従来の私の理解では、寺院や城郭建築に見られる建物の側面から張り出した庇状の屋根だったのですが、大辞泉という国語辞典を見ると、次のような説明があります。

「通風・採光などのために、大棟の上に設けた小さい屋根」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …

これはたまたま本カテゴリの別質問に回答している最中に知りました。私としては、この説明は「腰屋根(スカート状の屋根)」と「越し屋根(切妻上の小屋根)」を混同している節があると思うのですが、いかがでしょうか。
それとも、私の認識違いだったのかなぁ・・・? ( ^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門家ではないので、大辞泉という国語辞典にも載っていることもあり、「越し屋根」=「腰屋根」なのかとあまり深く考えていませんでしたが、この質問をみて、確かに「スカート状」だったら「腰」はフィットするけれど、上に乗っかっているのは「越し」ならわかるけど、「腰」じゃ変だということに気づかされました。



やはり、

  http://www.yorokeikoku.com/sight/golf/hanao/001. …

にあるような屋根が本来「腰屋根」というべきものなのかと思います。

  http://www.homeclip.co.jp/houhou/MameTisiki.Mame …

などの、イラストでも、上にのっかているものは、「越し屋根」となっています。「はかま腰屋根」というものもあるようですが、これはまた別物ですね。

ご指摘のように、本来の「腰屋根」は、「越し屋根」と混同されているようですが、専門家であるはずの工務店などのHPでも、多く、上にのっかているものを指して「腰屋根」と使われていますので、混同の具合はかなり深いといわざるをえないかと思います。辞書に採用される程に、混同されているというか、置き換わってしまっているのだと思います。

大辞泉で「ひさし」をみると、

 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …

本来的な「腰屋根」は「ひさし」になってしまっているのかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます ( ^^

> 確かに「スカート状」だったら「腰」はフィットするけれど、上に乗っか
> っているのは「越し」ならわかるけど、「腰」じゃ変だということに気づ
> かされました。

やっぱり、jo-zen さんも変だとお思いになるでしょう? (笑)

「袴腰屋根」という名前を私は最近初めて知りましたが(ちなみによく見かけはします)、これについては使う人によって違う物を指すということはなさそうですね。

お礼日時:2008/07/24 13:15

建築用語は地方によって呼称が違うことがあります。

ですから一概に決め付ける事が出来ないのですけど。

私は建築にもう30年以上係わっていますが、私の経験の範囲で「腰屋根」というのは聞いた事がありません。ネットで調べると「腰屋根」というのはありますが、地方による呼称の違いか管理人の思い違いかではないかと思います。

建築用語で一番近いのが「越屋根」です。これはご質問者さん既にご存知の形だと思いますが、ケム出し(煙り出し)の為などに大きな台所(主に城郭・寺社などの台所)の上には必ずと言って良いほどこれが乗っています。親亀の上に乗った小亀の形をしています。

一方で屋根の位置が高い建物の場合、通常の屋根だけでは低い位置にある窓に横雨が振り込むおそれがあるので庇(ひさし)屋根を付ける事が日本では当たり前ですが、これが四方についていてお互いが繋がっている形の場合、あるいは四方の二階壁が一階部分の壁より少し後退している時に庇よりは流れの長い屋根が建物を回って付いているような場合、ちょうど広がったスカートをまとった様な形になりますね。これを称して「腰屋根」と言うなら形と呼称がマッチして判りやすいとは思いますが、これがごく一般的な呼称であるという自信が持てません。建築上で全国的に理解され言い習わされている言葉ではないような気がします。

この言葉が使われていた、その前後の文脈から高い位置にあるものがイメージ出来るか、又は目の高さよりは少し高い位置への言及と捉えた方が自然かで作者が二つのケースのどちらを言いたかったのかを考えると言う手もあるかと思います。

もうそれは建築上の問題ではなくて国語の文脈探りの問題になりますけど。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます ( ^^

> もうそれは建築上の問題ではなくて国語の文脈探りの問題になりますけど。

と言うか、これは国語の質問そのものなのです。
かつて養蚕農家の家に付いていた通気用の屋根を越し屋根と言いますけれど、この「越し」は峠のピークの部分を乗越し(のっこし)と呼ぶことと関係があるのではないかと私は思っています。つまり、切妻屋根で二つの傾斜面が山形に合わさった部分を峠の乗越しに見立て、その部分に取り付けられた屋根だから「越し屋根」と呼ぶ・・・。そう考えれば、この名称は素直に受け入れることが出来ます。これが「腰」ですと、なぜそう呼ぶのか大いに悩んでしまいます。

一方建物の側面に張り出している庇状の屋根は、建物を人体に見たてた場合に腰の位置を囲んでいるために「腰屋根」と呼ばれると考えるのが自然でしょう。私は素人ですから現代の建築用語のことは知りませんが、この言葉はお城の天守や櫓、また寺院の楼門などの説明ではよく見かけます。

以上のことから、越し屋根と腰屋根を同一のものとして扱うのは、同音異義語を混同した結果ではないかという気がしてなりません。城郭や寺院建築が盛んだった時代の文献に、上記のような庇状の屋根を「越し屋根」と呼ぶ記述があれば大辞泉の説明も納得できるのですが‥ その辺はご存知ありませんよね? ( ^^;

補足日時:2008/07/24 12:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q右脇腹の後ろに痛み

一週間前から寝て起きる時に右脇腹の筋肉痛があり二日前あたりから寝ていると右脇腹の後ろやや上辺りに痛みがあり起きる時に右脇腹付近の筋肉に激痛が走り起きるのに数分かかります。又、寝返りで右足を動かす時も腰から脇腹後ろにかけて激痛が走ります。どの様な病院に行けばいいですか?

Aベストアンサー

他にも、右下腹部や背部だと、盲腸や大腸、後腹膜があります。診療科は消化器内科や外科です。
女性でしたら卵巣もあるので、婦人科も対象になります。
寝ているときに症状があることを医師に伝えると、診断の助けになります。

Q腰屋根とは

小説に「腰屋根」という言葉が出ています。
どういう屋根でしょうか、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%85%B0%E5%B1%8B%E6%A0%B9&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=07350906545300

「通風・採光などのために、大棟の上に設けた小さい屋根」のことをいいます。切妻屋根の中央の一部を上に持ち上げたような屋根をいいます。立ち上がり部分を利用して、換気、採光をとることができます。言葉だけでは分かりづらいかもしれませんね。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www.sugano-k.com/jiin/jiturei/garally/se/01.htm

「腰屋根」の写真があります。

Q腰の右後ろが痛い、息を吸った時や体を真直ぐにすると痛い

数日前から腰の周りにかなりきつい鈍痛があり、仰向けに寝ることが難しく、息を吸った時に痛く、腰は前かがみ状態にしかできず、絶えず鈍痛があります。今日病院に行ったら腰の右後ろに痛点があったため、泌尿器科に回され、CTなども検査も異常なく、単に痛み止めをもらってきただけでした。
同じような症状の経験の方いらっしゃいますか?
病名はなんでしたか?
病院は何科に行きましたか?
痛みを軽減する体操のようなものはありますか?

Aベストアンサー

4年位前の事です。
私の場合、お恥ずかしい話です。
鈍痛が酷く、主人に夜中に救急病院に連れて行って貰った程の痛みでした。一人で歩くのも困難で、一日寝たきりの日々もありました。

夜中なので検査もしてもらえず、翌日、他の総合病院の内科に行って、エコーなどの検査も空しく異常無し
次に泌尿器科に行きました(胆石か?と思ったので)
IP検査(体内に特殊な液体を点滴で流し込んで石の有無の確認)をしました。異常無しでした。
結局、医師の判断は「運動不足」との事

本当に痛かったのですが半月程で痛みが治まりました。
幸い(?)主婦だったので迷惑をかけたのも主人にだけでした。

他のスレッドにも書いた事ですが、医師の方は異常が発見できないと、「はい、さようなら」多いです。
「何か他に原因となる病気等はありますか?」と、こちらから聞かないと答えてくれない医師の方もいます(そんな方ばかりではないと思いたいですが)
nanndemohakaseさんは聞いてみての「異常なし診断」でしょうか?

お大事になさって下さい。

Qよく理解できません・よく理解できていません・よく理解できませんでした

 日本語を勉強中の中国人です。次の三つの文の違いを知りたいのですが、教えてください。

1.よく理解できません。
2.よく理解できていません。
3.よく理解できませんでした。

 また質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1と2は重なる部分があるという意味なのでしょうか。
:そのとおりです。
2=1+「【現時点ではまだ】というニュアンス」
です。
【現時点では】ということを強調していることになります。

「強調することによって、1とはどのように違ってくるのか」
というと、
「【現時点ではよく理解していないが】早く理解したいと思います」
「【現時点では】理解できていないという事実をわかってください」
といったようなニュアンスが込められています。

その意味で、
『B.2に関するご説明はまだよく理解できていません。もう一度教えていただけないでしょうか。』
のほが適切だろうと思います。


ただし、「もう一度教えていただけないでしょうか。(ア)」という一文があるので、Aでも全く問題はありません。
この(ア)が無く、
「2に関するご説明はよく理解できません。」
だけであれば、もうこれ以上答えなくても良い、という意味に受け取られてしまうかもしれません。

