ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

この間、青森朝日放送のヘリコプターの墜落事故がありましたが、原因にバーティゴ(空間識失調)とありました。(間違っていたらごめんなさい)
これは、単純にいえば、上下の感覚がなくなることと理解していますが、(本当はもっと複雑でしようが)ならば、さまざまな計器があるの
に、どうしてその操作ができないのでしようか。そのことも含めての症状なのですか。特に夜間とか、曇り空で、海と空の区別がつかないとき等、発生しやすいと聞いています、しろうとの質問ですみません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

空間識失調の怖さは、それと気がつかずに取り返しの付かない状況に陥ることです。


今回の事故の場合、取材目標を探すために飛行していたとのことですが、恐らくパイロットも海面を捜索していたと思われます…
特に異常を感じなければ計器に注目しません…
当日は全周視界が悪く、海面と空の区別もハッキリしていなかった状況と思われます…

今回の話とは関係ないですが、空間識失調に陥り、上下反転(背面飛行)して1Gの降下していても、パイロットは1Gの上昇と感じるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このことは、訓練で克服できるものではないそうなのですが、そのような条件下での飛行は、素人的には、なるべく避けるのがいいと思いますが、(気象条件の制限はあるが)技術の進歩著しい今日でもクリアできないこともあるのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 10:12

[教えて!goo]の他の(車の)での質問(

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3000771.html )NO4さんの回答で"空間識失調"触れていたので挙げて置きます。

さて"空間識失調"でググッて見ましたが、"航空軍事用語辞典"etcで、この用語の説明がなされ、更には空間識失調体験装置も実用化されている模様です
http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwi …
http://www.aeromedical.or.jp/sim/index.htm

飽く迄!!個人的憶測に過ぎませんが、今回のヘリは霧の中飛立った訳ですが、その霧が装置で体験し得るレベルを超越した、想定外の濃さだったからかも知れませんね。

又、次のブログ(http://tag.rakuten.co.jp/tag/blog/%C0%C4%BF%B9%C … )では「複合的要因か?」記事も見受けられますから、"(想定外の?)霧の濃さ"も場合によっては要因になっていたと私は感じましたが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人間の5感の大切さ、改めて思い知らされました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 10:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング