共済年金加入期間と厚生年金加入期間があり、いずれかひとつの期間では年金支給の支給期間を満たさないが、両方を足した場合に支給期間を満たす場合、どちらかの年金が支給されるということはないのでしょうか。
やはり、共済年金は共済年金、厚生年金は厚生年金での加入期間を満たさないと国民基礎年金しか支給されないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間は、それぞれ国民年金第2号被保険者期間になりますから、基礎年金の受給資格を見るときにはすべて算入されることになります。


一方、厚生年金や共済年金の報酬比例部分[一方、定額部分については基礎年金が賄っている、ととらえて下さい]については、それぞれの被保険者期間(組合員期間)で決まることになります。
ということで、一般論としては、おおむね ANo.1 のとおりでよろしいかと思います。
    • good
    • 1

加入期間は通算します


支給される年金は それぞれの加入期間と料金(加入当時の収入)から計算されます
共済年金分 XX円 厚生年金分 XX円 国民基礎年金分XX円の様に
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 11:46

> 両方を足した場合に支給期間を満たす場合、どちらかの年金が支給されるということはないのでしょうか。


両方を足したら25年若しくは40年以上と言う事と解釈いたしました。
共済及び厚年の加入期間(20歳以上60歳未満)は、国民年金の加入期間となります。
共済年金の条文は確認しておりませんが、厚生年金と同じはずなので、
この場合
・老齢基礎年金
・老齢厚生年金[厚生年金の加入実績に基づく額]
・老齢共済年金[共済年金の加入実績に基づく額]
この3つが支給されます。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金と国民年金と共済年金が混在の場合

1959年生まれです。2012年11月現在53才です。
社会人になって、33年が経過しその間、転職を何回か繰り返しましたので、現在は以下のような年金支払い経歴となっています。
厚生年金・厚生年金基金・国民年金・共済年金と複数にまたがっています。
支払年数が通算25年とか40年とかの制約があると思いますが、
65才から年金はもらえますか。(もし、現行制度が存続するならばということですが)
もらえるとしたらどこの年金をもらえるのでしょうか。
もしこのままだともらえないとしたら、なにかもらえるようにする方法がありますか。
1.1980年(昭和55年)~2000年(平成12年)の間、厚生年金に242ヶ月(約20年)間支払。
2.2001年(平成13年)~2003年(平成15年)の間、国民年金を10ヶ月(1年弱)を支払(他は未納期間)
3.2003年(平成15年)~2012年(現在平成24年)の間、共済年金(私学共済)を99か月(8年強)支払
4.1987年(昭和62年)~1988年(昭和63年)の間、20か月(厚生年金基金)に加入

1.2.3の合計では、242+10+99=351か月(29年3か月)です

5.今後も、共済年金に最低でも60才まで(今後7年間)は加入の予定です。

よろしくお願いいたします。

1959年生まれです。2012年11月現在53才です。
社会人になって、33年が経過しその間、転職を何回か繰り返しましたので、現在は以下のような年金支払い経歴となっています。
厚生年金・厚生年金基金・国民年金・共済年金と複数にまたがっています。
支払年数が通算25年とか40年とかの制約があると思いますが、
65才から年金はもらえますか。(もし、現行制度が存続するならばということですが)
もらえるとしたらどこの年金をもらえるのでしょうか。
もしこのままだともらえないとしたら、なにかもらえるようにする...続きを読む

Aベストアンサー

受給資格は、全部あわせて(厚生年金、共済年金、国民年金)25年以上あればOKです、
すなわち、厚生年金、共済年金、基礎年金が受給できます、
また、基金は別物で(3階部分)1カ月でも入っていれば、受給できます。

ねんきんネットで記録があるないによらず、(一元化されてないため共済記録は反映されていない)年金請求手続きのときに証明書類(加入期間通知書)が必要になります、
質問者さんの場合、年金機構と共済組合にそれぞれ請求することとなります。

Q10年間の共済年金が無駄に?

10年間公務員として働いてきた兄は、この3月で退職し家業を継ぐことになりました。したがって共済年金から国民年金に変わります。25年払わないと年金はもらえないから、今まで払ってきた共済年金が無駄になったと本人は嘆いています。本当にそうなのですか。その分は将来共済年金としていくらかもらえないのですか。

Aベストアンサー

#3の追加です。

公的年金には、一律支給の基礎年金と加入期間中の給与に比例する報酬比例部分とがあります。

国民年金の加入者は基礎年金のみですが、厚生年金や共済年金に加入して人は、基礎年金と報酬比例部分の年金が支給されますから、国民年金20年、共済年金10年払った人のほうが支給額が多くなります。

年金については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/nenkin/nenkin00.html

Q公務員の年金支給年齢について

民間企業に努めている厚生年金は65歳から(68歳からになるかも)支給ですが、

公務員(地方公務員や国家公務員)の共済年金は何歳からの支給になるのですか?

厚生年金と同じ制度(支給年齢や支給額など)なのでしょうか?

Aベストアンサー

現行制度では、
a 支給開始年齢
 基本的には厚生年金と同じです。
  1 生年月日に応じて段階的に支給開始年齢を65歳に引き上げている途中[経過措置適用中]。
  2 支給開始年齢の引き上げ方ですが
    ・定額部分の支給開始年齢を段階的に65歳へ引き上げます。
    ・定額部分の引き上げが終ったら、報酬比例部分を段階的に
     65歳へ引き上げていきます。
  【公立学校共済組合】
    http://www.kouritu-nagasaki.jp/index.html
  【地方公務員】
    http://www.chikyoren.or.jp/nenkin/pdf/kyufu_h23.pdf
     ↑ ここの16ページ目

b 支給額の計算方法
 厚生年金の計算に似ていますが「職域加算」があるので、厳密には異なります。


人気Q&Aランキング