ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

5月に退職し、引き続き退職した会社で週2~3くらい、バイトとして働いていいます。毎月私が会社に請求書を提出し、銀行口座にその金額を振り込んでもらっています。
だいたい、月に12~15万円くらいの収入になるのですが、この場合確定申告はしないといけないのでしょうか?もし確定申告を怠った場合、どうなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>この場合確定申告はしないといけないのでしょうか…



お書きの情報だけで、全く間違いないコメントをすることは無理ですが、申告の必要はあると考えたほうが無難です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
(1) 社員時代に年末調整を受けていない。
(2) 2種類以上の「所得」がある。
(3) 「所得」の合計額が「所得控除」の合計額を上回っていそう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

>もし確定申告を怠った場合、どうなるのでしょうか…

スーパーで小さな商品をポケットに入れたまま出てくるのと同じです。
脱税という違法行為を犯すことになります。
万引きも脱税も、すべての人が捕まるわけではありませんが、捕まったときのペナルティは計り知れないものがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

確定申告はしないといけない、というのは先の方が書かれた通りです。


それを怠った場合ですが、僕は一度脱税が見つかって追徴されたことがあります。
その時の経験から言えば、隠した所得の7割くらいが結果的に取られますのでダメージは相当ありました。
対会社での取引ならまず見つかると覚悟して確定申告される方がお得ですよ。

なお質問者さまの今の状態は事業所得になります。
事業ですから、事業を行う際に必要な文具や交通費や通信費等の経費は認められます。サラリーマンでは不可能な携帯電話の経費化も、インターネットにかかる経費やパソコンの購入も経費として可能です。
頑張って節税して儲けましょう♪
    • good
    • 0

現在の収入が 給与所得であるか 業務請負の事業所得であるかでも異なります



事業所得であれば、確定申告の対象です
給与所得であれば 前職の源泉徴収票を提出し、合算して年末調整を受けることが可能です

いずれにしても  現状のまま12月までいけば 所得税非課税にはなりません
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング