マンガでよめる痔のこと・薬のこと

軽い鬱病と診断され、今年の2月末から5月中旬まで治療を受けていたものです。
2週間に一度のカウンセリングを受けていましたが結局これといった原因は不明でした。
ちょうど自分の挙式準備開始あたりから始まり、挙式終了後にぱたりと症状が治まった為
「おそらく挙式準備に対するストレス及びプレッシャーが原因だろう」という
あいまいな結果で治療が終了したのですが、最近また若干調子がおかしいです。

それで、ふと気付いたのですがどうも「誰かに負けた!」と感じた時から
ジワジワと調子が狂っている気がします。
私はもともと負けず嫌いなところがあり、自分と同じ分野のことをしている人に対し
仲間意識というよりもライバル意識をとても持ちやすいと自覚しています。
また、そういった「自分が負けた」という感情に対してずるずると執着もします。

こういった自分が持ってうまれた性格が原因と思われる場合、
鬱病というのは治療できるものなのでしょうか。
以前の時よりも症状は軽いのですが念のため明日病院に行きこのお話しを先生に
してみようとは思っているのですが、参考程度に経験者さんや知識のある方に
お話しを伺ってみたいと思い質問してみました。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

鬱の原因=自分の性格とまでは、断言は出来ませんが関係はありますね。


既に他の方が回答されているような性格を持っていると鬱になりやすいと言えます。
治療とか回復とは、その自分のなりやすい性格と今後どう関わっていくか新しい接し方を持つことです。
以前の自分に戻ろうとすれば再発しやすくなります。
    • good
    • 0

自分が持ってうまれた性格が原因でウツになる?ということですが、私は正直当ってる気がします。

勿論いろいろなケースがありますので一概に決め付けれませんが、「当ってる人間も多いのでは」と思います。

私はウツ歴が長くなりつつありますが、自分の性格が
1)クソ真面目 2)几帳面 3)負けず嫌い 4)ーーーなどなど。仕事もある意味、丁度自分にあった硬い仕事なので、若いときには自分の力が発揮できたのですが、年齢とともに体が自由に動かず、頭もメリハリがない!つい部下に期待するが、その部下も???そして上司には頭ごなしに怒られ、しかも部下の前で。余計に部下は遠ざかり、---。コントロール不能に! 気が付けば部下の仕事まで私がやっている! 
もっと柔軟に対応できれば、もっと違った生き方ができるのでは?と思う毎日です。
ちなみに特殊技能を有する仕事をしているため、配置換えもできず、転職も40過ぎにはなかなかーーー。結局、ストレスから開放されません。
おかげでウツも直りそうで直りません。
もし、質問者がウツの原因を気にしているのであれば、考え方次第だと思います。柔軟に物事を捉え、自分の中に溜め込まない。
ただ、ウチの若い部下にこのようなことを言うと、全くノー天気で、やりたい放題!全く無責任。もう少し責任感が出せないの?ーーーチョット違うんですが!---そういう態度が私のストレスの原因なんだ!

ということで、自分の性格も重要なファクアーですが、周りの環境の重要なファクターです。これらのファクターがファクターがいくつか重なることでウツになるのでは?
言い方を変えると、どれかのファクターを除けば、ウツから開放される気がします。ちなみに性格は変えれませんので、残るはーーー。
相談者もチョット考えてみてください。

途中、愚痴っぽい話になりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

治せると思います。



医学界での定説はこうです。

うつ病:環境要因によって発生する傾向が強い
躁うつ病:遺伝的要素によって発生する傾向が強いが、メンデルの法則が厳密には妥当せず、複数遺伝子の作用によって発生するものとされている

うつ病になりやすい性格は確かに存在しますが、他人に負けた時に、無理して他人を超えようという発想をとらないように心がけるだけで、リスクを減らすことは可能だと思います。

どんな人でも、得意・不得意はあるものです。全ての面で他人に勝ろうというのは、不可能です。
    • good
    • 0

こういっては実も蓋もありませんが、はっきりいって


鬱の原因の根本はすべて「自分の性格」です。

とくにご質問者様のような負けず嫌いや自分が意識していない完璧主義の方は
自分が直面している現実と自分の思い描くこととのギャップに
「勝った・負けた」といちいち一喜一憂して喜怒哀楽の感情を周りにぶつけたり、
自分の思い通りにならないことをいつまでも悔やんだり悩んだり
そうすることで気持ちのバランスが崩れるのがうつ病です。

ご質問者様は「負けず嫌い」の性格とのことですが
誰かに負けたからといってあなたの価値が下がるわけではありません。
自分で勝手に自分の評価を下げているだけです。
何に対しても「勝ち負け」に判断基準をおくのは非常に危険です。

勝ち負けを気にするなら、勝っても自惚れず、負けてもそれを
克服するために向上心を持てば、自分が下げた評価を自ら回復しようと
人は頑張り努力します、その頑張り・努力が成果となって現れ
よい結果が生まれます。
それができないのなら、勝ち負けなど気にせず自分の価値をちゃんと
自分で見極めることができるようになったほうがいいでしょうね。

軽いうつ病なら、治療とご自身の心がけと努力しだいで直ります。
実際、私の周りでも軽い鬱なら治療や心がけで克服した人はたくさんいます。
(実際に、この私がそうですから)
    • good
    • 0

こんにちは。



 下記サイトをご参照下さい。
  http://asahi.co.jp/hospital/shinsatsu/main.html
  昨日のたけしの医学でやっていましたが、2つ目のケースです。
  うつ病の発生原因は、「大きな環境の変化」と「うつになりやすい性格」のようです。性格としては、「生真面目で几帳面」とか「なんでも自分でやらないと気がすまない、完璧主義」などが挙げられていました。
 「うつ病は薬で直ります」と出演されていたお医者様が言っていましたので、早めにお医者様にかかるようにしてください。

では。
    • good
    • 0

私はショックが原因で抑うつ状態と診断され通院していて色々置いてある資料を見てうつとはなんぞや?とよくみていますが、責任感の強さ罪悪感の強さからうつ傾向になることもあるとされていて、うつといっても脳内伝達物質がかかわりますのであまりご自身の性格は触れない方がいいのかなと思います。

私はかなり慎重派でしたが治療をうけてけっこう緩和されたように感じています。ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング