届いていない、と一方的に調査打ち切りされても、これは正当なやり方なのでしょうか?

(2)
保険証券の再発行申込書が保管会社に届いていない、調査しても見つからない、なので調査は打ち切ります、と言われたことに関して、このまま引き下がるしかないのでしょうか?

また、保障内容を確認したところ、(当初の予定利率では運用できていないことを理由に)考えていた半分以下の解約返戻金、年金を選択する場合は5年確定のみしか選択できないことを知りました。

保険金の減額を相談した時に「保障内容は変えたくない、特に年金の選択肢が残しておきたいが、その場合に減額できる下限はいくらか?」と相談しているにもかかわらず、減額することで責任準備金が減るために年金移行も5年確定しか選択できなくなることの説明もないまま減額させられました。

(3)
このことは、保険会社として契約者の不利益になることを伝えていないことになり、問題にはならないのでしょうか? 保険会社には何の責任もないのでしょうか?

(4)
このことは、契約者の不利益(デメリット)は説明しなければならない、という保険業法とか法律には抵触しないのでしょうか?

保険会社側(本社・お客様相談室)は保険会社としての立場を繰り返すだけで、現在平行線になっています。特に私の担当者と称するI氏は、こちらの神経を逆なでするような言動、威圧的な態度で接しています。
「あなたのような失礼な担当者とは話したくありません。他の担当者に変えてください」と伝えても
「私があなたの担当者ですから変えられません」と一方的に会社側の立場を繰り返されました。
保険会社に都合いい流ればかりが作られています。

保険契約する前の設計書に書かれている一括保険金や年金移行選択の年金額は、その当時の高い予定利率をもとに計算されていて、現在予定利率が低いため全く納得できないような内容になってしまっていますが、それでもこの件に関して
「記載の数字は今後変動することがあり、将来のお支払額を約束しておりません」
の一文が小さく書かれていて、その一文で保険会社のリスク回避が行われ、契約者は悔しい思いをしていながらも、そのことで保険会社と争っても勝てないことは聞いていますし、私はその件で争うつもりもありません。

(5)
ただ、保険金額の減額のタイミングは平成15年ですし、その当時は保険金額減額により契約者の不利益になる事項は説明する義務が保険会社にはあると思うのですが、説明義務はないのでしょうか?

(6)
減額によって契約者に不利益な情報が説明されていないまま、減額契約させられたのは不当であり到底納得できなることではありません。
減額契約はなかったことにすべきで、その代り受領した解約返戻金や未払いの保険料を支払うことで当初の保険内容に戻してほしいと保険会社には伝えましたが、案の定保険会社のI氏は
「本人が納得したうえで減額したので、それはできません」
と拒否しました。この言い分は本当に正当なのでしょうか? 私にはそう思えないのですが・・

分かりづらい相談内容かもしれず、大変申し訳ありませんが、なんとかよきアドバイスがいただけることを願っております。

保険会社から全く誠意のない対応をされていますが、何か訴える方法がないか、アドバイスがいただけると嬉しいです。
今後、生命保険協会の裁定審査会で審議してもらおうと考えていますが、どう準備していけばいいのか、真剣に悩んでいます。

某大手日本保険会社で昭和63年2月に終身保険(1,500万死亡保障・60歳払込)を契約しました。
その当時私の保険知識は乏しく、終身保険と養老保険の違いもよく知らず、ただ、保険設計書を見ると保険金額とほぼ同額の解約返戻金、年金は保険金とほぼ同額の額が原資となって受...続きを読む

Aベストアンサー

元、生保営業です。
詰るようで申し上げにくいんですが、保険金減額後に保険証券記載事項をすべて確認されましたでしょうか。されていれば、「終身保険の保険金額のデメリットの説明を聞く」ことはできたように思います。それができていれば契約の取消で元契約に戻せたと考えます。
「手元に保険証券が見当たらなかったこともあり・・・」とありますが、10年間も今の契約内容に無関心だったのでしょうか、保険証券は送ってもらえなかったんでしょうか。当時、転換後の保険証券は送らないタチの悪い営業職員もいましたので。

会社の担当者が、「本人が納得したうえで減額したので、それはできません」というのは極当たり前のことで、どのような経緯で契約になったのか知ることはないからで、申込書に記載通りに契約規定に則り契約を引き受けたに過ぎないからです。

転換後半年以内なら契約の錯誤等で元契約に戻せるでしょうが、10年も経過しますと元契約に戻せというのは他の法律もあってまず無理でしょう。

保険会社というところは、保障の契約を引き受け、入院や死亡の請求があった場合のみ保険金を支払っているだけで、そこに誠意というものが存在する余地はありません。

何とか、悔しい気持ちをどうにか少しでもしたいということであれば、転換契約時の営業職員が在籍であればこの方と相談なさっては如何でしょうか。

生命保険協会も会社の見方で契約者の見方ではないことを知っておいてください。

元、生保営業です。
詰るようで申し上げにくいんですが、保険金減額後に保険証券記載事項をすべて確認されましたでしょうか。されていれば、「終身保険の保険金額のデメリットの説明を聞く」ことはできたように思います。それができていれば契約の取消で元契約に戻せたと考えます。
「手元に保険証券が見当たらなかったこともあり・・・」とありますが、10年間も今の契約内容に無関心だったのでしょうか、保険証券は送ってもらえなかったんでしょうか。当時、転換後の保険証券は送らないタチの悪い営業職員もいま...続きを読む


人気Q&Aランキング