ですが、
「2に関するご説明はまだよく理解できていません」
と書けば、「さらなる説明を求めているのだ」と相手に感じてもらえる可能性が非常に高い、ということになります。

ただ、
Aのほうが
「直裁的ですっきりしている」
「まどろっこしくなくて良い」
と感じる場合もあります。
場面に応じて使い分けるのも良いでしょう。
その場合、【まだ】は外して、
「2に関するご説明はよく理解できません。もう一度教えていただけないでしょうか。」
のように表現するのが良いでしょう。

明らかに目上の人に対してや初めての相手には B 。
慣れてきたら A 。
という感覚だと思えば良いかもしれません。
 
納得いかない点がございましたら、さらに補足してください。
 
 

>1と2は重なる部分があるという意味なのでしょうか。
:そのとおりです。
2=1+「【現時点ではまだ】というニュアンス」
です。
【現時点では】ということを強調していることになります。

「強調することによって、1とはどのように違ってくるのか」
というと、
「【現時点ではよく理解していないが】早く理解したいと思います」
「【現時点では】理解できていないという事実をわかってください」
といったようなニュアンスが込められています。

その意味で、
『B.2に関するご説明はまだ...続きを読む

Q(坐骨?の少し右横を押したり、腰を曲げたりすると軽い痛みを感じるのですが、原因は?

硬い椅子に座るとそこに接する骨(坐骨?)の少し右横を押したり、腰を曲げたりすると軽い痛みを感じるのですが、原因はなぜでしょう?右脚の後ろ側や内側も痛むこともあります。ちなみに背骨の中央に軽い圧迫骨折があり、整形外科の医師によって、そこが原因とも、関係ないとも言われました。ある医師は坐骨神経痛ではないと言っていました。シップや痛み止めの薬を処方されて飲んでも、改善されません。良い改善方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も腰椎と胸椎 圧迫骨折中です。
私もお尻のあたりが痛いです。ついでに膝から太もものあたりも痛くなりました。
専門家ではないので詳しくはわかりませんが、私は医者に腰をかばって痛めたと言われました。
坐骨や膝のレントゲンはとってくれなかったので、本当かなーとは思っています
…。
とりあえずロキソニンの貼り薬で凌いでいます。早く良くなりたいですね。
おだいじに。

Q屋根の上に屋根を掛ける?

なんて言いましたっけ。助けて。思い出せない!

Aベストアンサー

「屋上屋を架す」
「屋下に屋を架す」と同じで、無用のことを重ねてすること。

Q2日ほど前から左腰に痛みを感じます。見た感じも、右腰より左腰のほうが腫

2日ほど前から左腰に痛みを感じます。見た感じも、右腰より左腰のほうが腫れています。
仕事の関係で左腰に負担がかかった為だと思うのですが、今日になって右足の薬指の先に痛みを感じるようになり、心配です。

同じような症状の方、心当たりのある方がいらっしゃるかと思い相談にきました。
左腰の痛みと右足薬指の痛みは関係があるでしょうか?
右足の薬指は、動かすと痛いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

腫れているのであれば整形外科で見てもらったほうがいいですよ

骨関係でなければ内科でもいいですけど

Q意味の理解と文法理解

次の文はどう理解したらよろしいのでしょうか。また、文の中の「日本の人間関係で」の「で」は格助詞の「で」ですか、助動詞「だ」の連用形「で」ですか。教えていただけませんか。よろしくお願いします。

前記の内輪言語のコミュニケーション関係は、日本の人間関係で、同じ国、同じ地域、同じ集団にいるということだけで、茶の間的人間関係という指摘があてはまるのである。

Aベストアンサー

 わたしは日本語が母語ですが、この文だけを読んでも意味が正確にはわかりません。
だいたい1番の方の答でいいと思いますが、あまりわかりやすい文ではありませんね。学者か学生、または外国の人が書いたのでしょうか。

文の構造をあらわすと、こうなります。
 
 1 は、 2 で、 3 で、 4 である。 

1:前記の内輪言語のコミュニケーション関係
2:日本の人間関係
3:同じ国、同じ地域、同じ集団にいるということだけ
4:茶の間的人間関係という指摘があてはまる‐の

 2・3とも「で」で承けているのでわかりにくいのです。前からの文章を読んでくれば1~4の意味的連関を解読して「で」を「であり」だと推理したり「において/でもって」だと推定したりするのです。

 意味の理解と文法理解とは両者が補いあって完成するものですね。でも一方に頼りすぎる文もいけません。この文だけが提示されて意味や文法の理解を試験されたりしたら困りますよ。
 こういう文のまねはしないほうがいいですね。

Q高校生女です。 3日程前、右側の後ろの腰の骨のような部分に痛みがあり、少し我慢すると治ったので気のせ

高校生女です。
3日程前、右側の後ろの腰の骨のような部分に痛みがあり、少し我慢すると治ったので気のせいかな?と思っていたのですが、
今日、歩いていたら急に右側の腰から足にかけて痛くなり、今もまだ痛いです。
なぜでしょうか?

Aベストアンサー

1週間ほど経過しますが、
痛みは和らぎましたか???

身体の神経は繋がっています。
何らかの事情で、足本来や下半身の痛みの初期段階が
腰から来ることも考えられます。。

また、右側の痛みのために、右半身をカバーしようと
左半身に負担が掛かる歩き方をすると
身体本来のバランスも崩れると思います。

昔、柔道をしておりましたが
同様の右腰の痛み→足首の痛み→右腰と
移動してたこともございます。

まだ、痛みが続くようであれば
お父さん、お母さんと一緒でも病院に行ければいいのですが。。。

お大事にです^^

Q「~を理解できない」と「~が理解できない」の違う所は?

アニメで聴いたんですけど、どうもニュアンスが違うようですね。
例:
あの頃の俺は人が親しく接することを理解できないでいた
あの頃の私は人が一人でいることが理解できなかった

この場合の「~を理解できないでいた」と「~が理解できなかった」何処かニュアンスが違うでしょうか。教材では、可能動詞の場合、普通助詞「が」を使うんですけど。どうか異なるところを教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。10/25のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<この場合の「~を理解できないでいた」と「~が理解できなかった」何処かニュアンスが違うでしょうか。>

「理解できない」という述部ならば、後者の「~が」が正しい用法になります。


ご質問2:
<教材では、可能動詞の場合、普通助詞「が」を使うんですけど>

その通りです。この例文では「を」は使えません。理由は「理解できない」が動作を表す動詞ではなく、「状態」を表す述部として働いているからです。


ご質問3:
<どうか異なるところを教えてください。>

1.「が」の用法:

(1)「が」のついた語は、「述語のさす属性を持つもの」を表します。
例:
「空が青い」
ここでは「青い」という属性を持つもの=「空」という名詞に、格助詞「が」が接続しています。

(2)また「が」のついた語は、「述語のさす関係に立つもの」を表します。
例:
「その問題が理解できない」
ここでは、「理解できない」という述語に関係するもの=「問題」という名詞に、格助詞「が」が接続しています。

(3)また「が」のついた体言は、動作主・作用主だけでなく、対象を示す場合もあります。
例:
「君が好きだ」
ここでは「君が」は動作主だはなく、「好き」という述語の対象として用いられています。

(4)ご質問文にある「ひとりでいることが理解できない」は、上記の2の例に当たり、「理解できない」という「状態」を表す述語の、主語的な関係に立つ体言が「ひとりでいること」という名詞句になります。

2.「を」の用法:

(1)他動詞的意味の動詞がさす動作・作用が向けられる対象をさします。この時、動作・作用の対象となるものを「動的」に見て示すところが、「が」と異なる点です。
例:
「その問題を理解する」
ここでは「問題」という対象を、「理解する」という動的な働きかけが生じています。

3.「が」と「を」の違い:

(1)「その問題が理解できない」では、「理解できない」は「その問題」の属性・性質を表す「状態」を表す形容詞的な述部として働いています。

英語にすると
The question is incomprehensible.
「その問題が、理解できない」

このSVCの第2文型の構文では、S=Cの関係が成り立ちます。つまり「理解不能な」という形容詞が、「問題」という主語の性質を補う補語の働きをしているのです。

(2)「その問題を理解することができない」では、「その問題を」は「理解する」という「能動的な動作」を示唆する述部の対象として働いています。

英語にすると
I can't understand the question.
「その問題を、理解することができない」

このSVOの第3文型の構文では、S≠Oの関係が成り立ちます。つまり「問題」はあくまで「理解する」という動詞の対象となるのです。

(3)従って、ご質問文にある2つの例文では、上記の例文「あの頃の俺は人が親しく接することを理解できないでいた」は、正しくは「理解することができないでいた」と訂正する必要があるわけです。


以上ご参考までに。

こんにちは。10/25のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<この場合の「~を理解できないでいた」と「~が理解できなかった」何処かニュアンスが違うでしょうか。>

「理解できない」という述部ならば、後者の「~が」が正しい用法になります。


ご質問2:
<教材では、可能動詞の場合、普通助詞「が」を使うんですけど>

その通りです。この例文では「を」は使えません。理由は「理解できない」が動作を表す動詞ではなく、「状態」を表す述部として働いているからです。


...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報